間違えて生まれてきたとしても (アニメキャラの体験談) 8069回

2012/10/22 18:56┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
時代を間違えて生まれてきたとしても、必死に鳴き続ければ必ず願いは叶う・・・冬の蝉

俺と同じ言葉を口にする男―。 その姿が水に遮られるまで、俺は目が離せなかった 文久二年、長州の高杉晋作らによって起こされた『英国大使館焼き討ち』。長州藩士で開国論者の草加十馬は、高杉らの暴挙を止めようとするが、時すでに遅く、大使館は炎に包まれていた。逃げ遅れた草加が町方に追われた、その時。彼は運命の男・秋月景一郎と出会う。宿敵であるはずの幕臣・秋月は「今は、国を乱している余裕はない。開国に向けて外国と対等でいるためには」そう言って草加を逃がすのであった。
それから数年後、草加は偶然秋月と再会する。長州藩と幕府、宿敵同士の二人。人目を避けて時間を重ねるうち、次第に惹かれあう二人だが…。



とにかく「冬の蝉」はとんでもない傑作です。だいたいBLで時代劇、それもどシリアスな悲恋ってだけでも異端だと思うけど、この作品の強烈な魅力とパワーの前では、誰もが沈黙するしかない。

こんな時代だからこそ
男泣きしたい人はどぞ
http://www.youtube.com/watch?v=01YmqkiDMzU

出典:冬の蝉〜春を抱いていた【Eternal Love】
リンク:http://www.youtube.com/watch?v=01YmqkiDMzU
  投票  (・∀・):5  (・A・):37  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/32831/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用