ち○こ「なんだ、またお前か」右手「よう」 (オリジナルフィクション) 15738回

2013/01/11 01:53┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:ID:sCH2YRmt0
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 19:56:07.80 ID:sCH2YRmt0

ち○こ「そろそろ、主人も女見つけろよ」 

右手「そういうなって、毎日お前つかまされてる俺の身にもなれよ」 

ち○こ「俺だって、好きでつかまれてるわけじゃ・・・」ピクッ‼ 

右手「おっと、主人がスパートかけてるな」 

ち○こ「あ、だ・・・めぇ///」 

右手「ほら、ここがいいんだろ?」 

ち○こ「ん・・・でりゅ〜〜///」 

ドピュッ‼ドピュ、ドクンドクン・・・ 

精子「やっと、子宮にいけ・・・ないか・・・さよならお父さん」 

ち○こ「ああ、息子たちよ・・・」 

右手「いつも悪いと思っているよ」フキフキ 

テイッシュ「またか」 

右手「主人も満足したようだ。またなお前は感じやすいから楽しいぜ」ニヤニヤ 

ち○こ「も、もう///右手の意地悪〜///」 

ち○こ「また、来てね」ボソッ 

右手「なんかいったか?」 

ち○こ「な、なんもいってないわよ///」ドキドキ 

右手「そうか、またな」ニコッ! 

右手「とは言ったものの、本当に主人に彼女見つけないとなぁ」 

左手「おい」 

右手「おお、左手か」 

左手「お前ばっかりいいよなぁ・・・」 

左手「俺もち○こに会いたいぜ」 

右手「ええだろ〜これが特権だぜ」 

左手「俺もマウスちゃんにもう飽きたんだよ・・・」 

左手「この前なんて」 

マウスちゃん「また貴方なの?」 

左手「俺もやなんだけど、主人には逆らえないさ」 

マウスちゃん「まぁ、しょうがないわね、でも、久々に右手にも会いたいわ」 

左手「俺じゃ満足できないのかい?」 

マウスちゃん「貴方、手のひらべしゃべしゃなんだもん」 

左手「」 

右手「そりゃ、傑作だ」ははは! 

左手「そりゃないぜ、俺だってあんなマウス触りたくないぜ」 

左手「でも、セ○クスなら右手、左手両方使うよな」 

右手「そうだな、早い所主人にも彼女作らせないと」 

左手「そうだな」 

〜第305回主人の彼女作り会議〜 

脳「今日も始まりました〜主人の彼女作り会議‼」 

脳「前回は、主人を肉食に変えよう作戦でしたが、結果が7kg太っただけに終わりました」 

胃「あれは、無理な運動でストレスが溜まってて」 

お腹周り「そうだよ〜僕達のせいじゃないよ〜」 

脳「黙ってて下さい‼」ドンッ‼ 

お腹周り「ひいぃぃ!」 

スッ 

脳「はい、右手さん」 

右手「主人は悲惨な状況だ‼月に一回女の子と話すかどうかわからず、話しかけられたら、どもりまくりかみまくり、挙げ句の果てには逃げる‼これが悪いと思うんだ」 

脳「そうですね〜、では今回はコミュニケーション能力をつけるという事で」 

待った‼ 

脳「はい?なんですか?」 

口、脇「ぼ、僕たちから、発せられてる臭いが原因です」 

脳「確かに、口さんはドスファンゴも一撃で捕獲できる臭いですし、脇さんはサバンナで動物が避けてくくらいの臭いですが」 

左手「明らかに欠点だろそれwww」 

脳「じゃあ、今回は臭いを変えよう作戦で行きますか」 

待つんじゃ 

脳「何ですか〜もう〜」 

毛「我々にもっと力があれば・・・」 

脳「確かに、二十代後半にしては薄くなってきていますよね・・・」 

髪「そうじゃ、主人も恥を忍んで、リー○ン21に言っとるんじゃが、生えてこないんじゃ」 

右手「おい、ちょっと待ってくれよこれはあれか?主人まさかの低スペックか?」 

脳「今更なにを言っているんですか?そんなわかり切った事を」 

脳「きっと、このままいくと"一生童貞"ですよ」 

ち○こ「」 

ち○こ「ぼ、僕は・・・」 

ち○こ「僕は一生童貞なんて嫌だー‼」 

タッタッタ‼ 

右手「おい、ち○こ‼待っ」ガシッ! 

右手「⁉」 

左手「一人に・・・してやれ・・・」 

左手「あと、これはみんなにも堪えてるからな」 

髪「・・・」パラパラ 

脇・口「・・・」プ〜ン 

右手「よし‼こうなったら、主人を変えて行こう」 

左手「ああ、先ずはどうするんだ?」 

右手「俺に考えがある・・・薬指かせ」ごにょごにょ 

左手「おい‼それは凄いな‼大発見だ‼」 

左手「早速明日やるか‼」 

右手「ああ」 

〜○○駅〜 

右手「電車に乗ったな」 

左手「計画通りだ、しかしやはり混んでるな〜」 

右手「混んでる方が好都合さ」 

脳「お前らなにしようとしてるんです?」 

右手「の、脳‼」 

右手「脳、聞いてくれこれは・・・主人が変わるために必要な事だ」 

左手「すまんな、脳」 

脳「あ、う、お・まえ・ら・・・まさか‼・・・」 

脳(理性が聞かない・・・こいつら、"欲求"を出してやがる) 

左手「お、あの子いいんじゃね?」 

右手「そうだな、主人の好みっぽいしな」 

脳「や・・・・め・・・・」 


キャーーーー!! 

脳「お・・・そかった・・・・・か」ガクッ‼ 

左手「おい、なにしてるんだ!!」 

右手「俺はまだ、なにもしてな・・・」ガバァ‼ 

少女「この人痴漢です‼」 

ザワザワ 
なに?ちかん?最低〜 

右手「俺たちはなにもしてない‼信じてくれ」 

〜次は〜○○駅〜プシューガタン‼ 

警備員「ちょっと事務所まできてくれませんか?」 

待って‼ 

女「その人はなにもしてません‼」 

左手「ん?」 

右手「まさか・・・助けてくれてるのか⁉」 

女「はなしてあげてください!!」 

警備員「本当なのか?少女ちゃんは触られたと・・・」 

女「少女ちゃんは私が触ってました」 

警備員「」 

少女「」 

右手「」 

左手「」 

右手「あのあとは大変だったな」 

左手「ああ、ずっと女の人に謝られ続けたしな」 

右手「少女も誤ってきたしな」 

右手「主人も楽しそうだったしな」 

プルプル〜 

右手「ん?主人の携帯がなった・・・だと⁉」 

左手「ああ、しかも相手はさっきの女からだ」 

右手「なん・・・だと⁉女からだと?」 

左手「しかし、主人も嬉しそうだな〜」 

右手「ああ、初めてだろ?女の子とメールなんて」 

〜二週間後〜 

右手「遂に‼遂に‼デートに誘ったぞー‼」 

身体中「おおー‼あの主人が遂に‼」 

脳「みんな、頑張って生きてきた甲斐がありましたね、これであとは童貞を捨てるだけです」 

ち○こ「・・・ポロポロ」※しっこです 

右手「やったな‼ち○こ‼」 

ち○こ「ありがとう・・・」 

左手「しかしここからが本番だぜぇ」 

右手「そうだな、問題点が山のようにあるからな」 

左手「先ずは体臭‼こいつは避けられない壁だぜぇ」 

右手「次に、頭皮‼頭が後退してるからな」 

左手「あとはしゃべり‼話題を作れるかだ」 

右手「あとは」チラッ 

ち○こ「えへへ」ニコニコ 

右手「あいつもだな」 

左手「・・・ああ、そうだな」 

右手「タイムリミットまであと一週間‼」 

みんな頑張るぞ‼ 


おおおおおおーーー 


一週間はあっという間に過ぎて行った 
俺たちと主人は人生で一番頑張ったかもしれない 
エステに行き、オシャレな店に服を買い 
髪を生えさせ、体臭を治す事にも必死になった 

・・・・・そして 


主人「お待たせ〜」 

女「いやいやー大丈夫ですよ」 

右手「お‼いい感じだな」 

左手「主人が女と普通に喋ってる・・・」グスン 

右手「おいおい、なにもなく事ないだろ?」 

右手(まあ、俺も嬉しいが) 

〜脳内〜 

脳「うわぁぁ、情報処理が大変だぁー」 

右手「脳も頑張ってるな、他の部位たちも」 

そう、みんながこの日のために必死でやってきた 

主人「乾杯」 

女「乾杯」 

右手「おお、いい雰囲気だな」 

左手「よし、そろそろだな」 

右手「なにがだ?」 

左手「ち○こに用意させるんだよ」 

右手「気が早いな〜まぁいいか」 

左手「おい、ち○こ」 

ち○こ「⁉」ビクッ 

ち○こ「なに?」 

左手「そろそろ、出番だ‼準備しろ‼」 

ち○こ「そ、そうなの?分かったよ」ぱぁぁ 

ち○こ(僕もあの門くぐって大人になる時がくるのかあ) 

ありがとうございました〜 

女「美味しかったわね、ありがとう」 

主人「いえいえ、こちらこそありがとう。よろしければ・・その・・」 

左手「よしいいぞ‼その調子」 

主人「ええっと・・その・・・」 

右手「頑張れ主人‼」 

"みんなが頑張ってるんだぞ" 

主人「うちで飲み直しませんか?」 

身体中「きたーーーーー‼」 

女「えっ‼いいの?」 

主人「ええ、よろしければ」 

女「じゃ、上がっていくわ」 

右手「やったな‼」 

左手「よしゃーーー‼」 

脳「」ジーン 

ち○こ「」ドクンドクン 

きいい、ガチャン‼ 

主人「どうぞ」 

女「おじゃまします」 

右手「痴漢しようとして、色々あってここまできたな」 

左手「ああ、あとは適度に酔わせてやっちまうだけだ」 

右手(みんな、あと少しだ) 

〜1時間後〜 

左手「いい雰囲気だな」 

左手「あと少し、おっ‼」 

右手「何かおかしい・・・」 

左手「なにいってやがる?いい雰囲気だろ?」 

右手「そうだが・・:」 

左手「主人が覆いかぶさった‼」 

身体中「おおおーーー」 

右手「まぁいいか」 

ち○こ「す、凄い///」 

ち○こ「右手さんとはまた違う興奮の仕方」 

主人「いいのかい?」 

女「ええ///このツボ買ってくれたらね」 

主人「へ?」 

右手「へ?」 

左手「へ?」 

身体中「へ?」 

女「このツボ買ってくれたら、おかしてもいいわよ///」 

ち○こ「主人、僕もうたえられません」 

女「さぁ、どうす・・・んむ///」 

主人「かうよ、君と一緒にね」 

女「あ、///」 

〜こうして、この一夜は過ぎた〜 


〜その後〜 

女「私、出来ちゃったの・・・」 

主人「結婚・・・しようか」 

女「はい///」 

左手「幸せになれたな」 

右手「これは幸せなのかなあ」 

左手「なにを言っているんだ?」 

右手「ここまでくる事が幸せだったんだろう」 

右手「みんなでなにかして、一つになり、熱くなった」 

右手「これが一番だったのだろう」 

左手「でも、それがあるから、騙されても主人が幸せそうだろ」 

右手「ああ、そうだな」 

ち○こ「小さいって言われた」 

ち○こ「僕もま○こさんがいるから幸せです」 

ま○こ「でも、貴方小さいのよね〜」 

ち○こ「そ、そんな」 

ま○こ「貴方の主人も下手くそだし〜」 

ち○こ「ば、バカにしないで」グスン 

ま○こ「ま、そこが可愛い///」 

こうして、騙されたけど、必死になり、打ち勝った男の、体の話を終わります 

出典:元スレ:ち○こ「なんだ、またお前か」右手「よう」
リンク:ttp://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1357383367/
  投票  (・∀・):36  (・A・):17  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/33981/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用