車の中をジーっと見ている黒髪貧乳スレンダー美少女 (その他) 15053回

2012/11/13 18:02┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
ツタヤの駐車場で車の中で携帯見てたら、ドアの近くで車の中をジーっと見ている 
黒髪貧乳スレンダー美少女が居た。窓開けてどうしたの?って聞いたら 
「ホテル行きたい」って行ってきたので「じゃあ乗りなよ」って言ったら本当に乗ってきた。 
そのまま近くのホテルに行って部屋に入った。 
「見ず知らずの男とやろうなんて、いったいどうしたの?」と聞くとようやく「寂しかった」と口を開いた。 
とりあえず年齢を聞いたら18歳とのこと。髪を触ったらすごく柔らかくて肌もきれいだし、 
顔も可愛いし、声も可愛いし、服装も真面目系の女子高生だった。 

困り果ててソファーに座って30分位したら、女が突然トイレに行きだして、 
出てくるなり布団に入りだして、漏れを布団に誘ってきた。痴女系だと思ったので、 
こちらからはおっぱいを撫でるだけで、あとは向こうから求めてくるように仕向けた。 
女は焦れて、自分から服を脱ぎ、漏れの服も脱がしてきて、 
フェラチオを始めて、マンコを俺の顔の前に突き出してきた。 
無臭だったから、少しなめてみたら、味も普通のマンコ。 
病気じゃないと踏んで愛撫してあげた。 
女は仰向けになってゆっくりと足を広げて、早く入れてっていってきた。

ちなみに、事件に巻き込まれるのだけはいやだから携帯で録音をしていました。 
女から「18歳」ということを聞き、「入れて」と頼まれたので、仕方なく入れることにしました。 

なかなかきつくて入りませんでしたが、入れてみるとマンコの中全体がウネウネしてました。 
ピストンをするたびに、ウネウネうごいてた。そのうちピストンしなくてもウネウネして刺激してくるので、 
挿したままウネウネを楽しむことにしました。 
5分もしないうちに、今度は入り口がリズミカルにキュッキュッと閉まり始めました。 
信じられないオマンコだ。と思い、少し退避しようとしてチンコを抜こうと思ったら 
細い体からは信じられないくらいの力で漏れの腰を手と足でロックしてきました。 
10秒後に2週間くらい溜まってた精子を全部出してしまいました。 

俺は女のために何もしてあげられなかったので、せめて布団の中で 
体を触ったりキスしたり抱きしめたり顔とか髪を優しくなでたりすることにしたんだけど、 
とろけた目でこっちを見てきた。たまに「ぅふ」と小さく喘いでいました。 
女は、可愛い目で漏れのことをずっと見てる間に寝てしまいました。 

私はその後も、この女の子と何度も会いました。 
メールアドレスを教えてもらったんだけど、フリーメールでした。 
苗字どころか、下の名前すら知りません。 
病気にもならず、金をせびられるわけでもなく、宗教に勧誘されるわけでも、つぼを買わされるわけでもない。 
こちらも聞くわけでもなく、向こうも自分からは何も話さない。 
一つ気になったことがあり、精神病院に通院暦はあるのかどうかだけ聞いたら、それはないとのこと。 
18歳というのが本当だったのかどうかも分かりません。 
そして今となってはまったくこの女が何者だったかの想像すらつきません。 
ただ、痴女の存在が都市伝説ではないことは確信しますた。 

あのころ、26で会社を辞めて、生きる気力もなくしていた漏れに、 
神からのセックスのプレゼントというのがあるとは思いませんでした。 
私はその後公務員に合格すると同時に、女のフリーメールは不通となり、新しい人生を進むことになりました。 
信じられないような本当の話です。


出典:2ch
リンク:2ch
  投票  (・∀・):9  (・A・):12  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/33364/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用