電車で携帯やるカス (友達の妹との体験談) 21509回

2012/09/29 18:08┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
若い兄ちゃんが携帯をいじっていた。隣にばあちゃんがいて、ばあちゃんは 
「医療機器使ってるから電源切ってください」と言った。 
その男は「来たメールを読んでるだけだから」と言って、いじるのを止めない。隣のリーマンが 
「今は読んでるだけでも読んでるうちにメールが来るかもしれないだろ。切りなさい」 
と言った。兄ちゃん、怒り狂った口調で「ああ?!!」 
逆切れだ!リーマンやばいぞ!(兄ちゃんはかなりいいガタイ) 
見てる人が皆そう思ったとき、兄ちゃんは携帯をリーマンに突きつけながら言った。 
「見ろよ!俺に来た最後のメールは4ヶ月前だ! それ以来誰も送ってこないんだよ!  
今更誰が送って来るんだよ!!! 俺から送る相手もいないんだよ!!!」 
みんな黙り込んだ。しかしその中に一人だけ、無愛想な顔をして彼に近付く若い女がいた。 
彼女は男から携帯を奪い取ると何か操作をして、再度男に突き返した。 
男が呆然としていると、女は自分の携帯をいじり始めた。 
しばらくして、男の携帯が鳴った。 
男は目を見開いてぱちぱちさせながら携帯を見た。 
もうね、多分みんな心の中で泣いてた。男も泣いてた。 
世界は愛によって回っているんだと実感した。 
ばあちゃんは死んだ。 



出典: 
リンク: 
  投票  (・∀・):54  (・A・):52  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/32389/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用