うつ病の発症メカニズム解明 (その他) 17597回

2013/01/18 16:54┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
名古屋市にある名城大学の鍋島俊隆特任教授と名古屋大学などからなる研究グループでは、
マウスを集団と一匹ずつ隔離した場合に分けて、ヒトの思春期に当たる時期から3週間にわたって飼育しました。
 
そうしたところ、集団飼育したマウスには異常は見られなかったものの、隔離したマウスには、
▽認知力が低下する、▽動きに活発さがなくなるなど、うつ病や統合失調症の症状が見られ、
脳を刺激する「ドーパミン」という物質を作る遺伝子の働きが大幅に低下していたということです。
 
こうした症状は、集団飼育に戻しても治らなかったということです。

出典:うつ病の発症メカニズム解明
リンク:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130118/k10014881231000.html
  投票  (・∀・):28  (・A・):12  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/34077/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用