大杉栄、十歳の時のお話 (その他) 11976回

2012/11/14 00:52┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
関東大震災で甘粕正彦に暗殺された大杉栄、その自叙伝より。


お花さんは僕とおない年か、あるいは一つくらい年下だった。ほとんど毎日僕の家に遊びに来た。
そしてたいていは、妹らと遊ばずに、僕とばかり遊んでいた。
みんなで一緒に遊ぶ時には、よくみんなが炬燵にあたって、花がるたかトランプをして遊んだ。
そんな時にはお花さんはきっと僕のそばに座を占めた。お花さんの手と僕の手とは、折さえあれば、
炬燵の中でしっかりと握られていた。あるいはそっとお互いの指さきでふざけ合っていた。そして二人で、
お互いにいい気持ちになって、知らん間にそれをほんとうの(三字欠)びに使っていた。
が、お花さんも僕も、それだけのことでは満足ができなかった。二人は、二階の僕の室で、よく二時間も
三時間も暮らした。そしてそこでは、誰に憚ることもなく、大人のようなことをして遊んでいた。

大杉栄、十歳の時の素顔である。(三字欠)は中公BIBLIO版のママ。 

ちなみにこの後、名古屋陸軍地方幼年学校の修学旅行において、後輩を掘っている。

出典:☆信じられないが、本当だ
リンク:http://www.sinzirarenai.com/persons/japanese2.html
  投票  (・∀・):19  (・A・):15  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/33386/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用