重いコンダラ (アニメキャラの体験談) 10605回

2012/12/05 10:16┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
コンダラは、日本の俗語の一つ。グラウンドの整備などに使う「手動式の整地ローラー(手動式整地用圧延機、転圧ローラー、グラウンドローラー)」を指し、「コンダラ」が手動式整地ローラーの正式名称であるとする都市伝説が広まるに連れて、俗語として定着していった。 他に、「コンダーラ」「コンダラー」「コンダーラー」との異称もある。

目次 [非表示] 
1 語源
2 コンダラの一般化
3 脚注
4 関連項目
5 外部リンク
 

 語源 [編集] 
“コンダラ”こと、手動式整地ローラーの使用方法語源は、1968年(昭和43年)に放映が始まったテレビアニメ『巨人の星』のオープニング主題歌「ゆけゆけ飛雄馬」(作詞:東京ムービー企画)の最初のフレーズ、「思い込んだら 試練の道を」の「込んだら」であり、そのフレーズを聴いた視聴者が「重いコンダーラ(重いコンダラ)」と勘違い(ぎなた読み)したことが由来とされる。

都市伝説では「オープニングの『思い込んだら』の箇所で飛雄馬が整地ローラーを引いていた」とされる場合があるが、実際に放映されたオープニングアニメーションでは整地ローラーは一切登場せず、一徹・飛雄馬親子がうさぎ跳びをしているだけである。テロップ上の歌詞も漢字で書かれている(ただし、「こんだら」の部分は平仮名)。その一方で、第12話「鬼の応援団長 伴宙太」の劇中に整地ローラーが登場した際のバックグラウンドミュージックが「ゆけゆけ飛雄馬」であったため、これによって誤解が生じた可能性もある。また、「重いコンダーラ 試練の道を」では文章として全く意味が通じなくなってしまうが、実際、「コンダラって何だろう」と思った当時の子供(1960年代生まれ)が多く存在したのは事実である。

「コンダーラー」や「コンダラー」などと語尾を伸ばした場合、英単語の語尾「-er」、「-or」のようにも聞こえるため、この呼び方が定着しやすかったことも考え得る。

また、コンダラには砂の詰まったタイヤというバリエーションもあった。

 コンダラの一般化 [編集] この節に雑多な内容が羅列されています。事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか整理・除去する必要があります。(2009年9月) 

「コンダラ」が俗語として普及していく過程を当該事象で追う。

辻仁成の自伝的小説『そこに僕はいた』には、子供の頃(1970年代前期)の知ったかぶりの友人に「コンダラ」を知っているかなどと尋ね、内心でからかったという話が掲載されている。

ラジオ番組『MBSヤングタウン』のパーソナリティであった谷村新司が、本件を元ネタとして、聞き間違いや思い違いに関する1企画「重いコンダラのコーナー」を立ち上げたところ、あまりにも多くの聴取者が元ネタをおもしろがって利用し続けた(1970年代)ことにより、反って、「コンダラ」と言えば「手動式の整地ローラー」を指すまでに一般化していったと考えられる。

漫才コンビのハイヒールは、売り出し当時(1980年代前期)、トンボをコンダラと思い込んでいた(1970年代後期以来)というネタを披露していた。

1990年代前期には、漫画家・江口寿史がギャグ漫画『江口寿史の爆発ディナーショー』の中で、「コンダラ」をタイトルとした『巨人の星』のパロディ短編を描いている。

1990年代前期、漫画家・ほりのぶゆきのギャグ漫画『荒川道場』にて、巨人の星をパロディ化した「あれはコンダラじゃない!!」という副題の作品を描いており、星が整地ローラーを「このコンダラ」と表現している描写がある。

1999年にリリースされたLinuxディストリビューションの一つである「Kondara MNU/Linux」に見る「Kondara」は、「コンダラ」の名に由来する命名である。

コンピュータゲームソフトの『ときめきメモリアル2』(1999年)および『ときめきメモリアルONLINE』(2006年)には、「重いコンダラ」という野球部の部活動奥義(技)が登場する。 
『ときめきメモリアル2』では、整地ローラーを勢い良く引っ張り、相手に突進して轢いて潰す。
『ときめきメモリアルONLINE』では、相手の頭上に整地ローラーを落としてダメージを与える。
『ときめきメモリアルGirl's side』には、「重いコンダラっス」という名のイベントがある。

普及していることを示す実例の一つとして、2009年制作のテレビアニメ『大正野球娘。』の光ディスク[1]版に付属のショートストーリーがある。ここでは監督と選手一同が「有名な野球選手が足腰を鍛えるために使った道具らしい、“コンダラ”」についてその正体をあれこれ推測するという展開になっているが、「金沢弁で馬鹿」説や「肥溜め桶の内容物の方言名」説、「鱈に似た紺色模様の深海魚」説などが並立したまま、謎解きされることなく終わるという、「コンダラ」なるものが視聴者(少なくとも、商品購入者)に周知であることを前提とした物語構成になっている。


出典:コンダラ
リンク:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A9
  投票  (・∀・):2  (・A・):27  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/33597/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用