三億円事件を阻止するべくタイムマシンに乗った俺 (その他) 8956回

2012/10/29 22:32┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
三億円事件を阻止するべくタイムマシンに乗った俺は、犯行現場で銀行の 
現金輸送車がやってくるのを待ち構えていた。すると、銀行の車がやってきた。 
思わず車の前で両手を広げて立ちふさがり、俺はいった。 
「いま、白バイがやってきてあなた方に、この車には爆弾が仕掛けられて 
いるという連絡が入ったといって。。。」そこまで聞くと行員たちは車から 
出て逃げて遠まきになった。俺は車の下にしゃがみこんで調べたがやはり何もない。 
行員「爆弾ありましたか?」、俺「うん?」 
しかし、このままではいずれ白バイに乗った犯人がやってきて、この車に 
のりこんで、走りさって3億円を奪ってしまうだろう。そこで俺は 
緊急避難として、車に乗り込み、なるべく犯人と出会わないように遠くへと 
走り去った。これで3億円事件は未然に防げた。はずだった。。。 



出典: 
リンク:http://www.youtube.com/watch?v=B6Wrm3kLx5s
  投票  (・∀・):14  (・A・):20  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/32992/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用