夏の夜の老婆 (恐怖の体験談) 13932回

2013/02/01 22:48┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
ある夏の草木も眠る丑三つ時のことである。
私は一人で人里離れた山道に車を走らせていた。すぐそばで気味悪い獣の鳴き声がする。
私はこわくて一心に車を走らせた。と、そのときである。前方にだれか立っているのを発見した。
それは、一人の老婆であった。
私はなにか薄気味悪いものを感じながらも、ふもとまで乗せてくれ、と言われるままに、それに応じた。

もうどのくらい走っただろうか。老婆はあれっきり一言もしゃべらない。
ふと、うしろから生あたたかい風が吹いてきた。
私は不思議に思い、バックミラーをのぞいた。すると、さっき乗せたはずの老婆がいない。
「ギャーッ!」
私はあわてて車をとめた。
そして、うしろをふりむくと・・・・・・老婆はしゃがんで新聞紙の上にクソをしていた。

出典:天
リンク:才
  投票  (・∀・):24  (・A・):22  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/34190/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用