小切手のクリスマスプレゼント (エロくない体験談) 8413回

2013/01/05 08:36┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
11名前:名無しさん@13周年[sage]投稿日:2012/09/07(金)21:44:37.91ID:+QI9yxSoP 
 
 小学生のころ、家が超絶貧乏でクリスマスプレゼントをもらったことがなかった。 
 
 すでにサンタクロースを信じる歳ではなかったけど、毎年何をもらう(もらった)かで盛り上がる友達がうらやましくて、その年は自分もプレゼントがほしいとねだりまくった。 
 
 母親は困った顔をしてた。 
 
 今思えば、年を越すのもやっとで余計な金なんてあるわけなかった。 
 でも25日の朝、枕元に赤い封筒を見つけた。 
 開けると、中には小切手。額面は3000円。 
 
 もちろん本物じゃない。母親の手作りだった。 
 
 けど「○○(←わが家の名字)銀行」とかきちんと印字されてて、子供の目にはなかなか本格的に見えた。
 
 プレゼントが買えなかった母親の苦肉の策だったが、小切手とかかっこいい!と思ってめちゃくちゃ喜んだ。 
 何よりクリスマスプレゼントがもらえたのが嬉しかった。 
 
 もったいなくて引き替えないまま、そのうち存在を忘れてそれっきり。 
 最近ふと思い出して、母親に「あれって引き替えに来ないところまで計算してたんでしょ〜?」と笑いながら聞いてみた。 
 
 そしたら母親がタンスの奥からポチ袋出してきた。 
 鉛筆で「小切手用」って書かれてて、中には千円札と500円玉で合計3000円入ってた。 
 
「クリスマスには間に合わなくてプレゼントは買えなかったけど、 
その後でいつ小切手を引き替えに来てもいいように準備してたんだよ」 
 って言われた。 
 
 日々の生活もままならない中、この3000円を使わずに取っておくことが、当時どれほど大変だったか。 
 
 そう思いつつ、俺はその場でこっそり全額換金した。 
 
 


出典: 
リンク: 
  投票  (・∀・):21  (・A・):25  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/33924/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用