日本初のアダルトビデオが流通したのが1981年。 (その他) 21516回

2013/02/23 00:03┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
日本初のアダルトビデオが流通したのが1981年。
そのとき18歳だった世代が、もう50歳。
AV女優の容姿が劇的に良くなり始めたのが1998年前後。
そのとき18歳だった世代が、もう33歳。

年寄りの思い描く童貞像と、若者の思い描く童貞像は、まるで違う。
年寄りの思い描くのは、
「ろくなオカズも無く、四六時中性に飢えており、ブスでもババアでも穴が開いてさえいれば泣いて喜ぶ"餓鬼"」のような童貞像。
若者の思い描くのは、
「自宅で悠々とハイクオリティなオカズを物色し、女の質を上から目線で吟味する性の"貴族"」のような童貞像だ。
技術の進歩と不景気によるオカズ環境の激変が、一般的な童貞の姿をまるっきり変えてしまった。
 
旧来の童貞には「飢えているから選り好みをせず何でも食う」という価値があった。
顔に自信が無い女、身体に自信が無い女、年齢に自信が無い女…。
彼女たちも、「童貞になら見られても大丈夫だ」と思えた。
自信の無い女たちにとって童貞は、安心して可愛がれる存在だった。
 
しかし現代の童貞はそうではない。
現代の童貞は、若くて美人でスタイルがよく、サービスも満点のAV女優を死ぬほど見て育っている。
死ぬほど見ているのだから、当然目も肥える。
好きなときにハイクオリティなオカズでヌける環境に居るから、性に飢えているということもない。
美しい女体に慣れすぎて、リアルな女体が醜く感じてしまい、
生身の女体にありつけたのに勃起しなかったという事例も度々起こっている。
オナニーのし過ぎで刺激に鈍感になり、リアルな女体が全く気持ちよく感じなくなってしまう例も多く存在する。

童貞はグルメになった。
彼らは女に対し「お前の身体は価値が低い」という、容赦ない現実を突きつける。
女たちは自尊心をへし折られるだろう。
 
オカズ環境の変化は、女にとっての童貞の価値を一つ損ねてしまった。
現在の童貞は、女を安心させる存在ではない。
女の身体を見る目は肥えているが、女の心は何も知らず、無神経に踏みにじる。
そんな存在になってしまった。

出典:日本初のアダルトビデオが流通したのが1981年。
リンク:http://copipe.cureblack.com/c/38687
  投票  (・∀・):58  (・A・):47  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/34840/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用