祐ちゃんへ (その他) 11306回

2012/09/29 18:21┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
「祐ちゃんへ
祐ちゃんがこの手紙を読んだ時、あたしのことをどう思うかな? 
やっぱりひどい女だと思うよね?うん仕方ないか…。 
短い間だったけど、祐ちゃんと過ごした日々はあたしとても幸せだったよ。 
あなたをぎゅうっと抱き締めいっぱいキスしたこと。飲みすぎた祐ちゃんがあたしの 
顔にもどしたりしたこと。あたしが友達と遊んで夜遅く帰ってきた時、祐ちゃんずっと 
泣いてたこともあったよね。そんなことも今になってみるといい思い出だよ。   
でもこのまま祐ちゃんと一緒にいたらふたりともダメになるの。あたしもっと祐ちゃんを 
傷つけてしまいそうで…。だからあたし、祐ちゃんの元を離れるね。 
あたしまだ18歳だし何とか頑張るよ。 
祐ちゃん、あなたのことはあたしずっと忘れないよ。それじゃね…」 

手紙を読み返したあたしは、ため息交じりにそれを封筒に入れた。 
「おい、ポストあそこにあるぜ。行って来いよ」運転席の貴司が顎で指し示す。 
「…うん」あたしは車から降りると、重い足どりでポストへ向かった。 

ポストの前に立ってもまだあたしは躊躇っていた。軽くクラクションが鳴らされ、 
はっとして振り返ると、咥えタバコの貴司が焦れた顔でこっちを見ていた。 
あたしは頷くと、もう一度封筒に目を落とした。 

封筒を産着の中に忍ばせると、あたしは扉を開け「ポスト」の中に祐樹を置いた。 

ごめんね祐ちゃん、ママを許してね 



出典: 
リンク: 
  投票  (・∀・):15  (・A・):34  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/32392/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用