本命さん (その他) 95571回

2013/02/16 07:10┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
本命チョコだよね、ありがとうね


何とも居心地の悪い日が今年も終わった。
世間の悪習だし、どうでも良いじゃないかとは思うのだけれど、
非モテにすると、どうもね…居心地が悪い時が多いよね。


今年度の戦果は、義理5、ファミ2(その中のひとつはたぶん本命)だった。
世の中の女ウケの良い男達にくらべたらささやかなものだけど、やはりうれしい。

甘い物は苦手だ。
人から何かをしてもらうのも苦手だ。申し訳なくて。
でも渡してくれる時の彼女たちの身振りがかわいいから、この日はwktk。



あの年のバレンタインデー

妹は、俺の好みをよく解ってらっしゃる。
甘いものが苦手な俺でも時々食べたくなるラミー。
それを、もちろん包装紙無しのまんま、
目を合わさず、腕だけこっちに伸ばして「んっ!…」
妹はかわいいし、いいヤツなんだが、
いつもツンツンツン。
たま〜〜〜〜〜にデレ。でも、ほとんどツンツンツンwww

仕事関係の義理チョコは、いつもあっさり。実にサバサバ。

趣味の勉強会の女の子達もサバサバ。
「え〜!くれるの?」
「あたりまえでしょw  あと、これスリランカのね。美味しいよ。俺さんも行かなきゃ。もう何年行ってないの?言葉忘れちゃうよ〜。やばいですよ〜w」

彼女から、地下鉄I駅の駅ビルにある落ち着いた喫茶店でチョコレートを渡された。
本命チョコだ〜〜〜!!!
俺みたいなしょうもないヤツに、こんなまともな女性からバレンタインチョコ!!

ゴディバというやたら高そうなメーカーの。
でも、これで牛丼を何杯食べられるんだよ〜、なんて考えちゃいけないが、考えてしまう。
こんなにしてもらうなんて申し訳ない。。困った。俺なんかに申し訳ない。。
お上品でシンプルなボリューム。(で、後で調べて驚いた。ウン千円するらしい)

彼女が、ものすごく嬉しそうな表情。
「開けて、開けてみて!」
開けるのはもったいなく感じたけれど、テープが包装紙を傷めないように丁寧に開けていく…
彼女「包装過剰だね〜〜〜っw」「え!?まだっ! あれっ!まだっ!?」…

やっとチョコに行き着いた。

「これからも、どうぞよろしくお願いします!」
彼女がテーブルに、三つ指ついてみたいな、上品なお辞儀をした。
そして照れ笑い。

なんて良い人なんだろう...
彼女のほっぺたが、ツルツルパツンパツン、桃色に染まって光っていた。


ある時、彼女が言った。
「わたしね、毎日ちゃんと食べて、良く睡眠をとれば…それとね、時々優しい言葉をもらえれば、しっかり働くよ。働き者なんだよ〜」

いや、実際、あの頃も今も稼ぎは良い。大した女性だと思う。



初めて会った頃は冬で、寒がりの彼女は、いつも着膨れしていた。
高身長だけど丸顔なせいで、小太りな子かなと思っていた。
何度目かのデートの時に、彼女が好きだというラーメン屋に連れて行ってもらった。
有楽町のガード下の道から入り口を数段上がる。
先に階段を歩く彼女の脚が目の前。長い脚。ふくらはぎや足首がキュッと締まって細い。
意外だった。
へえ〜、スタイル良いんだ!
さすが、丸の内のOLさんだなぁ…ボンヤリと思った。


初めてエッチした時も、ちょっと驚いた。
真っ白なモチ肌。こんなに肌が奇麗な子は初めてだ。
細い頚、痩せた肩。女の子が裸になった時の肩って、痛々しいくらい華奢なんだよなぁ…
服を着ていては想像出来なかったけれど、キュッと締まったウエスト。
おっぱいは、ちょっと控えめだったけど、それもまた良いんじゃないすか。

右の乳首は気持ち良くて、左のはくすぐったいみたいで「だめ!」だった。
クリも…絶対「だめ!」
肩で裏匍匐前進をして逃げる。
どうやって気持ち良くなってもらおうか…困った。

クリを丁寧に舐めてみた。
「恥ずかし過ぎる!! 俺さん、そんなことしないで!」
「大丈夫…」
何が大丈夫なのかわからんけど、彼女をなだめながら優しくなめ続けた。

しばらくして彼女の顔を見たら、安らいでいるように目を閉じて、菩薩様のような表情で微笑んでいた。
眠ってしまったのかと思った。

彼女が目を開けた。「ごめんなさい。こんなこともあるのね…でも、うがいして。汚いから。ごめんなさい。ありがとう!」
ものすごく恥ずかしそう。笑顔なんだけど、ヘナヘナと表情が歪んでいた。


それから...しばらく二人は、週末ごとに猿になってしまった。



なんて、やりとりをしていた頃から10年が過ぎた。
本命チョコは無くなった。


嫁さんからしたら、まだ本命だとしたら、毎年本命チョコ1だ!!

結婚してからは、いろいろあったけれど、力を合わせて頑張ってきた。
今年もバレンタインで、ありがとうって気持ちを再確認させてもらえた。

妹は、嫁いでから物理的な距離が遠くなって、バレンタインデーの日に偶然近くにいるなんてこともなくて、妹からのファミチョコは無くなった。
でも、毎年誕生日にメールとプレゼントを送ってくれるのは嬉しい。あいかわらずいいヤツだ。

今年から6歳のお嬢ちゃまが送り主に加わって、ファミチョコが2つになった。
お嬢ちゃまからの贈呈は、妹から教わったらしくて、ラミー(包装紙無しのむき出しw)。
そして、スターウォーズの食玩。中身は…AT-AT!! これ欲しかったんだよなぁ(泣
娘は嫁さんに「お父さんは、たぶんこーゆーの好きだよ」って教えてもらったそうな。
嫁ちゃんのお小遣いからだよね〜。感謝!

嫁さんと娘、しあわせになってくれ〜〜〜!

俺、甲斐性は足りないけど頑張るよ〜!


出典:214
リンク:214
  投票  (・∀・):2322  (・A・):352  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/34737/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用