あや子の復讐 (その他) 15582回

2012/09/29 09:01┃登録者:痛(。・_・。)風◆pvNbTqv.┃作者:名無しの作者
「この写真の男に何か見覚えはありませんか?」
そう言われて差し出された写真を受け取る手がかすかに震える。
あや子はその眼を見た瞬間に6年前の忌々しい出来事を思い出していた。

かつては魅力的だとも勘違いしたずる賢い狐のような切れ長の眼、高校時代の同級生、酒井慎一に間違いない。
今よりも40キロは太っていたあや子が、卒業直前にひっそりと酒井の机の中に忍ばせたラブレターをクラスじゅうにさらけ出し笑いものにした男だ。

「どうかいたしましたか?」
「あっ、いえ・・・この人、何したんですか?」
「区内で起きている連続コンビニ強盗の犯人です。
 逃走に使ったと思われる原付が、まあ盗難車ですけどね、それがこの辺りで見つかったものですから、目撃情報等あたっている最中です」
何度も同じ説明をしているのだろう、刑事はやや早口で面倒くさそうに説明した。

ケチな男。
あや子は写真をまじまじとみつめながら考えた。
こんなにはっきりと顔が映っているのだから放っておいてもすぐに捕まるだろう。
だがこれは酒井に対してささやかな復讐を果たす絶好の機会、逃す手はない。

「見たことある、気がします」
「本当ですか。いつ、どこでですか?」
「あの、このあたりでリヤカーを引いて空き缶とかを集めている人たちいますよね。
 そういう人たちと一緒にいて、若い人もいるんだなって思ったので覚えているんです」
「そのホームレス連中と一緒にいた若い男がこの写真の男なのですね?」
「すごく似ているって気がします。
 直接そういう人たちに聞いてまわってみてはどうでしょうか?」
「わかりました。ご協力に感謝します」

そう言って足早に去っていく刑事の背を横目で見送りながら、あや子は思わず呟いた。

「捜査は足で稼げってね。せいぜいがんばって、酒井くん」 

出典: 
リンク: 
  投票  (・∀・):46  (・A・):14  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/32367/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用