3年目の決意 (浮気・不倫の体験談) 18275回

2013/02/14 12:23┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
今年結婚3年目を迎える俺。

嫁がいるにも関わらず、不倫に走る俺。

きっかけは些細なきっかけで始まる嫁との喧嘩。

俺のことを完璧に理解してくれとは言わないが、もうすこし歩み寄ってもらいたい。

あてつけにナンパでもやって、不倫して発散してやろうと思った。

しかしナンパは苦手な俺

さらに若い女は苦手だったのでどうせならW不倫をしたいと思った。

そこで人妻クローバーで以前から浮気を繰り返していた。

そこで知り合ったのがAさん。

この人も既婚者で、松嶋菜々子似の美人だった。

なすび似の嫁とは月とスッポン。

Aさんも、旦那と不仲になり、なかばヤケになりで人妻クローバーをはじめたようだ。

つまり、W不倫になる。

お互い、パートナーに恵まれなかったもの同士なので、相手の身になって考えられる。

とても理想的な関係になれた。

なんどもエッチの回数を重ねていくごとに、なぜ自分は嫁より先にAさんに会えなかったのだろうと思うようになった。

あえぐAさんの表情が、とても愛しい。

俺とAさんは毎週会った。

嫁には仕事が増えて残業だと言って、金曜の夜に会う。

お互い、お泊りして朝帰りなんていう暴挙に出られないので、わずか数時間を惜しむように、丁寧なエッチを繰り返した。

すでに俺はAさんの性感帯を把握していたし、Aさんも俺の好きなフェラもたくさんしてくれた。

そんな蜜月を順調に過ごしていたが、青天の霹靂ともいうべきことが起きた。

Aさんの旦那に不倫がバレる。

俺はすぐさま呼び出され、怒号の旦那に土下座させられた。

たしかに不倫した俺は悪いが、土下座するのは気分が悪い。

カチンとしながらも、これでAさんとの関係も終わりかと思うと辛かった。

なぜ俺はとことん、Aさんとの巡り合わせが悪いのか?

諦めたくなかった。

でも、ここで思わぬことが起きた。

Aさんが旦那に向かって、離婚を申し出た。

申し出るというよりも、一方的に三行半を突きつけたのだ。

怒声と罵声しか音を出さなくなった旦那を尻目に、俺の手を取り自宅をあとにした。

それからAさんは、俺の近所のアパートを借りて住んだ。

以前よりも会える時間は長くなった。

しかも、ホテルに行かなくて済むので、お金の面でも都合がいい。

俺は嫁と離婚しようと考えている。

Aさんと正式に付き合うためだ。

結婚はまだ考えていないけど、今より幸せになれそうだ。 


出典:3年目の決意
リンク:http://episodesex.ebo.jp/thread/4380.html
  投票  (・∀・):23  (・A・):26  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/34320/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用