旅芸人「遂に魔王が蘇った!」 (エロくない体験談) 9452回

2012/10/11 00:31┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 15:50:39.84 ID:JGQvBRHc0 
旅芸人「そして復活間も無く、その軍勢率いて泉の国を襲ったという!」 

旅芸人「嗚呼!嘆かわしい!強大な軍事力持たぬ泉の国、激しい攻撃に三日と持たず陥落したと……」 


青年「何の芝居だ、あれ?」 

友「お前、本当に知らないのか?魔王が復活したんだよ!」 

青年「何それ、マジで?」 

友「マジでマジマジ、ガチマジで」 


2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 15:53:20.01 ID:JGQvBRHc0 
青年「じゃあ泉の国は……」 

友「そいつも本当だ。綺麗な国だったのになぁ……今じゃ見る影もないらしい」 

青年「見る影?拠点にはされていないのか?」 

友「どうも見せしめの侵略らしいんだが、まあ効果は絶大だな。どこの国も震え上がっているって話だ」 

友「本当に世間知らずだな……巷で一番の話題、というか大問題なんだぞ」 

青年「……ここ数日、山で狩りしてたんだよ。昨日は豪勢に猪鍋して一人で盛り上がってたんだよ」 


3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 15:55:29.36 ID:JGQvBRHc0 
青年「にしても魔王とか……もう数百年現れていないんじゃなかったのか?」 

友「授業じゃそんな話だったなぁ。今学者連中がそっちの議題で話し合ってるそうだ」 

青年「眼前の問題を無視してか。能動的じゃないな」 

友「じゃあ俺達は能動的にどうするよ?」 

青年「……実際問題、各国の軍がどうにかできるレベルなのか?」 

友「いくつかの国は諦めモードらしい」 

青年「こりゃエスケープ一択かなぁ」 


4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 15:59:06.16 ID:JGQvBRHc0 
友「逃げる?北の大陸にか?」 

青年「北なら魔族の血も濃いだろうから、多少は抗戦できるんじゃないか?」 

青年「ほら、昔は北が魔族で南が人間の領地だったろ?血の濃さの比率もそれになっているらしいし」 

友「そりゃあそうだが、向こうだって純血の魔族なんていないって話だ」 

友「能力的にどうなんかねぇ。過去の栄光にすがり過ぎな気がしてならない」 

友「それに海にはでっかい海獣がいるんだろ?船を沈められる話なんて珍しくないぜ」 


5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 16:04:31.65 ID:JGQvBRHc0 
青年「じゃあどうすんだよ。死ぬまで命乞いでもするのか?」 

友「今、国が傭兵的なの募集しているんだ」 

青年「一稼ぎする気か?死んだら元も子もないんだぞ」 

友「そこでだ。お前の家系って勇者の血筋なんだろ?一旗上げようぜ!」 

友「勇者の末裔のPT!ってな」 

青年「無視されたのはこの際いいとして、血筋は親が言っていただけなんだからな?」 

青年「だいたい、俺達は兵士でなければ剣士ですらないんだぞ」 

友「何で弱気なんだよ、剣術の成績は俺とお前で独走だぜ?」 


7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 16:07:07.66 ID:JGQvBRHc0 
青年「実戦経験無いのに強気なお前がおかしいんだよ!」 

友「はっはー!これでも結構本気な試合をしているからな!」 

友「お前に関して言えばしょっちゅう狩りをしているんだから、別に問題なくねぇか?」 

青年「動物狩るのと戦闘を同一視するのはどうかと思う」 

友「じゃ現場で慣れればいいだろ。お前勇者ね。俺戦士ー」 

青年「え、何書いてん、馬鹿、役場に持っていくな!」 


8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 16:10:11.22 ID:JGQvBRHc0 
戦士「俺戦士ー」 

勇者「……」 

戦士「お前勇者ー」 

勇者「何これ、マジで?」 

戦士「マジマジ」 

勇者「何か、お役人さんから称号まで頂いたんだが」 

戦士「各地の宿屋や道具屋を少し安く利用できるとの事」 

勇者「うお、超いいじゃんその特典!」 

戦士「ただし、しっかりと魔物討伐を行っていないと称号剥奪の上、税金が増すらしい」 

勇者「まあ、当然と言えば当然なペナルティーだな」 


9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 16:13:08.37 ID:JGQvBRHc0 
戦士「さてどうする?出発は明日?」 

勇者「……魔王城って泉の国に近いのか?」 

戦士「真っ先に狙われただけはあるな。泉の国より更に西にあった廃墟が魔王城だそうだ」 

勇者(そういえばそんな話だったっけか……) 

勇者「とりあえず出発は明日。今日は親に手紙を出しておく」 

戦士「あ、近いんだったか?」 

勇者「いや、そうでもないけどできれば逃げてと。後勇者にされたから、しばらく実家にも下宿先にも帰れない旨を」 


10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 16:17:29.50 ID:JGQvBRHc0 
勇者「手紙も出したし、準備もしたし……当面の事を考えるか」 

勇者「教科書開くとか懐かしいな。今じゃ実技ばっかだからなぁ」 

勇者「まずはこっちの国から調べていくか」 

勇者「大きな所で銅の国、盾の国、黄金の国、塀の国、石の国か……」 

勇者「黄金はサムラーイという兵士がいるが……どちらかというと対人特化らしいからなぁ」 

勇者「塀の国は防衛メインの国家だし、ここはいいかな」 

勇者「後は軍事力があるのは銅と盾か。腕の立つ人も多そうだし行ってみてもいいなぁ」 

勇者「待てよ、俺ら二人とも剣使う事考えると、魔法が使える人も仲間に入れたいところだよな……」 

勇者「魔法で考えると石の国……中堅どころで風の都市と雲の都市ぐらいか」 


12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 16:20:43.68 ID:JGQvBRHc0 
勇者「北の大陸は……あ、そういえば、世界史も世界地理も蹴ったんだ」 

勇者「どうするか?明日あいつに聞いてみるか?いや、あいつも蹴って別の学科学んでいたような」 

勇者「まあいいか。聞いてから判断して遅いって事もないだろうし」 

勇者「しっかし北の大陸か……行こうとする日が来るなら修得しておけばよかったな」 

勇者(魔法で考えれば、やはり魔族のが有利なんだろうなぁ……) 

勇者(そもそも、向こうの大陸の軍と手を組めば、魔王なんて倒せるんじゃないのか?) 


13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 16:24:27.18 ID:JGQvBRHc0 
戦士「よっしゃ、今日こそは出発だ!」 

勇者「それはいいが、行き先とか決まっているのか?」 

戦士「……」 

勇者「……?」 

戦士「よっしゃ、今日こそは出発だ!」 

勇者(見切り発車!!) 


14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 16:27:28.60 ID:JGQvBRHc0 
勇者「まあいい……戦士って世界史とか世界地理って修得してたっけ?」 

戦士「そんなもん、俺が選ぶと思うのか?」 

勇者「ですよねー」 

勇者「ああ、本格的に困ったぞ。無知に程なく近い大陸に行ってどうするんだ俺達」 

戦士「どうにかなるべ」 

勇者「そうだよね、なるようになるよね。不安を覚えないお前の度胸は本当に羨ましいよ」 


15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 16:30:06.96 ID:JGQvBRHc0 
勇者「とりあえず、軍事力を持つ国に行って仲間でも見つけるぞ」 

戦士「これ以上剣の数増やしてどうするんだ?」 

勇者「そこは俺も思ったよ。ただ、泉の国をほんの数日で落とした相手なんだぞ?」 

勇者「二本ではどうにもならんだろ?」 

戦士「それ言っちゃあ、勇者とかより軍隊のが有能になっちまうぜ」 

戦士「昔はたった一人で魔王に挑んだ勇者なんて、珍しい話じゃないんだぞ?」 

勇者「駄目だこいつ、早く何とかしないと」 


16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 16:32:55.58 ID:JGQvBRHc0 
勇者「いいか、あれは飽くまで伝承とか昔話だ。事実に近い話もあるだろうが……」 

勇者「所詮は誇張された話に過ぎないんだよ」 

勇者「だいたい、魔族の血も入っていないで雷を降らすとか、岩石の魔物を両断するとか」 

勇者「そんな人外の力、俺は持ち合わせちゃいないのさ」 

戦士「お前、そりゃいくらなんでも罰当たりだろ。もう少しご先祖様を敬えよ」 


19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 16:35:47.73 ID:JGQvBRHc0 
勇者「家系図もないのに何を信じろと」 

戦士「あったら信じるのか?」 

勇者「捏造と疑う」 

戦士「……お前も大概だな」 

勇者「もうこの話は終わりだ。何時まで経っても出発できない」 

勇者「当面は銅と盾の国で戦士、石と雲の国で魔法使える人を見つけるぞ」 


20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 16:40:04.11 ID:JGQvBRHc0 
草原 
勇者「……なんだあの怪鳥」 

戦士「でけえなぁ……あれなら食事に困らなさそうだ」 

勇者「そうじゃなくて、あんな鳥見たこと無いぞ!」 

戦士「あれが魔物じゃねーの?」 

勇者「魔物って言ったら、もっとこうゴブリンだとかオークだとか……」 

戦士「それは北の大陸の魔物だろ。魔王が率いる魔物は普通の動物を元にした形だって教わったろ」 


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 16:43:04.67 ID:JGQvBRHc0 
勇者「初戦闘か……」 

戦士「……流石の俺もちょっとだけ緊張してきt」 

勇者は茂みから弓を引き絞った! 
頭部へ痛恨の一撃!勇者達は怪鳥を倒した! 

勇者「何だ、これなら狩りより楽だな」 

戦士「……」 


23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 16:47:01.31 ID:JGQvBRHc0 
勇者「さっきから不満そうだが何かあったか?」 

戦士「いや、さ。お前勇者なんだから剣で戦おうよ、剣で」 

勇者「距離あったんだから弓矢でいいだろ。見たろ、あの魔物避けもしなかったぜ」 

勇者「これならしばらくは楽だな。狩り慣れている」 

勇者「ほら、肉も焼けたし食おうぜ」 

戦士「旅立ち初日、三戦とも弓矢で狩猟しただけってのもなぁ……」 


25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 16:51:31.45 ID:JGQvBRHc0 
勇者「では、新たな旅路その成功を願いまして、乾杯っ」 

戦士「乾杯っ」 

戦士「晩飯食うとき必ず乾杯するよな」 

勇者「何か昔からの取り決めで、先祖代々やっているらしい」 

勇者「まあ、俺もそれが身についてしまった一人なんだが」 

戦士「まさか一人で食ってても乾杯を?何て言っているんだ?」 

勇者「あー……適当に今日一日生きてこられた事を祝ったりにとか、明日の平和を願ったり?」 

戦士「適当なのになんで一日を重く受け止める内容なんだ」 


26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 16:51:50.70 ID:besBXWVw0 
ヘッドショットってアリか 


27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 16:55:42.09 ID:JGQvBRHc0 
勇者「お、鳥見っけ」 

戦士「魔物なのにえらい格下げには同情を禁じえない」 

勇者「うっせ、あんなのただの獲物だろ」 

戦士「そしてまた弓矢を出す」 

勇者「狩りだからな。よし、もらtt」 

怪鳥「ギエエエエエエエ!」 

怪鳥は仲間を呼んだ! 

狂犬A、B、Cが現れた! 

戦士「うへぇ、囲まれた!」 

勇者「ば、抜刀ーー!」 


28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 17:00:10.31 ID:JGQvBRHc0 
戦士「銅の国の領土……次の町まであとどのくらいだ?」 

勇者「後五日ぐらいだな」 

戦士「やばいな、薬草も食料も心許ないぞ」 

勇者「俺もそう思う……いや、引き返せる距離でもない。決行だ」 

勇者「薬草は難しいが、食料なら少し我慢すれば魔物がでてくるだろう」 


四日後 
戦士「……敵、すくな……も、無理」 

勇者「……見誤、た」 


29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 17:03:57.43 ID:JGQvBRHc0 
勇者「……っは!」ガバ 

戦士「……スー」 

勇者(宿屋……?銅の国の領土内に辿り着いた?) 

勇者「いや、明らかに行き倒れたはず……誰かに助けられたか?」 

勇者「起きろ、おい」バシバシ 

戦士「……スー」 

勇者「峰打t」 

戦士「うおーーーっはようございますっ!」 


30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 17:08:21.27 ID:JGQvBRHc0 
戦士「久々に叩き起こされるかと思った……」 

勇者「既に叩いたぞ」 

戦士「お前の場合柄で全力で叩くから嫌なんだ!」 

勇者「だったら、素手で叩いた時点で起きてくれ」 

戦士「それができれば座学時代、青痣作る生活をしていなかったさ」 

勇者「自覚はしていたのか……」 

戦士「その話はもういい!思い出すだけで痛い!」 

戦士「そんな事よりここは何処なんだよ」 

勇者「これから外に出てそれを調べる所だ。さ、行くぞ」 


31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 17:12:19.07 ID:JGQvBRHc0 
商人「おや、目が覚めたかい?」 

勇者「あなたは……あなたが俺達を助けて下さったのですか」 

戦士「行商人に助けられた勇者一向……うう、惨めだ」 

商人「まあ、称号持ってなかったら助けなかったけどね」 

勇者「……」 

戦士「称号持ちを助けると報奨金が出るそうだ」 

勇者「嫌な世の中になったもんだ」 


32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 17:16:04.65 ID:JGQvBRHc0 
戦士「おまけに治療費とられたな……」 

勇者「路銀が心許無いな」 

戦士「こういう時こそ役場にいくぞ」 

勇者「え、借金生活?」 

戦士「いや、魔物から引っぺがした収集物があるだろ」 

戦士「称号を持っている人物からなら、あれを買い取ってくれるんだ」 

勇者「討伐報酬、みたいなものか」 

勇者「待てよ、そしたら普通に素材になる物は役場に渡さないで、店に売った方が良さそうだな」 

戦士「抜け目ねーなぁ。まあ、その通りなんだがよ」 


33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 17:20:03.03 ID:JGQvBRHc0 
勇者「一気に資金が潤いました、と」 

戦士「ふひゃひゃひゃひゃ、今宵はフルコースじゃああ!」 

勇者「装備と物資に充てた上で残っていればな」 

戦士「……お前、本当に堅実だよな」 

勇者「お前の優先順位がおかしいだけだ」 


34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 17:23:49.64 ID:JGQvBRHc0 
勇者「それと酒場だな」 

戦士「流石に一杯くらいひっかけるか」 

勇者「それもいいが、仲間になりそうな人も探さないとだからな」 

戦士「情報収集において定番ですな」 

勇者「だな……いや、うちの国じゃそんな感じじゃなかったよな」 

戦士「そこら辺は役場が管理していたからなぁ……」 


35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 17:27:10.99 ID:JGQvBRHc0 
勇者「……無しか」 

戦士「考えてみれば、称号とか貰えるのにわざわざ待ちに徹する人はいねーよな」 

勇者「いや、それでも人が足りなくて旅にっていう人くらいいても」 

戦士「それ、どんだけコミュニケーション能力が低いんだよ」 

勇者「あるいは対人恐怖症か」 

戦士「……」 

勇者「……」 

戦士(俺らの仲間になる奴っているのか……?) 

勇者(あれ、俺ら地雷探してる?) 


36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 17:30:33.31 ID:JGQvBRHc0 
勇者「……城の兵士とか仲間にならないかな」 

戦士「兵士を出したくないからの称号だろ」 

勇者「よくよく考えたら、優秀な魔法使いって普通に国とかの仕事就くじゃん?」 

勇者「魔王討伐の旅に加わるような魔法使いって……」 

戦士「俺ら、初めっからかなりの袋小路にいるよな」 

戦士「さて、そんな俺らにどんな選択肢がある?」 

勇者「諦めない。ここからだと一番近いのは石の国だ」 


37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 17:34:07.35 ID:JGQvBRHc0 
戦士「お、依頼がでてるぞ」 

勇者「いきなり何の話だ?」 

戦士「この張り紙だよ」 

勇者「へぇ……うちの国では見かけないな」 

戦士「役場が管理していたからな。運送とか収獲とかの簡単な手伝いやお使いだったが、これからは魔物の討伐依頼とかが増えるだろうな」 

戦士「ほれ、早速討伐依頼だ」 

勇者「洞穴の蝙蝠の魔物駆除か。魔法が無い上に暗所じゃ、俺らにはできないな」 

戦士「まあ、依頼する人物や内容によって報酬もまちまちだから、美味しい内容があればこなせばいいだろう」 


39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 17:39:39.91 ID:JGQvBRHc0 
勇者「お、薬草が自生してるぞ」 

戦士「いや、そんなのどうでもいいから早く行こうぜ」 

勇者「回復魔法が使えない俺らには生命線だろ。採取一択だ」 

戦士「背に腹は変えられないってか。で、どの部分を採ればいいんだ」 

勇者「葉が厚いこいつは根っこ。できれば太いのがいいが贅沢言わず全部使おう」 

勇者「採ったら洗って日陰干し。こっちの赤い花が咲いているのは人差し指以上の長さの葉だ」 

勇者「こいつは採ったらそのまま日干しだ」 

戦士「あー思い出した。粉末状にして混ぜるんだったか」 

勇者「吸水すると凄いぬめりを帯びるから、罠や潤滑油の代わりにも使われるな」 

戦士「……零したり漏れたら一大事なんだよな」 

勇者「調合の授業中にお前がこの粉を舞い上げた時は、どう吊るし上げようかと考えたものだ」 


40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 17:43:31.25 ID:JGQvBRHc0 
勇者「〜♪〜♪」 

戦士「勇者が鼻歌交じりに薬草採集ってのもなぁ……」 

戦士「あ?なんだこの太い蔓、切っちまうか」ブチ 

戦士「え、動い、あれ?」ガサガサ 

ラフレシアが現れた!! 

戦士「ああっと!!」 


勇者「あれ、戦士の奴何処……お、いたいた」 

戦士は逃げ出した! 
しかしラフレシアは追走してくる! 

戦士「たしけてポッパーイ!」 

勇者「おわーーー!おま、なんて魔物を、来るなーーーー!」 

戦士「え、ちょ、弓矢向け、ぎにゃーーーー!」トス 


41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 17:46:28.03 ID:JGQvBRHc0 
勇者「おー湖だ」 

戦士「大きい池というべきか、ちっこい湖というべきか」 

勇者「どうする、先に進むか?」 

戦士「今晩もラフレシアの花のゴマ和えなんだろ」 

勇者「副食さえも主食。旅人はそうであるべきだって教わった」 

戦士「ここで野営だ。釣るぞ、魚!食うぞ、蛋白質!」 

勇者「思いのほか魔物がいなかったもんな」 


42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 17:50:16.87 ID:JGQvBRHc0 
ゾンビドッグの群れが現れた! 

戦士「いくら毒の沼地と墓地の近くで夜だからってこれはねーだろ!」 

勇者「こいつら、意外と噛み付きが痛いんだよ、な!」 

ゾンビドッグAが口を開けて襲い掛かる! 
勇者は狙いを澄まし、ゾンビドッグAの首を刎ねた! 
戦士の捨て身の一撃!ゾンビドッグDの頭を叩き潰した! 

ゾンビドッグの群れは恐れ戦き逃げ出した! 
魔物の群れを倒した! 

戦士「お、ノーダメージ。パーフェクト!ボーナスは一万点だ!」 

勇者「ふざけてないで収集できるもの漁っておくぞ」 

戦士「ゾンビじゃなぁ……うげぇ、変な液体が、って何ぼーっとしてんだよ」 

勇者「……この肉、腐っていない」クンクン 

戦士「ば、やめろ、何考えているんだ、ふざけんな!」 


43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 17:51:42.38 ID:hySVkaEA0 
肉は腐りかけが美味いという 


44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 17:55:26.74 ID:JGQvBRHc0 
石の国・城下町 
勇者「俺は役場に行ってくるな」 

戦士「じゃあ、俺はここの店にいるなー」 

戦士「……ありゃ、道具屋かと思ったら魔法職用の店か」 

戦士(なにがどんな道具かさっぱりだがここで暇を潰すか) 

戦士(……一人だけ鎧姿ってめっちゃ浮くのな) 

魔法使い「はい、おじさん。今日の収獲分ね」 

主人「お、いつもありがとねー。今日は結構取れたな。うん、これなら多く作れるな」 

主人「明日またきなよ。これ作る薬を分けてあげるから」 

魔法使い「本当ですか?それじゃあお言葉に甘えて楽しみにさせて貰います」 

戦士(へえ……) 


45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 17:58:53.73 ID:JGQvBRHc0 
勇者「今気づいたがここってお前が立ち寄る店じゃないよな」 

戦士「店内に入ってから俺も気づいた」 

戦士「だが、掘り出し物を見つけた感じだ」 

勇者「お……まさか仲間を見つかったか?!」 

戦士「いや、すげー可愛い子がいた」 

勇者「……」 

戦士「お前が遅いからストーキングして家の位置までばっちりさ!」 

勇者「PTから除名していいか?」 


47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 18:02:16.20 ID:JGQvBRHc0 
戦士「そう言うなよー魔法使いだったぞー」 

勇者「うるさい。寄るな変質者!」 

戦士「結構似たような事今までにもしてたのに、今回だけやけに冷たくないか?」 

勇者「そりゃ、ストーキングまでしなかった……ああいかん、既に感覚がおかしいぞ俺。悪行にだいぶ慣れてきている」 

戦士「今更だしもう戻れんよ。ところでその手荷物は何だ?」 

勇者「夕飯を作っておいた。と言ってもあり合わせの素材と露店で何とかって程度だが」 

戦士「すっげーいい匂いなんだが、本当にあり合わせのレベルなのか?」 


48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 18:05:41.33 ID:JGQvBRHc0 
勇者「ここの酒場も無しか……」 

戦士「あれ、さっきの晩飯は?」 

勇者「ここのマスターに暖めてもらっている」 

戦士「食う物持込とか嫌な客だな」 

勇者「酒は注文しているんだから文句は言われなかったぞ」 

戦士「店としてどうなんだろうなぁ。追い出されるよりかはいいけどさ」 


49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 18:09:41.88 ID:JGQvBRHc0 
勇者「本日のディナーは肉と香草のグレープソース和えとなっております」 

戦士「うひょーシェフ一押しの一品。いやいやいや、どこがあり合わせだよ」 

勇者「味見していないけどな」 

戦士「なら俺がしてやんよ。いっただっきまーす!!」 

魔法使い「マスター届け物を……あら、珍しい料理をメニューに加えたのね」 

戦士「うま!うま……あ、おい、さっき言った子だ」 

マスター「それはそこの勇者さんが作ったそうだよ」 

魔法使い「へえ、貴方達、毒の沼地の方から来たの?」 

戦士「うま!うま……」ピク 

勇者 [>escape ッピ 

この戦いからは逃げられない! 


50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 18:11:09.70 ID:besBXWVw0 
肉ってまさか… 


52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 18:16:14.25 ID:JGQvBRHc0 
戦士「てっめーー!なにで作ったんだよこれーー!!」ギリギリ 

勇者「お、落ち着け、あの肉は熟成肉といって正式に食材として認可されているんだ!」 

魔法使い「ちなみにこの料理、ここじゃ普通にレシピ化されているわよ?」 

戦士「ぐおぉぉ、カルチャーショックゥゥ……」 

勇者「……うん、美味い美味い。あのゾンビドックは魔王復活以前からの、元からいた魔物なんだな」 

魔法使い「そうだけど……味見もしていなかったの?」 

勇者「まあ……毒見ならこれがするだろうと思って」 


53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 18:21:02.66 ID:JGQvBRHc0 
勇者「君は国から称号とか貰っていないのかい?」 

魔法使い「あら、旅へのお誘いかしら?」 

勇者「見ての通り剣しかないからな。できる事なら魔法職が欲しいんだ」 

戦士「そーそー。物理耐性とか高防御の相手がでてきたらさくっとやれるからなぁ」 

魔法使い「うーん……ごめん、あたしは力になれないわ」 

勇者「そっか、無理な事を言って悪かった」 

戦士「この調子だと、周辺の町も駄目そうだなぁ……早々と風か雲に移るか?」 

魔法使い「え……断っておいてなんだけど、引くの早すぎない?」 


54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 18:30:23.88 ID:JGQvBRHc0 
勇者「町に残っている魔法使いなんて、そこでの仕事があるか訳ありだろうからね」 

戦士「ぶっちゃけ探してはいるが、結構諦めはいってるんよ」 

魔法使い「そう……ごめんね」 

マスター「別にいいんじゃないかい?そりゃあ店の手伝いや材料集めとかはありがたいけど」 

マスター「外で経験積んだ方が、よっぽどいい仕事に就けるだろうしさ」 

魔法使い「手伝いの代わりがいもしないのに、そんな事言ってどうするんですか」 

マスター「有望な君をこんな所で腐らすのは本心じゃないのさ。他の店の主人達もそう思っているよ」 

戦士「国の中心地なのにこんな所だってよ」 

勇者「城下町で暮らした事のない俺らはどうする、って話だよな」 


56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 18:48:49.51 ID:JGQvBRHc0 
魔法使い「……分かったわ」 

魔法使い「一つお願い事を聞いてくれたら、仲間になってあげるわ」 

勇者「まさかの強制クエストか……」 

魔法使い「依頼出せるほど裕福じゃないから許してよ」 

戦士「俺らにできる事って結構限られるんだが、どんな内容なんだ?」 

魔法使い「魔物の討伐よ」 

勇者「……洞窟に行けとか言わないよな」 

魔法使い「そんなのあなた達に頼まな……今更だけど勇者なのに魔法全く使えないの?」 


57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 18:52:28.75 ID:JGQvBRHc0 
戦士「うちの国、称号取る際に試験とかないからな」 

勇者「あ、正式には文武両道じゃないと駄目なのか」 

魔法使い「か、回復手段はあるの……?」 

戦士「回復手段がなかったらここまで来れなかっただろうな」 

勇者「確実に一週間でくたばっていたな」 

魔法使い「ほっ……流石にそうよね。いくらなんでも回復魔法・小ぐらい……」 

勇者は薬草が詰まった袋をちらつかせた。 

魔法使い「……」 

魔法使いの勇者達への信頼度が下がった! 


58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 18:56:04.32 ID:JGQvBRHc0 
戦士「で、脱線したが肝心の内容は?」 

魔法使い「え……ええ、そうね。ここから南の森にとある薬草が自生している場所があるんだけど」 

魔法使い「蜘蛛の魔物の巣窟になってしまっているの。これを完全に駆除してもらうわ」 

勇者「炎系の魔法で焼き払うわけにもいかないのか。そもそもそんな所に蜘蛛の魔物が生息するものなのか?」 

魔法使い「雑食の蜘蛛だからね。食うに困れば植物に頼る奴なのよ」 

戦士「だが、薬草の収集ポイントなんだろ。国とかは動かないのかよ」 

魔法使い「用途が調合すると、魔法使いの卵でも手が出せる魔力向上の薬になるのよ」 

魔法使い「ただ、中級者とかはもっといい物があるものだから、国もそこまで重要視していないのよ」 

勇者「初心者の為の道具なんてたかがしれた額だもんな」 

戦士「大人の嫌な事情が垣間見えるぜ……」 


59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 19:00:34.03 ID:JGQvBRHc0 
戦士「つっても、効果は微々たるものなんだろ?」 

戦士「一旦薬草ごと焼き払っちまえばいいんじゃないのか?」 

魔法使い「これだから近接職の考えは……」 

勇者「よう脳筋。同じ火球魔法・弱でも魔法使いの卵と熟練者とじゃ全く異なる。これなーんでだ」 

戦士「あー……魔力や技術で精度や効果が大きく変わるんだったっけか」 

魔法使い「勇者君の例だと弾速が上がる、火球が大きくなる、着弾時爆発するようになるわね」 

戦士「爆発までするようになるのか。結構変わるんだな……」 

魔法使い「そうよ、だから微々たる効果でも魔力を上げるのには意味があるのよ」 

勇者「あとは魔法を唱える際に消費する魔力のタンクの大きさにも繋がるんだよ」 

戦士「薬草による一過性の効果じゃ意味なくないか?」 

勇者「まあな。そこは大きい効果を持たないと有難味は実感できないだろう。が、無より有ってやつだ」 


60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 19:03:10.97 ID:JGQvBRHc0 
魔法使い「もう一つ駆除する理由があって……女王蜘蛛が出てくると困るのよ」 

魔法使い「夜は眠るし基本大人しいんだけど、女王がいると夜行性になるわ集団で狩りを行うわで厄介なのよ」 

戦士「ちょっとしたボスだな。てか随分詳しいな、勉強家め」 

勇者「それって放置していていいのか?それこそ国が動くんじゃないのか?」 

魔法使い「学んでおいて損は無いからね。あと、国は女王蜘蛛が出てきても軍でどうにかできると考えているのよ」 

魔法使い「彼らは巣を作らないで直接狩るタイプだっていうのに」 

戦士「……おいおい、俺らじゃ無理なんじゃないのか?」 

勇者「いや、女王がいなけりゃ何とかなるだろ。早期決着でないと危険だが、君も一緒に戦ってくれるんだろう?」 

魔法使い「もちろん。それと、数日前にはまだ女王はいなかったわ」 

勇者「それじゃ今晩辺りにでも行ってみるか。駆除さえできれば日を改めたっていいんだろ?」 


61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 19:08:10.93 ID:JGQvBRHc0 
夜・郊外 
戦士「おい……」 

魔法使い「うわ……ごめんなさい」 

勇者「女王と言うだけあってでかいな。普通に人を捕食するんじゃないか?」 

戦士「こりゃ無理だろ。戻って素直に軍を動かしちまえよ。あるいはいっそ焼き払うか」 

勇者「小蜘蛛は倒せても、女王との戦闘となると……」 

勇者「この魔物に関して、俺らよりよっぽど詳しいんだ。君の判断に任せるよ」 

魔法使い「……」 

魔法使い「逃げましょう。女王がいなければ各個撃破もできるけども、今は一匹でも攻撃すれば一斉に襲い掛かってくるわ」 

勇者「だってよ」 

戦士「問題は気づかれずに逃げ切れるかだな」 


62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 19:11:37.92 ID:JGQvBRHc0 
勇者「慎重に下がれよ」 

戦士「子供か、俺は」 

魔法使い「どうか見つかりませんように……」ボソボソ 

町人「っげ、なんだこれ!」 

勇者「?!」 

魔法使い「しまった……この事は公になっていないんだった」 

戦士「わざわざ夜に収集かよ……げぇ、女王がこっちを向いたぜ!」 

魔物の群れが襲い掛かってきた!! 


63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 19:15:28.32 ID:JGQvBRHc0 
魔法使い「あなたは逃げて、軍にこの事を伝えてください!」 

町人「わ、分かった!」 

戦士「いいなぁ……俺らも走って逃げたいぜ」 

勇者「この数を町に流れ込ませる訳にはいかないだろ。精々頭数潰して時間を稼ぐさ」 

小蜘蛛Aが飛びついてきた! 
勇者は盾で弾き飛ばした! 
小蜘蛛Bの噛み付き! 
勇者は蹴り離した! 
小蜘蛛Cの体当たり! 
勇者は身をかわした! 
戦士は小蜘蛛Cの頭部を力任せに叩き切った! 

戦士「大丈夫か!」 

勇者「助かる!」 

勇者(とは言え、多勢に無勢だ……スタミナが尽きるぞ、これ) 


64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 19:19:09.69 ID:JGQvBRHc0 
魔法使い「氷矢魔法・弱!」 

小蜘蛛Fに大きな氷の矢が突き刺さる!小蜘蛛Fは息絶えた! 

魔法使い「氷石魔法・弱!」 

小蜘蛛A、D、H、I、K、L、M、Nに氷の塊が降り注ぐ! 

戦士「範囲魔法じゃ確殺は無理か!」 

戦士は剣を大きく薙ぎ払った! 
小蜘蛛D、Hを切り裂いた! 

勇者(魔法使いの魔力が枯渇するまでそう長くないだろうな) 

勇者(女王蜘蛛は足が遅いようだし、ここは……) 

勇者「全力で逃げながら戦うぞ!小蜘蛛殲滅は諦めよう!」 


65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 19:24:19.99 ID:JGQvBRHc0 
戦士「ぜぇ、ぜぇ……」 

勇者「はぁ……はぁ……」 

魔法使い「……ふう、二人は大丈夫?」 

勇者「攻撃は防げているから毒もダメージも無いが……スタミナが」 

戦士「走りながら戦うってしんどいな」 

魔法使い「ごめんなさい……前線で戦えもしないのに、こんな事に巻き込んでしまって」 

勇者「今は生き残る事に集中しよう。あとどれ位魔法が撃てる?」 

魔法使い「単体なら四回。範囲は属性によるけど二回が限界ね」 

戦士「どんだけ小蜘蛛がいるんだよ……おいでなすったぜ」 

勇者「戦士は燃えそうな物をこの周辺に、広い範囲に集めてくれ。その間は俺が何とか防ぐ!」 

勇者「魔法使いはどでかい炎の範囲魔法を頼むよ」 


66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 19:28:30.05 ID:JGQvBRHc0 
戦士「お前はしばらく座って休んでおけ。こんだけ開けた場所なら横から奇襲されるより先に気づくだろ」 

魔法使い「そんな……二人にばかり、それも彼に至っては」 

戦士「休んでおけば少しは魔力が回復するんだろ?あいつはそれに賭けてるんだよ」 

戦士「これで失敗したら全速力で町まで撤退だ」 

魔法使い「……そういう事であればお言葉に甘えさせてもらうわ」 

戦士「……」 

戦士(正直、休んでいられるのは羨ましい、とは言えないな) 


67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 19:33:44.80 ID:JGQvBRHc0 
小蜘蛛BO、BY、CE、CDが飛び掛る! 

勇者(無理だろおおおお!) 

勇者は横に飛び退き攻撃をかわした! 

勇者(抱えるほどの大きさが四つとか……盾で防がれるから重さで押してきているのか?) 

小蜘蛛BQ、BXの噛み付き! 
勇者は小蜘蛛BQの頭部を切り裂いた!小蜘蛛BXが鎧の隙間を噛み付いた! 
勇者の身体に毒が流し込まれる! 

勇者「っ……!」 

勇者はキュアポーションを使った!蜘蛛の毒を解毒した! 

勇者「……ふう」 

勇者「いや、もたないだろこれ」 


68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 19:38:47.63 ID:JGQvBRHc0 
勇者(下手に使うと魔法の効果が落ちそうで嫌だが……背に腹はっ) 

勇者は粉末のキズ薬を撒き散らした! 
勇者は水筒に残っている水を撒き散らす!粉末のキズ薬はぬめりだした! 
追撃してきた小蜘蛛の群れはバランスを崩した! 

勇者は矢継ぎ早に弓矢を放った! 
小蜘蛛BO、BQ、BY、CA、CBの頭部を貫く! 

勇者「勇者辞めてレンジャーにでもなろうかな……」 


69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 19:43:04.18 ID:JGQvBRHc0 
勇者(小蜘蛛も20を切るくらいか……げ!) 

女王蜘蛛が攻撃態勢に入った! 
勇者目掛けて一直線に向かってくる! 

勇者「女王が突進して来たぞ!戦士!」 

戦士「もうちょい時間が、ってはええええ!」 

勇者「女王の本気って所か?俺も後退する!魔法用意!」 

勇者(もし、女王が小蜘蛛よりも能力が大幅に上回るとしたら、俺らじゃどうにもならないが……) 

勇者の弓矢での攻撃!女王蜘蛛の頭部に命中! 
しかし、女王蜘蛛は怯まない! 

勇者(どうにもならないな) 


70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 19:46:33.21 ID:JGQvBRHc0 
魔法使い「火炎魔法・弱!」 

周囲を炎が包み込む! 
小蜘蛛の群れを焼き払った!女王蜘蛛は炎に包まれた! 

戦士「やったか!?」 

女王蜘蛛は炎の中を突き進んでくる! 

勇者「これ以上は無理だ、町まで撤退だ!」 

勇者達は逃げだした! 
女王蜘蛛は追走している! 


73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 19:50:30.27 ID:JGQvBRHc0 
女王蜘蛛が勇者に追いついた! 
勇者は攻撃に備え、盾を構えて迎え撃つ! 
女王蜘蛛は体当たりをして勇者を跳ね飛ばした! 

戦士「身構えててあんだけ吹っ飛ばされるのかよ……」 

女王蜘蛛は倒れている勇者に狙いをつけて口を開けた! 

勇者(なんて牙……噛み砕かれる!) 

魔法使い「火球魔法・弱!」 

魔法使いより放たれた火球は女王蜘蛛の頭部にあたる! 
女王蜘蛛は怯み、足を止めた! 

「な、こんな化け物が!」 


74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 19:53:36.70 ID:JGQvBRHc0 
兵士A「おいおい、こんなのどう戦えってんだ!」 

魔法使いA「絶対にあれを町にいれるな!ここで食い止めるぞ!」 

僧侶A「こんな小規模の編成であれを……?無茶だわ……」 

魔法使いA「やるしかないんだ!範囲魔力上昇・中、範囲俊敏上昇・中!」 

兵士B「援護は任したぞ。兵士A、行くぞ!」 


戦士「援軍、にしちゃ少ないな。小数精鋭か……?」 

魔法使い「せめてもう一組いれば女王を囲めるのに……」 

勇者「ぜぇ、はぁ、ぜぇ、はぁ……」 

戦士「お、生きてた」 

勇者「てめぇ……回収くらいしてくれよ……女王の目の前で、生きた心地しなかったぞ」 

魔法使い「ご、ごめん……援軍に気を取られてた」 


75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 19:58:56.33 ID:JGQvBRHc0 
兵士Aは女王蜘蛛の足を素早く切りつけた! 
女王蜘蛛は兵士Aに噛み付こうとする! 
兵士Bは女王蜘蛛の頭部を盾で叩きつけた! 
女王蜘蛛は巨体を揺らし、兵士達を薙ぎ払う! 
兵士Aは身をかわした!兵士Bは吹き飛ばされた! 
僧侶は回復魔法・弱を兵士Bに唱えた!兵士Bのキズが回復する! 
魔法使いAは火球魔法・中を唱えた! 


魔法使い「……」 

戦士「普通に一組で倒せる勢いだな」 

勇者(今の所体当たり系の攻撃だけで済んではいるが……) 


76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 20:04:27.71 ID:JGQvBRHc0 
兵士Aと兵士Bの連携! 

兵士A「この一撃で!」 
兵士B「こいつで!」 

兵士A・B「終わりだっ!」 

二人は女王蜘蛛の足に踊りかかる! 

戦士「おお!」 

魔法使い「俊敏性を殺ぐつもりなのね……どうやらこれが決定打となりそうね」 

勇者(おかしい……女王は身構える様子がないぞ) 


77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 20:06:32.38 ID:viMf7L8Z0 
普通におもしろいのになんで支援こんななの? 


79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 20:08:36.97 ID:JGQvBRHc0 
勇者(これは俺達の慢心だ……正義では勝てない。勝つのは何時だって強者だ……) 


兵士A「ぐあああああああああ!!」 

女王蜘蛛は兵士Aを噛み付き、高々と持ち上げた! 
鎧が噛み砕かれる音が、周囲の者に恐怖を与える!! 

戦士「おいおい、マジかよ……!」 

勇者「援護に入るぞ!」 

女王蜘蛛は兵士Aを叩きつけると、兵士Bへと向き直った! 
勇者は剣を突き出し、女王蜘蛛の目を深く抉った! 

女王蜘蛛は回復魔法・中を唱えた! 
女王蜘蛛のキズが回復する! 

勇者「なっ!」 


80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 20:12:23.38 ID:JGQvBRHc0 
戦士「何で魔法が使える事を事前に教えなかったんだ!」 

魔法使い「あれは魔法なんか……まさか薬草の!?」 

勇者(どちらにせよ、一旦彼らからこいつを離さないと……) 

勇者は女王蜘蛛に飛び乗り、頭部に剣を突き立てた! 
女王蜘蛛は大きく仰け反り、勇者をふるい落としにかかる!が、勇者はしがみ付いている! 

魔法使いA「無茶だ!降りろ青年!」 

戦士「あんの馬鹿!暴れ馬に乗ったつもりか!」 

女王蜘蛛は勇者を振り落とそうと走り出した! 
女王蜘蛛は逃げ出した! 


81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 20:17:00.77 ID:JGQvBRHc0 
勇者「俺かお前か……スタミナが切れるまでのデスマッチだな」 

勇者(能力的に考えれば、こちらが不利なのは目に見えるが諦めないぞ) 

女王蜘蛛は回復魔法・中を唱えた! 
剣に貫かれたままでは傷が塞がらない! 

勇者「はは、継続してダメージが与えられるのは強み……」 

勇者「城壁?不味い、町に突っ込む……逃げろーーー!」 

門番A「今の声は……な、なんだあれは!」 

門番B「逃げろ!こっちに来るぞ!」 


82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 20:20:22.23 ID:JGQvBRHc0 
門番Bは身をかわした!門番Aは跳ね飛ばされた! 

勇者「今の直撃だぞ……死んでませんように」 

勇者「てか、城下町に着いちまった……どうする?いや、この騒ぎで魔法職の編成隊が出てこないか?」 

「ば、化け物だ!化け物がいるぞ!」 
「逃げろ!食い殺されるぞ!」 
「誰か軍に……急げ!」 
「槍だ!槍をもってこい!」 

勇者「案外、何とかなりそう……おわ!」 

勇者は女王蜘蛛の頭部を切り裂き転落した! 
女王蜘蛛は回復魔法・中を唱えた!しかし魔力が足りない! 

勇者「ここが正念場か……」 


83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 20:23:50.27 ID:JGQvBRHc0 
女王蜘蛛は町人の方へと走り出した! 
勇者は追いかけたが間に合わない! 
女王蜘蛛は人の群れを薙ぎ払った! 

「誰か助けて……!」 
「こいつ、俺らを食う気……ぎゃああああああ!」 

勇者は女王蜘蛛に切りかかる! 
女王蜘蛛は身体を大きく揺らし、勇者を弾き飛ばした! 

勇者「正面からじゃきついが……時間は稼ぐ!」 


84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 20:27:19.96 ID:JGQvBRHc0 
勇者「ぜぇ……はぁ……」 

勇者の身体を毒が蝕む! 
女王蜘蛛は出血が止まらない! 

勇者(これ以上は限界だ……) 

「頑張れ兄ちゃん!後少しで魔法使いの部隊が来るぞ!」 

勇者「よし……俺の勝……あっ」グラッ 

勇者のオートバーサークが発動した! 
我を忘れて魔物に襲い掛かる!! 


85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 20:30:28.55 ID:JGQvBRHc0 
…… 
勇者「……?」パチ 

勇者「……ここは?」キョロキョロ 

戦士「おーやっと気づいたか。実に三日ぶりのお目覚めだぞ」 

勇者「……そうか。っえ、三日?!」 

戦士「お前、覚えていないのか……?」 

勇者「オートバーサークが発動して、発狂したのは覚えているけど……人を斬ったりしていないよな?」 

戦士「斬ったのは魔物だけだから安心しろよ」 

勇者「それを聞いて安心したよ」 


89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 20:34:27.20 ID:JGQvBRHc0 
魔法使い「あなた、見かけによらず化け物なのね……」 

戦士「いや、オートバーサークってスキルを修得してれば皆あんな感じだ」 

魔法使い「どういう効果なの?」 

戦士「体力が一定を下回ると発動。効果が切れるまでの間、腕力、俊敏、自然治癒力が上昇し敵を攻撃し続ける。効果が切れたら気絶だ」 

戦士「気絶するとか使い勝手悪いから俺は修得しなかったがな」 

勇者「あの後どうなったんだ?」 

戦士「軍の魔法使いの部隊が援護してたが、殆どはお前が倒したようなもんだぞ?」 

戦士「止めで頭部を切り落としたんだが……切り上げて両断する様正に鬼の如し、と専らの噂だぞ」 


90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 20:38:23.93 ID:JGQvBRHc0 
戦士「それと、お前後で国王と謁見な」 

勇者「……え?なに?なんで?というか怖いんだが」 

魔法使い「今回の一件で直々にお礼を言いたいそうよ」 

戦士「負傷者は出たが死者は出なかったんだ。兵士Aも一命を取りとめたんだ」 

戦士「兵士として復帰できるかは分からないそうだがな」 

魔法使い「討伐隊にしても、町に侵入されてからにしても、あなたがいなかったら多くの死者が出ていた、て評価よ」 

勇者「そういう事か……脅かすなよ」 


91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 20:41:40.28 ID:JGQvBRHc0 
戦士「凄い報奨金だな……」 

勇者「おまけに店じゃそうそう買えないような剣まで」 

魔法使い「よかったじゃない。まさかあたしまで貰えるとは思わなかったけど」 

勇者「これが目的じゃないから少し複雑だ」 

戦士「いいじゃねーか。貰える物、くれた物は素直に頂こうぜ」 

勇者「そうなんだけど……なんだかな」 

魔法使い「貧乏性?」 

戦士「いや、ただの小心者だな」 


92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 20:44:58.64 ID:JGQvBRHc0 
「見ろよ、あの人じゃないか?」 
「間違いない、彼があの魔物を倒した人だ」 
「ありがとう!君達のおかげで助かった!」 
「君がいなかったら食い殺されていたところだったよ!」 

戦士「凄い歓声だな……」 

「今やちょっとした英雄だからな」 

勇者「……あ」 

兵士B「まさか駆け出しの冒険者に助けられるとは夢にも思わなかったよ」 

兵士B「だが礼は言わせて貰う。俺も相棒も君のお陰で命拾いしたよ」 

兵士B「何かあったら声をかけてくれ。いくらでも力になろう」ポン 

勇者「……」 

魔法使い「どうしたの?」 

勇者「こういうのもいいもんだな」 


93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 20:49:07.17 ID:JGQvBRHc0 
戦士「名声がか?」 

勇者「それもあるんだろうけど……なんだろうな。こういう風に人から感謝されるのって初めてだ」 

魔法使い「これからはその感覚も薄れていくわよ」 

勇者「え?」 

魔法使い「これからはより多くの人をもっと助けていく」 

魔法使い「そうでしょ、勇者様?」ニコ 

魔法使いが仲間になった! 


95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 20:54:43.65 ID:JGQvBRHc0 
戦士「さて、次はどうする?というより次はどんな仲間を探すかだよな」 

魔法「何言っているのよ。だいたい決まっているじゃないの」 

勇者「ああ、今回の戦いで痛感した」 

戦士「火力か」 

魔法「馬鹿っ!回復役に決まっているでしょ!」 

戦士「回復薬ならいくらでもあるじゃねーかー。勇者は調合師の資格持っているし」 

魔法「え!凄いじゃない!……違う!それじゃ即効性ないし、回復量も大きくないじゃない!」 

勇者「俺が寝ている間に随分仲良くなったなぁ……」 

魔法「ぐく、あんたの所為であらぬ誤解を受けたじゃない!」 

勇者「仲がいい、と言っただけでそこまで拒絶しなくても……」 

戦士「……流石の俺も傷ついたよ」 


96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 20:59:52.86 ID:JGQvBRHc0 
戦士「じゃあ……風と雲は確実に回るのか?」 

勇者「そこで仲間が見つからなければ北の大陸に行こう」 

魔法「はい?」 

戦士「どうかしたか?」 

魔法「……今、北の大陸に行くって聞こえたんだけど?」 

戦士「そりゃあ行く予定だったからな」 

魔法「無理無理無理!何言ってるの!あなた達馬鹿じゃないの!?」 

戦士「馬鹿は俺だけかと思っていたか?残念だったな。突拍子もない大馬鹿者はこいつだ」 


97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 21:04:22.42 ID:JGQvBRHc0 
魔法「だいたい、何をどう考えたら北の大陸に行く事になるのよ!」 

戦士「向こう、魔族の血、濃い」 

勇者「魔法、強い、仲間、欲しい」 

魔法「いやいやいやいや、おかしいでしょ!海には巨大な海獣がいるのよ?!」 

勇者「旅立つ前にそんな話したな」 

戦士「何気に懐かしいな」 

魔法「感傷に浸っている場合!?国の船に乗るならまだしも、一介の市民には無理な話なのよ?!」 


98 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 21:07:06.21 ID:JGQvBRHc0 
勇者「泉の国を落とすような戦力を保有しているんだ」 

勇者「こちらも相応の戦力は無いと戦いにならないだろ」 

魔法「だからって北の大陸とか……」 

戦士「でなけりゃ、称号のPTは無駄死にだ。魔王軍対連合軍の図式になるまではな」 

勇者「より強い味方がどうしても必要なんだ……そこは分かってくれ」 

魔法「……」 

戦士「というのは建前で、きっとこっちの大陸で称号持ちでPTがない奴は地雷だろう、と」 

勇者「じゃあ一か八か北の大陸で、化け物級の魔力持ち見つけちまおうぜ、と」 

魔法(あたしの方が地雷踏み抜いた感がっ!) 


100 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 21:11:48.50 ID:JGQvBRHc0 
魔法(自分で言った手前、今更約束を反故にできないし……) 

魔法(でも海を渡る……どう考えても自殺するようなものじゃない!) 

魔法(魔王の出現の所為で、北に向かう大型船は出ていない事を分かって言っているようだし……) 

魔法(風の都市と雲の都市で仲間が見つからなかったら……) 

魔法「って、二つの国回る間も回復役無しなの?!」 

勇者「いや、薬草だから全員が回復役だぞ?」 

戦士「俺ら二人で盾になるからそうあせんなって」 

魔法「もうやだ……なんでこんな地雷を踏み抜いたんだろう」 

戦士「実は俺らが地雷らしいぞ」 

勇者「現実とは残酷なものだ」 

戦士「俺らに?魔法使いに?」 


102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 21:15:42.17 ID:JGQvBRHc0 
魔法(ああ、遂に国を出てしまった……きっと生きては帰ってこれないんだろうな) 

勇者「お……水場」 

魔法(いや、弱気になるな!常に生き残る術を考えるんだ!) 

戦士「鳥型の魔物も……どうする?食料は余裕があるように持ってきたんだろ?」 

魔法(あわよくば何とかPTから抜ける方法も……!) 

勇者は弓矢を放った! 
矢は怪鳥の頭部を貫いた! 

勇者「晩御飯ゲット」 

戦士「上手に焼こうぜー」 

魔法「……え?……え!……ええ!?」 


105 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 21:19:54.99 ID:JGQvBRHc0 
パチパチ 
勇者「上手に焼けました、と」 

魔法「称号を持つ人と行動するのは初めてだけど……多分、この勇者は珍しい方なのよね」 

戦士「審査されたら間違いなく勇者にはなれないだろうな」 

勇者「所詮、ごたついた時に作った上に見切り発車の称号だ」 

勇者「追々いいように修正がかけられるだろうし、捕まる連中も出てくるだろう」 

魔法「どういう事?」 

勇者「称号持ちが優遇されすぎているのさ。役場で渡された報酬も良かった」 

戦士「システムを作った連中は魔王を倒す為の投資、と思っているんだろうが」 

戦士「全体のどの程度が本気で魔王を意識しているのやら」 

勇者「金稼ぎとしてしか見ない連中もいるだろうし、うまく利用してぼろ儲けを企む奴らもいるだろう」 

勇者「遅かれ早かれ、垂れ流した金を工面する為の財政で、暴徒と化す人もでてくるだろう」 


106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 21:23:47.23 ID:JGQvBRHc0 
魔法「……それを防ぐ手立ては?」 

勇者「称号廃止か軍を動かすか……軍が動かないのに称号廃止も、リスクが大きいんだけどさ」 

戦士「大した報酬もないのに、わざわざ魔物を倒す奴はいないわな」 

勇者「ともすれば、野良の魔物の戦力が増すばかり。何れ軍を出す状況になったとしても、これは防ぎたい訳だ」 

魔法「難しいのね」 

戦士「今すぐ軍を出せばまるっと収まるんだけどな」 

勇者「ただ向こうも一国を落とす戦力があるからな」 

勇者「そう考えると、やはりこういう少数精鋭で魔王討伐改め、暗殺のがいいのかもしれないな」 


107 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/09(水) 21:24:34.03 ID:eQ1HPKJyO 
バーサク付けた勇者は初めて見た支援 


108 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 21:27:32.84 ID:JGQvBRHc0 
魔物の群れが現れた! 

狂犬A「ガウッ!」 

勇者「狂犬PTか……余裕だな」 

戦士「一気に片を……っは!」 

子猫Aは勇者の足元でじゃれている! 
子猫Bは戦士の足元でじゃれている! 

勇者「これでは……動けないっ!」 

戦士「守りを固めるぞ!子猫がどくまで耐えるんだ!」 

魔法「あなた達真面目にやりなさいよ!」 

勇者「なら範囲魔法……お前もなに子猫を抱えているんだー!」 

魔法「……テヘ☆」 

戦士「ちょ、おま、あいたーーー!!」ガブ 


109 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 21:31:03.57 ID:JGQvBRHc0 

勇者「それじゃ、報酬を貰いに行って来るよ」 

戦士「あいよ、俺らはここで待ってら」 

魔法「案外なんとかなるものね……」 

戦士「そりゃあ、元々は二人で石の国まで行ったわけだからな。もうそろそろで風の都市の領土か?」 

魔法「真っ直ぐ進めば次の町からね」 

戦士「もう一人……もう一人見つかるかねぇ」 

魔法「見つからないと凄く困る……あら?」 

戦士「あれは……初めて別のPTを見るな」 


111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 21:39:01.95 ID:JGQvBRHc0 
勇者「お待た……なに見ているんだ?」 

戦士「ほれ、別PT」 

勇者「指を指すな。失礼だろ」 

魔法「あ、こっち向かってきたわよ」 

勇者「お前」 

戦士「見た目、気が荒そうじゃなさそうだし大丈夫だろ」 


113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 21:46:28.55 ID:JGQvBRHc0 
女勇者「もしかしてあなた達も称号を持っているの?」 

男戦士「他のPTは初めて見るな」 

勇者「ああ、こちらも初めて見るよ」 

魔法(……ほっ) 

男武道家「案外少ないのかもしれないな」 

戦士「人が集まらない、って話は聞かないんだけどな」 

男盗賊「そちらは三人PTなのか?」 


117 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 22:12:13.81 ID:JGQvBRHc0 
魔法「絶賛回復役募集中よ。そちらは女勇者さんが回復を?」 

男戦士「……」 

女勇者「……うん、そうだよっ」 

勇者「満面な笑みをしつつ間があるのはどうかと思うよ」 

男盗賊「まあ、回復魔法自体は使えるからなぁ」 

戦士「うちの勇者様とは大違い」 

魔法「本当にねぇ……」 

女勇者「……苦労しているんだね」 

勇者「少しでも魔法が使える者の同情はいらんっ」 


118 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 22:16:09.52 ID:JGQvBRHc0 
戦士「にしてもそっちは逆ハーレムか」 

魔法「ちょ、失礼な事を……」 

女勇者「おーほっほっほっ、守りなさいっ貢ぎなさいっ」 

男武道家「姫、危険ですのでお下がり下さい」 

男戦士「姫には指一本触れさせん」 

男盗賊「姫、本日の稼ぎでございます」 

戦士「……え、あ!俺の財布ーーーー!!」 

勇者「……」 

勇者「やばい、あっちのPTすげー楽しそう」 

魔法「仮にもPTリーダーがなに言っているのよ」 


119 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 22:21:06.08 ID:JGQvBRHc0 
戦士「かくいうこちらも逆ハーレムでね」 

魔法「……なんでこんな地雷PT選んだんだろう」 

女勇者「いいや、分かっていないね。三人が男でなければ逆ハーレムとは呼べないわ!」 

男戦士「お前も変なところで張り合うな」 

勇者「……」 

勇者「いいなあ……あっちのPT」 

男盗賊「蚊帳の外なのに凄い嬉しそうだね」 

勇者「うちのPTにはああいうノリがないからな」 


120 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 22:27:11.45 ID:JGQvBRHc0 
魔法「それでさー……うちの男二人はさー……」 

女勇者「うんうん、分かる分かる」 

戦士「まさか、晩飯まで一緒にするとはなぁ」 

勇者「いいじゃないか。この先、何処で協力するかも分からないんだ」 

勇者「親睦を深められるなら越した事は無いさ」 

男武道家「こんなご時世だからな。背中を預ける時もあるだろうな」 

男戦士「そちらは魔王討伐を本気で考えているのか?」 

勇者「この先どうなるか分からないからな……戦力は揃えるつもりではいるよ」 

男盗賊「やっぱそんなもんだよねー」 

魔法「そうしたらあの二人は……!」 

女勇者「そ、それは……っ。よし、次の時にはごにょごにょごにょ……」 

戦士「なあ……俺は気が気でないんだが」 

勇者「そんな酷い仕打ちをした覚え……ないんだがなぁ」 


122 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 22:32:11.75 ID:JGQvBRHc0 
男盗賊「ところで、そっちのメンバーはどういう間柄なんだー?あの子とは幼馴染とかー?」 

男戦士「お前……初対面の相手に何という事を聞くんだ」 

男盗賊「だってそういうの気になるじゃん?」 

戦士「ウフッ、勇者君とは長い付き合いなのっ」 

男武道家「なんと」 

勇者「幼馴染とは言えないが彼是五年だな。あとお前、それ次やったら柄頭でぶん殴るからな」 

勇者「魔法使いとは石の国で出会ってスカウトしたんだ」 

男盗賊「へー……それって旅をする気がなかったんだよな。よくスカウトできたなー」 

戦士「……文字通り死闘を繰り広げたもんな」 

勇者「実を言えば、これ死んだなーとさえ思ったんだよな」 

男盗賊(娘さんを下さい……) 

男戦士(娘はやらん、か……) 

男武道家(いいのかい、ほいほい家に上がってきちまって。俺は娘のどんな婿でも食っちまう男なんだぜ) 


123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 22:34:17.61 ID:w6VFfoqGO 
ウホッ 


125 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 22:36:52.98 ID:JGQvBRHc0 
戦士「こっちは話したんだし、そちらはどういった具合で?」 

男盗賊「俺と男戦士は友達で、武道家は役場で知り合ったんだ」 

男盗賊「で、勇者と戦士が幼馴染なのさー」 

戦士「凄い嬉しそうに言ったな」 

男盗賊「口じゃ否定ばっかだけど、本当は大好きな幼馴染の事が守りたい一途な馬鹿なんだよ」 

男戦士「だからそういうんじゃないんだが……」 

男盗賊「ほらね」 

戦士「ちなみに二人が勇者を狙っては?」 

男盗賊「俺お姉さまのがいいからねー」 

男武道家「仲間の想い人を取るような真似はしない」 

戦士「おお……漢だ」 


126 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 22:37:41.94 ID:ZTg9eUhQO 
おぉ、アンタか。 
まさかの続編wktk 


127 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 22:40:19.42 ID:JGQvBRHc0 
戦士「そういう事情かぁ……頑張って守れよ、ナイト様っ」 

男戦士「こいつの無神経はどうにかならないのか?」 

勇者「耐えられなくなったら殴っていいから」 

男盗賊「長年の付き合いともなると、対応がドライになるね」 

戦士「出会って一週間でこいつに殴られた記憶は今でも鮮明だぞ」 

男武道家「まあ、こちらのPTは無茶はしないがモットーだから、そう身構える事はあまりないな」 

戦士「……非情の訴えも無情に流された」 

男盗賊「この間でっかい怪鳥に襲われたけどもね」 

男戦士「武道家が身を挺して守りつつ、会心の一撃を浴びせ続けてなければ危険だったな」 

勇者「今さらりと凄い事を言ったな」 

戦士「そっちの武道家すげーな。格好良すぎだろう」 


128 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 22:44:27.96 ID:JGQvBRHc0 
女勇者「さーて、そろそろお開きにしよっか」 

勇者「もうこんな時間……結構喋っていたんだな」 

魔法「……」フラフラ 

戦士「お前……どんだけ飲んだんだよ。いや、目が据わったまま頷き続けられてもこえーよ!」 

男盗賊「そいじゃあ、お三方おやすみ〜」 

勇者「おう、おやすみ〜。戦士、担いでいってやれよ」 

戦士「……え、俺がこいつを?」 

女勇者「あはははは、いやあ絡み上戸な上に面白い話ばかりで楽しかったよ」 


129 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 22:47:59.89 ID:JGQvBRHc0 
戦士「ふう……」 

勇者「ナイト様、お勤めご苦労でありまする」 

戦士「本当に俺で良かったのかよ?お前の方が波が立たないんじゃないのか?」 

勇者「お前好みなんだろ?内心嬉しいくせに」 

戦士「時々、お前の気遣いは分かり辛いから困る」 

戦士「後でどうしてお前が、ってなったらフォローしてくれよ?」 


130 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 22:52:08.65 ID:JGQvBRHc0 
魔法「うう……頭痛い」 

勇者「はい、二日酔いに効く薬だ」 

魔法「ごめんね……あーもー恥ずかしいなぁ」 

魔法「……どっちが運んでくれたの?」 

勇者「単刀直入だな。どっちが良かった?」 

魔法「運んでくれた事にお礼を言いたいだけよ。別にどっちでもいいわよ」 

勇者「……」 

魔法「まだ出会って間もないのに、そんな事で喜ばないわよ」 

勇者(可哀相に……今のところ低好感度だぞ、戦士) 


132 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 23:01:02.21 ID:JGQvBRHc0 
女勇者「さて、それじゃああたし達はそろそろ行くよ」 

戦士「一緒に行けばいいものを」 

勇者「仕方が無いだろ。薬草採集の仕事を取ってきてるんだから」 

勇者「俺達は仲間を探しつつだが、そっちは魔王目指して一直線か?」 

女勇者「まだ経験は積まないとかなぁ。それに聞いた話だと、各地でボスみたいな魔物が現れてるらしいからねー」 

勇者「魔王の時間稼ぎか、飽くまで侵略か……。どの道、残しておいて背中を狙われたんじゃ仕方がないか」 

女勇者「うん、だからあたし達もしばらくは各地を放浪する予定だよ」 

男戦士「そういう訳だから、生きていればまた会うだろう。必ず生きていろよ」 

勇者「そっちもな」 

男武道家「問題ない。俺が全員の矛と盾となる」 

勇者「かっけぇ……」 

戦士「それこなせない称号のはずなのに、こいつ見てると普通にできそうで困る」 


133 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 23:05:41.97 ID:JGQvBRHc0 
勇者「……武道家と勇者の線が濃厚そうだな」 

戦士「俺もそう思う」 

魔法「いい加減にしないと、流石のあたしも杖で殴るわよ……?」 

女勇者「あはははは、なんだかんだでそっちも楽しそうなPTじゃない」 

女勇者「でも、まあ……二人の予想はまず当たらないのよねぇ」 

戦士「だが野営する事もしばしば。間違いが起こらない事もない、はず!」 

魔法「戦士から殴って良い?」 

勇者「戦士だけ殴っていい」 


134 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 23:10:40.81 ID:JGQvBRHc0 
男盗賊「……間違い、間違いか」ブツブツ 

男戦士「……」 

女勇者「だってさ。武道家君はどう思う?」 

男武道家「問題ない。女に興味は無い」 

戦士「おお……男前、え?」 

勇者「……っは」 

男武道家「……」ジー 

戦士「……」 
勇者「……」 

男武道家「……」ジリ 

戦士「……っ!」バッ 
勇者「……っ!」バッ 


135 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 23:17:14.89 ID:JGQvBRHc0 
薬草採集中 
勇者「今までで一番身の危険を感じた」 

戦士「ああ、女王蜘蛛が可愛く見えるぜ」 

魔法「流石に冗談でしょ」 

勇者「こいつ……人の貞操の危機を良い事に適当な事を」 

戦士「あの目はマジだ。冗談の余地がない」 


女勇者「で、最後あれだけ凝視していたけど、あの二人についてはどういうご感想で?」 

男盗賊「……俺らと初めて会った時と同じ目だったなぁ」ブツブツ 

男武道家「ふむ……」 

男武道家「いいじゃないか」ッキリ 


勇者「……?!」ブルブル 
戦士「……?!」ブルブル 

魔法「どうしたの?二人して風邪でもひいた?」 


136 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 23:22:52.47 ID:JGQvBRHc0 
戦士「突撃、今日の晩御飯!」 

勇者「今日は蝙蝠の姿焼きだ」 

魔法「……本気で?」 

戦士「今現在、焚き火で焼かれているのはどう見ても蝙蝠だぞ」 

魔法「携帯食料あったわよね。そっち頂戴」 

戦士「非常時用のを……全く我侭だな、ほれ」 

魔法「あなた達野蛮人と同じじゃないのよ!」 

勇者「……昔、実地訓練で潜った洞窟の地面が抜けて、数日彷徨う事があったんだ」 

戦士「あー……一緒に組んだ時か」 

勇者「あの時は生の蝙蝠を齧ったもんだが、それに比べれば今はどんなに人らしい食事か……」 

魔法「何であなた達はそうもワイルドな人生なのよ?」 


137 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 23:24:49.33 ID:w6VFfoqGO 
生の蝙蝠はマジヤバい 
寄生虫やら病原菌やらマジヤバい 


139 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 23:32:25.41 ID:JGQvBRHc0 
戦士「風の都市の首都まであとどれくらいだ?」 

勇者「三つほど町を越さないとだな」 

魔法「ここから山岳地帯が続くのよね……」 

勇者「しっかりと装備を整えないとな」 

戦士「ここは害鳥駆除の仕事ばっかりだなぁ」 

勇者「俺らには向かない内容だな」 

魔法「弓矢あるじゃない」 

勇者「飽くまで狩猟用だからな。影から射るのならいいが、駆除となると、ね」 


140 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 23:38:16.35 ID:JGQvBRHc0 
魔法「……」ジー 

戦士「お、どうしたよ?」 

魔法「ちょっとね」ジー 

戦士「杖か……そういや、お前の杖ってだいぶ使い込まれているよな」 

魔法「多少の補強をした程度で、結構長い事使っているからね……いい加減に替えないととは思っているんだけど」 

戦士「ここのはどれも高いな」 

魔法「周辺の山から魔力を高める石が採れるのよ。わざわざ効果の低い杖は作らないって話よ」 

戦士「ふ〜ん。足りないのか?」 

魔法「元々そんなに持ち合わせていなかったしね……」 

戦士「そうか。これ、一本貰えるか?」 

店主「まいど〜」 

魔法「……いいの?」 

戦士「俺の方はまだまだ現役でいける。それにがたがきても技術で補えるからな」 


142 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 23:40:19.47 ID:JGQvBRHc0 
勇者「ここから始まる山岳地帯の旅の無事を願いまして、乾杯」 

戦士「乾杯!」 
魔法「乾杯」 

魔法「本当に変わった風習ね」 

戦士「こいつの家独自だと思うぞー」 

勇者「流石に自覚はしているからな」 

魔法「でもやめないんだ」 

勇者「……やめると逆に落ち着かない」 


143 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 23:45:55.08 ID:JGQvBRHc0 
魔法「……そろそろ新しい魔法書が欲しいなぁ」 

勇者「首都に着くまで我慢だな」 

戦士「魔法って、そうやって覚えるもんなんだっけか」 

勇者「そりゃあ戦って身につくもんじゃないしな」 

勇者「そこら辺考えると、戦士側は結構金がかからなくていい職だったりするんだよ」 

魔法「……勇者は魔法使えないくせに、やけに詳しいのね」 

勇者「……」 


144 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/09(水) 23:48:58.03 ID:JGQvBRHc0 
戦士「こいつ、初めは魔法系の授業も受けていたんだよ」 

魔法「あら、そうなの?」 

勇者「……」 

戦士「魔法の三大初歩だっけか?回復魔法・小、火球魔法・弱、解毒魔法・小でコケたんだよ」 

魔法「あー……」 

勇者「……」 

魔法「元気だしなよ、意外といるのよ。魔力はあるのに魔法の才能が皆無の人って」 

戦士「慰める気ねーだろ、それ」 


149 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 00:31:47.96 ID:XzT5rSGu0 
戦士「うおおーーー!鳥多すぎだろーーー!」 

魔法「壁よろしくね」 

勇者「頑張れよ肉壁」 

戦士「ちくしょーー!遠距離攻撃がないからって!」 

勇者「言うな、直ぐに片付けるか、あ」ヒュン 

勇者が放った弓矢が戦士を襲う! 

戦士「ぎゃああーーー!」トス 

魔法「あら、誤射ね」 


151 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 00:35:28.55 ID:XzT5rSGu0 
戦士「おいおい、もう三日も山で野宿してるのに町に着かないのかよ」 

勇者「あと少しの辛抱だから我慢しとけ」 

魔法「一つ目の町までが距離あるのよね。ここさえ抜ければ後はスムーズよ」 

勇者「明後日には町に着くだろうが……ここらへんから犬とかの魔物が増えるって話だ」 

戦士「お、俺の出番だな」 

勇者「魔物出現当初、さくっと食い殺された兵士が多いそうだ」 

戦士「え……もしかして強いの?」 


152 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 00:39:55.20 ID:XzT5rSGu0 
パチパチ 
勇者「上手に焼けました」 

戦士「今晩は犬肉か」 

魔法「束の間の一時ね」 

勇者「……」 

戦士「……」 

魔法「……」 

魔法「……死ぬかと思ったわ」 

勇者「あれじゃあさくっと死ぬよな」 

戦士「いきなり十匹の群れだもんな……」 


153 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 00:44:17.04 ID:XzT5rSGu0 
勇者「町だ……」 

戦士「これで装備が整えられるな……」 

魔法「防具がボロボロだものね……」 

戦士「つーか俺の鎧、既に戦闘で使えるレベルじゃないんだが」 

勇者「ここは鍛冶に特化しているからな。いっその事、装備は全部買い替えた方がいいだろうな」 

戦士「……」 

魔法「……」 

勇者「どうした?」 

魔法「大丈夫、なの?」 

戦士「はは……足りるだろ、多分」 


154 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 00:47:41.35 ID:XzT5rSGu0 
勇者「……」ガチャガチャ 

勇者「……」ガッチャガッチャ 

勇者「……」ジー 

魔法「さっきから鏡見て何やってんの、あれ?」 

戦士「あいつの本性の一部だ」 

魔法「……ナルシスト?」 

勇者「ああ……素晴らしい。これだけの防御力もちつつ、機動力低下を極限まで抑えた造り……」 

勇者「まだまだ安い部類のプレートアーマーだが……学生の時では手が出せなかった物を今装備して……」ウットリ 

魔法「なにあれ?」 

戦士「鎧大好きなんだよ。装備も装備者も」 


156 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 00:52:08.13 ID:XzT5rSGu0 
勇者「これから宿をとるか」ウズウズ 

魔法「どう見ても、実戦に繰り出したい風体よね」 

戦士「今日はもう寝るんだよ!とっとと宿屋に行くぞ」ズルズル 

勇者「一戦、ただの一戦だけでも……一時間で現れなかったら諦めるから!」 

魔法「……そのくらいならいいんじゃないの?」 

戦士「その一時間で全力で町から離れて、戻るのに数時間かかったんだよ!」 

魔法(戦士が問題有りなのは分かっていたけど……勇者も変なベクトルで大問題なのね) 


157 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 00:56:05.10 ID:XzT5rSGu0 

勇者「さあ、今日も張り切って旅を進めようじゃないか!」 

魔法「超上機嫌ね」 

戦士「あーこの状態久々に見たなぁ」 

魔法「最後はいつ?」 

戦士「一年前かな。銅の国の騎士が俺らの町を通っていった時だったな」 

魔法「鎧繋がりなのね」 

戦士「すっげー美人の騎士がいてさ。あいつが追っかけしそうになったのを止めるのに必死だったよ」 

魔法「へー……勇者が女性にがっつくのって想像できない」 

戦士「鎧装備者限定だがな」 

魔法「歪んだ愛ね」 


158 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 00:58:08.29 ID:FchVOInN0 
女騎士ちゃんちゅっちゅ 


159 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 01:02:07.52 ID:XzT5rSGu0 
狂犬の群れが現れた! 
狂犬A、Bが勇者に飛び掛る! 

勇者「そこだ!」 

身構えていた勇者は腕を突き出した! 
狂犬A、Bの牙では鎧を貫けなかった! 

勇者「……」ニヤニヤ 

戦士「こりゃあ、町までが楽になるな」 

魔法「あなた達の装備はそのまま戦力に換算されるのは正直羨ましいわ」 

戦士「なんだ、僻みか?」 

魔法「あたしの生存率にも関わるから文句は無いわよ」 


160 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 01:06:05.33 ID:XzT5rSGu0 
勇者「あれだけ死ぬんじゃないかと思っていた群れもこの通り」 

戦士「俺はそれ以上に、ほんの二日で次の町な事に不満なわけだが」 

魔法「仕方ないじゃないの」 

勇者「山を降りれば麓の町。そこから出てしばらくすると風の都市の首都だ」 

戦士「おーやっとか」 

勇者「流石に山道は疲れるからな。ゆっくり休みつつ、仲間探しをしよう」 

魔法「……」 

魔法(普通に旅してて、何も対策が練られていない!) 


161 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 01:10:55.53 ID:XzT5rSGu0 
勇者(流石に山奥だと役場はないんだよなぁ……) 

勇者(収集品も無限には持てないし、下手に売れば二束三文にしかならないし) 

勇者(路銀が心許無いな……何か良さそうな依頼、おっ) 


戦士「ここの香草炒め旨いな」モグモグ 

魔法「この一帯は美味しい香草が多いって話よ」モグモグ 

勇者「ただい……」 

勇者(この二人、これで本当に特別仲がいいって訳じゃないんだよなぁ) 


162 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします マダマダハンブンモオワラズハナミズフイタ 2011/03/10(木) 01:15:24.02 ID:XzT5rSGu0 
戦士「お、また仕事取ってきたのか?」 

勇者「前に女勇者が言っていたボスかもしれないな」 

魔法「本気でやるの……?」 

勇者「依頼を承諾した者だけじゃないみたいだ。討伐したら報告、て形式だから依頼書をもらってきたんだ」 

戦士「で、ボスってのはなんだ?」 

勇者「大狼だそうだ。岩のような大きさで、周辺に常駐していた兵士でPT組んだが全滅だとさ」 

魔法「本気でやるの?ねえ、無理でしょ?!それ!!」 

戦士「獣か……火は効くな」 

勇者「予め薪とか用意してトラップ満載で挑むか」 

魔法「あー……あたしの人生終わった」 


164 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 01:19:41.55 ID:XzT5rSGu0 
勇者「本当に岩程の大きさだな」 

戦士「あんだけ大きけりゃ人間が餌だな」 

魔法(終わった、詰んだ、死んだ) 

勇者「……だが変だな」 

戦士「あー周辺の血痕か?兵士達が与えた傷なんじゃね」 

勇者「いや、あの狼はこの山の固有種で、大きいものはあれくらいになるはずだ」 

戦士「それが魔物になっちまったと」 

勇者(魔物とされる生き物は、犬や鳥の動物が元になっているが……) 

勇者(その魔物達は、魔王がいない時には存在が確認されていないという) 

勇者(固有種そのものが魔物化ってありえる事なのだろうか……) 


165 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 01:23:32.23 ID:XzT5rSGu0 
勇者は武具防具を全て外した! 

戦士「あ、おい……」 

勇者「魔法使いは炎の魔法を唱える準備をしていてくれ。飽くまで念の為な」 

魔法「ちょ、馬鹿、何をしてるの……」 

大狼「グルルル……」 

勇者「枝を踏み抜いて……ちょっと痛いが我慢してろよ」ブシュ 

大狼「ガウ!……グルルルルル!」 

戦士「おいおい、今にも噛みつきそうだぞ」 

魔法「魔法って言われたって、あれじゃあ勇者ごと燃やしちゃうわよ……」 

勇者「この痛み止めって狼に効くのか……まあ、ないよりましか」 

勇者は大狼の手当てを行った! 


167 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 01:26:47.76 ID:XzT5rSGu0 
大狼「ハッハッハッ」パタパタ 

戦士「こんだけ大きいと、尻尾振りまくってても可愛さが感じられねーよ」 

魔法「……」ナデナデ 

勇者「牙にも爪にも異常が無い所を見ると、依頼の魔物は別にいそうだな」 

魔法「この子を魔物と勘違いして兵士が襲ったんじゃなくて?」 

勇者「いくらこの大きさでも、金属に身を包んだ兵士と戦闘になれば、爪とかに傷がついてもおかしくないが」 

戦士「何もないとなると、戦闘したとは思えないか」 

勇者「とは言え、こいつを怪我したままなのに放置するのもなー……」 

魔法「勇者って動物好き?」 

戦士「鷹師もできるし、犬で狩猟もできる。ブリーダーとしての資格持っているんだよな?」 

勇者「あー実家にいた頃に取ったな。証明証どこやったっけかな」 

魔法「職業選択間違っているわよ絶対。……て、待って、その話勇者がいくつの時よ?!」 


168 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 01:31:15.24 ID:XzT5rSGu0 
大狼「グルル!ガウ!ガウ!」 

勇者「……っげ、おいでなすった!」 

戦士「魔法使いは後ろに下がれ!」 

魔法「……え?え?」 

大狂犬「オオォォォォン!!」 

大狂犬が現れた!! 

勇者「狂犬の大型か。間違いなくこいつだな」 

戦士「思ったよりは小さいな。こりゃ何とかなるな」 

魔法「いや、どう見ても強そう……あ、突っ込んでくる」 


172 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 01:35:06.49 ID:XzT5rSGu0 
勇者と戦士は攻撃に備えて身構えた! 
大狂犬は勇者に体当たりをした! 

勇者「ごふっ!」 

勇者は遥か後方に吹き飛ばされ! 

戦士「何とか持ち堪えるから勇者の介抱を!」 

魔法「分かったわ!大丈夫、勇、あ……」 

勇者は気絶している! 

戦士「どうかしたか!」 

魔法「詰んだわ、これ」 


174 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 01:38:57.26 ID:GiTATL5/0 
今来た 
コレは面白い?教えてエロい人 


175 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 01:41:10.94 ID:FchVOInN0 
面白くなけりゃとっくに閉じてるわな 


176 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 01:41:18.21 ID:XzT5rSGu0 
魔法使いは氷矢魔法・弱を唱えた! 
しかし、大狂犬の厚い体毛で刃が通らない! 

魔法「え……効いてない?」 

戦士「うおおおお!」 

戦士は剣を大きく振りかざし、渾身の一太刀を放った! 
しかし、大狂犬の厚い毛皮に阻まれて、浅く斬る事しか出来ない! 

戦士「……」 

魔法「……」オロオロ 

戦士「\(^q^)/」 

魔法「え、ちょ、諦め早、それ以前に何それ!」 


178 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 01:44:49.32 ID:XzT5rSGu0 
大狂犬の体当たり!戦士は身を翻して攻撃をかわした! 
魔法使いは火球魔法・弱を唱えた! 
魔法使いより放たれた炎の玉が、大狂犬の胴を捕らえた! 

魔法「……どうにもダメージが与えられないわね」 

戦士「不味い事になったもんだ、よっと」 

大狂犬の体当たり!戦士は身を翻して攻撃をかわした! 


179 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 01:45:11.75 ID:2dhgug7CO 
文句無しに面白い 
パーティでワイワイ会話するのを見るのが好きな人からしたらかなりの良作 

何よりも勇者と戦士の掛け合いとか距離感が上手い 


182 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 01:48:31.93 ID:XzT5rSGu0 
戦士(一撃でも当たったら、一気に畳み掛けられるんだろうな……) 

戦士(かといって鎧きたまま避け続けるなんて無理だし……) 

大狂犬の体当たり!戦士は避けきれない! 

戦士「ぐお!」 

魔法「戦士!」 

大狂犬は跳ね飛ばされた戦士に追撃すべく、突進してきた! 
大狼が大狂犬に噛み付いた!大狂犬はよろめいている! 

戦士「お、おお……」 

魔法「まさかの援軍ね……戦士が復帰するまで何とか持ち堪えて」 


185 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 01:53:15.55 ID:XzT5rSGu0 
戦士「ぜぇ……ぜぇ……」 

大狼「グルルル」 

大狂犬「ガルルル」 

魔法(……これじゃああたし達は、狼の援護をしているようなものね) 

戦士(正直、俺らじゃどうにもならんぞ、これ) 

大狂犬「ガァウ!」 

大狂犬は大狼に噛み付いた!大狼は苦しそうにもがいている! 

戦士(足の傷で差がついちまってるな!) 

戦士は大狂犬に斬りかかる! 
しかし、大狂犬の厚い毛皮に阻まれて、浅く斬る事しか出来ない! 
弓矢が大狂犬に右目に突き刺さる! 
大狂犬が怯んだ隙に、大狼は間合いをあけた! 

戦士「やっとか……遅いんだよ、お前は」 

勇者「悪かったな、どのくらい寝てたんだ?」 


187 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 01:57:20.63 ID:XzT5rSGu0 
勇者(ここまで大きいと体毛が鎧のような効果があるんだろうな……) 

勇者「顔を集中して狙うぞ!魔法使いは火球魔法の準備を!」 

戦士「じゃあ俺らは死にに行きますか」 

大狼「グルル!ガウ、ガウ!」 

勇者「頼もしい奴らだな……一気に片をつけるぞ!」 

勇者と戦士は武器を構えて大狂犬に立ちはだかった! 


189 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 02:01:41.39 ID:XzT5rSGu0 
…… 
勇者「ほくほく」 

戦士「すげー金と鉱石の数。これ全部、大狂犬の討伐報酬か?」 

勇者「ボスクラスだったからな。にしても、大狼を味方にできなかったら勝てなかっただろうなぁ」 

魔法「あれが全力だったら大狂犬を倒せていたんじゃない?」 

勇者「どうだろうな……。狂犬は基本、他の生き物の縄張りを荒らす事を考えると」 

勇者「今まで大狼がほっといたのは疑問だし、足の傷もここ最近のようだし」 

戦士「一対一じゃ勝てないから挑まなかった、てか?」 

勇者「恐らくはな。まあ、大狂犬の肉を煮込んで作った栄養満点の餌も食わせたし」 

勇者「あいつが復活すれば、この辺りの狂犬の数も減るだろう。一件落着だ」 

魔法「……あれ、変ね。このPTって勇者の称号の人いないんだっけ?」 


190 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 02:05:05.68 ID:XzT5rSGu0 
勇者「ぜぇ……ぜぇ……」 

戦士「はぁ……はぁ……くそっ」 

魔法「麓の町にとーっちゃく!というか二人とも、どうするの?その鉱石とお金」 

勇者「くそ、金も重いもんだな」 

魔法「そりゃあ、そんだけ大袋を担いでいればね」 

戦士「鉱石が……」 

魔法「いや、あなたはもう馬鹿としか言いようが……諦めて売りさばけばいいのに」 

勇者「鉱石が取れる場所で売ってもそんなに値がいかないんだよな」 

戦士「どっか……遠くで鉱石の希少価値が高い所でと思ったが……くそぅ」 


192 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 02:08:39.32 ID:XzT5rSGu0 
勇者「よーし、首都まで一気に行くぞ」 

戦士「おー!」 

魔法「あれ?お金は?」 

勇者「役場で小切手に変えてもらえた。この金額なら国内の何処の役場でも現金に戻せるって」 

魔法「へ〜。で、鉱石は」 

戦士「……ん」 

戦士は小魔石の短剣を取り出した。 

勇者「あえてか……」 

魔法「二束三文なら、と吹っ切れたのね」 

戦士「……お前にやるよ」 

魔法「いいの?」 

勇者「魔石つきの短剣であっても、俺らには短剣としての恩恵しか得られないからな」 

戦士「持ってりゃ魔力上昇の効果得られるんだろう?」 

魔法「そりゃそうだけど……まあ、ありがとうね」 


194 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 02:12:13.25 ID:XzT5rSGu0 
風の都市 城下町 
勇者「おー……風車が多いな」 

戦士「あれで麦を挽くんだっけか。便利なもんだよな」 

魔法「……それで、これからどうするの?」 

勇者「五日間お休みって事で各自自由でいいだろう」 

勇者「路銀もあるし、このくらい問題ないからな」 

戦士「久々にゆっくりと羽を伸ばすとするか」 

勇者「だな」 

魔法「無駄に散財するのだけは止めなさいよ」 

勇者「任せろ、いくら渡していくら使ったかをしっかり記録する」 

戦士「こいつ何気に家計簿とかつけてるんだ。現在進行形で」 

魔法「……なんかもう、称号に対するツッコミをいれるのが面倒になってきたわ」 


195 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 02:17:16.80 ID:XzT5rSGu0 
勇者の休日 
勇者「……あー所持品がくたびれてきたな」 

勇者「道具袋を繕って、水筒も新しいのを作るか……」 

勇者「あ、戦士のもきっと……面倒だし、魔法使いのも作るか」 

勇者「弓も傷んできたし、伐採しにいくには丁度いいか」 

勇者「矢はどうするか……今の懐考えると作るより買った方がいいよな」 

勇者「……」 

勇者「時間はあるし作ればいいか」 


197 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 02:21:08.21 ID:XzT5rSGu0 
勇者「……」チクチクヌイヌイ 

勇者「……」コーンコーン 

勇者「……」ギーコギーコ 

勇者「……」キリキリキリ 

大工「親方ぁ、随分腕のたつ新人っすねぇ」 

親方「いや、ありゃぁ木工作業台を借りに来た冒険者だ」 


198 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 02:21:34.33 ID:/gDBjeitO 
なんと家庭的な 


199 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 02:25:55.08 ID:XzT5rSGu0 
戦士の休日 
戦士「流石は首都だな。魔法を優先する国でも闘技場があるのな」 

戦士「弓とか扱えない以上、俺には本当にこの剣しかないからな……」 

戦士「よっしゃ、三日はみっちりと鍛えこんで、二日はゆっくり休むか」 


受付「では、こちらが賞金になります」 

戦士「……」 

戦士「今日、大会だったんだなぁ」 

戦士「……」 

戦士「あれ、総当りで全抜きしてたのか俺っ!?」 


201 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 02:29:29.55 ID:XzT5rSGu0 
不良A「へへ、にーちゃん金が重そうだな。俺らが貰ってやるぞ」 

不良B「大人しくしてりゃあ痛い目みないんだぜ?」 

不良C「おらぁとっとと寄越しな!」 

戦士「……」 


兵士「ご協力感謝します!」 

戦士「さらに重量が増えた……特訓しようとしたんだよな、俺」 

戦士「今日は重量超過で走りこむか?」 


202 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 02:30:04.25 ID:3c2F+Zzg0 
サバイバルキッズ思い出した 


203 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 02:36:12.17 ID:XzT5rSGu0 
魔法使いの休日 
――勇者「魔法書買うんだろ、そのくらい持っておけよ」 

――魔法「あたしだけ、多めに貰うのは気が引けるんだけどねぇ……」 

――勇者「その分、より強力な魔法で援護してくれれば俺も戦士も万々歳だ」 


魔法「うふ、ふふふ……」 

魔法「まさか二冊も買えるなんて。古本屋があって助かったわ」ドサドサ 

魔法「まだ午前中……今日一日……うふふふふ」ドキドキワクワク 


204 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 02:37:24.51 ID:FchVOInN0 
いいPTだなぁ 


205 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 02:39:10.65 ID:XzT5rSGu0 
魔法「……」ペラ ペラ 

魔法「……」ペラ ペラ 

魔法「……」ペラ ペラ 

魔法「……」ペラ ペラ 

戦士「おーい、晩飯食いに行くが、お前も行かないかー?」コンコン 

魔法「え、あ!もう夜?!」 


206 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 02:41:14.57 ID:ul7ZkiVA0 
魔法書って本屋にあるものなのか支援 


211 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 02:52:32.59 ID:XzT5rSGu0 
勇者「では、無事風の都市の首都に着いた事を祝いまして、乾杯!」 

戦士「かんぱーい!」 

魔法「乾杯」 

勇者「ここのパンは美味いな」 

戦士「挽くのが人力じゃないから、効率が上がって生産量もはんぱないみたいだしな」 

魔法「それだけじゃないけど……まあ量、質共に高いのは確かね」 

勇者「すみませーん、白身魚の香草焼き一つ」 

戦士「あー俺は鶏の手羽先焼き一つ」 

魔法「あ、あたしハーブキノコサラダを一つ」 


212 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 02:56:24.35 ID:XzT5rSGu0 
戦士「いやぁどの料理も美味いな」 

勇者「この店は大当たりだな。チーズグラタン一つ」 

戦士「ガーリックトーストとラムで」 

勇者「後、白身魚とホタテのワイン蒸しとウィスキーで」 

魔法「あなた達どれだけ食べるつもりよ……あたしはもう注文するほどじゃないわよ?」 

戦士「食える時は食わないとな」 

勇者「食とは生命活動の一端であり、最高の娯楽である。これが我が家の教訓だ」 

魔法「どんな教訓よ」 

勇者「よって俺は食事に関して一切手を抜かない。作るのも食べるのも」 

戦士「ある意味崇高なんだが内容がな……」 

勇者「あ、道具袋とか新調しといたから渡しておくよ」 

魔法「え、わざわざ買ったの?」 

戦士「こりゃあ作ったなぁ」 


213 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 03:01:20.63 ID:XzT5rSGu0 
勇者「今日は何するかなぁ」 

勇者「装備の手入れはだいたい終わったしなぁ……」 

勇者「……一人でこなせる依頼とかあるか?」 

勇者「薬草採集か……行ってくるか」 


採集地周辺に巨大な怪鳥が集まっている! 

勇者(騙されたっ!) 


216 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 03:05:03.63 ID:XzT5rSGu0 
「おい、あれ昨日の優勝者じゃねーか?」ヒソヒソ 
「大会は昨日で終わ……まさか、ここに試合にきたのか?」ヒソヒソ 
「おいおい、民間の間じゃあいつに勝てる奴いねーんだろ?マジ何しにきたんだ?」ヒソヒソ 
「え、俺らサンドバック?」ヒソヒソ 
「兵士にでも声かけろよ。早くどっかいかねーかな。いつ参戦するか気が気でないんだが」ヒソヒソ 

戦士「……」 


魔物の群れが現れた! 
戦士「どーせ対人よりこっちがメインだもんねー、あははははは!」 

戦士「ちくしょー!ちくしょーーー!折角の活躍を仲間は知らないし、世間は冷たいぃぃぃ!!」 

戦士はバーサークを修得した! 


219 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 03:09:14.71 ID:XzT5rSGu0 
魔法「……」ペラ ペラ 

魔法「……」ペラ ペラ 

魔法「……」ペラ ペラ 

魔法「……」ペラ ペラ 

魔法「……」ペラ ペラ 

魔法「あ、お昼ご飯……ま、いっか」ペラ 


220 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 03:13:22.63 ID:FchVOInN0 
イイヨイイヨー 


221 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 03:14:43.87 ID:XzT5rSGu0 
怪鳥Aの攻撃!勇者は身を翻して攻撃をかわした! 

勇者「探索用の装備だからきっつい、が!」 

勇者はパワーショットを放った! 
引き絞られた矢は怪鳥Bの頭部を貫いた! 

勇者「仕立てたばかりだ。最大威力で戦えるぞ」 

怪鳥C「クエェェェェェ!」 

怪鳥Cは仲間を呼んだ! 
暴れ大牛が現れた! 

勇者「あ、弓じゃ勝てないのきた」 


222 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 03:18:38.53 ID:XzT5rSGu0 
戦士「おおおおおおおお!」 

戦士はバーサークを発動させた!自然治癒能力停止、腕力、俊敏が劇的に向上した! 

戦士「殲、滅!」 

戦士は魔物の群れを薙ぎ払う!魔物の群れを倒した! 

戦士「もっとだ、もっと強い魔物は……あ?」 

勇者は逃げてきている!怪鳥A、Cと暴れ大牛が追いかけてきている! 

勇者「おお、強運!助かった!」 

戦士「ぶち、殺す!!」 

勇者「え?」 


223 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 03:19:52.40 ID:gPK5/7y/O 
勇者逃げてー 


225 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 03:22:17.85 ID:XzT5rSGu0 
戦士「おおおおおおおお!」 

戦士の懇親の一撃!怪鳥Aの首が宙を飛ぶ! 
勇者はおっかなびっくり弓矢で援護をした!暴れ大牛の足を止めた! 

戦士「どりゃああぁぁ!」 

戦士は盾で殴りにかかる!怪鳥Cは首がひしゃげて息絶えた! 
勇者は恐怖で身を竦めている!暴れ大牛は戸惑いまごついている! 

戦士「くた、ばれ!!」 

戦士は目にも留まらない速さで斬りかかる!暴れ大牛の頭部はバラバラに切り裂かれた! 

戦士「WRYYYYYYYYYYYYYY!」 

勇勇勇者「……」」」ガクガクブルブル 

戦士のバーサークの効果が切れた。 
戦士はハイテンションになっている。 
勇者は戦意喪失状態になった。 


226 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 03:25:46.79 ID:LH14q6Vn0 
水を混ぜるとやたらとぬめる回復薬に見覚えがあるんだが 


227 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 03:27:22.59 ID:XzT5rSGu0 
魔法「……」ペラ ペラ 

魔法「……」ペラ ペラ 

魔法「……」ペラ ペラ 

魔法「……」ペラ ペラ 

魔法「ふぅ……」スス 

魔法「アップルティーは庶民の味方よねぇ……」スス 


228 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 03:27:59.49 ID:FchVOInN0 
この温度差ww 


229 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 03:31:04.51 ID:XzT5rSGu0 
…… 
勇者「さあて、そろそろ休暇も終わりか……」 

戦士「そろそろ本目的に入るか」 

魔法「……っは!」 

勇者「残念ながら、昨日探し回っていたがやはり無理だったよ」 

戦士「休暇終了と共に雲の都市に移動か?」 

勇者「そうなりそうだな……お、行商人の馬車が入ってきたな」 

戦士「目ぼしいものでもあるといいな」 

魔法「……あれ、荷馬車に女勇者さん達がいるような」 


230 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 03:32:26.39 ID:LH14q6Vn0 
本の虫かわいい 


231 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 03:34:27.30 ID:XzT5rSGu0 
女勇者「やっほー」 

勇者「っ!……やっほー。どうしたんだ?ドナドナか」 

男戦士「まさか。荷馬車に乗せてもらってこちらに来たんだ」 

男盗賊「いやーおかげで山を越えずに済んで助かったよね!」 

戦士「……」 

魔法「迂回しているのに五日の差なのね」 

男武道家「お前達、敢えて山を登ったのか……」 


232 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 03:38:53.01 ID:XzT5rSGu0 
勇者「まあ、途中大狂犬倒したし良しとしよう」 

女勇者「おー、ボスクラスかい?」 

勇者「ボスはボスでも野良だったがな。そちらの戦果は?」 

女勇者「洞窟に巣食っていたのを二体ほどね」 

魔法「早いペースね」 

戦士「俺らより強いんだろうな、向こう」 

男戦士「単純の頭数の差だろう。見た感じお前達も、中々強そうに感じるぞ」 

男武道家「うむ、特にそちらの戦士は見違えるくらいの成長を……」ゴクリ 

戦士「……」 

戦士はバーサーク発動の構えを取った! 


233 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 03:40:51.95 ID:LH14q6Vn0 
なぜ男のケツを狙うのはいつも武道家なのか 


234 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 03:42:06.99 ID:XzT5rSGu0 
勇者「それにしても装備を変えたんだな」 

女勇者「君もね。あはは、まさか御互い鎧姿になっているとは思わなかったよ」 

勇者「そうだな……ところで、今後の装備は重装か?」 

女勇者「うーん、今のところはそうだけど、軽量装備にするかちょっと迷っ……」 

勇者「重装備だ!世を救うには重装備を用いて、敵の攻撃を受け止め反撃するしかないんだ!」 

魔法「しま、戦士、取り押さえて!」 

勇者「重装備の君は美しい!重装備の君は素晴らしいぃ!」 

戦士「まだ大丈夫だ、あれ」 

勇者「頼む、後生だ!重装備であってくれぇぇぇ!」 

魔法「手遅れたら駄目なのよ!」 

男盗賊「そっちの勇者、魔物と入れ替わったの?」 

戦士「あれがあいつの本性だ」 


235 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 03:43:52.64 ID:LH14q6Vn0 
この勇者と絶対気があう気がする 


236 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 03:47:02.91 ID:XzT5rSGu0 
女勇者「……」 

魔法「今の彼は気にしなくていいからね?」 

女勇者「え、ああ、うん、ありがとう」 

勇者「……」 

戦士「勇者の簀巻き1セットコンバイン」 

男武道家「一体、何が彼を狂わせたんだ?」 

戦士「鎧姿の女勇者だな。あ、問題なのはあいつであって君の責任じゃないぞ」 

女勇者「ああ、うん、ありがとう」 

男盗賊「……さっきから様子がおかしいけど、そんなに向こうの勇者が怖かった?」 

女勇者「んー……いや、あんなに熱烈に告白されるのは初めてで」 

男盗賊「おお!」 

男武道家「ほう」 

男戦士「なに」ピク 

魔法「けれども歪んだ愛」 

戦士「まあ、あいつなら案外上手くいきそうだとは思うがな」 


237 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 03:53:43.63 ID:XzT5rSGu0 
勇者「眼が覚めたら簀巻きでした」 

戦士「そりゃあな」 

勇者「猿轡まで噛まされていました」 

戦士「そりゃあな」 

勇者「私刑にあったのか体中が痛いです」 

戦士「そりゃあな」 

勇者「俺暴走していた?」 

戦士「そりゃあな」 


238 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 03:58:39.88 ID:XzT5rSGu0 
戦士「まあ、女勇者は可愛いからなぁ。あれで重装備なら仕方が無い」 

魔法「仕方が無いじゃすまないんだけど」 

勇者「反省はしている。努々注意するから許してくれ」 

戦士「いざという時の為に、超軽量の鎧でも作っておくか?」 

魔法「どう活用するのよ」 

戦士「お前が着て矛先を変える」 

魔法「人柱?!」 


240 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 04:02:42.16 ID:XzT5rSGu0 
勇者「昨日は本当に申し訳ない」 

女勇者「確かに驚いたけど、気にしなくていいよー」 

男戦士「……」 

男盗賊「……」ニヨニヨ 

女勇者「一応確認したいんだけど、昨日の言葉に本心はあるの?」ボソボソ 

男戦士「……!」ピク 

勇者「……相手の事もよく知らずに言うべき言葉じゃないと俺は思っている」ボソボソ 

勇者「好感はあるが伝えるべき言葉はまだない、はず。だから……虫がいいとは思うが無かった事にしてくれ」ボソボソ 

女勇者(うーん、硬派な人なんだなぁ……) 

男戦士「……っほ」 

男盗賊「……」ニヨニヨ 

戦士「面白い状況だ」 

男武道家「そうだな」スス 

戦士「来るな!」 


241 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 04:06:48.04 ID:XzT5rSGu0 
女勇者「それにしても相変わらず三人なんだね」 

勇者「残るは雲の都市だけなんだよな……」 

女勇者「港町にでも行ってみたら?」 

魔法「っちょ!」 

女勇者「魔法は学んでいるけど、家業の漁師の手伝いで残っている人って結構多いと思うんだ」 

魔法「あ……なるほど」 

勇者「えーと……雲の都市の領土内に港はないのか」 

戦士「港町巡って、雲の都市に行って、また港に戻ってくるのか。手間だな」 

勇者「北の大陸は飽くまで最終手段だからな。弾があるうちはそちらを目指そう」 

魔法「ありがとう!ありがとう!!」ボソボソ 

女勇者「任せて!」ピース 


242 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 04:11:14.23 ID:XzT5rSGu0 
勇者「結局、ここでは見つからなかったか」 

戦士「ま、そう簡単に仲間がいたら苦労はしないよな」 

魔法「じゃあ港町を巡るの?」 

勇者「そうだな……北に抜けて港町を東に巡る。そして、そのまま雲の都市だな」 

戦士「女勇者達は西に行くって言っていたから、当分会う事は無いな」 

魔法「あら、残念なの?」 

戦士「安心しているんだよ」 


243 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 04:15:05.29 ID:XzT5rSGu0 
さて一旦でここでおやすみ。予定としては 
スレが残ってれば10:00くらいよりちょこっと再開 
日付が変わるか変わらないくらいに再開 
11日夕方くらいから再開、で終わらしたいが……これでまだ半分 


247 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 04:51:24.88 ID:ieLaTEWqO 
すごくおもしろい、乙! 
待ってるよー 


253 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 07:14:17.58 ID:e089kHGU0 
伸びてないのが不思議なくらいだ 
丁寧に作ってあって面白いよ 


254 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 07:30:38.78 ID:dy9qSb7R0 
落とすには惜しい作品だ 


255 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 07:47:47.53 ID:gPK5/7y/O 
伸びてないんじゃなくて、スレが埋まらないように無駄なレスとか支援、保守レスを極力抑えてるだけ 


256 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 08:10:29.06 ID:m+i053OE0 
このスレはまだ戦える 



260 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ホシュカンシャ 2011/03/10(木) 10:28:57.26 ID:XzT5rSGu0 
魔法「なんか、木の幹に変な傷が目立つんだけど」 

戦士「……ここらへんの魔物の情報って調べたか?」 

勇者「いや……暴れ大牛がいるぐらいしか」 

魔物が現れた! 

人食い熊「ガアァァ!」 

魔法(見るからに特攻型……あたしは一撃も貰わないよう、回避に専念しないと!) 

戦士(熊かよ、パワー特化はきっついな。防御してても直撃したら吹っ飛ばされるよな) 

勇者(山の神様有難う!いただきます森の王者!) 


262 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします >>244 サイゴニマトメルヨ 2011/03/10(木) 10:33:52.21 ID:XzT5rSGu0 
勇者「山の神様の贈り物に感謝して、乾、杯!!」 

戦士「乾杯!」 

魔法「乾杯。随分ハイテンションね」 

勇者「本日のメニューはぁぁぁ、ヒグマの煮物ぉぉ!」 

魔法「……人食い熊よね?」 

勇者「胃を掻っ捌いてみたが、ドングリやコクワと綺麗なもんだったぞ」 

戦士「そりゃあいい。食ってみようぜ」パク 

魔法「……どう?」 

戦士「何だろう、噛むと香りと旨みはあるんだが、表現できない味なんだ」 

勇者「……なるほど、確かにコレは言葉に困るな。上品な味ってこういう事なんだろうな」 

魔法「……あら本当。こういう動物って普通臭みがあると思うんだけど」 

勇者「肉食は臭いっていうな。そうするとこいつは相当のベジタリアンだった訳か」 


263 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 10:37:21.69 ID:XzT5rSGu0 
勇者「今日はここらで野営かな」 

戦士「だなー。薪拾ってくる」 

魔法「あ、それなら勇者、少し付き合ってよ」 

戦士「なぬ」 

勇者「……何かあるのか?」 

魔法「新しく覚えた魔法を一度も使えていないからね。まだ魔力に余裕があるし、試し撃ちしたいのよ」 

戦士「あーがんば」 

勇者「……俺は盾って事か」 


264 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 10:41:07.64 ID:XzT5rSGu0 
魔法使いは氷矢魔法・中を唱えた! 
巨大な氷の矢が狂犬Aを貫いた! 
魔法使いは火球魔法・中を唱えた! 
巨大な炎の塊が狂犬Bを飲み込み、爆発した! 
狂犬C、Dはいきりたって襲い掛かる! 

勇者「よっと」 

勇者はシールドバッシュを放った!狂犬C、Dはスタンしている! 
魔法使いは火炎魔法・中を唱えた! 
紅蓮の炎が辺りを焼き払う!!狂犬C、Dは燃え尽きた! 

勇者「つえー……」 

魔法「他にも三種類、新しい魔法も覚えたんだけどね」 

勇者「それは試さないのか?」 

魔法「慣れるまでは魔力の消費が激しいからまた今度ね」 


265 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 10:45:44.87 ID:XzT5rSGu0 
勇者「この川を進んでいけば港町だな」 

魔法「日も傾いてきたし、今日中に着ける距離じゃないわね」 

戦士「今日も野営か……」 

勇者「早めに寝床を確保して釣りでもするか」 

戦士「ここ最近、肉ばっかだからな」 

魔法「熊、熊、熊、牛、鳥……」 

勇者「1熊で何食も補えるから有難い」 

戦士「その例えは山の神様に怒られるだろう」 


266 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 10:50:46.92 ID:XzT5rSGu0 
勇者「おー久々の潮の香りだ」 

戦士「あー俺、海とか初めてだわ」 

魔法「あら?勇者って別の所に……そういえば実家がどうのって言ってたっけ」 

勇者「海がある町じゃないが、近くではあったからな」 

戦士「お、見ろよ。すげーでっけー船があるぞ。見に行こうぜ」 

勇者「おー本当だ。そういえばこの港って風の都市の軍も配置されているんだっけか」 

魔法「海軍の船、とかかしら?」 

魔法「あら?びっくりするくらい嫌な予感。どうしましょう」 


267 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 10:55:34.98 ID:XzT5rSGu0 
水夫「ああ、これかい?北の大陸に向かう船さぁ」 

水夫「今こんな状態で、物資とかも安定しないからなぁ。安全性を高める為に交易に軍の船を使う事になったんだとよ」 

水夫「お前らも北の大陸に行きてぇ、てのか?」 

水夫「これからは一ヶ月に一回は定期的に出航するだろうから、帰れねぇなんて事はないと思うがどうするよ?」 


戦士「だってさ」 

勇者「こりゃあ絶好のチャンスだよな」 

魔法(馬鹿なっ……まさかのタイミング……こんな偶然がっ……無慈悲なまでのっ……!)グニャァァ 


268 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 11:00:56.97 ID:XzT5rSGu0 
勇者「船に乗るのは俺も初めてだなー」 

戦士「おまけに軍のだぜ。これなら海獣も怖くない」 

魔法「……そうよね、よくよく考えたらこれはプラスよね、ふふふ」 

戦士「お前……危険だから、が排除されているんだから北の大陸行きは喜べよ」 

戦士「南には無い魔法書とかもあるかもしれないし、見聞は広められるだろう」 

魔法「成る程、戦士の言うとおりね……よし、気持ちを切り替えて、いざ北の大陸!」 

勇者「ま、気持ち切り替えても、俺達は船に揺れられているだけなんだけどな」 

戦士「降りてからが本題だものな」 


269 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 11:04:29.20 ID:XzT5rSGu0 
海獣クラーゴンが現れた! 

勇者「おっと、俺らの出番か!」 

戦士「海獣か……ある意味魔物だが、魔王の手下じゃないんだよな」 

魔法「触手からの強力な一撃は骨が折れるそうよ、気をつけて!」 

勇者達が得物を構えて突き進む! 
その行く手を黒い影達が阻んだ! 

勇者(軍の魔法部隊か?) 

水夫A「てめぇぇぇらぁぁ、船を守り抜くぞぉぉ!!」 

水夫ALL「おおおぉぉぉぉぉ!」 

戦士「なん……だと……」 

勇者「気迫で分かる。俺らより強いぞ!」 

魔法「水夫って戦うものなのかしら?」 


270 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 11:09:44.26 ID:XzT5rSGu0 
水夫Aは槍をしごいて躍り出る! 
水夫Bは大斧を振り上げ走り出した! 
水夫Cは大弓を引き絞った! 

勇者「何という脳筋PT!!」 

クラーゴンは触手で薙ぎ払う! 
水夫Aはかわした!水夫Bは弾かれた!水夫Cには届かない! 

戦士「直撃で弾かれただけなのか……」 

水夫Aは槍を深く抉る様に突き出した!水夫Cは弓矢を放った! 
クラーゴンは怒り、反撃してくる! 
水夫Dは睡眠魔法を唱えた!クラーゴンはまどろんでいる! 
水夫Dは雷撃魔法・中を唱えた! 
上空を雲が渦巻き、海獣に目の眩む制裁が落とされる! 

魔法「やだあの水夫、ガチムチですっごいごつい杖持って魔法使ってる」 


271 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 11:14:36.05 ID:XzT5rSGu0 
水夫A「てめぇらぁぁケリぃつけっぞおぉぉぉ!」 

水夫ALL「おおおぉぉぉ!」 

水夫の心が一つに! 
水夫Aは槍で触手を絡めて動きを封じた!水夫Bは大斧で触手を薙ぎ払った! 
水夫Cはクラーゴンの眼球を弓矢で潰した!水夫DはPTマナドレインを唱えた! 
水夫A、B、Cの魔力が水夫Dに集まる! 
水夫Dはパワーチェンジを唱えた!全ての魔力が力に変わる!! 

水夫D「消えよ!」 
クラーゴンに痛恨の一撃! 
水夫D「滅びよ!」 
クラーゴンに痛恨の一撃! 
水夫D「息絶えよ!」 
クラーゴンに痛恨の一撃! 
水夫D「微塵に、砕けよぉぉ!」 
クラーゴンに痛恨の一撃!クラーゴンは体液を撒き散らしつつ、甲板から吹き飛ばされた!! 

戦士「すげぇ……」 

勇者「日夜海獣が巣食う大海に生きる、正に海の漢……憧れる」 

魔法(魔石が散りばめられた、純魔法用の杖で殴り倒した事にツッコミを入れては駄目なのかしら?) 


272 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 11:16:56.91 ID:pwP2xUkBO 
水夫Dに弟子入りしてくる 


273 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 11:17:36.65 ID:XzT5rSGu0 
戦士「ここが北の大陸の港町」 

勇者「案外、変わらないものだな」 

魔法「わぁ、羽が生えた人とか結構いるのね」 

勇者「有翼人種は南じゃ珍しいからなぁ……ってあれじゃあ天使だな」 

戦士「そういえば、こっちの大陸って魔王については知らないのか?」 

水夫「噂程度にしか広まっていねーな」 

戦士「あんたらや、大陸を行き来する行商人が頑張ってくれりゃあな」 

水夫「北と南での友好が特別強くあるわけじゃねーからなぁ」 

勇者「国にもよりけりだろうが……今の所は動きはなしか」 

水夫「そういうこった。南とは勝手が違うんだ。お前らも気ぃつけろよなぁ」 


274 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 11:20:40.04 ID:XzT5rSGu0 
勇者「ある程度、所持金を変えてきたぞ」 

戦士「通貨が違うのは苦労しそうだな」 

魔法「仕方が無い事よね」 

勇者「……そういえば、魔法使いって世界地理に詳しい?というか北の大陸詳しい?」 

魔法「別にそんな事はないけど。あ、あなた達まさか、予備知識なしで……」 

勇者「お勉強からかー」 

戦士「仕方が無いなぁ」 

魔法「久々に地雷だと感じたわ」 


275 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 11:23:44.74 ID:XzT5rSGu0 
勇者「南とはだいぶ違うんだな」 

戦士「名称に統一性が見られないな」 

魔法「小さい国って位置づけも曖昧ね。むしろ何処も同じくらい大きい国と考えるべきかしら」 

勇者「よし、情報を取りまとめるぞ」 

戦士「俺でも分かるようにな」 

勇者「……近接としては、山岳都市、火の国、農商国家、要塞都市」キュッキュッキュッ 

勇者「魔法が強いのが、水の都市、樹海の国」キュッキュッキュ 

勇者「文武両道なのが剣の国と砂炎の国」キュッキュッ 

勇者「ここは農商国家の領土内だな」キュキュッ 

戦士「……流石に表まで書いてくれなくても分かるぞ」 


276 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 11:23:54.43 ID:395GcMoEO 
水夫何者 


277 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 11:25:51.69 ID:XzT5rSGu0 
魔法「水、樹海、剣、砂炎で考えると、樹海と剣が近いわね」 

戦士「やや樹海よりだな。どうするんだ?」 

魔法「あたしは剣の国がいいと思うのよねぇ。樹海とか明らか遭難しそうじゃない」 

勇者「いや、ここに書いてある通り、遭難者続出なのは昔の事で、首都までの道はしっかりしているみたいだぞ」 

戦士「樹海なんだな」 

勇者「何ていうか、森の中って森林浴で癒し効果抜群だろ?きっと回復魔法使える奴もいるだろう」 

魔法「……なんという無茶苦茶な理屈」 


278 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 11:29:54.83 ID:XzT5rSGu0 
では労働に行ってくるでござる 
今日中に帰ってこられたらいいなぁ…… 


279 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 11:30:37.83 ID:395GcMoEO 
まさか、この名前の国たちは! 


281 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 12:27:48.49 ID:pwP2xUkBO 
こういう異世界記好き 


284 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/10(木) 13:20:08.86 ID:xTdB6wqIO 
あなたの作品はまとめでなんども読んだなぁ 
リアルタイムで感動だ 

保守 


287 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 14:04:06.99 ID:axlHyWX20 
ドラクエ9の板だと聞いてやってきました 


292 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 15:38:51.94 ID:m+i053OE0 
まだまだ、まだまだです 



314 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/10(木) 21:59:58.34 ID:LH14q6Vn0 
魔王が蘇ったというとどれくらいたってんだ 


332 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ホシュカンシャカンシャ 2011/03/11(金) 00:34:26.36 ID:EcCYtAHm0 
戦士「……魔物でねーな」 

勇者「そりゃあ北の大陸だからな」 

魔法(折角覚えた魔法……忘れそうね) 

勇者「やばい。これは暇だぞ」 

戦士「馬でもありゃぁ速いのにな」 

勇者「CAN YOU SPARE SOME RATIONS 〜?」 

戦士「CUZ I SURE NEED A DRINK...」 

勇戦「I MOVE SO SLOW I WISH I HAD A HORSE〜」 

勇者と戦士のテンションが上がった! <イッツナーイキャ ナイキャ シー! 
魔法使いは意味が分からず、首を傾げている。 デインジャイン フォロゥ ミー!> 


333 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 00:39:35.45 ID:EcCYtAHm0 
行商人「悪いが、取引があるからここまでだよ」 

魔法「いえいえ、樹海の国まで運んでくださいありがとうございました」 

行商人「はは、なぁに良いって事よ」 

勇者「……」 

戦士「……」 

勇者と戦士のテンションは下がった! <ヘー ゼニーバディー ヒーシーンマイコープス... 

魔法「なにいじけているのか知らないけど、さっさと仲間を探すわよ」 


335 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 00:43:27.24 ID:EcCYtAHm0 
勇者「探すって言ってもな。ここの地図見たか?」 

魔法「あたしは見ていないけど……戦士は?」 

戦士「いや、勇者が地図受け取っていたから俺も見ていないな」 

勇者「超広範囲だ。といっても、近隣の村も町を含めて首都のような扱いみたいだが……」 

勇者「居住区、商業区等が集まるこの周辺もかなり広範囲となっているようだ」 

戦士「おいおい……これ、酒場とか何軒もあるんじゃないか?」 

魔法「考えたくも無いわね……」 

勇者「長期戦覚悟だな」 


337 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/11(金) 00:47:09.76 ID:EcCYtAHm0 
勇者「くそっ、効率が悪いな!」 

戦士「酒場行く度に、マスターや客に捕まって話を聞かせる羽目になるとは」 

魔法「食事代は浮くけどね」 

勇者「南の大陸の奴が珍しいのは分かるが……三日かけて半分しか回れていないのか」 

戦士「夜だとちょっとした軟禁状態になりそうだもんな」 

魔法「昼間限定で回っているんだものねぇ」 

戦士「まあ、長期戦覚悟なんだろ?」 

勇者「……大事な発表です。結構、普通に飲み食いしたし、狩りょ、魔物との戦闘がない所為で、食費は酒場でのみ浮く中、ずっと宿屋の世話になっています」 

戦士「お前、今までの戦闘も狩猟の一貫だったのか」 

勇者「路銀がやばいです」 

戦士「ほー……えっ!」 

魔法「ちょ、なんですって?!」 


339 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 00:50:38.19 ID:EcCYtAHm0 
戦士「おいおい、どういう事だよ!少しも残していないのか!?」 

勇者「多少は残っているが、これはいざという時の為のものだ」 

魔法「いくらなんでも、いきなりすぎじゃない?」 

勇者「……そりゃあ、少し装備周りで散財はしているし、残し過ぎかもしれない。だがよく考えてくれ」 

勇者「ここは北の大陸なんだぞ?」 

戦士「……?……。……あ」 

魔法「収入が……一切ない?」 


340 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 00:55:14.61 ID:EcCYtAHm0 
樵「いやぁ……この時期に人手が得られるとは運がいいよっ」 

戦士「はは……まあ、木材や道具の運搬くらいしかできないがな」 

樵「伐採も手伝ってみる?木の切り方も教えようか?」 

戦士「いや、長期的に働く訳じゃないから、あまり投資はしないでくれ」 


勇者「ダブルベリーのパフェ、レッドハーブミルクお待ち!」 

勇者「キノコと香草炒め、クコの実ジュース、フルーツサラダお待ち!」 

支配人「う〜ん、これは何という逸材だろうか……」 

料理長「彼、普通に雇用した方がいいんじゃないんでしょうか?」 

支配人「南の大陸の冒険者らしくてね……重大な任務の途中で、短期雇用しかできないんだ。残念だなぁ……」 


魔法「……」ペラ ペラ 

魔法「……」ペラ ペラ 

魔法「魔法使える人が飽和している国は暇ねぇ……」スス 


341 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 00:56:29.12 ID:izySdpvb0 
ひょっとしなくても料理人の方が向いてるんじゃ 


342 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 00:57:08.03 ID:k6qThw/K0 
>>341 
それは言わないお約束 


344 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 01:00:06.27 ID:EcCYtAHm0 
料理長「あ、今日はそのメニューであがりなよー」 

勇者「分かりました!」カチャカチャ 

勇者「桑の実ソースかけバニラアイス、イワナシとモミジイチゴのヨーグルト和え、お待ち!」 

勇者「お疲れ様でした!お先に失礼しますっ!」 

料理長「はい、勇者君これ」 

勇者「袋?中身はドライフルーツですか……」 

料理長「連日お疲れ様、それで少しは疲れが取れるだろう」 

勇者「いえいえ、このくらいでしたら。ですが、折角なので頂かせて貰います」 


345 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 01:00:20.54 ID:oZEI/9HbO 
こんな器用な勇者の嫁入りしたい 


349 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 01:10:28.01 ID:EcCYtAHm0 
勇者(参ったな、バイト生活ばかりで本目的を忘れそうだったぞ……) 

勇者(今日は食料もあるし……こいつを片手に少しぶらつくか……) 


勇者(ま、そう見つかる訳でもないか……お、占いやってるのな) 

勇者「一つ占ってもらえますか?」 

占い師「趣味程度の占いでよろしければ構いませんよ」 

勇者「それで金取られるのか……」 

町人「な、おい、お前!」 

占い師「構いませんよ。あなたは旅のお方かしら?ここで会ったのも何かの縁。お望みの事占って差し上げましょう」 

勇者「あ、俺なんか嫌な奴だな。すみません、今度ちゃんとした客として来ます」 

占い師「ふふ、お気になさらずに。どうぞお掛けになって下さい」 


351 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 01:15:56.53 ID:EcCYtAHm0 
占い師「仲間、ですか?」 

勇者「自分は南の大陸の者なのですが、魔王が復活してしまいまして……。それで回復魔法が使える方を探しているのです」 

占い師「飽くまで私の占いはきっかけを与えるもの。あなたの望みでは、回復魔法が使える人を探すくらいしかできません」 

勇者「そうですか……。いや、そうだな。そう簡単に見つからないからここまで来たんだ。何を甘えているんだ、俺は」 

占い師「ですが」 

占い師「私なら回復魔法も使えて、あなた達の旅にも同行する事もできますよ」 

勇者「えっ?よ、よろしいんですか?!」 

町人「え……ええ!そんな、巫女様が旅に?!」  
「なん……だと……!」 
「兵士だ!兵士を呼べ!巫女様をお守りする部隊を組織しろ!」 
「お、俺も旅に出るぞーー!」 
「なら俺も同行して巫女様をお守りするぞ!」 

勇者(有難い!有難いが……なんかとんでもない方向に話が流れている!てか巫女って?!) 


352 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 01:17:18.14 ID:k6qThw/K0 
なーんかカビ臭いぞ? 


353 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 01:19:49.52 ID:EcCYtAHm0 
巫女は町人と出張った国王と兵士長を宥めた!周囲は沈静化した! 

巫女「騒々しくしてしまい申し訳ございません」 

勇者「いや……それより、もしやこの国の重要な方なのですか?」 

巫女「皆が敬い慕って下さっているだけですよ。重要だなんてとてもとても」 

巫女「その辺りは立ち話ではあれなので、何処か落ち着ける時にでも」ボソボソ 

勇者「はあ……」 

「お前!巫女様に近づきすぎだぞ!」 
「くそ、なんて羨ましい奴なんだ!」 
「許せねぇ!断じて許せねぇ!!」 
「だけども巫女様が認めた方なんだよなぁ……」 

勇者(異常な支持率というべきか、狂信的な信者がついているというべきか) 


354 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 01:23:33.62 ID:5cRYsvZE0 
最初登場したとき占いババを思い浮かべてしまった・・・ 


355 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 01:24:02.96 ID:EcCYtAHm0 
勇者「ただいま」 

戦士「おー……え、そちらは?」 

魔法「あら、ひょっとして転生の巫女様かしら?」 

巫女「ええ、その通りです。そちらの方は、この国の?」 

魔法「あ、いえ、噂を聞いたものでして。それで……その巫女様がどうしてこのような場所に?」 

巫女「特別身分がある訳ではないので、そう畏まらないで下さい」 

勇者「えーとだな、この方は回復魔法が使えて、旅の同行も了承してくれたんだ」 

戦士「……お前、いつの間にナンパするようになったんだ?」 

勇者「そんなつもりじゃなかったんだが……ありえない事の成り行きでな」 


357 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 01:29:54.45 ID:EcCYtAHm0 
勇者「もしよろしければ、さっきの話を聞かせて頂いてもよろしいでしょうか?」 

巫女「そうですね、ここでしたら落ち着いて話も出来ますし」 

巫女「そちらの方が仰いました転生の巫女の事ですが……文字通り転生すると捉えて頂ければ」 

魔法「……本当なのですか?」 

巫女「ええ、五十年に一度ほどくらいで」 

戦士「人間や魔族の血の濃さによって成長もだいぶ違うからなぁ……いい年になるのか?」 

巫女「そうですね……だいたい、若さのピークを少し過ぎるくらいでしょうか」 

魔法「あ、ちょっとだけ羨ましい」 

勇者「転生って事は一度亡くなるのですか?」 

巫女「その言い方ですと正しくないですね。……そうですね、若返るもしくは幼くなる、が正しいでしょうか」 

巫女「転生前に人も寄らない山奥に行き、多少成長したところで、またこの国に戻るというのを繰り返しています」 

勇者「なんていうか……人生をループさせているみたいで少し怖いな」 

巫女「皆、私のような異形を優しく受け入れてくださるので、苦しみはありませんよ」 


358 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 01:33:18.73 ID:EcCYtAHm0 
巫女「それでは、出発は三日後で?」 

勇者「働いている所から給料が出る関係で……」 

戦士「一応給料日に、雇用更新の確認もしてもらう事になっているからなぁ」 

巫女「……有志の方が資金援助して頂けると思いますが」 

勇者「い、いや、そういうのには頼りたく無いから……一応、勇者なんで」 

巫女「そうですか?それでは三日後にまたこちらに窺いましょう。それまでにこちらも準備しておきますね」 

勇者「分かりました……それと、これからよろしくお願いします」 

巫女「ふふ、こちらからも宜しくお願いしますね」バタン 

勇者「……つ、疲れた」 

戦士「だが、大物だな。魔力0の俺でも、とんでもない魔力を感じたぞ」 

魔法「でも……なんていうか気がやられそうね」 

勇者「だなぁ……」 


360 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 01:38:13.66 ID:EcCYtAHm0 
戦士「街の外でいいのかよ」 

勇者「あの巫女様がそうお望みだから……なんだ、凄い歓声が聞こえるぞ」 

魔法「巫女様の門出に際して、盛大なパレードでもやっていそうね……」 

戦士「ある意味、国の象徴みてーだもんな。ありゃ人込みにいたら刺されたんじゃないか?」 

勇者「それ、笑えない冗談だぞ」 

魔法「でも否定できないわね」 

勇者「……彼女をここに戻すまで、この国には近寄れないな」 

戦士「というか仕事先大丈夫だったか?」 

勇者「ホールでの仕事だったら、確実に刺されてたなぁ」 

魔法「裏方でよかったわね」 


362 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 01:42:35.13 ID:EcCYtAHm0 
巫女「遅くなり大変申し訳ございません」 

勇者「いえいえ。それより一度休憩をいれましょうか?」 

巫女「いえ、それよりもお願いしていた荷物はどちらに?」 

魔法「二つともこちらにありますが……一体中に何が?」 

巫女「着替えますので少々お待ち頂けますか?」 

戦士「ああ……そんな格好じゃ動き辛いもんな」 

勇者「では、俺らはここで待っていますね」 


巫女「お待たせしました」 

勇戦魔「……」 

勇者(え……大弓?) 

戦士(どう見ても……レンジャー) 

魔法(弓を携えた立ち振る舞いが自然……これが彼女の本来の姿……) 


363 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 01:46:23.44 ID:EcCYtAHm0 
巫女「流石にこの姿で巫女というのもあれね」 

戦士「狩人かレンジャーだな」 

巫女「ちゃんと回復魔法も使えるわよ?あ、じゃあ、僧侶で」 

戦士「どこの世界に弓を持った僧侶がいるんだよ!」 

僧侶「ここ、ここ」 

魔法「どうしよう!どこからツッコミをいれればいいのかしら!」 

勇者「流しちまえ。全部にツッコミいれてたら日が暮れる」 


365 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 01:53:43.36 ID:EcCYtAHm0 
勇者「……今までの口調は巫女だからか?」 

僧侶「いやぁ、転生の巫女として祭り上げられたら、それらしく振舞わないと悪いかなぁと」 

戦士「……どんだけ昔から生きているんだ?」 

僧侶「ん〜、ちょっと人には言いたくなくなる年齢ね」 

魔法「正にどれだけ昔から……」 

勇者「まあいいさ。取っ付き易くなっただけでも大助かりだ」 

僧侶「仲間が見つかって喜んでいた割には、随分困っていたみたいね」 

勇者「それは……だってなあ」 


366 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 02:01:25.59 ID:EcCYtAHm0 
勇者「それじゃあ、農商国家の港町に向けて出発しますか」 

僧侶「あ、ちょい待ち」 

僧侶「占うだけ占わせて」 

勇者「今更占う事はないんだが……」 

僧侶「ちょっと気になる事があってね……」ゴソゴソ 

魔法(……よくあの水晶球が、割れずに済んだわね) 

僧侶「……」 

僧侶「……うっわ、揃いも揃って……」ボソリ 

僧侶「さ、行こうかしら」 

戦士「……何が見えたんだ」 

勇者「不安しかないな」 


367 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 02:04:07.21 ID:EcCYtAHm0 
僧侶「あ、一箇所寄りたい所あるんだけどいいかしら?」 

勇者「遠いのか?」 

僧侶「農商国家の領土内よ。ある祠があって……そこに伝説の魔剣があるのよ」 

戦士「なんか急に話が飛躍してきたな」 

魔法「戦士や勇者に扱えるのかしら」 

僧侶「……恐らく勇者にしか扱えないわ」 

勇者「その心は」 

僧侶「占いの結果よ」 

勇者(……趣味程度だよな、それって。しかも明らかにいい結果を見た表情じゃなかったし) 


371 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 02:08:05.45 ID:EcCYtAHm0 
勇者「樹海の国より鬱蒼とした所だな……」 

僧侶「祠自体は何百年も前に建てられた物で、それ以降一切手を加えられていないからね」 

戦士「伝説があるのに忘れ去られたって所か?」 

僧侶「様々なトラップが張り巡らされていたのよ」 

魔法「え……じゃあ今も危険なの?」 

僧侶「流石に何百年も機能するものじゃないわ……こうして森の一部になった頃にはただの祠よ」 

勇者「それだけ厳重に収められている魔剣ってどんなものなんだ?」 

僧侶「……昔話になるけどもいいかしら?」 


374 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 02:13:33.47 ID:EcCYtAHm0 
僧侶「遥か昔、魔力から物質を生成できる魔族がいたのよ」 

僧侶「魔石なんてレベルじゃない。武器や防具を生み出し、猛威を振るっていたわ」 

僧侶「ある事件を境に、その種族はたった一人になったのよ」 

僧侶「でもその一人は世界の行く末を見守る……心正しい者だった」 

僧侶「自らの命さえも引き換えに、最強と呼ぶに相応しい剣を残そう」 

僧侶「何らかの災厄を前に、人々が絶望に陥る前にその災厄を断ち切れるそんな剣を……」 

僧侶「今では歴史にも残っていない古い時代の事よ……」 

魔法「そんな魔族……聞いた事が無いわ」 

僧侶「そりゃあね。何しろ猛威を振るっていたのは、魔王が頻繁に現れていた時代だったそうだもの」 

戦士「うん?ちと曖昧なのか?」 

僧侶「流石にそこまでは生きていないわよ……この話自体、大部分が人伝に聞いたものだしね」 


375 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/11(金) 02:16:02.40 ID:EcCYtAHm0 
勇者「……ちょっと待った。それとその剣が俺にしか扱えないってどういう理屈だ?」 

僧侶「飽くまで占った結果であって理由までは分からないわ。志が同じとかじゃないの?」 

戦士「いつからそんな崇高になっちまったんだ?」 

勇者「そりゃあ魔王は意識しているが、世界だとか考えた事ないんだがなぁ……」 

魔法「とりあえず二人とも試せばいいじゃない」 

戦士「二人とも扱えなかったりしてな」 

勇者「そりゃあいい、とんだ笑い話だ」 

僧侶「この二人っていつもこんな調子なの」 

魔法「……まだいい方ね」 


380 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 02:19:18.93 ID:EcCYtAHm0 
勇者「祠自体は小さいな……」 

戦士「本当に剣を収める為だけの建物だな」 

魔法「……これが魔剣」 

戦士「神々しいな……聖剣のが正しいんじゃないか?」 

僧侶「魔剣よ。一人の魔族の命と引き換えに生成された……魔剣、魔王殺し」 

戦士「……物騒な名だな」 

僧侶「試された事は無いけれど、それだけの力を持つのは事実だわ」 

魔法「触れると分かるわ……これだけの魔力。その種族って実は魔王なんじゃないのかしら」 

僧侶「……そうね。魔王だったのかもしれないわ」 

勇者「……全ては古の物語、か」 

戦士「んじゃあ、真打は後にしてまずは俺からな」 


382 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 02:23:00.14 ID:EcCYtAHm0 
戦士「ぜぇ……ぜぇ……」 

戦士は魔剣を鞘から抜く事が出来ない! 

戦士「くそ……なんだよこれ」 

魔法「まあ……当然あたしも無理ね」グイグイ 

勇者「で、俺の番か……あ」スポ 

勇者は魔剣を鞘から引き抜いた!強大な魔力が勇者の身体を包み込む! 
勇者は身体の底から力が湧き上がるのを感じた! 

戦士「……」 

魔法「……」 

勇者「……」 

勇者「……」シャーー ッチン 

戦士「いや鞘に収めるなよ」 


384 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 02:25:43.12 ID:EcCYtAHm0 
勇者「抵抗も無く抜けたんだが……」 

僧侶「良かったじゃん」 

魔法「良かったじゃない」 

戦士「良いじゃねーか」 

勇者「感動も何も無いんだが……」 

僧侶「感動なんていらないでしょ」 

魔法「感動の為に伝説の武器は存在しないわ」 

戦士「そいつで魔王倒して感動すりゃあいーじゃねーか」 

勇者「……リアリストどもが」 


385 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 02:27:28.95 ID:EcCYtAHm0 
町人「次の南の大陸行き?一ヵ月後だよ」 


僧侶「暇ねぇ」 

魔法「あたしは新しい魔法書が買えたから文句はないわ」ペラ ペラ 

戦士「よし、今日は久々に稽古しようぜ」 

勇者「ふあぁ……おー」 

戦士「お前が寝不足とは珍しいが……手加減無用で攻撃手段は剣のみな」 

勇者「最近夢見が……て、剣のみって……まあいいけどさ」 

僧侶「……」 

魔法「……」ペラ ペラ 

僧侶「……どっちが好きなの?」 

魔法「別にどちらもないけど?」ペラ ペラ 

僧侶(あの二人……そんなに株が低いのか) 

勇者「く……参った」 

僧侶「あら戦士が勝った」 

魔法「戦士が……勇者に勝るだと……?!」 


388 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 02:29:28.70 ID:EcCYtAHm0 
魔法「以外に強いのね」 

戦士「先祖代々受け継がれてきた剣術があるからな。剣で負けた事ないんだぜ!」 

勇者「じゃあ次は近接格闘ありでいこうか」 

戦士「あ、ちょ、ま」 

僧侶「格としては勇者が上なの?」 

魔法「そうねぇ……うん、何というか勇者はスキルの幅が広いから何か凄い、いや何でもできるイメージがあるかな」 

僧侶「なるほどねぇ……じゃあ南の大陸に行ってからは、そういう認識をさせる場面が多くあると期待していいのかしら」 

魔法「期待しなくても多いけれどもね」 

戦士「……」ボロッボロ 

勇者「すまーん!やりすぎた!僧侶ヘルプー!」 

僧侶「体術有りでここまで引っくり返るのか……回復魔法・中!」 


389 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 02:33:14.47 ID:EcCYtAHm0 
勇者「ベーコンレタスバーガー、バナナミルクジュースお待ち!」 

僧侶「聞き覚えがあると思ったら……ここでバイトしていたのね」 

勇者「怒られるから厨房を覗くなよ」ジュージュー 

僧侶「……」 

勇者「フィレステーキ、オークジンジャーお待ち!」 

僧侶(これで称号が勇者……魔法使いの言う事が少し分かるわ) 

勇者「ツナサラダとミートパイ、ベジタブルサンドとアップルパイ、えーローストベアーミートとリンゴジュースお待ち!」 

僧侶「あー、どうもどうも」 

勇者「……節約はしてくれよな?」 


391 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 02:35:31.34 ID:EcCYtAHm0 
従業員「おーい、その荷物置いたら休憩なー!」 

戦士「了解っす!」 

僧侶「おー若人、精が出るね」 

戦士「……そりゃどうも」ドサドサ 

僧侶「そうふて腐れるなよー。使いっ走りしてきたんだから。はい」 

戦士「あ……昼飯か。サンキューな」 

僧侶「それじゃああたしは魔法使いの分も届けてくるね」 

戦士「おーう頼んだー」 


392 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 02:37:59.56 ID:EcCYtAHm0 
魔法「で、この材料を混ぜると出来上がりです」 

店主「はー……この花から魔力を上げる薬が作れるとはなぁ」 

僧侶「お……と、まだお邪魔かな」 

魔法「あら、どうかしたの?」 

僧侶「昼食届けにきたんだけども、少し早かったかなぁ」 

店主「お、じゃあ魔法使いちゃんは休憩に入ってなよ。君も一緒に昼をとっていくといいよ」 

僧侶「それではお言葉に甘えて失礼しますね」 


僧侶「勇者って料理人なの?」 

魔法「否定はしないけど勇者よ」 


396 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 02:46:16.51 ID:EcCYtAHm0 

「許し……るもの……魔物の王よ!」 

「剣……者よ……」 

「……望むよう……悔いの無いように……」 

「……生きていた……魔族に責任が……」 


勇者「……」ガバ 

勇者「またこの夢か……」 

勇者(気持ち悪いものじゃないが……だんだん喋っている内容が明確になっていくな) 

勇者(魔剣を手に入れてからずっと……どう見てもこれの所為だよな)シャーーー 

勇者(誰かの記憶……?魔剣を生成したという魔族か?)ッブォン ッブォン 

勇者(魔物の王よ……か。魔王の事だよな。あなたは勇者だったのか?)スリスリ 


397 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 02:48:50.23 ID:EcCYtAHm0 
僧侶「あら、今日は仕事はお休みなの?」 

勇者「流石に毎日はダメだってさ」ペラ 

僧侶「残念そうね……」 

勇者「北の大陸のレシピも学べるし、料理をするのは好きだからな」 

僧侶「あーそう。で、レシピの本でも読んで暇つぶししているのね」 

勇者「いや、動物性毒物辞典。一応調合師の資格はあるが、動物性の解毒は弱いからなぁ」ペラ 

僧侶「そ、そう……弓の整備とかできるなら見てもらいたいんだけどなぁ」 

勇者「何でも出来るわけじゃないが、貸してみろ」パタン 

僧侶「どうかしら?」 

勇者「……これなら弦を張り替えるだけで済むな。よし、今すぐ取り掛かるよ」 

僧侶「ありがとねー」 


399 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 02:58:17.71 ID:XmiyepJzO 
やだ…この勇者かっこいい… 


406 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 03:26:27.33 ID:EcCYtAHm0 
勇者「……」ガチャガチャ 

僧侶「ねえ……どうして勇者になったの?」 

勇者「あー……かくかくしかじか」ガチャガチャ 

僧侶「かくかくうまうま。志も何もあったもんじゃないわね」 

勇者「仕方が無いさ。だが、一応は魔王を目指してはいるぞ」ギュッギュ 

僧侶「だからこんなところまで来た、と」 

勇者「そんなところだ、よっと。はい、完成だ。ただもうしばらくしたら新調した方がいいぞ」 

僧侶「あー結構長いからなぁ……」 


409 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 03:29:49.06 ID:EcCYtAHm0 
僧侶「……ねえ、あの魔剣を抜いてあたしに持たせてくれない?」 

勇者「お、面白そうだな。それで扱えたりして」スラーー 

僧侶「……」 

僧侶が魔剣を握ると刀身は光沢を失った! 

勇者「ここまで露骨に無理って反応だとは」 

僧侶「……」ギュ 

勇者「……刀身を抱き締めると服が切れるぞ」 

僧侶「……そうだね、うん、有難うね」 

勇者が魔剣を握ると刀身は輝きを放った! 


410 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 03:32:02.81 ID:EcCYtAHm0 
勇者「さーて、今日で北の大陸ともしばらくお別れだな」 

戦士「戻ってくる気か」 

勇者「お前、僧侶を放置する気か。魔王を倒したら帰るんだから当たり前だろ」 

戦士「ああ……って、魔王を目指すのか」 

魔法「あ……その懸念を忘れていた」 

勇者「俺はそのつもりだが他に目的地ってあるか?」 

僧侶「いいんじゃない?魔剣もあるんだし」 

勇者「だ、そうだ」 

戦士「流石の俺でも少し不安だ」 

魔法「今度こそ死んだかも……」 


411 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 03:34:37.96 ID:EcCYtAHm0 
魔物の群れが現れた! 
勇者は魔剣を引き抜き、薙ぎ払う! 
轟音と共に凄まじい斬撃が放たれた! 
魔物の群れは両断された!周辺の木々は両断された! 

勇者「……」ガクガク 
戦士「……」ブルブル 

魔法「これは……正に魔王をも殺す勢いね」 

僧侶「……魔力の塊だから、使えば使うほどに消耗していくんだった。絶対に魔王まで使っちゃ駄目だからね」 


412 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 03:37:40.11 ID:EcCYtAHm0 
勇者「それじゃ、俺は役場に行ってくるよ」 

戦士「おーう。俺らは先に宿に向かってるな」 

僧侶「役場に何をしに?」 

魔法「倒した魔物の収集品をお金に換えるのよ。討伐報酬みたいなものね」 

魔法「……あ、僧侶の冒険者の登録ってまだじゃない?」 

戦士「お、そりゃ何を言われるか分かんねぇな。僧侶は勇者に付いて行ってくれ」 


413 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 03:40:41.17 ID:EcCYtAHm0 
僧侶「という訳で付いてきたわよ」 

勇者(その格好で僧侶って……一発で拒否られそうだな) 

受付「ではここに希望する職位をお書き下さい」 

僧侶「……はい」ペラ 

受付「……。実技審査があるので、こちらへどうぞ」 


僧侶「ふぅん、職業名がそのまま称号になるって変わった考え方ね」 

勇者「よく別の称号にされなかったな……」 


414 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 03:43:14.00 ID:EcCYtAHm0 
勇者「では、南の大陸での新たな旅の安全と成功を願いまして、乾杯!」 

戦士「乾杯!」 

魔法「乾杯」 

僧侶「かんぱ〜い」 

僧侶「……北にいた時ははしゃいでいただけかと思ったけど、普段からなのね」 

魔法「家の仕来りだそうよ」 

僧侶「ふふ」 

勇者「……そんなに可笑しかったか?」 

僧侶「というよりは……似たような事をしていた馬鹿を知っててね」 

戦士「案外、お前のご先祖様なんじゃね?」 

勇者「だとしたら……世間は狭いな」 

僧侶「繋がりがあるかは知らないけど、つい懐かしくなっちゃってね」 


415 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 03:48:02.08 ID:EcCYtAHm0 
魔法「僧侶の事、どう思う?」 

戦士「藪から棒にどうした?いい奴じゃないか?」 

魔法「そうじゃなくて……なんであたし達についてきたかって話よ」 

戦士「さあなぁ……皆何かしらのしがらみがあるんだ。俺達が踏み込むべき事じゃないだろう」 

魔法「彼女は恐らく……数百年は生きているはずよ」 

戦士「そりゃまあ、二、三百は生きているとは思っているが」 

魔法「今、そこまで寿命がある人はそうはいないわ」 

魔法「親しい知り合いに置いていかれ……それでも尚生き続けて……魔王討伐の旅に同行した」 

戦士「……」 

魔法「おまけに、北の大陸で忘れ去られた魔剣の事も知っていた」 

魔法「少し、怪しくないかしら?」 

戦士「……手元にあるカードじゃ、僧侶は打倒魔王を胸に秘めてるとしか言えないわな」 

魔法「そうなんだけどもさぁ」 


416 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 03:53:49.87 ID:EcCYtAHm0 
僧侶「……」 

勇者「……俺らみたいな青二才じゃ、あんたの心は埋められないとは思う」 

僧侶「……え?」 

勇者「だけども、俺らはもう仲間なんだ。だから、どんなに頼ってくれても構わないんだからな?」 

僧侶「急にどうしたのよ?」 

勇者「時折悲しそうに見えるんだよ。それがなんか悲壮にも思えるんだ」 

勇者「きっと、共に居たかった相手はもういないんだとは思うが」 

勇者「俺達ならまだしばらくは、共に居られるからさ」 

僧侶「……ありがとう、ごめんね。変に気遣わせちゃって」 


418 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 03:56:17.18 ID:EcCYtAHm0 
(天秤……審判だ) 

「我が声を……者。我が剣を……者」 

「お前が……かどうか……見定めさせ……」 

「他者が……悪意を……生きていた……」 

「お前は……何を望む?」 


勇者「……」パチ 

勇者「声が一人増えたぞ……?」 

勇者(いや、そもそも最後のお前は何を望むって、凄いはっきりと聞こえた) 

勇者(途中が聞き取れなかった訳じゃない。声の方が溜めて言っていた) 

勇者「俺に話しかけているのか。これは……」 


419 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 04:00:14.33 ID:EcCYtAHm0 
魔物の群れが現れた! 

勇者「狂犬PTか」 

戦士「今の俺らにゃ楽勝だな」 

僧侶は矢継ぎ早に弓矢を放つ! 
狙い違わず、全ての矢は狂犬達の眉間に突き刺さった! 

魔法「……」 

戦士「おい……プロなんてレベルじゃねーぞ」 

勇者「ありのまま今起こった事を話すぜ!期待の回復役が魔物を瞬殺したんだ!」 

勇者「へヴィストライクだとかシールドスマイトだとかそんなチャt(ry」 


420 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 04:05:01.56 ID:EcCYtAHm0 
パチパチ 
勇者「上手に焼けました」 

僧侶「何処でも料理するのね」 

戦士「料理道具は最低限しかないから、レパートリーに限界があるけどな」 

魔法「こういうところは、地雷PTである事を忘れられるわ」 

戦士「まだ言うか」 

僧侶「……」 

勇者「どうかしたか?」 

僧侶「……あなた達、地雷なの?」 

戦士「地雷と認識できなければ地雷じゃないぞ」 


422 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 04:11:29.56 ID:EcCYtAHm0 
すまんが今晩はこれにて 
夕方くらいから再開予定 毎度保守の方々に感謝感謝 
夜長の保守にこれでも 
ttp://blog.livedoor.jp/minnanohimatubushi/archives/1615307.html


425 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 06:06:29.94 ID:fLzD31xqO 
勇者の家系で魔剣が抜けるってことはそういうことなんだよな……? 


426 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/03/11(金) 06:24:11.27 ID:lPkKu6YH0 
>>422を読んでたらすっかり夜が明けちまった 
あれ画面がにじんで見えないや 


1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2011/03/18(金) 22:29:26.76 ID:LtjdKyO80 
僧侶「うーん、案外北の大陸と変わらないものね」 

戦士「酒場にいろんな仕事が張り出されていたりするけどな」 

僧侶「へー、討伐依頼とか?」 

魔法「採集から調査、護衛などなど。何か仕事を取ってくる?」 

勇者「もう取ってきたよ」 

戦士「お、流石。肝心の内容は?」 

勇者「暴れている魔物の群れの制圧」 

魔法「割と普通ね。魔物の構成は……バイソン?」 

戦士「なーんか親玉がいそうだな……ボスクラスか」 

勇者「久々に気を引き締めていこうか」 


2 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2011/03/18(金) 22:35:37.57 ID:LtjdKyO8o 
バイソンの群れが現れた! 

勇者「ボスはいないようだ!今のうちに頭数を減らすぞ!」 

僧侶「了解!」 

僧侶は目にも留まらない速さで弓矢を放っていく! 
魔法使いは流水魔法・中を唱えた! 
目にも留まらぬ勢いで大量の水が射出される!バイソン達に刺傷と打撲を与えた! 

勇者「それが新しい魔法か」 

魔法「弱を使う機会がなかったけどもね」 

戦士「お、でけぇのが来るぞ!」 

暴れバイソンが現れた! 


3 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/18(金) 22:41:00.99 ID:LtjdKyO8o 
バイソン達は距離を取って、勇者達を取り囲む! 

勇者「くそ……戦い辛いな」 

戦士「こりゃ取り巻きをどうにかしないとだな」 

魔法「か、囲まれて……っは!」 

バイソンHが魔法使いに飛び掛る! 
戦士は身を投げ出して魔法使いの盾となった! 

魔法「せ、戦士……」 

戦士「怪我は?!」 

魔法「大丈夫だけど、あなたが……」 

戦士「このままじゃジリ貧だ!一気に巻き返すぞ!」 

魔法「……分かったわ、特大の魔法を唱えるから時間を!」 


4 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/18(金) 22:47:16.16 ID:LtjdKyO8o 
僧侶は華麗なフットワークで暴れバイソンの攻撃をかわした! 
僧侶は暴れバイソンの目に弓矢を打ち込んだ! 

勇者「……一人で魔王も倒せそうだな」 

暴れバイソンはいきりたって僧侶に飛び掛る! 
戦士は暴れバイソンの足を切り払い、動きを止めた! 
暴れバイソンは角で僧侶を貫こうと襲い掛かる! 
盾を構えた勇者が角を受け止め、剣を振るう。 

暴れバイソンは大きく嘶いた! 

勇者「大丈夫か?!」 

僧侶「……ふふ、ありがとう」 

僧侶はパワーショットを放った!引き絞られた弓矢は暴れバイソンの頭部を貫いた! 


5 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/18(金) 22:52:21.52 ID:LtjdKyO8o 
「知っているか?可愛い子が勇者のPTが……」 
「もしかしたら、このまま魔王を倒しちまうかもしれないな」 
「黄金の国の魔物を倒したって話だぞ」 

勇者「俺らがいない間に頑張っているみたいだな」 

戦士「ここまで有名になるとはなぁ」 

僧侶「知り合いなの?」 

魔法「旅の途中で知り合った人達よ。にしてもこの様子じゃ、もう魔王の城へ攻めていたりして」 

戦士「それはありえるな……」 

勇者「これ以上他の事する必要もないだろう。俺らも急いで向かわないとな」 


6 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/18(金) 22:59:05.74 ID:LtjdKyO8o 
戦士「うがー……また山登りかぁ」 

勇者「はは、そう言うなよ」 

僧侶「楽しそうね。山登りも趣味なの?」 

勇者「趣味って訳じゃないが、ここの山なら登るのは大歓迎さ」 

魔法「食材でもあるのかしらねぇ……あら?」 

戦士「……なんだこの臭い。卵が腐ったみたいな」 

僧侶「なるほど、そういう事か」 

勇者「そういう事さ」 


8 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/18(金) 23:04:21.24 ID:LtjdKyO8o 
戦士「おーいい湯だなぁ」 

勇者「温泉って言うやつだ」 

戦士「すげーな。どっかで薪をくべてるわけじゃないんだろ?」 

勇者「ここ最近全くないが、火山って噴火するとマグマが吹き出るだろ?」 

勇者「火山の地中深くにはこのマグマが常にあって、その熱で暖められたのがこの温泉なんだ」 

戦士「おーなるほどなー」 

勇者「もっと細かい所は多分言っても分からないんだろうな」 

戦士「なんとなしの原理さえ知ってりゃ十分なんだよ、俺は」 


9 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/18(金) 23:08:55.41 ID:LtjdKyO8o 
僧侶「ふーいい湯ねー」 

魔法「ねえ……この際だから聞いてもいいかしら?」 

僧侶「答えられる内容ならなんでもどうぞ〜」 

魔法「何が目的なの?」 

僧侶「……はい?」 

魔法「あたしには、貴女が何か企んでいるとしか思えないわ。一体、何が目的でこのPTに加わったの?」 

僧侶「本気で疑っているのか、悩むところね」 

魔法「え?」 

僧侶「この状況で聞いても、あなたが不利なだけよ。これだけ近い状態なら、魔法を唱えられる前に口を塞げるわよ?」 

魔法「あー……」 


10 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/18(金) 23:17:26.29 ID:LtjdKyO8o 
僧侶「んー……あまり詳しく話したくは無いんだけどな」 

魔法「仲間であっても?」 

僧侶「ちょっとこの身の上話が嫌なのよ。一言で言ってしまえば、魔王を倒す事に命を捧げたのよ」 

魔法「……本当なの?」 

僧侶「ええ。あ、二人には言わないでね?勇者なんか、もうあたしの事を気遣ってくれているから」 

僧侶「これ以上は気遣われても、申し訳なくってあたし自身が困るのよ」 

魔法「分かっていたけどやっぱり胸の支えは取れないわね」 


11 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/18(金) 23:21:15.07 ID:LtjdKyO8o 
僧侶「まあ、悪意はないから安心して頂戴」 

魔法「……なんか納得行かないわね。勝負よ」 

僧侶「はい?」 

魔法「これでも魔法職の端くれ。口封じをされる前に魔法を唱えてみせるわ」 

僧侶「ああその事ね。でも流石のあたしも防具無しで魔法を受けたくないんだけど」 

魔法「あたしだって嫌よ。あそこの木に向かって魔法を放つわ」 

僧侶「ふぅん、魔法を唱えきればあなたの勝ち、きれなければあたしの勝ち、ね」 

魔法「鼻を明かすくらいしなくちゃ気持ちが治まらないわ」 


13 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/18(金) 23:27:34.54 ID:LtjdKyO8o 
僧侶「じゃあこの石が地面か、この温泉の中に落ちたら開始ね」ザブザブ 

魔法「あら、そんなに離れていいのかしら?」 

僧侶「これでもあなたより何倍も生きる年長者。少しくらいハンデを上げないと大人げないじゃない」ポイ 

魔法「……ふふ、後で無しにはさせないわよ」ゴゴゴ 

僧侶「勝ち逃げなんてしないから安心して。何度でも挑戦を受けてあげるから」ゴゴゴ 

ポチャン 
魔法「氷モゴモゴ」ザバァ 

僧侶「ふっふー、まだまだね」バシャバシャ 

魔法(なに?なに?!一瞬で目の前に……化け物?!) 


14 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/18(金) 23:34:07.85 ID:LtjdKyO8o 
僧侶「……うーん、最近の子は発育がいいのね」バシャバシャ 

魔法(いい加減、手をどかせーー!)モゴモゴ 

僧侶「悪戯しちゃおうか★」バシャバシャ 

魔法「?! モゴモゴ、ぷは、なにを、止め!」バシャバシャ 


戦士「……」 ソコ バカ アッ!> 

勇者「……」 エエンカーココ ガッ! ナ ナグラナクテモ! コーナッタラ!> 

戦士「……」 チョ!ジョウダンニナッテ ン! ヤァ! ダメッ!> 

勇者「……」 モーニガサンヨ フヒヒ!> 

戦士「俺、ちょっと便所に行ってくるわ」 ヤ ヤメ! アン! アッ!> 

勇者「行ったら絶対に戻ってくるなよ」 ココカァ ココガエエノンカー> 


15 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/18(金) 23:38:22.60 ID:LtjdKyO8o 
魔法「……」 

僧侶「いやぁ、マジ殴りされるとは」 

魔法「当たり前じゃない!あなたの頭には蛆でも湧いてるの?!」 

僧侶「そこまで言わなくても……あ、勇者達はもう上がってたのか」 

魔法「……っ!」カァ 

勇者「ああ、ゆっくり森林浴をしているよ」 

戦士「登るのは嫌だが……これは有りだよな」 

魔法「何だろう……戦士のこの落ち着いた態度。逆に不安だ……」 

僧侶「あー……そうもなるか」 

魔法「……何を納得したのよ?」 


17 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/18(金) 23:47:23.19 ID:LtjdKyO8o 
と本日はここまで 
VIPで保守してくれた方々に重ね重ね感謝感謝 
電力とか色々あるし、ここで10レス程度で区切りがいい所で、と進めようかと 

レスにあったSS速報ってここでいいんだよな……? 


20 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/19(土) 00:14:59.06 ID:6KHHfKWuo 
ずっと待ってたよ 


24 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/19(土) 23:30:02.03 ID:g1tDREEvo 
勇者「ここの山を越えてしばらくすると、泉の国の領土だな」 

魔法「元、ね」 

戦士「残った町とかってどういう扱いなんだ?」 

勇者「最寄の国の領土として、塀の国と風と山の都市が兵士を出しているな」 

僧侶「その泉の国って何が起きたの?」 

戦士「魔王に滅ぼされたのさ。最も首都と魔王城の間にある町だけだがよ」 

僧侶「はぁ……随分とアクティブな魔王ね。大人しく勇者を待っていればいいのに」 

勇者「そのお陰で、多くの国が尻込みしているんだけどな」 


25 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/19(土) 23:33:07.81 ID:g1tDREEvo 
戦士「本来の領土としてはここが風の都市の外れか」 

魔法「ええ、ここからは泉の国の領土内にはなるけども……魔物とか大丈夫かしら?」 

勇者「多少は強くなっているが、まだ普通に生活できる町とかが残っている所を考えると」 

勇者「首都を落とした後は目立った動きをしていない、って分析になるな」 

僧侶「ふーん……南の事情がよく分かっていないからねぇ。もう少し詳しく聞いておくべきだったか」 

勇者「立ち話もあれだしとりあえず宿を取ろうか」 

戦士「今日はもう自由行動か」 

勇者「……ぶっちゃけ、小切手とか余りまくっているんだ。皆、少し散財してこい」 

戦士「いや……こんな所で買い替える装備はないからなぁ。俺は精々食事くらいしか」 

魔法「あたしは元々結構切り詰めて生活していたから……いざ使えって言われても、ここじゃ魔法書もねぇ」 

僧侶「あたしも別に使う必要がないわ」 

勇者「これで魔王を倒したら、こいつはただの紙切れになりそうだな……」 


26 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/19(土) 23:36:31.79 ID:g1tDREEvo 
勇者「じゃあ、何から知りたい?」 

僧侶「んー、魔王が出現してからの魔王の動きと、各国の対応がいいかな」 

勇者「そこら辺は俺もリアルタイムで話を聞いていなかったからなぁ……まあいいか」 

勇者「魔王は現れてすぐに、軍隊を差し向けて泉の国を滅ぼした」 

勇者「いや、戦士が言っていたように、首都と周辺の町を滅ぼした、が正しいか」 

勇者「大きい軍事力が無いとは言え、一日ともたない事を考えると、よほどの戦力を持っていると考えていい」 

勇者「そんな訳で各国は軍を動かす事に難色を示しているのさ」 

僧侶「で、この称号ってどういう効果があるの?」 

勇者「一部……国から支援を受けている店において、多少の割引が利くのと」 

勇者「魔物から得られた収集物をある程度の値段で買い取ってもらえる。討伐報酬みたいなもんだな」 

僧侶「至れり尽せりじゃない」 

勇者「ただ、討伐量が少ないと称号剥奪、重税というコンボになる」 

僧侶「ま、当然ね」 


27 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/19(土) 23:39:54.92 ID:g1tDREEvo 
僧侶「地理が今一つ分からないからそこもお願い」 

勇者「えーと、あったあった」ガサガサ 

勇者「俺達が今いるのが……あの、近づきすぎじゃないか?」 

僧侶「……そう?」ピト 

僧侶「ああ、今は亡き想い人の温もりは懐かしく……凍える身は仲間の温もりを求めたのに」 

僧侶「頼ってくれと言った彼には拒絶されて……」ヨヨヨ 

勇者「分かった。分かったよ。好きなだけ引っ付けばいいさ」 

僧侶「それじゃあ遠慮なく」ギュ 

勇者「……」 

僧侶「ありゃ、照れてる?かっわいー」 

勇者「くそ、男として……恥だ」 


28 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/19(土) 23:46:20.16 ID:g1tDREEvo 
僧侶「気にする事は無いさ。見た目はちょっと年上くらいでも、年齢差は酷いんだから」 

僧侶「ふふ、初心な男の子っていじると可愛いんだよねー」ギュー 

勇者「だー!地理の説明行くぞ!」 

勇者「魔王は大陸の西!ここは真ん中よりやや北!以上!」 

僧侶「説明が素気なーい。勇者がいた場所とかってどの辺り?」 

勇者「大陸の東側だな。この一帯が森になっている近くだ」 

僧侶「結構離れているのね」 

勇者「なんだかんだで結構長い旅をしているからな」 


29 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/19(土) 23:49:44.17 ID:g1tDREEvo 
戦士「行商人の露店か」 

戦士(こんな町だ。この手じゃないといい装備なんか手に入らないだろうな) 

戦士「……お」 


戦士「これ、やるよ」 

魔法「あら首飾り……て、これどうしたのよ!これだけ上位の魔石、そうは買えないわよ!」 

戦士「行商人が俺以上に魔石に詳しくなかったからな。ちょいと折れてやったら上機嫌なもんさ」 

魔法「これは……正直言って凄い嬉しいわ。ありがとうね」 


30 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/19(土) 23:53:14.61 ID:g1tDREEvo 
「色々と手を……関しては」 

「俺しか……いないんだ……」 

「……声を聞く……剣を抜く……」 

「何を求め……生まれ……答えて……」 

「すまない……俺が……世界の事も……」 

「我が声に応えよ。我が問いに答えよ。魔剣を抜きし者」 


勇者「うわぁ!」ガバ 

勇者(……最後の、近くで言われたみたいだ)ドッドッドッドッ 

勇者(間違いない!魔剣の記憶の間に、今現在も存在している意思に語りかけられてる)ドッドッ 

勇者(うおおぉぉどうなるんだ?魔剣の言葉が完全に聞こえるようになったら、どうなってしまうんだ?!)ドクン ドクン 


31 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/19(土) 23:56:54.79 ID:g1tDREEvo 
蜘蛛の群れが現れた! 

戦士「苦い思い出だな」 

勇者「だが、今更恐れる相手でもないな」 

魔法「あたしは後ろで待機しているわね」 

戦士「ま、こいつらに使う魔翌力なんてねーもんな」 

戦士の攻撃!蜘蛛Aの頭部を叩き切った! 
勇者の攻撃!蜘蛛Cの頭部を刎ねた! 
僧侶の攻撃!蜘蛛Bの頭部に弓矢が突き刺さる! 

魔法「……圧倒的ね」 

蜘蛛Dの攻撃!戦士の鎧の隙間に噛み付いた! 
戦士の身体に毒が流し込まれる! 
勇者は蜘蛛Dの胴体を両断した! 
魔物の群れを倒した! 


32 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/20(日) 00:01:01.68 ID:hIphp0JTo 
勇者「あれくらい避けてくれよ……」 

戦士「ぐ……っはぁ……っはぁ!」 

僧侶「……っ!」 

僧侶は解毒魔法・強を唱えた!しかし戦士の毒は消えない! 

魔法「え……何、どうして?」 

勇者「戦士!しっかりしろ!」 

戦士「苦し、どうなって……」 

僧侶「不味いわね、脈が異常よ。心臓に作用する毒だとしたら……魔法なんかじゃ解毒できないわよ」 

勇者「……よし、戦士。お前は死んだ」 

戦士「……はぁ、はぁ……マジ、か」 

勇者「だからもう諦めてこの薬を飲め。どうせ助からないのなら、苦しまずに逝けた方がいいだろう」 

魔法「あなた、自分が何を言っているのか分かって!!」 

戦士「いい……このやりとりは二度目……助かるも八卦、助からぬも八卦……だろ」 

戦士は勇者が差し出す薬を一気に飲み干した! 


33 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/20(日) 00:04:51.60 ID:hIphp0JTo 
戦士「……」ビクンビクン 

勇者「まあ……こうなるよなぁ」 

魔法「……」 

僧侶「一体何を飲ませたの?」 

勇者「ブシとセンソとジギタリスと……あともう少し入れてあったと思ったが、なんだったかなぁ」 

魔法「……あたしには分からないんだけど、効果は何?」 

僧侶「強心、まあ眩暈とか動悸がある人に使うものね」 

僧侶「最もその時の処方だともっと易しい内容だけど……魔法使いは絶対飲んじゃダメだからね」 

魔法「そ、その心は?」 

僧侶「そんな恐ろしい事言えないわ……」 

魔法「どれだけやばい薬なのよ!」 


34 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/20(日) 00:10:24.95 ID:hIphp0JTo 
戦士「俺、今、生きてる、凄い、感動」 

勇者「九死に一生を得て良かったじゃないか」 

戦士「良かった……死ぬ覚悟は出来ていた分、凄い嬉しい」 

魔法「そこまでなの?」 

戦士「昔、俺が猛毒蛇に噛まれた時も同じ事言って薬をくれたんだ」 

戦士「あん時は割りと普通に生還したが……毒の後遺症の確認に医者にかかった時に何て言われたと思う?」 

僧侶「よく生きてたね?」 

戦士「私だったら、そんな恐ろしい物を飲ますくらいなら、麻酔や睡眠薬を使って楽にさせていただろうな」 

勇者「あの時は、今日より二割は生存の可能性があったんだぞ?」 

戦士「今日のがやばかったのか!」 

勇者「ああ……あの材料で薬効が危険域に突入しないか不安だった」 

僧侶「そりゃあそうよねぇ……」 


35 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/20(日) 00:16:49.75 ID:hIphp0JTo 
さてこれにて 
この静かさは馴れないもんだ 
VIPみたく騒がしくしてくれた方がやり易いが……とりあえずおやすみ 


36 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/20(日) 00:19:31.56 ID:1JrQdYpKo 
乙 
vipのがやりやすいのは超同意するけど今落ちるの早いしなぁ 


39 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/20(日) 08:30:20.67 ID:IpCFkb0go 
乙 待ってた! 
勇者相変わらず何者だwwwwww 


40 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/20(日) 17:43:54.84 ID:13RizSMW0 
見つかってよかったよかった 
次はあの酒豪が治めてた国か? 


43 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 00:36:42.89 ID:fPOtAFsho 
勇者「ふぅ……流石にこの辺りの魔物は強いな」 

戦士「伊達に魔王城に近い訳じゃないんだな」 

魔法「次の町が最後ね……」 

僧侶「その先に町はないんだ」 

戦士「全部、魔王の軍隊に潰されちまったからなぁ」 

僧侶「あー……」 

勇者「明日一日は休んでから向かおうか」 

魔法「万全な態勢で臨みたいものね」 

戦士「……あっちのPTに追いつけないところを見ると」 

勇者「それは俺も少し不安だな。着いたら魔王は死んでました、じゃただのコントだ」 

僧侶「盛大でつまらないコントね」 


44 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 00:41:32.15 ID:fPOtAFsho 
「ああ、あの女勇者さんならもう三日前にこの町を発ったよ」 
「塀の国と風の都市、石の国の連合軍が魔王軍と戦うらしいぞ」 
「女勇者さん達もそれに合わせて、魔王城へ突入するって話だ」 
「会戦?まだ軍隊が集まりきっていないからなぁ……早くて七日後くらいじゃないか?」 


勇者「余裕はある、か……」 

魔法「向こうは焦っているのかしら」 

戦士「あいつらを考えると野良の駆逐に励んでいそうだがな」 

勇者「むしろそれが目的で先に行っている気がするな」 

僧侶「相当強いPTなのかしら?」 

勇者「強いな……リーダーの女勇者は鎧姿だ」 

魔法「……まあ、あちらの戦士と盗賊も自信に満ちた目をしていたから、さぞ頼りになるんでしょうね」 

戦士「……おまけに武道家はどんな男でも倒す奴だ。逃げねばやられる」 

僧侶「それどんだけ凄い武道家よ」 


45 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 00:45:03.65 ID:fPOtAFsho 
勇者「佳境に入った旅の成功を願いまして、乾杯!」 

戦士「乾杯っ!」 

魔法「乾杯」 

僧侶「乾杯!」 

戦士「これが町で乾杯する最後の機会にならないといいな」 

勇者「おいおい……」 

魔法「大丈夫よきっと。ただ、四人でできるかは……」 

勇者「魔法使いまで……」 

僧侶「彼らの乾杯がこれで最後になるとは……まだ誰も知る由は無かった」 

勇者「魔王城にすら着いていないぞ!?てか明日中に全滅かよ!明日は休むんだぞ?!」 


46 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 00:48:08.22 ID:fPOtAFsho 
僧侶「正直なところ本当はどうなのよー。えー最後の最後でも嘘を言うのー?」 

僧侶「真面目な話、相手も自分も最悪のケースは考えるべきよ」 

僧侶「今日を逃がしてどうする気?」 


僧侶「何というか……見た目の割りに行動はしっかりしているのよねぇ……」 

僧侶「まともな宿泊施設、今日明日で最後よ?」 

僧侶「男なら当たって砕けろ!」グッ 


勇者「おかしいな……戦士と一緒に荷物を置いたはずなのに、なんで僧侶と相部屋になっているんだ?」 

僧侶「あの二人からのお願いでねー。野暮な事は聞いちゃ駄目よー」 

勇者(ああ……なんだかんだで上手くいっていたのか……戦士、やったじゃないか) 


48 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 00:52:22.73 ID:fPOtAFsho 
僧侶「……ふふ」ジリジリ 

勇者「……えーと、何故に舌なめずりをしながらにじり寄って来るんでしょうか?」 

僧侶「あら、相部屋になった男女がする事なんて一つじゃない」 

勇者「いやその発想はおかしい、不健全だ」 

勇者「こういう事は御互いを受け入れ、御互いを理解し合って行うべきで……」 

僧侶「えー。だいたいこれから魔王と戦うのよ」 

僧侶「生きて帰れる保障なんてないのに、不健全だとか、互いの意思だとか言っている状況じゃないでしょ」 

勇者「うーん、いや、しかし……」 

僧侶「あたしの事は……嫌い?」シュン 

勇者「それはない!そんな事は……!」 

僧侶「あたしは勇者の事好きよ。ほら問題ない!」 

勇者「あー……んー……据え膳か……」 


49 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 00:56:42.97 ID:fPOtAFsho 
僧侶「んむ……んっ……っぷは」 

勇者「……」 

僧侶「ふふ……本当に可愛いなぁもう」ギュウ 

勇者「やっぱり上手いんだな」 

僧侶「これだけ長い事生きていて、初々しかったら逆に気持ち悪いでしょ」 

勇者「それもそうなんだが……」 

僧侶「ふふ。さあ攻めてこないと……こちらが押し倒すよ?」 


52 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 01:04:53.03 ID:fPOtAFsho 
戦士「あ、わりぃ、それ取ってくれ」 

魔法「……はい」 

戦士「サンキュ」 

戦士「……」 

魔法「……あーもー!」ガバ 

戦士「どうした?」 

魔法「どうした?じゃない!なんであなたはそー……ポーカーフェイスというか、気のある素振りがないのよ!」 

戦士「そうか?」 

魔法「……この男は」 

戦士「……素振りか。確かに見せていないかもしれんが、お前と二人でいられるよう、色々と動いてはいたぞ?」 


53 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 01:07:20.65 ID:fPOtAFsho 
戦士「それに……あんまりこういう事言いたくは無いが」 

戦士「いっつも勇者とつるんでいたけど、大抵何かあるとすれば勇者なわけだ」 

戦士「だからかなぁ。下手にがっつくより、静かーに近くにいられる方がよっぽどいい、て考えになったんだよ」 

魔法「あなたには似合わない保守的な考えね」 

戦士「そうかもな」 

魔法「だからってさあ……この状況になってまで、それでなくてもいいんじゃないの?」 

戦士「……へ?いや、だってお前、俺も勇者も仲間としか見ていないんじゃ?」 

魔法「え、そこが問題なの?」 


54 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 01:10:04.27 ID:fPOtAFsho 
魔法「だいたい、そういう事はやたら滅多に言いふらすものでもないでしょう」 

戦士「そうか?俺は知らずに三角関係になっている、とかは嫌なんだがなぁ」 

魔法「まあ……そこは価値観の相違だから深くは問わないけども……」 

魔法「もっとこう、さ!アピールとかしないわけ?!好感度を上げたいとか思わないわけ?!」 

戦士「俺の場合、それがいつも裏目にでていたからなぁ……」 

魔法「あーもー……分かり辛い人ね。好きなら好きで、もっと思わせぶりな態度も取りなさいよ!あたしが困るじゃない!」 

戦士「そりゃあすまな……いや、待て。そもそもそれってつまり……」 


55 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 01:13:03.63 ID:fPOtAFsho 
魔法「……」 

戦士「それって……そういうkムガ」 

魔法「……全部言わす気?」 

戦士「いや……悪かった」 

魔法「……」 

戦士「……」 

戦士「……好きだ、魔法使い」ギュ 

魔法「……!」カァ 


56 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 01:17:33.70 ID:fPOtAFsho 
「魔剣を抜きし者よ……まだか、まだなのか」 

「我が声は何時になったら届く?何時になったら応える?」 

「もう……時間が無いぞ」 


(微かに聞こえていた話声はもう聞こえないが……はっきりとした言葉は聞こえる……) 

(俺はこれに応えるべきなのだろうか?) 


「魔剣を抜きし者よ、我が声に応えよ!」 

「……頼む、気づいてくれ……応えてくれ」 


(悪意はないように聞こえるが……俺は……) 


57 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 01:21:51.61 ID:fPOtAFsho 
戦士「……」ソワソワ 

魔法「……」ソワソワ 

戦士「……勇者達遅いな」ソワソワ 

魔法「……そ、そうね」ソワソワ 

僧侶「あら初々しい。若いっていいわねー」ツヤツヤ 

勇者「ふぁぁ……おは、よう……」ゲッソリ 

戦士「……」 

魔法「……」 

僧侶「七割はあたしが原因だけど、残りの三割は違うわよ?」 

勇者「いつもの夢見の悪さがレベルアップ……ふぁ……今日は休みだし、また寝ていいか?」 


58 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 01:25:59.01 ID:fPOtAFsho 
勇者「……ん、んんーー」 

勇者「夢は見なかったな……てか暗いな。今何時だ」 

僧侶「もう九時になるわよー」 

勇者「あー生活リズム壊滅だな」 

僧侶「晩御飯にする?シャワーでも浴びる?それともあ・た」 

勇者「昨日あれだけだったのに、今日もやられたら体力もたないって」 

僧侶「あら、今日は控え目にする為に、昨日めいいっぱいしたのよ?」 

勇者「……飯食べてシャワー浴びてくる」 


59 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 01:29:45.90 ID:fPOtAFsho 
勇者「よし、魔王城に向けて出発するぞ」 

僧侶「おー!」 

戦士「おー!」 

魔法「テンション高いわねぇ……」 

勇者「ここからが正念場だからな」 

勇者「連合軍の野営予定地は調べてあるから、そこで待機していれば女勇者のPTに会えるだろう」 

勇者「連合軍と魔王軍が衝突するタイミングで、一緒に魔王城へ乗り込み魔王を討つ」 

勇者「これが大まかな予定だ」 

戦士「異議なーし。よっしゃ、行こうぜ」 


60 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 01:32:42.80 ID:fPOtAFsho 
勇者達は魔物の群れを倒した! 

戦士「ここらへんの連中も、もう大した脅威じゃないわな」 

魔法「これだけ戦っていればね」 

勇者「そうだな」 

僧侶「軍が野営する場所って、まだ先なの」 

勇者「この調子なら明日には着くだろうな」 

戦士「ま、着いたら少し休もうぜ」 

戦士「なんか美味い物作ってくれよ」 

勇者「ああ、分かった」 

僧侶「……?」 


61 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 01:35:29.65 ID:fPOtAFsho 
女勇者「お、おおおーーー!まさかこのタイミングで会えるなんて!奇跡に近いんじゃない?!」 

戦士「タイミングよく戻ってこれたぜー」 

魔法「結局北まで行ってきたわ……」 

男盗賊「マジか。じゃあ、そちらの方が北の大陸の、と」 

男戦士「……狩人を仲間にしたのか」 

勇者「いや、僧侶だ」 

女勇者「……え?」 

勇者「僧侶だ」 

僧侶「僧侶でっす☆」 

男盗賊「ちょっと何を言っているのか分かんないんだけど」 


62 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 01:38:22.40 ID:fPOtAFsho 
男戦士「……僧侶は弓を持つものなのか?」 

僧侶「回復魔法は任せて!遊撃も任せて!」 

女勇者「えー……殺生しちゃんですか?」 

僧侶「称号が僧侶。そう、職業では無いからなんら問題ありません」 

男盗賊「……凄い人を見つけたもんだね」 

勇者「俺達がびっくりさ」 

戦士「今考えると、本当に紆余曲折したな。こっちに戻ってからも」 

男武道家「そのようだな……特にそちらの戦士は本当に逞しくなったな」ゴクリ 

戦士は剣を上段から振り下ろした!しかし、男武道家には当たらない! 

男武道家「……ふふふふふ」 

戦士(野営する時は勇者を盾にしよう)サ 


63 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 01:40:57.89 ID:fPOtAFsho 
女勇者「連合軍到着まで、後二日くらいかな」 

戦士「おう、知っているぞ」 

男盗賊「え、知っていて来たのかい?」 

魔法「きっと周辺の魔物の数を減らしていると思ってね。あたし達も手伝うわ」 

女勇者「おおー頼もしい!」 

男戦士「……そっちの勇者、口数が減ったように感じるが何かあったのか?」ボソボソ 

戦士「最近こんな調子だ。戦闘は変わりが無いから、体調がってわけでもなさそうだ」 

男戦士「決戦前だぞ?共に戦うのだから頼むぞ」 


64 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 01:43:09.04 ID:fPOtAFsho 
さてこれにて 
しばらく電力が安定するとかしないとかで一安心 
8日ぶりの休みだ、一気に進ませたいが……とりあえずおやすみ 


68 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 13:32:38.08 ID:fPOtAFsho 
戦士「ただ魔物を倒すだけってのもなぁ」 

魔法「そう言わないの」 

勇者「そろそろ日が暮れるな……野営地まで戻るか」 

僧侶「そういえば、今日中に軍が集まるのよね」 

戦士「多分、テントとか炊き出しとか野営の準備で忙しいんだろうな」 

勇者「何事も無く集まっていれば、な」 

僧侶「集まっていないと困るけどもねぇ」 

魔法「ねえ……ずっと思っていたんだけど、勇者の様子が」ボソボソ 

戦士(なんでよってたかって、皆俺に聞いてくるんだよ。俺も知りたい側だっての) 


69 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 13:35:54.48 ID:fPOtAFsho 
戦士「おー結構な数だな」 

魔法「予定していた野営地より足が出ているんじゃないの?」 

僧侶「やっぱり国によって装備が違うのね」 

魔法「……」チラ 

勇者「防衛力、魔法、狩猟やゲリラ戦に秀でる国々だからな」 

魔法(老若男女、鎧姿の兵士がいるのに反応しないだなんて) 

勇者「……」ブルブル 

戦士(そういや、勇者は僧侶と……。流石に相手がいると抑制できるんだな、少し安心したぜ) 


70 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 13:38:57.22 ID:fPOtAFsho 
勇者「ぐ、これほどのストレスか……」ギリギリ 

勇者「くそ……!俺には……俺にはどうする事もできないのか!」ズリズリ 

勇者「俺は、どうしたらいいんだ!!」ダン 

僧侶「勇者が地面に額を擦り付けながら、咽び泣いてるんだけど何かあったの?」 

戦士「欲望と理性の葛藤に苦しんでいるだけだから放置でいいぞ」 

魔法「何でだろう。色々と安心した気がする」 

戦士「……まあ、完全に余裕がなくなっているってわけではなさそうだな」 


71 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 13:45:25.32 ID:fPOtAFsho 
男戦士「どうやら、称号を持ったPTの一部は軍隊に混じって戦うようだな」 

戦士「そうなのか?」 

男盗賊「ほら、あそこ。明らかに軍人じゃない四人組」 

魔法「あら……よく見ると、そういう人多いわね」 

男武道家「魔王と対峙するのに比べたら、よっぽど生還の見込みがあるからな」 

勇者「大博打か生存か……」 

戦士「見た目大博打だが、俺達はイカサマ師だからな」 

女勇者「秘策でもあるの?」 

勇者「見てのお楽しみだ」 


72 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 13:54:19.91 ID:fPOtAFsho 
勇者「……!戦士、あれ、あれ!」 

戦士「お前が慌てるなんて珍し、うおおおおおおお!」 

僧侶「二人して五月蝿いわねぇ」 

勇者「み、み、ミスター・ブシドーーーー!!」 

戦士「本物だ!すげぇ、本物だ!!」 

魔法「誰それ」 

勇者「黄金の国の戦士、サムラーイ。その中で最強の者にはミスター・ブシドーの称号が与えられるという」 

戦士「すげぇ、すっげぇ!ああ、やっぱり軍隊とは別行動か!あっちの陣営って事は北側から攻めるのか!向こうに行かないか?!」 

勇者「行きたいけど今進行ルートを変更すると、軍の隊列の邪魔にもなるから無理だろ。くそぉ、共に前線で戦いたかったなぁ」 

魔法「……すこぶる元気そうね」 

僧侶「一過性っぽそうだけどね」 


73 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 13:58:22.41 ID:fPOtAFsho 
魔法「あら、何処行っていたの?」 

勇者「ちょっと連合軍の方に顔を出してた」 

勇者「明日は軍隊を展開。斥候と罠師を派遣し、魔王城近辺を埋めるようだ」 

僧侶「ふんふん、明後日会戦?」 

勇者「だな。太陽が起きだす前に奇襲を行うんだとさ」 

僧侶「流石に緊張してくるわね」 

勇者「以外だな、僧侶が緊張だなんて」ギュ 

僧侶「……積極的じゃない。どうしたの?」 

勇者「ゆっくりできるのも今晩が最後だ。明日は早くに寝るんだから今日しかないだろ」 

僧侶「うーん……勇者は初心な方が良かったんだけどな」 

勇者「それを言われると男として本当に悲しくなるから止めてね」 


74 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 14:04:30.51 ID:fPOtAFsho 
戦士「……」 

魔法「何時まで外で寝っ転がっているのよ。いい加減中に入らないの?」 

戦士「いやー中々流れ星ってのはでないもんだな」 

魔法「星に願い事を言う性格でもないのに……どうしたの?」 

戦士「そりゃあ……明後日の祈願ぐらいはするさ」ギュウ 

魔法「……」 

戦士「今は何も言えない。怖くて言えん」 

魔法「……うん」ギュ 

戦士「が、賽は投げられてるんだ。魔王の面に一発ぶちこんでやろうじゃないか」 

魔法「ええ、絶対に打ち勝つわよ」 


75 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 14:11:56.13 ID:fPOtAFsho 
女勇者「今日一日はのんびり養生!」 

男戦士「ま、これだけ戦ったんだ。この近辺はもう戦力は残っていないものな」 

勇者「今のうちに弓を新調しておくか」 

僧侶「ありがとー」 

戦士「装備の手入れでもしておくか」 

魔法「あ、あたしもしておこっと」 

男武道家「……向こうは見事にペアになっているようだな」 

男盗賊「……何でだ……くそ……どうして……」 

男戦士「ああ、そういえばお前年上が好みなんだっけ」 

女勇者「僧侶さん、ドストライクだったのね」 


76 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 14:16:21.65 ID:fPOtAFsho 
勇者「一つ……聞いて言いか」ギリギリ 

僧侶「二つでも三つでもいいわよー」 

勇者「……僧侶は、魔王を倒す事が目的なんだよな」 

僧侶「……そうよ」 

勇者「そっか……やっぱそうなのか」 

僧侶「……」 

勇者「どんな結果になろうとも俺は進むよ。死と隣り合わせの旅をする事になった時から、な」 


77 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 14:19:42.81 ID:fPOtAFsho 
魔法「あら、難しい顔をしてどうかしたの?」 

戦士「勇者の様子が、な。あんだけ思いつめてて、俺に一切相談してこないってのはちょっと気にかかる」 

魔法「流石の信頼関係ね」 

戦士「信用だ。あいつに直接確かめるのが手っ取り早いが、何も言ってこないって事は言いたくない、言えない事情なんだよなぁ……」 

魔法「何よそれ、結局どうする気なの?」 

戦士「まだ様子を見るか」 

魔法「決戦直前だっていうのに……」 


78 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 14:25:50.59 ID:fPOtAFsho 
勇者「……」 

戦士「お、もう起きていたのか」 

勇者「なあ、一つ思った事を言っていいか?」 

戦士「……どうした」 

勇者「連合軍は魔王城周辺、そして合戦となる道に罠を仕掛けたって話だ」 

戦士「まあ、連中の戦力を殺ぐ為にも必要だな」 

勇者「……俺達はこの鬱蒼とした森の、それも暗闇の中魔王城に向かうわけだが」 

戦士「……お前先頭な」 


79 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 14:31:36.27 ID:fPOtAFsho 
女勇者「軍も動き出したね……」 

男戦士「巻き込まれると厄介だからな、大きく迂回して城を目指すか」 

勇者「……」パンパン! 

勇者「よし、これが最後の戦いだ!行くぞ!」 

魔法「あら……」 

戦士「……そうだな。また町で皆で杯を鳴らそうぜ」 

男武道家「その折には我々も混じらせてもらおう」 

僧侶「ええ、必ず皆で宴会をするぞー!」 

男盗賊「おー!」 

勇者「……」 


80 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 14:39:45.55 ID:fPOtAFsho 
男戦士「何だ?兵士が来るぞ?」 

戦士「……どうしたんだ、あっ」 

勇者「……え、おおっ」 

兵士B「久しぶりだな」 

魔法「石の国の出兵は無かったはずだけども……」 

兵士B「志願してみたら許可が下りたのさ。兵士Aはリハビリ中だからいないがな」 

魔法A「俺達石の国の部隊は、魔王城までの活路を作る」 

兵士C「あんた達勇者の護衛にあたる。宜しく頼むぜ」 

戦士「至れつくせりだな」 

兵士B「お前達には感謝してもしきれない恩があるからな……」 

女勇者「何をしたの?」 

勇者「石の国で蜘蛛退治を」 

男戦士「石の国の英雄ってお前達だったのか?!」 

魔法「話が凄い事になっていたのね」 


82 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 14:47:10.87 ID:fPOtAFsho 
魔物の群れが現れた! 
石の兵士PTA、Bの突撃! 
魔物の群れを蹴散らした! 

戦士「随分と数に物を言うやり方だな」 

兵士B「迅速かつ穏便にお前達を運ぶ為だ。こちらだって撤退の余力を残さないとだからな」 

女勇者「うーん、道中の野良を相手しなきゃと思っていた分、これはぐっと勝率が上がるね!」 

男戦士「この調子なら2PT共に魔王に挑めるだろうな」 

魔法「ふぅ……ふぅ……」 

戦士「大丈夫か?少し休むか?」 

勇者「魔王城は山頂だからな。無理をする事はない」 

魔法「流石のあたしも、こんな所で、休むわけには、いかないわ」ゼェゼェ 


83 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 14:53:48.05 ID:fPOtAFsho 
勇者「魔王城……」 

僧侶「禍々しいわね」 

男盗賊「……おいでになったみたいだなぁ」 

おびただしい数の魔物が押し寄せてくる! 

女勇者「野良じゃなさそうね」 

戦士「隊列組んでるもんなぁ」 

兵士C「我々は我々の仕事をしよう」 

石の兵士PTA、B、Cは勇者達から離れた。 

魔法A「余力があればそちらにも向かうが」 

兵士B「魔王の事は任せたぞ!」 

兵士達と魔物達の戦闘が始まった!! 


84 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 15:05:21.18 ID:fPOtAFsho 
魔王城内部 
女王蜘蛛が現れた! 

勇者「おおおお!!」 

戦士「おおおお!!」 

男戦士「おおお!!」 

勇者達はバーサークを発動させた! 
三人はいきりたって女王蜘蛛に斬りかかる! 

魔法「蛮族ねぇ……」 

僧侶「ま、あたし達は適度に魔法を使って、魔翌力を満タンに保っていよう」 

男盗賊「流石に魔王城ともなると、敵もボスクラスだね」 


85 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 15:13:41.63 ID:fPOtAFsho 
アリゲーターとアナコンダが現れた! 

勇者「これは厳しそうだな……」 

魔法「ま、仕方ないわね」 

女勇者「ふっふー、これでも魔法も成長しているからね」 

僧侶「さくっと終わらせますかねー」 

男戦士「おお、女性陣の本気」 

男盗賊「ポロリはないよ」 

戦士「せめてサービスカットを」 

勇者「おい、二人……」 


86 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 15:24:54.75 ID:fPOtAFsho 
女勇者は氷石魔法・強を唱えた!周辺に氷山をも思わせる氷塊が降り注ぐ! 
僧侶は風刃魔法・強を唱えた!真空の刃が渦巻き、魔物の群れを引き裂いていく! 
魔法使いは流水魔法・強を唱えた!風を切る音と共に細い水の筋が魔物の群れを襲う! 

群れている魔物の肉を殺ぎ、あたり一面に血の池が出来上がった! 

男性陣「……」 

女勇者「うっわ、あたしも自信あったけど、二人とも凄いね!」 
僧侶「いやいや、まさか魔法使いが最凶魔法に分類される流水魔法・強が使えるとは」 
魔法「あー風系の魔法ってやっぱりスマートで使いやすそうね……炎と水を専攻するんじゃなかったわ」 

戦士「どうする……どれにツッコミをいれるべきなんだ」 

男盗賊「駄目だ、多すぎる!」 

勇者「俺は僧侶が攻撃魔法も使えた事にツッコミいれるから、戦士はあの無慈悲な凶悪魔法にツッコミを……」 

戦士「いれられねーよ!ワニとアナコンダが肉片を散らしてたんだぞ!こえーよ!」 


87 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 15:28:37.24 ID:fPOtAFsho 
水辺の処刑者が現れた! 

女勇者「うわっ!」 

戦士「あんな大蟹……初めて見るな。耐久力が高そうで嫌になるぜ」 

男戦士「あれに近づくな!あの大きなハサミで首を刎ねられるぞ」 

男武道家「この場は我々に任せてもらおうか」 

水辺の処刑者が男武道家に向かって、大ハサミを振り上げ突進してくる! 
男盗賊のトラップが発動した!水辺の処刑者は電流で痺れている! 
男武道家の痛恨の一撃! 

戦士「甲羅ごと蟹味噌がばらばらに吹っ飛んだぞ」 

魔法「……」 

僧侶「……末恐ろしい」 

勇者(攻撃翌力いくつなんだ、あれ) 


88 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 15:33:54.05 ID:fPOtAFsho 
勇者「……!」 

戦士「おーおー……俺でも感じるぞ」 

男戦士「この魔翌力……間違いなく魔王だな」 

女勇者「……」ゴクリ 

僧侶「一旦休む?」 

男盗賊「そうだね……少し一息付こうよ」 

魔法「他のPTもきていないみたいね」 


90 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 15:40:53.38 ID:fPOtAFsho 
魔王「来たか……愚かなる人間よ」 

戦士「……」 

勇者「……ちょっと時間貰っていいか?」 

魔王「……なんだと?」 

勇者「どうなっているんだ、あれ」ヒソヒソ 

戦士「分からん。魔王ってのは人外の姿、どちらというと動物をベースにしたものだって教わったが」 

女勇者「見た目人だよねぇあれ」 

僧侶「……う〜ん」 

男戦士「俺も喋れて二足歩行する魔物だと思っていたからなぁ」 

男武道家「流石に対人となるとやり辛いな」 

男盗賊「でも急所は分かりやすいよね」 

勇者「……とりあえず魔王で間違いないようだし、戦うとするか」 


91 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 15:48:18.41 ID:fPOtAFsh0 
勇者「俺達は人間でも魔族でもない。お前が延々と眠る間に二者の血は混ざり合い、その区別はできなくなったんだ」 

魔王「魔族……ならば貴様らはなんだ?人間にも魔族にもなれん貴様らは何者だ?」 

勇者「……何だろうな」 

戦士「思いの他、哲学チックになったな」 

僧侶「……んー特別な呼称はないけれども、皆自分達の事を人、と呼んでいるわね」 

魔法「あ、北の大陸でもそうなんだ。南もそうなのよね」 

女勇者「へー、案外北と南って変わらないのかなぁ」 

男戦士(緊張感に欠ける) 


92 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 16:01:00.12 ID:fPOtAFsh0 
魔王「ふん……どちらにもならない半端な存在、人か」 

魔王「よかろう!ならばその人の力、我に見せてみよ!!」 

魔王が現れた! 

三人はバーサークを発動させた! 
男盗賊のトラップが発動した! 
男武道家の懇親の一撃! 
三人は攻撃魔法・強を唱えた! 


魔王「」 


93 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 16:04:52.68 ID:azsUnqcco 
oh... 


94 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 16:10:56.16 ID:fPOtAFsh0 
魔王「おのれ……よってたかって……」 

勇者「いや、正々堂々と戦える相手じゃないしなぁ」 

戦士「つーかお前酷いな。人型に流水魔法使ったのかよ」 

魔法「魔王相手に出し惜しみなんてできないじゃないの!」 

男戦士「だが、それでも刺傷しか与えられないのか」 

男盗賊「流石に強いね……」 

男武道家「やはり、熾烈を極める戦いとなるな」 

女勇者「それに……まだ、ありそうだね」 


95 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 16:17:13.16 ID:fPOtAFsh0 
魔王「くくく……いいだろう」 

魔王「適当にあしらってくれようと思っていたが、過小評価をしていたようだ」 

魔王「お前達は生きてここから出る事は、適わぬ願いとなるのだ!!」 

全身を強張らせる魔王。 
すると、突如巨大な翼が背を突き破り、額と耳の後ろから鋭利な角が突き出た! 

魔王「オオオオオオオオオオ!!」 

大きく仰け反り、大気を震撼させる咆哮が城内を揺るがした! 


魔王が襲い掛かってきた!! 


96 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 16:26:04.44 ID:fPOtAFsh0 
僧侶「……最悪だ」ギリ 

勇者「いや、まだこちらにはこいつがある!」 

勇者は魔剣・魔王殺しを引き抜いた!強大な魔翌力が勇者を包み込む! 
勇者は魔剣を横に薙ぎ払う!斬撃は衝撃波となり魔王を襲う!! 

魔王「む……これは?」 

魔王は腕を払い、衝撃波を弾いた! 

戦士「……」 

勇者「……」 

女勇者「お!……おお?」 


97 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 16:31:00.81 ID:fPOtAFsh0 
勇者「殺すどころか弾かれたぞ!」 

僧侶「だから最悪って言ってるのよ!あいつにこの魔剣は効かないの!」 

戦士「おいおい、ガチ戦闘かよ!!」 

魔王は腕を振り上げ、戦士を引き裂いた! 
戦士は鮮血を上げて倒れこんだ! 
僧侶は回復魔法・強を唱えた! 

僧侶「正々堂々と行くわよ!」 

女勇者「……皆!」 

男戦士「任せろ!」 

男盗賊「こうでなくっちゃあ!」 

男武道家「元よりそのつもりだ!」 


99 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 16:43:41.56 ID:fPOtAFsh0 
三人は連携し、魔王に飛び掛る! 
が、魔王は既にそこにはいない!! 

魔王「やはり全力を出してしまうとつまらないものだな」 

魔王「既にこれは戦闘ではない。お前達が害虫を潰すのと同じ、一方的な駆除でしかないのだ」 

魔王は三人に手をかざした! 
勇者は魔王の懐に飛び込み、胴体目掛けて深く切り込んだ! 

魔王「む……」 

勇者「害虫だって空を飛んで、人に襲い掛かるのさ」 

勇者「さっきは弾かれたが、鋭利さも優秀な剣なんだよ」 


100 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 16:48:29.27 ID:fPOtAFsh0 
魔王「オオオオオオオオオ!」 

魔王は魔翌力が膨れ上がり、周囲を吹き飛ばす! 
四人は後方へと弾かれた! 

魔王「図に乗るなぁ!!」 

女勇者「あ、駄目押しでもう一つ乗らせて」 

魔王「その華奢な身体で何ができ……」 

女勇者は魔法の詠唱が完了した。 

女勇者「凍土!」カッ 


101 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 16:53:33.57 ID:fPOtAFsh0 
魔王の間が白銀の世界となった! 

女勇者「……」ポケー 

僧侶は範囲回復魔法・中を唱えた! 

男戦士「待っていろ、今魔翌力回復剤を与える」 

女勇者「ありがとー」ポケー 

男盗賊「流石に女勇者最強の魔法には魔王もこれか」 

魔法「すっごい……こんな魔法があったなんて」 

僧侶「……昔の魔法ね。まさか今でも使える人がいたなんて」 

部屋を蝕む氷にヒビが入り……砕け散った!! 

魔王「ふ、ふふ……ふはははははは!何処まで私を楽しませてくれるのだ、貴様らは!」 

魔王のテンションは上がっている 


102 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 17:01:34.73 ID:fPOtAFsh0 
勇者「……」 

魔王の攻撃!男戦士は遥か後方へと吹き飛ばされた! 
戦士は上段から剣を振り下ろす!しかし魔王には当たらない! 

勇者「……これほどなのか、魔王とは」 

魔法使いは流水魔法・強を唱えた! 
風を切る音と共に細い水の筋が魔王を襲う!しかし、魔王は魔翌力を込めた手で受け止めた!! 

勇者「……俺達では、勝てないな」 

男盗賊のトラップが発動した!しかし、魔王には効果がない! 

勇者「これまでか……僧侶」 

僧侶「……そうね」 


103 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 17:10:45.09 ID:fPOtAFsh0 
僧侶「魔法使いは魔王を足止めできる魔法をお願い。女勇者はさっきの凍土をもう一度」 

魔法使い「分かったけども……一体何を?」 

女勇者「もう魔翌力回復剤なんてないからね。これがラストチャンスだよ」 

勇者「俺らが盾になって時間を稼ぐから、安心して魔法の準備に入ってくれ」 

戦士「既に満身創痍だがな」 

僧侶は範囲回復魔法・強を唱えた!全員のキズが完治した! 

勇者「これが最後だ!」 

戦士「全力で行くぞ!」 


104 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 17:20:13.91 ID:fPOtAFsh0 
魔王「まだ気力は尽きないのか……これでも策があるのか?」 

魔王「まあいいだろう……貴様らの余興に付き合い」 

魔王「我も剣をもって応えてやろう!」 

戦士「よっしゃ、剣対剣なら俺にも分が!」 

戦士の攻撃!より素早く魔王が薙ぎ払う! 
戦士は刀身で攻撃を受け止めた!が、バランスを崩し転倒した! 

男戦士「基礎能力の差がこうも大きいとな」 

男盗賊「でも、飽くまで僕らは足止めだ」 

勇者「そうだな……うまく牽制する事だけを考えるべきだな」 


106 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 17:26:30.28 ID:fPOtAFsh0 
魔法使いは詠唱を完了した! 

魔法「間欠泉!!」 

突如、魔王の足元から高温に熱せられた液体が吹き上げる! 
宙を舞った魔王は地面に叩きつけられた! 

勇者「あれは魔法なのか……?」 

僧侶「女勇者の凍土みたいなものね。一部の者のみ体得できると言われ……今じゃ珍しいものね」 

男武道家の懇親の一撃!魔王の胴体に拳が深く食い込む!! 

魔王「お、ぐ……ふ、ふふ、我にここまで傷を負わせるとは……だが、そろそろ終わりに」 

女勇者「凍土!」カッ 

勇者(見も蓋も無い) 

戦士(流石に可哀相だな) 

魔法(同情を禁じえないわ) 


107 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 17:42:38.60 ID:fPOtAFsh0 
僧侶「勇者」 

勇者「……ああ」 

勇者「……皆、撤退しよう」 

戦士「おいおい、これは逃げる為の時間稼ぎか?」 

勇者「後は僧侶が終わらせる」 

女勇者「どーゆー事ー?」ポケー 

男戦士「……事情は分からんが、こちらはこれ以上の戦闘は無理だ。四の五を言わずに引かせてもらう」 

男盗賊「ま、仕方が無いね」 

男武道家「先に失礼する」 

魔法「あれと僧侶が一対一……?何をふざけた事を……」 

僧侶「大丈夫よ」 

勇者「……」 

僧侶「さ、行きなさい。もうすぐ、氷が割られるから」 

勇者「……ああ」 


108 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 17:49:54.64 ID:fPOtAFsh0 
戦士「おい!いいのかよ!」 

勇者「……」 

魔法「……僧侶、殺されるわよ」 

勇者「殺されなんかしないさ」カチャカチャ 

勇者「魔王が何十人いても……僧侶には勝てない」シュポ 

勇者は筒を操作すると、赤い光が宙に飛んでいった! 

戦士「……一体何を?」 

勇者「さあ、行くぞ。俺達も早くここを離れないとな」 


109 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 17:59:54.69 ID:fPOtAFsh0 
魔王城麓 

戦士「木が……山も城も……」 

魔法「この白いのは……菌糸類……?」 

勇者「それに触れるなよ……触れたらお陀仏だからな」 

戦士「お、おい……これじゃあ……魔王と僧侶は!!」 

勇者「……さあな」 

魔法「……勇者」 

勇者「野営地まで戻ろう……。今日は、もう……疲れた……」 


111 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 18:03:27.99 ID:fPOtAFsh0 
一先ずこれにて 
今晩中に終わらすか、否か 

sageでも専ブラであるなしに関わらず 
魔法の力は翌翌力になるこの現実 


115 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 21:51:49.56 ID:fPOtAFsho 
…… 
「我を、魔剣を何処で知りえた」 

勇者「樹海の国で仲間になった人が祠まで案内をしてくれたんだ」 

「そうか……ならば、お前は魔物の王を討つつもりなのだな」 

勇者「魔王の事で合ってる、よな?この魔剣もあるんだ。倒す気マンマンさ」 

「その旅に……樹海の国の者は付いて行くと?」 

勇者「ああ、僧侶っていう女性だ。転生の巫女とも呼ばれているけどな」 

「……お前は魔物の王を倒すにあたり」 

「仲間を失う覚悟があるか?」 

勇者「……辛いな。辛いが旅を始めた時に、戦士さえも失う覚悟はしていた。あ、戦士ってのは俺の親友だ」 

「……例え、お前一人が生き残る事になろうとも?」 

勇者「……」 

勇者「もしかしたら……皆の後を追ってしまうかもしれない」 

勇者「だが、それは魔王を倒してからの話だ」 


116 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 21:55:02.59 ID:fPOtAFsho 
勇者(ならば魔物の王を倒した後に、お前はこの夢に訪れるだろう……か) 

勇者(今更何ができるんだ……) 

勇者(お前の言う、僧侶の全てを根絶やしにする胞子とやらは発動した……) 

勇者(爆心地の魔王と共に僧侶も……) 

勇者(救えなかった……僧侶……僧侶……) 


「我は魔物の王を討つ為にあるのではない」 


117 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 22:00:10.43 ID:fPOtAFsho 
「すっげえな……」 
「あの白いのに寄生されると、死ぬまで生命力を奪われるそうだぞ」 
「魔王の命ごと吸い尽くしたって事かよ?これ以上拡散しないよな……」 

勇者「……」 

魔法「勇者……」 

戦士「……こういうのもなんだがよ、正気か?」 

「魔王の魔力はもう感じられないそうだ」 
「以外と呆気なかったな」 
「ま、元々俺らは魔王軍との戦いだしな」 

勇者「元からこうなる筋書きだったらしい。そしてこの魔剣は、これで終わるはずの筋書きに一筆いれる為のものだって言うんだ」 

勇者「……寄生された木が倒れる頃、だそうだ。朝方試しに石を投げてみたら崩れたよ」 

「各自撤退の準備に移れ」 
「これからが大変だな。称号の為に支出した費用ってどうする気なんだ?」 
「泉の国の難民の事もあるし、問題は山積したままだな」 

戦士「触れたら死ぬって言ったのはお前だろ?その魔剣の意識を信じるのか」 

勇者「僧侶を助けられるのなら……その価値がある」 


118 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 22:05:55.54 ID:fPOtAFsho 
魔王城麓 
勇者「……」 

「……よし、進め」 

勇者「夢の中でなくても話せるんだな」 

「飽くまでお前にしか聞こえない……テレパシー的なものだ」 

「そして現実にこうして会話ができる状態となった以上、もう後戻りはできない」 

「この形が保てない程の魔力を放出する準備段階に入っているのだ」 

勇者「戻る気なんかないさ……」 

勇者「それにしても……本当にこの剣の一部の魔力で、魔王城周囲の死の胞子を防げるんだな」 

「でなければ、お前は既に死んでいるぞ」 

勇者「僧侶も化け物だと思ったが……お前の方がよっぽど化け物だ」 

「まともな者がこうして剣になってまで命を捧げたりはしまい」 


119 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 22:08:58.47 ID:fPOtAFsho 
勇者「やばい……一面真っ白で魔王城のどの辺りか分からないぞ」 

勇者「……時間、まだ大丈夫か?」 

「問題ない。それと死の胞子とは言ったが、これはカビだ」 

勇者「……できればその情報は聞きたくなかったな」 

「そして時間にしても、魔王の間までの最短距離も」 

勇者「この間のあれで覚えたっていうのか?」 

「これが目的だからな。とは言うものの、僧侶とやらの魔力が強く感じる方に向かえば、自ずと目的地にでる」 

勇者「ああ……なるほど」 

「それに一度では道など覚えられんさ」 


120 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 22:13:18.65 ID:fPOtAFsho 
勇者「……?……ふん!扉が、開かない!」 

「中がカビで満たされているのだろう」 

「止むを得まい。切り捨てろ」 

勇者「了解!」 

勇者は扉を切り捨てた!すると…… 
部屋から敷き詰められた綿のように、カビが溢れ出てきた!! 

勇者「……」ズモモモモモモ 

「……」モモモ 

勇者「これ、見た目が悪い種類だったら絶対にトラウマだよな」 

「目に優しいカビで心から安心した」 


121 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 22:18:35.19 ID:fPOtAFsho 
勇者「……これ、まずはかき出さないとだよな」 

「……そうだな」 

勇者「時間、大丈夫なんだよな」 

「問題ない。頑張れよ」 

勇者「くそ……くじけそうだ」 

勇者「ううー流石に手づかみとか……うおおお」 

「カビそのものは付着しないのだからいいだろう」 

勇者「そりゃあ、付着しないから生きていられるってのは分かっているんだが」 

勇者「魔力の膜を通して感触がー発狂しそうだー……」 


122 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 22:24:04.90 ID:fPOtAFsho 
勇者「こんなものか」 

「向こうの塊は魔物の王か。まだ形が残っているようだな」 

勇者「……うお、崩れた」 

「カビに存在さえも吸い上げられたか……」 

勇者「……魔王がこれって、僧侶は!」 

「元々、この状態になってしまえば、全身がカビとなる」 

「そこにあるもう一つの塊はカビそのものだ」 

勇者「……これで、どうなるっていうんだ」 

勇者「原型すらないんだぞ!」 

「これが本来の姿だからな」 

勇者「……え?」 


123 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 22:27:55.12 ID:fPOtAFsho 
勇者「どういう事だ……?」 

「詳しく知りたければ本人に聞くといい」 

「我を、剣をそのカビの塊に突き刺せ」 

勇者「大丈夫なのか、それ」 

「問題は無い。が、それによって我との会話は終了となる」 

「この身の全て魔力を原型の、このカビの全ての大本に流し込む」 

「それで僧侶は人の姿に戻る事ができるはずだ」 

勇者「原理が分からないな……」 

「こんなものの原理など、この世界の何処にも残っていないだろう」 

「気にせずやってくれ」 


124 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 22:30:46.28 ID:fPOtAFsho 
勇者「じゃあ……いくぞ」 

「最後に。この僧侶という者に二つ伝言を頼む」 

「お前が撤退してから間も無く目覚めるまでの経緯と」 

「ざまあみろ、と」 

勇者「……やっぱ、お前と僧侶は面識があったんだな」 

「まあな」 

勇者「そんな気はしていた。正直妬けるよ」 

「そういう間柄ではない。が……親友ではあったな」 


125 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 22:34:34.50 ID:fPOtAFsho 
勇者「……何だかんだで、色々と有難うな」 

「気にする事は無い。むしろこちらが礼を言いたい。お前を駒にしたのだからな」 

勇者「俺なんかで駒になるならいくらだってなるさ」 

勇者「……ありがとう、さようなら」 

勇者は魔剣を構えた! 

(……これで俺の役目も終わる) 

(あの時のお前に何かしてやれれば良かったが……これで勘弁してくれ) 

(さて、先に逝っているぞ。残されるお前はゆっくり人生を楽しんでから来ればいい) 

勇者は魔剣をカビの塊に突き刺した! 


126 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 22:42:00.57 ID:fPOtAFsho 
…… 
僧侶「……あれ、ここは……?」 

勇者「お早う、僧侶」 

僧侶「……どうなったの?」 

勇者は魔剣に頼まれた伝言を伝えた。 

僧侶「そう……そっか……あいつもとんだペテン師ね」 

僧侶「何だよ、結局あたしはあいつに助けられたのか。あいつはそんな筋書きを書いておいたのか」 

勇者「……僧侶は、魔王を倒した後の事はどうでもよかったのか?生きたい、とは思わなかったのか?」 


127 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 22:45:45.55 ID:fPOtAFsho 
僧侶「……んー長話をしてもいい?」 

勇者「俺が嫌だと言うとでも?」 

僧侶「ふふ、そーね。あたしはさ、転生の巫女なんて言われててずっと生きてるみたいな事を言ったけど」 

僧侶「あれ、本当は嘘なの。勇者が見たあの……菌糸類があたしの本当の姿なんだけど」 

僧侶「それを二つに分けて、また人の姿に戻る。元のあたしと、幼いあたしに分かれる」 

僧侶「広大な範囲に広がらない限り、人の姿に戻る事はできるからね」 

僧侶「で、一番初めの……ある意味オリジナルであったあたしはもうとっくに死んでしまったわ」 

僧侶「あたし達はその彼女の意思や知識、記憶を受け継いだ……劣化コピーなのよ」 


128 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 22:52:09.55 ID:fPOtAFsho 
僧侶「毎回二人に分かれる時に必ず言われる事があるの」 

僧侶「あたし達は魔物の王を倒す為に生きなくっちゃいけない。その命も魔物の王が復活する事無く、無駄に終わる事もあるだろう」 

僧侶「だからこそ、目的の為に使われるこの人生の中で、小さくても何でもいいから幸せを見つけなさい……って」 

僧侶「今までのあたしは、皆平凡に暮らして二人に分かれて消えていった。だからあたしもそうなんだとばかり思っていたよ」 

僧侶「でも、あたしの代で魔物の王は復活した」 

僧侶「当然、すぐに南の大陸に行かなくちゃ、って思ったよ」 

僧侶「だけども……急に怖くなった。死ぬ事がじゃない」 

僧侶「あたしを知る人は皆、転生の巫女としてしか知らない中死んだら……」 

僧侶「誰も本当のあたしを知らない……オリジナルである彼女の存在を無かった事にされる」 

僧侶「そんな気がして、恐怖で押しつぶされそうになって……発狂してしまいそうになった」 


129 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 22:57:36.48 ID:fPOtAFsho 
僧侶「彼女の死を辱めるのではないだろうか……彼女の決意を傷つけるのではないだろうか……」 

僧侶「そんな事を考え出したら、一歩も前に進めなくなったわ」 

僧侶「でも、そんな時に現れたのが貴方達だった」 

僧侶「彼らと共に行こう。そして本当のあたしを知ってもらおう……あたしを知る人がいる限り」 

僧侶「あたしの死は、彼女の意思は蔑まれる事は無い。彼女の決意は勇敢で崇高で……誇れるものだと伝えてくれるはずだ」 

僧侶「勇者が仲間を探していると言った時、そんな事を考えていたわ」 

僧侶「だからあたしは、心置きなく死ねると思っていたよ」 


130 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 23:02:53.71 ID:fPOtAFsho 
勇者「それと……こういう時に非常に言いにくいのだが……」 

僧侶「何?何でも言っちゃいなよー」 

勇者「何故僧侶が死ぬ必要が?というか僧侶は何者なんだ」 

僧侶「……」 

勇者「……」 

僧侶「よくもまあ、この雰囲気をぶち壊せるね」 

勇者「だから嫌だったんだよ!だけど謎が多すぎるんだよ!何がどうなってるんだ!」 


131 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 23:09:10.14 ID:fPOtAFsho 
僧侶「まあいいけどね。んー本来の姿がアレの説明した方が早いかな」 

僧侶「あたしは事実上、最後の純血の魔族だからね。昔の魔族には、本来の姿は人外であるのは珍しくなかったのよ」 

勇者「それって満月になると狼男になるとか、か……?」 

僧侶「そういう伝われ方はあるね。実際にはドラゴンであったりゴーレムであったり……単純にそういう種族は魔族」 

僧侶「その中でも、あたしのように人の姿が取れる種族は魔族の扱いだったのよ」 

勇者「へー……」 

勇者「あれ?さらっと言われて気付かなかったが、これって凄い話を聞いているんじゃないか?!」 

僧侶「え、今更?」 


132 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 23:13:51.68 ID:fPOtAFsho 
僧侶「その辺りは置いておいて、であたしの本来の姿だけど、ありとあらゆるものに寄生しエネルギーを吸い尽くす」 

勇者「それは分かっているが……確かに魔王は強かったが……」 

僧侶「あれが何度も復活する理由がね、ここを中心とした魔方陣の効力によるものなの。それこそ本当の転生術よ」 

僧侶「魔方陣は周囲の大気や大地に流れる魔力を蓄え、一定量を超えると転生、復活を遂げる……」 

僧侶「まあ、前回の戦いで魔方陣が大きくえぐられた所為で、時間がかなりかかったようだけどね」 

僧侶「で、あたしを必要とした訳は、周囲に広がる魔方陣ごと寄生し、機能しなくなるまで力を吸い上げる」 

僧侶「魔方陣さえ機能しなければ魔物の王は復活しない。が、そこまで拡散してしまえば、あたしは人の姿に戻れない」 

僧侶「だから、ここで枯れ果てる必要があったのよ。存在しているだけで、周囲の命を奪う生命体だからね」 


133 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 23:19:07.88 ID:fPOtAFsho 
勇者「魔剣の魔力は解放しすぎた力を収縮させ、人の姿に戻したのか」 

僧侶「そのようね。全くこんな事を考えていたとは」 

僧侶「何百年も前に魔剣になったというのに……普段は頭悪そうな事していたけど、やっぱりあいつは凄いなぁ」 

勇者「……」 

僧侶「もう少し妬いてくれた方が可愛げがあるんだけどなぁ」 

勇者「正直複雑な気持ちではあるよ」 


134 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 23:23:47.21 ID:fPOtAFsho 
勇者「だけど……生きていてくれ、ありがとう」 

僧侶「な〜に〜、それ。あたしが助けてくれありがとうって言うものでしょ」 

勇者「正直に言えば、俺は僧侶がもう助からないと思っていたよ」 

勇者「魔剣から話を聞くまで、助ける事ができなかったってずっと……」 

勇者「だけど、またこうして話せる。こうして僧侶に触れられる……」 

勇者「だから」 

勇者「ありがとう」 


135 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 23:27:04.40 ID:fPOtAFsho 
勇者「だけど……生きていてくれ、ありがとう」 

僧侶「な〜に〜、それ。あたしが助けてくれありがとうって言うものでしょ」 

勇者「正直に言えば、俺は僧侶がもう助からないと思っていたよ」 

勇者「魔剣から話を聞くまで、助ける事ができなかったってずっと……」 

勇者「だけど、またこうして話せる。こうして僧侶に触れられる……」 

勇者「だから」 

勇者「ありがとう」 


136 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 23:34:54.64 ID:fPOtAFsho 
僧侶「……あたしからも、ね」 

僧侶「あんな得体の知れない剣の言葉を信じ」 

僧侶「こんな異界のような死地にまで来て助けてくれてありがとう」 

僧侶「目が覚めた時、勇者が傍にいてくれて……本当に嬉しかったよ」 

勇者「……僧侶」ギュ 

僧侶「はは……君よりも何十倍も年上なのに……涙、止まらないや」ギュ 


137 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/03/21(月) 23:42:03.63 ID:fPOtAFsho 
勇者「落ち着いた?」 

僧侶「うん、ありがとう」 

僧侶「あー恥ずかしいなぁ。勇者にこんな姿を見せるなんて」 

勇者「俺は……逆に嬉しいよ。今までよりももっと、僧侶に近づけた気がして」 

僧侶「……」 

勇者「さあ、帰ろうか」 

僧侶「……何処へ?」 

勇者「そうだなぁ……樹海の国でもいいし、俺が住んでいる場所も悪くない。生まれ育った町もいいな」 

勇者「旅先で見かけた町が良ければ、そこだって構わないよ」 


勇者「僧侶が守ってくれたこの世界が、魔剣が守ってくれた僧侶の帰る場所なんだからさ」 


   旅芸人「遂に魔王が蘇った!」  完 


出典: 旅芸人「遂に魔王が蘇った!」
リンク:http://page.freett.com/deserted/vip_araburu05.html
  投票  (・∀・):66  (・A・):16  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/32599/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用