肝臓を奪うための結婚 (その他) 22992回

2012/09/13 16:50┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
54: 本当にあった怖い名無し:2007/10/14(日) 19:15:42 ID:QbAU9W/g0
今朝の読売新聞でもいいかな。まとめるの下手だけどゴメン 

「『手術は成功した』は移植患者の容態だけではなく 
ドナーの心身の状態も含めて言って欲しい」 
右腰を庇いながら椅子に座る女性Rさん(42才)は言う。 

Rさんは胸の間から両腰にかけ、縦20cm、横50cmの大きな手術跡がある。 
夫に肝臓の6割を提供した後、腹部に膿がたまり2週間で退院の予定が3ヶ月に及んだ。 
手術後約3年経った今でも傷が痛む。 

手術同意書にサインはした、が本心から望んで提供した訳ではない。 
「夫の命がかかっていた。本心は口に出せなかった」 
夫とは、遺伝的な肝臓病で余命が短い事を知った上で結婚。 
夫は「おれは(生体肝移植は)いらない」と言っていたので 
食事制限に気を配り、休みの度に子供と3人で旅行して想い出作りに励んだ。 

夫の体調が急に悪化したのは結婚8年目の夏。 
万一脳死移植の手術が受けれるかもと、待機登録の為に大学病院に夫婦で行った。 
ところが医師の「余命は3ヶ月。脳死は間に合わない。生体肝移植しましょう」の一言で状況は一変する。 

死を受け入れているかに見えた夫は、その日からドナー探しに躍起となった。 
一度臓器提供を承諾したおじは、家族の反対で断念した。 
家族と医師の会議で、夫の両親と姉は「提供はできない」と席を立った。 
一人残ったRさんに医師は「誰もいなければ、奥さんあなたですよ」 
手術前々日、Rさんは「怖い、手術したくない」と看護士に訴えるも予定通り手術は行われた。 

手術の2ヶ月後、ひと月先に退院した夫から病床のRさんの携帯に電話があった。 
「離婚してくれ」 
結局、手術の時以来顔を見ていない。 
Rさんは言う。「夫も医師も、私の事は見てなかった。見ていたのは肝臓だけなんでしょう」

出典: 
リンク:http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4289787.html
  投票  (・∀・):48  (・A・):44  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/32039/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用