人妻ユミと・・・ (ジャンル未設定) 11041回

2012/11/15 01:45┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
名前:ユミ
年齢:28歳

職業:人妻 
身長:163cm 
バスト:Bカップ 
性癖:超ドM 
好きな体位:後背位
特徴:好奇心旺盛で従順、女の子に苛められたい願望もあるらしい
ユミをまずはローターで攻めた
人妻らしく、なめまかしい表情がたまらない。

アソコにボトルを突っ込まれ、喘いでいたユミは
ペニスに気付くと大きく口を開け、咥え込んだ。
部屋にユミの唾液とペニスが絡み合う
イヤらしい音が響きわたる。
スジュルル・・・
ジュジュジュュ・・・
グチュジュリュュ・・・
そんなユミの喉の奥へとさらに押し込みます。
「んっぐっっ・・・」
それでもユミは、
むしゃぶりつくようにペニスを咥え込み続けた。
ユミのアソコに突き刺さったボトルと
ユミの舌がねっとりと絡みつくアレをそっと抜きます。
そして四つん這いになったユミのアソコに
ペニスを押し付けました。
ただ直ぐには挿入せず、
アソコにペニスを擦り付けます。
するとユミの唾液でベタベタになったアレに
ユミから垂れている液が絡みつき
またイヤらしい音を静かな部屋に響かせます。
「お願い・・・もう入れて・・・」
「ん?もう入れてほしいの?」
「うん・・・お願い・・・」
そこまでお願いされたからには、入れてやらないといけないというものだ。
ただし、まずはユミの好きな後ろからではなく正常位からだ。

やがてユミは懇願した。
「・・・お願いします・・・オチンチン後ろから・・・」
まだまだ俺も甘いな。俺は後ろから入れてやった。
「あぁぁ・・・・!!」


激しく突けば突くほど、か細い声が
大きく激しい喘ぎ声に変わっていく。
「ぁあ・・・ああぁあ・・・」
「あん・・・ぅぅ・・・あぁあぁぁ・・・」
「んっっ・・・あぁぁ・・・あぁん・・・あああぁあぁあ!!」
ユミの声が一番大きくなった瞬間、
俺もユミの背中にぶちまけた。
そしてユミのアソコは、
垂れ落ちるほどの液で塗れていた。

出典:人妻ユミと・・・
リンク:http://deai.rental.bz/2012/09/02/65.html
  投票  (・∀・):12  (・A・):13  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/33400/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用