成功の物語 (その他) 8428回

2012/09/29 08:58┃登録者:痛(。・_・。)風◆pvNbTqv.┃作者:名無しの作者
記者は、ようやく世界的大富豪のインタビューに成功した。
記者が大富豪の豪邸を訪ねると、大富豪はかなりの老齢であり、美食のせいか太っていたが、肌の色つやが良く、とても本人がいう年齢には見えなかった。

「どうやって,これだけの成功をおさめたのでしょうか?」
「わしは,スラムでも一番の貧乏な家庭に生まれ、15歳の時に天涯孤独の身となり、無一文で世間の荒波に追い出されたのじゃ」

富豪の老人はため息をついた。

「まったく苦しい時代じゃった・・・」
「さぞ、ご苦労をされたのでしょうね」
「大変な苦労じゃったよ。そして、たゆまぬ努力だった」
「是非、小誌の読者にもその成功の物語というものを教えていただけませんか」
「いいとも」

老人は昔を思い出すように目を閉じた・・・

「それは、大恐慌の時代じゃった。
 父母が死んで、まだ幼いわしが住んでいたアパートを追い出された日。わしのポケットには,もう5セント硬貨が一つしか残っていなかったのじゃ
 わしは、腹が減って腹が減って、5セントで汚いリンゴをひとつ買ったのじゃ。
 さて、かぶりつこうとして、袖でリンゴの汚れを拭いたら・・・実に綺麗でうまそうなリンゴになった。
 わしは、そのリンゴを食べないで10セントで売ったんじゃ。
 そして、その10セントでまた汚いリンゴを2個買って──
 もう、分かるじゃろう?わしは,その時,商売というものを理解したのじゃよ」
「感動的なお話しです!」
雑誌記者は叫んだ。

「やはり、努力と工夫が今の成功を生み出したのですね」
「うむ。こうして1週間後には、リンゴを売った金は、なんと23ドル50セントにもなったんじゃよ」

老人は続けた。
「そして,その次の日・・・
 大叔父が死んで,5000万ドルの遺産を相続した」 

出典: 
リンク: 
  投票  (・∀・):17  (・A・):12  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/32366/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用