安倍晋三の「お友達内閣」(安倍ちゃんと愉快な仲間たち) (その他) 4536回

2012/09/28 10:01┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
安倍氏、脱「お友達」なるか 6年前の失敗を意識
2012.9.28 01:13 (1/2ページ)[安倍晋三] 
 キーワードは脱「お友達」。再登板となった自民党の安倍晋三総裁は27日、幹事長に起用した石破茂氏とともに主要役員の人事に着手したが、強く意識しているのが、6年前の失敗だ。自らに近いとされる議員を重用したと受け止められ「お友達内閣」と揶(や)揄(ゆ)された苦い経験。わずか1年という短命に終わった安倍政権の遠因にもなった。安倍氏のバランス感覚が、さっそく試されている。

 「いかにして与党になるかだ。国民から持たれる印象を変えなければいけない」

 安倍氏との協議を終えた石破氏は記者団に、今回の人事の基本構想を示した。政権奪還に向け、派閥均衡や当選回数による順送りなど古い自民党を連想させる人事は避ける−という原則だ。

 一方で、石破氏は「従来の政策グループの良さを最大限に生かし、そのノウハウを党としていかに活用するかだ」とも述べた。派閥を重視するベテランにも一定の配慮をせざるを得ないという苦悩がにじむ。

 “安倍人事”に対する視線は厳しい。ただでさえ5つの陣営に分かれて激しい総裁選を戦った直後だ。党内に残るしこりは、人事に関する嫉妬を招く。

 実際、26日の総裁就任後に安倍陣営幹部が当選祝いで総裁室を訪れただけで、「人事を側近で固めるつもりなのでは」(石原氏を支援した閣僚経験者)との臆測が一気に広がった。このため、安倍陣営の選対幹部の1人は27日、「われわれは遠慮させていただく。主要な役職につくことはないだろう」と、わざわざ強調しなければならなかった。

 それにしても、40年ぶりの決選投票、56年ぶりの逆転勝利という激戦のつけは大きい。

 「誰のおかげで決選投票に勝てたと思ってるんだ」

 ある派閥幹部は、水面下で重要ポストを要求。額賀派会長の額賀福志郎元財務相は「外交、安全保障でも内政でも人材がいるので、しっかり対応してもらいたい」と、所属議員の登用をアピールした。

 幹事長には総裁選の対立候補の石破氏を起用し、国対委員長の浜田靖一元防衛相と幹事長代理の鴨下一郎元環境相は、ともに石破陣営の幹部。安倍氏側近が、27日に漏らした言葉が、安倍氏本人の偽らざる心境なのかもしれない。

 「本当の安倍人事は、衆院選で勝った後だ」

(佐々木美恵)



出典:お友達内閣って言葉、なんかよくない?w かわいいよね。
リンク:http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120928/stt12092801140004-n2.htm
  投票  (・∀・):8  (・A・):14  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/32323/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用