妻の年収が1千万超えた (ジャンル未設定) 32112回

2012/10/29 20:35┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
俺・・・35の元三流会社勤務、年収300万
妻・・・27でエステの会社で働いてる、年収1200万以上

5年前に会社の社長の奥さんがハマってるエステ会社があって、そのエステ会社と一緒に企画をするという仕事があった。
ぶっちゃけ、社長の奥さんの我が儘だから、誰もやりたがらない。当時、上司に恋人NTRされて、笑いモノにされていた俺にその役目がまわってきた。
毎月の給料に手当として2万付けてくれるし、ほぼ1人の専従だから、ハブ同然だった俺にはありがたかった。

企画ってもたいしたことじゃなくて、PRも広告代理店が担当してるから下手なことはできない。向こうの担当者も、お得意さんの好意だから・・・と、あまりやる気がない。社長の奥さんは予約を優先してもらえればそれで満足していたし、むこうも大金つかって、どんどん客を紹介してくれるから適当にあわせてよという感じだった。

出向みたいな感じになって、女性の多い職場だったけど、オイルや泥パックの原材料が段ボールダース単位で届く。それを運ぶのを手伝ったり、掃除したりとほぼつかいパシリ状態。それでも、無視されていた職場よりはましだった。
妻となる女性は、そのエステ会社の看板で芸能人やモデルを担当している人ときかされていた。朝10時〜夜の9時まで予約でびっしり、さすがに週4勤務だったらしいけどメチャクチャ働いていた。

彼女に、ちょっと貴方、これ事務所に持っていってと分厚い封筒を渡されたら、中身は1万円の束。お客さんにもらったらしく、チップで数十万ってよくわかんない世界です。その彼女に何故か気に入られたというか、召使い状態にされた。
朝夜の送り迎えから、食事の世話、休日の買い物の荷物持ちまでさせられた。エステ会社の担当者も同情はしてくれたけど、うちの看板ですからここは堪えて・・・と、給料によくわからん名目で2万つけてくれたので我慢した。

ある日、買い物の手伝いをしていると、元恋人と会った。わざわざこちらを呼びとめて、色々とよくわからない自慢をされた。彼女は俺に「行くぞ」と言って手をひかれた。ほっそりと長い指なのに、しっかりとした感触で力強かった。働いている女性の指だった。自分では絶対に入らないようなコーヒー1杯1200円もするカフェに連れ込まれた。「あんな女のどこが良かったんだ?」いつものごとく冷静に言われて、いいところを上げようとしたけど、なにも言えなかった。「おまえはいいところも言えない女と付き合って、その女にバカにされて凹んでるのか」と呆れたように言われた。

その後、いつものように買い物の続きをして、マンションまで送っていった。帰ろうとしたら「おまえ、私の顔は好みか?」と聞かれた。100人いたら99人までは好みと答えるような美人。「はい」と答えたら「そうか」と部屋に引っ張り込まれた。
別にエロイ展開にはならなかった。あまりにも部屋が汚かった。4LDKのマンションの全部の部屋が靴と服と本で埋まっていた。「掃除しますね」というと「うん」と言って、かろうじてスペースがあるソファ周辺でビールを飲み始めた。その日は深夜までかかって掃除。翌日も休みだったので昼過ぎまでずっと掃除をした。俺は祖母が整理整頓に恐ろしく厳しかったので、汚れている場所は我慢できない性格だったから。

翌日、13時をまわった辺りに起きてきた彼女は部屋を見回して「うん、おまえ私の夫になれ、幸せにしてやる」普段、仕事以外は無表情なのに、びっくりするほどの笑顔で言われた。「はい」と何故か答えてしまい、次の週の休みには彼女の両親に会い、その次の週には俺の両親に会い、その次の日に結婚した。
はっきり言えば、その時は恋愛感情は一切なかった。美人だし、一緒にいて心地い性格の人。一緒に暮らし始めてみたら、やっぱり彼女は仕事以外何もできなくて、俺は召使い状態。

仕事場では今まで通り、家に帰ったらまず大きな湯桶に湯をためて、玄関で脚を洗ってあげる。立ちっぱなしで脚が浮腫むのが辛いそうだ。それが終わったら食事、朝食とお弁当を作る時に仕込んでおいたアテでお酒を飲んでもらい、ちょっとしたメインを作る。それが終わったらお風呂、髪と全身を洗い、その後に髪を乾かし、スキンケアも俺の仕事。立場は完全に妻が上で、俺は3歩下がって影も踏まないような生活。

ベッドの中でもそれは同じ。8つも年下の妻が上になり好き放題腰を使う。自分より稼ぎの少ない男が自分の上になれると思うなとS全開で責めてくる。だけど、かなり下手糞。はっきりと書くが、妻は処女だったのではないかと思うレベル。キスの時に舌をいれたらビンタされた。30分程度腰をぎこちなく使うが、何度か達すると抱きついてくる。それが合図。俺が1日の間で優位にたてる時間。レイプだなんだと喚くが、ここでやめると、翌日からしばらく口をきいてくれなくなる。徹底的に責める。泣きじゃくって失神するまで責めると、翌日の朝のまどろんでいる時に可愛らしく甘えてくる。

妻の年収は俺の4倍以上。ヒモなんて笑われていることも知っている、それでも俺は妻の言葉が正しかったと実感している。とても幸せだ。

出典:なし
リンク:なし
  投票  (・∀・):242  (・A・):145  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/32983/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用