パイプカット (恋人との体験談) 9636回

2012/11/07 23:27┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
以前から迷っていたパイプカット、孫より年下のこが生まれては恥ずかしいので思い切って実行しました。
手術の前日最後SEXをし、てい毛の時 勃起してはと思い病院にいく当日自慰をして出かけました。
予約時間より1時間も早く着きました。待っている間緊張でトイレに4回も行きました。
「処置します」と診察室の隣のベットへ下を脱いで寝るよう案内されました。カ−テンを閉めいなくなり、言われた通りにして、どんな風にするのか興味津々と待っていました。先ほどの看護婦さんが道具を持ち戻ってきまして、「始めます」と言って使い捨て手袋と思われる薄い手袋をして右手に鋏をを持ち左手で包皮が被りかけた亀頭のカリ辺りを軽く摘まんで陰毛のカットを始めました。右に左によけながら、続け「こんなでいいかな」といいながら顔を近づけ連続でいろんな方向に降られ、快感を感じて勃起仕掛け、恥ずかしいのともっとして欲しい複雑な気持ちになりました。「毛を良く払ってズボンを履いて待合室でお待ちください」とカ−テンの外へ居なくなりました。起き上がり自分で毛を払って居るうちに完全に勃起してしまいました。てっきり剃られるものと思っていたのにちょっと残念でした。でもこれ以上触られていたら完全にいきり立って恥ずかしい思いをしないですんだのです。



出典: 
リンク: 
  投票  (・∀・):7  (・A・):12  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/33204/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用