死が二人を別つまで (泣ける体験談) 17528回

2012/12/19 22:38┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
最愛の人より先にこの世を去るとしても、逆に見送る立場になるとしても、相手を想うとどちらも辛いもの。それならば、同じタイミングで寿命を迎えられたら最高の形――そう考える人も少なくないかもしれない。米ペンシルバニア州では先日、65年間の結婚生活を送った90歳代の夫婦が、12時間の違いで相次いで息を引き取った。

米紙トリビューン・デモクラットやニューヨーク・デイリーニュースによると、この夫婦はペンシルバニア州メイヤーズデールで暮らしていたロバート・ワーナーさんとラバーンさん夫妻。1921年生まれの夫と1920年生まれの妻は、今から65年前、第二次世界大戦後に結婚した。共にメイヤーズデールで生まれ育ち、共通の趣味である旅行をよく楽しんでいた2人は、アラスカ以外のすべての州に出かけたという。

そんな2人なら日頃から仲良しだったかと思いきや、息子の目から見れば「いつも互いの意見が一致しなかった」というから面白い。しかしどちらかが物事を決めれば、どちらかが必ず「すぐに後に付いていった」そうで、結局は相手の意見を尊重して「何事も一緒にする」関係だったという。そうして2人も年を重ね、90代となった夫はアルツハイマー病を発症。主婦としてずっと彼に寄り添って来た妻は、最近でも夫を最優先に考え、献身的に支えていたそうだ。

ところが4か月前、夫を気にかけていた妻のほうも体調を崩し、2人は療養施設の同じ部屋で時間を過ごすことに。ただ、その時点で息子には「母は疲れていて、人生を終える準備ができていた」ように見えていたという。

そして12月11日、妻は脳卒中を起こしてしまい、夫より先に人生の幕を下ろした。すると、意識が衰弱しているはずの夫が「何かに悩まされているような反応」を見せ始め、「父は母が亡くなったのを分かっていたと思う」と息子は振り返る。

それから12時間後、まるで妻の後を追うように夫も永眠。わずか半日の間で両親を失った息子は、「父は、母が『もう大丈夫よ』と言ったのを聞いたんじゃないか」と考えているそう。また、常に夫のことを考えていた妻は、自分の最期を迎える時に「夫を遺したくない」という希望を持っていたため、息子としては先に旅立った母のほうがこの世に残った父を呼び寄せ、仲良く天国に向かったのではと思っているようだ。

家族にとってはとても悲しい日であったには違いないが、こうなることを「両親ともに望んでいた」と知っていたのがわずかばかりの救い。旅行が好きだった2人は、人生の最期も一緒に旅立ち、今は天国で喜んでいるかもしれない。


出典: 
リンク:http://www.narinari.com/Nd/20121219979.html
  投票  (・∀・):58  (・A・):13  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/33746/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用