姉「洗うの大変だから私の洗濯物汚さないでね…」 (オリジナルフィクション) 19750回

2013/03/04 14:47┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
弟「フヒヒwwじゃあ姉ちゃん代わりにしてくれよwww」 
姉「え…?」 
弟「このままじゃ姉ちゃんの服汚しちゃうからさぁwwwほらもう出ちゃうよww」シコシコ 
姉「だって…ど、どうすれば…」 
弟「ほら手でいいからさwwこうしてさぁwww」グイッ 
姉「あ…」ピトッ 
弟「うはwwwwフル勃起wwwww」ギンギン 
弟「ほらw力入れてしごいてみww」 
姉「し、しごく…?」 
弟「姉ちゃんwwwだから力入れて上下に動かしてみてって言ってんのwww」 
姉「う、うん……こう、かな」シコシコ 
弟「お、おうふwwやべえw自分の手とはまた違う感覚wwww」 
姉(なんか、膨らんできてる…) 
弟「やっべえwwww」 
弟「お、あwwあwイクwwww」 
姉「え……」 
ビュル 
姉「きゃっ!」 
ドビュルビュルビュルビュルルルル! 
ブピッ…グポッ… 
姉「う…あ…」 
弟「うはwww顔面精子まみれじゃんwwww」 
姉「……うぅ」ベト… 
弟「あースッキリした。姉ちゃんwwまた頼んでいい?wwww」 
姉「え、でも…」 
弟「じゃねえと姉ちゃんの服汚しちゃうしwwwじゃあ俺部屋戻るわww」 
姉「……」 
バタン 
 * 
ザー… 
バチャバチャ… 
姉「すごい匂い…とれるかな…」バシャッ 
ガチャン 
妹「あれ、お姉ちゃん。なにしてんの?」 
姉「え…!? あ、ううん、なんでもないよ」 
妹「ふーん…あ、今日ご飯何にするつもりなの?」 
姉「うーん…ハンバーグにしようかなって」 
妹「うそ!やったー、お姉ちゃんのハンバーグ美味しいもんね」 
姉「う、うん…」 
─夜・姉部屋─ 
姉「はぁ……」 
姉「なんだろ…この感じ…」 
コンコン 
姉「! 誰?」 
ガチャ 
弟「ちーすwww」 
姉「!」ビクッ 
姉「弟…どうしたの?こんな時間に…」 
弟「いやぁ寝ようと思ったんだけどさwwwちんこギンギンで眠れねえのwwwww」 
弟「だから姉ちゃんの服借りようかなってww俺変態www」 
姉「で、でも私の服は……」 
弟「えwwマジwwwじゃあ姉ちゃんさっきみたいにしてくれよwwwww」 
姉「え……」 
弟「でもwwでもってwwwさっきしてくれたんだから今回もしてくれよwwww」 
姉「で、でも弟…こういうのは好きな人とかにしてもらった方がいいよ…」 
弟「うわwwだって俺の好きな人は姉ちゃんだもんwwwなんつってwwwww」 
弟「ってかしてくれたってことは、つまり俺のこと好きなんじゃねwww相思相愛とかwwww」 
姉「ち、ちがうよ…さっきのは服が…」 
弟「えwwじゃあこのままだと服でしちゃうよwwwお姉ちゃんどうするwwww」 
姉「そんな…」 
姉「分かった…」 
弟「きたwwwwじゃ脱ぐからwww」 
ズル 
ボロンッ 
姉「う…」 
弟「そんな嫌そうな顔すんなってwww綺麗な顔が不細工になるぞwwww」 
姉「……」 
姉「……するよ?」ピトッ 
弟「姉ちゃんww手だけってw芸がねえよwww」 
姉「え?」 
弟「ちょっと口開いてみwwほらwwww」グイッ 
姉「わっ、う…な、なにふるほ……」 
弟「うっわエっロwww姉ちゃんの口ん中エローww」 
姉「へ……」 
弟「突っ込んでいい?wwwちんこwwwww」 
姉「え……」 
弟「どうなのwww」 
姉「でも……」 
弟「あっそwじゃあ服使っていいwww」 
姉「それは……困るよ」 
弟「じゃあしてくれよwww口でwwww」 
姉「う……」 
弟「さあさあwww」 
姉「やるよ……あむ!」クチ 
弟「おうふwwwwwwww」 
弟「あったけえwww」 
姉「んぐ……」 
弟「姉ちゃんの口ん中あったけーwwこれはいいww」 
姉「んん……」 
弟「でも姉ちゃんwくわえるだけじゃダメだってwww頭動かしてしっかりしごかないとwww」 
姉「ふぇ……?」 
弟「ほらwやってあげるから覚えてねwwww」 
ガシッ 
姉「ん……!」 
弟「いくよーww」 
ガクガクガクガク! 
姉「んんっ!ぐ……んふうっ!」ガクガク 
姉「お……んぐ……!」ガクガク 
弟「あーめっちゃ最高www」 
姉「ん……んふぅ」ウルウル 
弟「泣かないで姉ちゃんwwwほらwこういう風にやるのw分かった?ww」 
姉「ん……」コクコク 
弟「じゃあやってみてwwww」 
姉「う……」ウルウル 
姉「うぅ……」クチャッグポッ 
弟「最高wwww」 
姉「うぅ……」グポッグポッ 
弟「あーやっべえwwイキそwww俺早漏すぎwwww」 
姉「んぅ……」グチャッグポッ 
弟「姉ちゃんwwイクからさwww口に出すからwwww」 
姉「ん……んん!?」フルフル 
弟「あ……、あ、あ、あwwwww」 
ビュー! 
ビュルルルルルルルビュクッ!ドピュッ! 
ビュル!ビュクッ! 
ビュクッビクッ…グピッ…ブルッ! 
姉「んーッ! んんっ! んぐ……! ……!」ビクッビクッ 
弟「──あ、あ、あはwww」 
姉「うぅ……」ウルウル 
弟「あー。やっべえ。マジ出たわw絶対出たww」 
姉「……」ウルウル 
弟「あーやべw気持ち良かったw」 
姉「んん……」ウルウル 
弟「そろそろ抜くかw」 
弟「あ、姉ちゃんwwちんぽ抜いても吐くなよwwww」 
姉「ふぇ……?」 
弟「口ん中に残しててねww精液www」 
姉「……!」フルフル 
弟「ダメだってwwじゃないと明日から姉ちゃんの服でやるからwwww」 
姉「! ……」ブルブル 
弟「じゃ、抜くかww」 
ヌプ… 
グポ… 
姉「ん……うぅ」 
弟「うわー糸引いてるしww俺の精子wwww」 
弟「そんな俺の精子、今姉ちゃんの口ん中wwwゾクゾクすんなwwwww」 
姉「うぅ……」 
弟「口開いて、中見せてみwww」 
姉「……あ……」クパァ 
弟「うわww白wwしっろwwwwんでしかもドロドロwwww」 
弟「どう?wどう?w俺の遺伝子どんな味wwww」 
姉「ふ……あ……」ガクガク 
弟「ほらw飲んで飲んでwww俺の精子飲んでみてwwwww」 
姉「が……ん……」 
姉「……ごく」 
姉「ぁ……」 
弟「のwwんwwだwwww飲んだよ姉ちゃんwwww」 
弟「味は?wwどうだったww姉ちゃんwww」 
姉「……おいしくない」 
弟「でも飲んだからねww姉ちゃんも物好きだねwwww」 
姉「ち、ちがうよ!それは弟が…」 
弟「まあどうでもいいんですけどwwwwスッキリしたし寝るわwwおやすみwwwww」 
姉「……! うん……」 
─翌日・朝─ 
妹「行ってきまーす」 
弟「じゃあ行ってくるわww」 
姉「うん……気を付けてね」 
弟「任せろw」 
妹「お姉ちゃんも大学遅れないようにね」 
姉「うん」 
 * 
妹「ちょっと、少し離れて歩いてよ」 
弟「うるせーからwツンデレがw」 
─学校─ 
友「よう、弟」 
弟「ちーすw」 
友「最近、お前の姉ちゃんどう?」 
弟(そういやこいつ俺の姉ちゃん好きだったなw) 
弟「あ?全然全然w元気元気www」 
弟(俺のちんこ舐めてもらう仲だなんて言えねえww) 
友「へえ。たまには会いてえな。今日寄っていい?」 
弟「は?来る?wいいよww」 
弟(うはwwなにしよww) 
─放課後・弟宅─ 
弟「ただいまっくすw」 
友「お邪魔しまーす」 
姉「あら……友、君だったかな?」 
友「あ、どうもです」 
弟「友が遊んでくからwなんかお菓子お願いw」 
姉「あ、うん。待っててね」 
弟「じゃあ部屋行こうぜw」 
─弟部屋─ 
友「いやー、久し振りに見たけど、やっぱお前の姉ちゃん綺麗だわ」 
弟「だろw」 
弟(そんな姉ちゃんに顔射とかww友が知ったらぶちギレるなwww) 
弟(あwそーだww) 
弟「ちょっとマンガでも読んでてww姉ちゃん手伝ってくるわwww」 
弟「言っとくけどwベッドの下のマンガはダメだぞwww」 
友「分かってるってw」 
─キッチン─ 
弟「ねwえwちゃwんww」ダキッ 
姉「!」ビクッ 
姉「お、弟……どうしたの? お菓子なら今……」 
弟「…友、姉ちゃんのこと好きなんだって」ボソッ 
姉「え……!?」 
弟「あれ?ww姉ちゃん今日スカートなん?www」 
姉「え……ちょ、ちょっと……」 
弟「タイツ脱いじゃえばww暑いじゃんw」 
姉「そ、それは……」 
弟「服」 
姉「! ……」ヌギヌギ 
弟「wwwwww」 
姉「脱いで……どうするの……?」 
姉「友君も来てるし今は……」 
弟「あー今日あっついなw姉ちゃんwwパンツも脱いじゃいなよwww」 
姉「──! そ、それはダメ」 
弟「えーw今日は本当ムラムラしてっから一気に五枚くらい服借りようかなwwww」 
姉「……ダメだよ……」 
弟「脱ぐだけ脱ぐだけw」 
姉「……ほんとに、脱ぐだけ……?」 
弟「ほんとに脱ぐだけw」 
姉「……、……分かったよ」 
姉「……脱いだよ」 
弟「うはww座ったら見えそwww」 
姉「な、なに言って……」 
弟「じゃあお菓子持ってこうよww俺お菓子持ってくわwww」 
姉「え……む、無理だよ!友君がいるのに、こんなんじゃ……」 
弟「なんで?wwお菓子持ってくだけじゃんwww」 
弟「それとも姉ちゃんww友のことまんざらでもないと?ww」 
姉「ち、違うよ。私はただ……」 
弟「いいからいいからww早くww」 
姉「あ、ちょっと……!」 
─弟部屋─ 
ガチャッ 
弟「おまたせww」 
姉「どうも……」 
友「! え……」 
弟「まあまあくつろいでwほいお菓子ww」 
友「お、おい弟……」 
弟「姉ちゃんw飲み物注いでくんないww」 
姉「う、うん……」トクトクトク… 
弟「まあ落ち着けよwww」 
友「……」ドキドキ 
姉「……じゃあ私はこれで……。後は楽しんで……」 
弟「は?ww姉ちゃん暇でしょ?w姉ちゃんも座って喋ろうよwwwほらほらwww」バンバン 
姉「え……」 
弟「ほら俺のベッドに遠慮なくwwwww」 
姉「で、でも」 
弟「服」 
姉「!」ビクッ 
弟「ほらwww」バンバン 
姉「う、うん……じゃあお邪魔しようかな……あはは」 
弟「wwww」 
姉「……ご、ごめんね」スッ 
弟「楽にしろよ友ww」 
友「お、おう……」 
弟(この位置なら友の目線の高さに姉ちゃんの股間がwww) 
弟(どうする姉ちゃんwwwww) 
弟「お菓子食おうぜ友www」 
友「そ、そうだな……w」 
姉「……」ギュッ 
弟(ウケるwwww) 
姉(……弟)ボソッ 
弟(なに姉ちゃんw) 
姉(も、もういいよね?ほら、お姉ちゃん夕飯の支度もあるし……) 
弟(……) 
弟「あー。このマカ○ミアナッツうめえな。なあ友?」 
友「え、あ、そうだな!?」 
姉「……?」 
弟「あ……あ!姉ちゃん足元にゴキブリ!」 
姉「え……きゃああ!!!」バッ 
弟「……あ、ちげえ。マカ○ミアナッツだったわ。似てるから間違ったwwwww」 
姉「……え?」 
友「…………!!!!!」 
姉「……い、いやぁあ!」 
ダッ!ガチャッ!バンッ! 
弟「wwwwwwww」 
 * 
友「お邪魔しました……」 
弟「おうwまたこいw」 
友「また、明日な……」 
バタンッ 
弟(これはオナネタ提供しちまったなww) 
─キッチン─ 
弟「ねwえwちゃwんw」ダキッ 
姉「……」 
弟「どうした姉ちゃんww」 
姉「……ひどいよ」 
弟「え?ww」 
姉「あんなことするなんて、酷いよ……!」 
弟「…………」 
姉「……なんとか言ってよ」 
弟「……ごめん」 
姉「許すと思う……?」 
弟「……でも」 
弟「俺、姉ちゃんのこと……好きだから……」 
姉「……え……」 
弟「姉ちゃんを……友に取られたくなくて……」 
姉「…………」 
弟「……だから」 
弟「今まで……ごめん」 
姉「え……」 
弟「姉ちゃん……」 
弟「許してくれよ……」 
姉「う……ううん……」 
姉「私の方こそ……怒り過ぎたよ」 
弟「! ……じゃあ」 
姉「うん……」 
弟「今まで通り服でしていい?」 
姉「……え?」 
弟「俺、姉ちゃんのこと好きだから」 
弟「そうじゃないと……俺」 
姉「き、気持ちは分かるけど……服は……」 
弟「じゃあ昨日みたいに姉ちゃん自身でしてくれんの?」 
姉「そ、それは……」 
弟「そうでもしないと……俺……」 
姉「……」 
弟「……姉ちゃん?」 
姉「……分かった。いいよ?」 
弟(……きたwwwwwww) 
弟「じゃあ……夜……」 
姉「う、うん」 
弟「分かった……ありがとう、姉ちゃん」 
バタンッ 
弟(かかったwwww) 
姉「…………」 
─夜・姉部屋─ 
ガチャッ 
弟「姉ちゃんwww」 
姉「あ……弟……」 
弟「じゃあお願いしていい?w」 
姉「う、うん……でも……」 
弟「なに?w」 
姉「やっぱり……こういうのは……」 
弟「え?w別に俺は姉ちゃんの服でもいいんだよwww」 
弟「最近買ったワンピースとかさwww」 
姉「だ、ダメだよ!」 
弟「でしょ?wじゃあいいじゃん?wwお姉ちゃんwww」 
姉「……うん……」 
弟「でも今日はお姉ちゃん可哀想だからwww」 
弟「そんな変なことしないよwww」 
姉「え……?」 
弟「今日は俺の姉ちゃんへの想いをぶつけるからwww」 
姉「それってどういう……」 
弟「姉ちゃんさぁ。服の上からでも分かるおっきさのおっぱいじゃん」 
姉「ち……」 
弟「俺いつもそれ見てテント張らしてたからねwww姉に興奮する俺末期wwww」 
弟「だからちょっとおっぱい見してww生おっぱいwwww」 
姉「そ、そんな……」 
弟「いいじゃんいいじゃんwww」 
姉「……で、でも」 
弟「大丈夫wwそんな変なことしないからwwww」 
姉「……み、見せるだけだよ」 
弟「任せろww」 
姉「……」ヌギヌギ 
弟「う……はwwwwでけえww白いwww張りあるしw乳首ぴんくwwww」 
姉「や、やめてよ変なこと言うの……」 
弟「感想だからwwうわw柔らかそwww触っていい?w」 
姉「え……? へ、変なことはしないって……」 
弟「これぐらい大丈夫だからwwww」 
弟「うはw柔らっけwwwww」モミモミ 
姉「ん……ふ……っ」ビクッ 
弟「ねえねえ姉ちゃんww舐めていい?www」 
姉「え……それは……!」 
弟「ぺろ」 
姉「んぁっ!」ビクッビクッ 
弟(感じてるwww) 
弟「うわwwめっちゃ固くなってきたwwww」 
姉「ち、ちょっと……」 
弟「姉ちゃんの乳首wちんこみたいだなwww卑猥wwww」 
姉「そんなこと……」ビクッ 
弟「俺のちんこも姉ちゃんの乳首みたいにビンビンだぜwww」 
ボロンッ 
姉「や、やだ……」 
弟「ほらww見てみww」 
姉「うぅ……」 
弟(でかいおっぱい見たら挟むだろ普通wwwでも俺は違うからwww) 
弟(通は乳首を味わうからねwww) 
弟「姉ちゃんwwほらwwおっぱいにちんこ当たってるよwww」グイッ 
姉「ん……」ビクッ 
弟「変形しててエロwwwほらほらww」グイッ 
姉「あ……」ビクッビクッ 
弟「あww乳首気持ちいいww」ズコズコ 
姉「お、弟……」ビクッ 
弟「これは腰動くわwwww変形おっぱいにちんこ押しつけるのやべえwwwww」ズコズコ 
姉「動いちゃだ、め……」ガクガク 
弟「乳首ズリww姉ちゃんほらwもうイクwwww」ズコズコズコズコ 
姉「や……あ……っ」ビクッ 
弟「あww出るwww乳首にぶっかけるwwwww」 
ビクンッ! 
ビクッ!ビュクッ!ビュクッドピュッ! 
ブピュルルルルビュクッビクッビクッドピュルルルルルルッ! 
弟「あwwやべえwww止まんねえwww」 
ビュルルルル!ビクッドピュッ! 
ビクンッ…ビクンッ! 
ブピュ…ドプッ 
弟「あー……。あはwww姉ちゃん見て見てwww乳首精子でコーティングされちゃったww」 
姉「……はぁ、はぁ」ビクッ 
弟「うわwすごwドロッドロww床に落ちてる落ちてるwwww」 
姉「……ん、はぁ……」 
弟「結構固形だから乳首にまとわりついてんねwww姉ちゃんどんな気分?ww」 
姉「……っはぁ……はぁ」 
弟「あーw今日もスッキリしたwwwしたらね姉ちゃんw帰るわwww」 
姉「…………」ビクッ 
ガチャン 
─翌日・夜─ 
コンコン 
姉「!」ビクッ 
ガチャ 
妹「お姉ちゃん?」 
姉「……! な、なんだ妹……どうしたの?」 
妹「ううん。本借りたくて……ってどうかした?」 
姉「な、なんでもないよ……」 
妹「ふーん……。いいんだけどさ、最近夜中にお兄ちゃん、お姉ちゃんの部屋にいくよね」 
姉「え!? そ、そうかな」 
妹「そうだよ。お兄ちゃん変態だから、変なことされたりしてない?」 
姉「そ、そんなことないよ。それに弟だって、変態じゃ……ないよ」 
妹「? ふーん……まぁいいけど。じゃあねお姉ちゃん」 
姉「……」 
─キッチン─ 
トントントン… 
弟「ねwえwちゃwんw」ダキッ 
姉「!」ビクッ 
姉「……弟……どうしたの?」 
弟「今日の飯なに?ww」 
姉「今日は……ハンバーグ、かな」 
弟「あはww姉ちゃんハンバーグ得意だもんねwww」 
姉「う、うん……」 
弟「母さん仕事おっせえからなww姉ちゃん大変だよなwwww」 
姉「で、でも、お母さん、頑張ってるから……」 
弟「姉ちゃん」 
姉「なに?」 
弟「しごいてwww」 
姉「え……」 
姉「で、でも今はハンバーグ作ってるし料理中だし……」 
弟「えーwそのまんまでいいからww気にしないでw」 
姉「そうじゃなくて……」 
弟「ねーえちゃんwww」ボソッ 
ボロンッ 
姉「……!」ビクッ 
弟「ほらほらw」 
姉「……そ、そのかわり、今日はこれで終わり、ね?」 
弟「はいはい分かったからww」 
姉「じゃ……手、洗うね」 
弟「待ったww洗わなくていいからwww油ぎった手でしてww」 
姉「え……」 
弟「ほらw姉ちゃんww料理もちんこも手止めたらダメだよwwwww」 
姉「…………」 
姉「……触るよ」 
ピトッ 
弟「おうふwww」ビクッ 
姉「ん……」スリスリ 
弟「姉ちゃんww指使い上手いじゃんwww」 
弟「もっと指絡ませてよwwwそんでしごいてしごいてww」 
姉「ん……っ!」ズリズリ 
弟「あーいいねww油が潤滑剤になっててwww滑らかww」 
姉「…………っ」ズリズリ 
弟「あwwそうだ姉ちゃんwwハンバーグは?www」 
姉「……? ここにあるけど……」 
弟「ふひwwそうだ姉ちゃんww今日の姉ちゃんのハンバーグさ、ホワイトソースかけよっかwwww」 
姉「え……ちがうよ、今日は普通のハンバーグだよ……」 
弟「うんwでもお姉ちゃんのハンバーグだけホワイトソースがけだからww」 
姉「それって……どういう……」 
弟「ああもうwだから姉ちゃんのハンバーグは精子がけハンバーグだからwwww」 
姉「……え?」 
弟「姉ちゃんww姉ちゃんのハンバーグ出してww」 
姉「え……や、やだよ……」 
弟「なんで?wwホワイトソースだよ?wwwいいじゃん姉ちゃんww」 
姉「でも……」 
弟「もう一回飲んじゃったじゃんwww気にしないでww」 
姉「……だけど」 
弟「姉ちゃんwww」 
姉「…………はい」 
サッ 
弟「流石姉ちゃんwwwほらwイクよ」シコシコ 
姉「……!」フルフル 
ビュクッ!ビクッ! 
ブピュルルルル!ブピュル!ブピュル! 
ドプッ!ビクッ 
弟「あぁwwwはぁwww出wwたwwww」ビクッビクッ 
姉「……」 
弟「ああ最高ww姉ちゃんしっかり自分のにかけて食べてねwww」 
姉「……うん」 
─夕飯─ 
弟「いただきますww」 
姉「……いただきます」 
妹「あれ、今日のハンバーグ、なんかかかってるね」 
姉「! あ、あはは。今日は趣向を凝らしてホワイトソースをかけてみたの」 
妹「ふーん……」 
弟(俺と妹のは本物のホワイトソースww) 
弟(でも姉ちゃんのはしっかり俺の精液www) 
弟「姉ちゃんww」 
姉「! ……な、なに?」 
弟「ハンバーグめちゃうめえw姉ちゃんも食べなよww」 
姉「そ、そうだね。うん……」 
弟「……」ジー 
姉「…………」パク 
弟(食ったwwwwww) 
─夜・姉部屋─ 
コンコン 
姉「!」ビクッ 
ガチャッ 
弟「ねーえちゃんwwお邪魔www」 
姉「弟……! き、今日はもう終わりだよ……」 
弟「姉ちゃん風呂上がり?wwいいねwそそるねwww」 
姉「……弟」 
弟「濡れた髪とか風情があるねwwねえ?姉ちゃんwww」ダキッ 
姉「!」ビクッ 
弟「姉ちゃーんww」グイッ 
姉「きゃ……っ、だ、だめ……」 
弟「姉ちゃんww肌スッベスベwwwほら見てww」 
姉「んっ……いい加減に……」 
弟「鳩尾ーw横腹ーwおへそーwww」スススッ 
姉「んあっ! はぁ、だ、め……だよ……」ビクッビクッ 
弟「まーんこwwwwぶはwww」ツンッ 
姉「んん……っ!」ビクッ 
弟「下着越しだよ姉ちゃんwww」 
姉「弟……!」ウルウル 
弟「怒る姉ちゃんも可愛いwwwwほら、姉ちゃんちゃんと身体拭いた?ww」 
弟「パンツの下濡れてるよwwww」ツンッ 
姉「ひッ!」ビクッ 
弟「姉ちゃん」 
姉「ん……、な、なに……」 
弟「立って立ってw」グイッ 
姉「ゃ……」 
弟「あはww後ろ姿も艶やかだぞ姉ちゃんwwww」 
弟「こうしてさあ……」グイッ 
ズリズリ 
姉「!? や……これは……」 
弟「素股wwwいいじゃん下着の上からなんだからww」 
姉「で、でもこれって……!」 
弟「なに?wセックス?wあ、なーんだww素股じゃ物足りなかった?www」 
姉「ちが……!」 
弟「でもごめんねww今日は素股の気分なのwwww」 
弟「……処女貫通はまだね」ボソッ 
姉「!」ゾクッ 
弟「ほーら動かしちゃうぞwwww」 
弟「あwwwしっかり股閉じてねwwww」ズコズコ 
姉「ふ……! う……っ」ガクガク 
弟「音鳴らしてみよっかww」パンパン! 
姉「あ……っ! お、音は、いらない、から……!」 
弟「えーw残念ww」ズコズコ 
姉「……ッ、ふ……ッ」ビクッビクッ 
弟「これはなかなか気持ちいいねwww姉ちゃんも気持ちいいっしょwwwww」 
姉「……う……あっ」ビクッ 
弟「あー気持ちいいwwイキそうwwww」ズコズコ 
弟「姉ちゃんwwちんこの前を両手で蓋してw」 
姉「? ……ふ、う……」 
スッ 
ピトッ 
弟「ふひwwwそのままねwwあああ止まらんねww腰がwwww」ガクガクガクガク 
姉「ふぅ……! ぅぐ……!」 
弟「い……あ、出るwww」 
ビュクッ!ビクッ! 
ドピュッ! 
ブピュルルルルビュルビュクッビクッドピュッ! 
ビクッドピュッ!ビュクッ!ブピュ…ドポ… 
姉「……! うぅ……」ウルウル 
弟「泣かないで姉ちゃんww素股だからwww」 
弟「ほらww指の精子見してwww」 
姉「う……」ネバ… 
弟「絡んでる絡んでるwwいいねwいいねww」 
弟「でも最近結構な感覚で出してっから量少ないなww」 
弟(……あ、いいこと思いついたwww) 
弟「じゃあ姉ちゃんw俺寝るからww暖かくして寝てねw」 
姉「……」 
─翌日─ 
コンコン 
ガチャッ 
弟「ねーえちゃんw」 
姉「お、弟……」ビクッ 
弟「姉ちゃん」ズイッ 
姉「ど、どうしたの……?」ビクッ 
弟「……」 
弟「……本貸してw」 
姉「……え?」 
弟「なんもしないよw本借りにきただけだからww」 
弟「あーこれこれwじゃ姉ちゃん借りてくねwww」 
姉「あ……うん」 
バタンッ 
弟(暫くオナ禁だからwwあーきっつww姉ちゃんの前だと自然に勃起しちまうw) 
弟(今はその時ではないwwww我慢しろ俺ww) 
─その翌日─ 
姉「……弟?」 
弟「あ?wなに姉ちゃんww」 
弟(ちょやめろw今姉ちゃん見たら想像膨らんで勃起すっからwww) 
姉「なにか……あった?」 
弟「別に?wなんも?wwwそれだけ?wなら俺部屋戻るけどww」 
姉「う、うん……」 
弟(一日オナ禁しただけで心配とかww健気だなwww勃起するわwww) 
─更に翌日─ 
姉「……」カチャカチャ 
弟「……」ボー 
弟(姉ちゃんの唇、おっぱい、お尻、手、脚、髪……) 
弟(肩、腋、肩甲骨、くるぶし、腋、頬、腋……) 
弟(あーなんかオナ禁とかどうでもいい気してきた。別にオナ禁しなくてもよくね?) 
弟(…………) 
弟(……ダメダメwやっべえww完全に今まずかったwww) 
弟(寧ろオナ禁の付加要素こそがメインだからなこれwww) 
弟(我慢我慢w) 
─一ヶ月後─ 
弟(ついにきたな……) 
弟(二回程抜いちまったがまあいい) 
弟(結果的に一週間のオナ禁になったからなw) 
弟(姉ちゃんにもあれから見せてねえちんぽww皮被らせたまんまだから未だ未知数www) 
弟(前オナった時でさえ匂ったから相当だなww) 
弟(今夜が楽しみww) 
─キッチン─ 
弟「ねーえちゃんww」ダキッ 
姉「きゃっ!」ビクッ 
姉「お、弟……いきなり、どうしたの?」 
弟「いきなりってw姉ちゃんひでえなww結構やってたじゃんww」 
姉「な、なにか用かな……?」 
弟「……姉ちゃん」 
姉「……!」ビクッ 
弟「今日一ヶ月ぶりに部屋行こっかなーwww」 
姉「……え……?」 
弟「楽しみだねw姉ちゃんwww」 
姉「……」ビクッ 
─夜・姉部屋─ 
コンコン 
姉「……!」ビクッ 
ガチャッ 
弟「お邪魔ーww」 
姉「弟……どうしたの?飽きたんじゃ……」 
弟「は?w飽きる?ww姉ちゃんに?wwwな訳ねーじゃんwww」 
弟「毎日眺めて毎日興奮してっからww姉ちゃんの口でイラマしてえとか」 
弟「腋コキしてえとかwパイズリしてえとかw素股とか手コキとかww」 
弟「あwちんぽビンタもしてえしww久し振りに姉ちゃんの服にぶっかけてえしw姉ちゃんに精子飲ませてえしwww」 
姉「……」ビクッ 
弟「でもそういうの我慢して一ヶ月オナ禁したんだよwwマジ苦行wwww」 
姉「……お、オナ禁って……?」 
弟「オナ禁も知らねえとかwww」 
弟「あのねw精子出すの我慢してww姉ちゃんの為に精子溜めてたのwwww」 
弟「流石に最初夢精した時はやばかったわwwもう姉ちゃん見る度に金玉フル稼働ww」 
弟「ギュルギュル精子作ってんの分かるもんwww」 
弟「でも全部姉ちゃんの為だよ」 
ズル 
ボロンッ 
弟「姉ちゃんw」 
姉「ひ……ッ」ビクッ 
弟「ほら姉ちゃんw前みたいに舐めてくれよww」 
弟「……あ、いっけねw皮被らせたまんまだったわwwごめんね姉ちゃんw」 
弟「でもこれは姉ちゃんに剥いてほしい訳よwww」 
姉「……弟……でもそれ、少し……臭いよ……」 
弟「そりゃそーじゃんww溜めてたのは精子だけじゃねーもんwww」 
姉「え……」 
弟「剥けば分かるからww剥いてみてwwほらwww」 
姉「や、やだ……」 
弟「姉ちゃん」 
姉「…………」 
姉「……分かったよ……」 
弟「きたwwwwしっかり顔近づけてねwwあ、俺から行くからいいやwww」 
弟「ほらwwwドリルちんぽwwww」グイッ 
姉「……!」フルフル 
ムキ…ズル… 
モワッ 
姉「うっ!!」ビクッ 
弟「驚いた?ww何か分かるこれwwwチンカスwwwww」 
弟「汗とションベンと精子のカスだよwwwそれがちんこコーティングしてんのww」 
姉「う……弟、臭いよ……」 
弟「そうだよww姉ちゃんにはこれ舐めてもらうからwww」 
姉「……え」ウルウル 
弟「ふひwwその顔もそそるwwww」 
弟「ねーえちゃんw」 
姉「これは……やだよ」 
弟「は?w」 
姉「これは、出来ないよ」 
弟「姉ちゃん」 
姉「……!」ビクッ 
姉「わ……分かったよ……」ウルウル 
弟「ならいいけどww」グイッ 
姉「ふ……っ!」 
姉「ん……」ペロッ 
弟「wwwwwww」 
弟「どうwどう?w」 
姉「……くひゃい」 
弟「こことかwwカリの裏側舌でなぞってみてwww」 
姉「……うぅ」ウルウル 
姉「ん……」ゾゾゾゾ… 
弟「食べてww」 
姉「……ん」ゴク 
姉「……おえ……けほっ」ウルウル 
弟「……姉ちゃんも堕ちたねwwwチンカス舐めるなんて下劣だねwwwww」 
姉「それは弟が……!」 
弟「いいよいいよwwじゃあもう口で抜いてwww」 
姉「……ふっ、うっ……」グスッ 
姉「んむ……、うぅ……」フルフル 
弟「あーいいねw最高だねwwチンカス味わいながらしごいてねwwww」 
姉「んぐ……んむ……」グポッグポッ 
弟「あはww見てwどんどん綺麗になってくwww姉ちゃん超淫乱wwチンカス掃除機w」 
姉「んむ……」グスッ 
弟「あはww姉ちゃんの口まんこ最高wwwずっと入れていたいwwwww」 
姉「んん……ぐむ……」グチャッグポッ 
弟「口ん中の唾液飲まないでねwwそろそろ行くからww」 
姉「んぐ……んむ……」グポッグポッグポッグポッ 
弟「お、おおwww来た来た精通来たwwザーメン出るよww姉ちゃんの口まんこに出るぅwwwww」 
姉「ん──!」 
ドビュッ! 
ドビュルルドビュル!ビュクッ!ドビュッビュクッ! 
ビュクッ!ビュクッ!ビュルビュクッビュルルルル! 
ビクッドピュッ!ビュル…ドプ… 
姉「ん──ッ! んむ……! ……ッ」ビクッビクッ 
弟「ふひwwやっべえww出る出るwww今季の最大量ww一週間分の精液出たw出しきったww」ガクガク 
姉「……ふぅッ……」グスッ 
弟「まだ抜かないwちんぽで口ん中かき混ぜっからwwおらwおらww」ズコッズコッ 
姉「……おぐっ! ……うぼッ!」ガクッガクッ 
弟「はぁ……はぁ……」ビクッビクッ 
姉「ふー……フー……」ウルウル 
弟「抜くよ……」 
ヌプ…グポ……ッ 
ビタ…ッ 
ビチャ…ッ 
弟「こぼすなよ…w吐くなよ…w」 
姉「ぅ……ぁ……」ウルウル 
弟「口ん中見して……うはwきったねえwwザーメンと唾液の海にチンカス浮いてるwwww」 
弟「最低だねww男の人とキスする時思い出すねwwチンカス舐めた自分の口のことw」 
姉「……! うぅ……」グスッ 
弟「ほらwまとわりついたザーメン付けてあげるww」グイッ 
姉「……ッ」グチャッ 
弟「姉ちゃんのほっぺにマーキングwww姉ちゃんは俺のチンカスザーメン便器だもんねw」 
弟「分かった?w分かったら飲んでいいよww」 
姉「……ッ!」コクコク 
弟「ふひwwwいいよw」 
姉「……ん、んぐ」ゴクッ 
弟「はぁーあw飲んだねwwきったねえ汁www」 
姉「うぅ……ッ!」グスッ 
弟「マーキングしたし、他の男には渡さないからww飽きるまでwww」 
姉「……もう、やだよ」ウルウル 
弟「仕方ねーじゃんww姉ちゃんで興奮するんだもんwww」 
弟「姉ちゃんの服でもいいけどww姉ちゃん嫌がるしょwww」 
姉「もう……服でしていいよ……」グスッ 
弟「もう遅いw」 
弟「姉ちゃんの味知っちゃったしwwもう姉ちゃんじゃないと治まらないよwww」 
姉「そんな……」フルフル 
弟「明日もね。姉ちゃん」 
姉「……──」 
─翌日─ 
弟「姉ちゃーんw」 
姉「な、なに……弟」 
弟「お茶淹れてくれよwwんで座って喋ろうよwww」 
姉「う、うん……そうだね」カチャッ 
弟「バラエティの再放送見てるより姉ちゃんと喋ってた方が有意義だしwww」 
姉「そう、かな」ジャー… 
弟「そうだしwだから早くww」 
姉「う、うん……」コポコポコポ… 
弟「ほらw淹れたら座ってww」バンバン 
姉「分かったから……」 
弟「姉ちゃんwwそう固くなるなってwww姉弟じゃんww」グイッ 
姉「!」ビクッ 
弟「そんなビビんなよwwかーわいっwwwつんつんww」ツンツン 
姉「や……! ん、やめて……っ」ビクッビクッ 
弟「乳首はここかなwwwwつんつんwwww」ツンツン 
姉「ひ……ッ、ん……っ!」ビクッ 
弟「ここかwwブラしてっからわかんねえわwww」 
姉「弟……ッ!」 
弟「怒った顔も可愛いーw犯したくなっちゃうねwww」 
姉「……え」ビクッ 
弟「でもまだしないww美味しい物は最後まで取っておくタイプだからw」 
弟「だから今日はどうすっかなwwあ、そーだww」 
弟「今日の姉ちゃんノースリーブのシャツで腋出してwwエロいねwww」 
姉「! な、なに……」 
弟「見て見てww姉ちゃんの腋で股間膨らんできちゃったww」 
弟「これは姉ちゃんの腋で責任とってもらわなくっちゃwwww」 
姉「……っ」ビクッ 
弟「ほらw腋見してみww」グイッ 
姉「きゃ……っ」ビクッ 
弟「うはwツルツルーww毎日手入れしてるんだねww可愛いw」スススッ 
姉「ふ……ぅッ、……っ」ビクッビクッ 
弟「二の腕ーw腋ーw二の腕ーw腋ーww」スススッスススッ 
姉「やめ、て……っ、弟……ッ!」ビクッ 
弟「じゃあ指はこの辺にしよっかww姉ちゃーんw俺のここ触ってみwww」グイッ 
ピトッ 
姉「ひ……っ」ビクッ 
弟「まだズボン越しだよww今からこれ、腋でコかせてもらうからねwww」 
弟「チャック明けまーすw」ジジジ… 
ボロンッ 
弟「はいw姉ちゃんも見慣れた俺のぺニスww姉ちゃんの大好物wwww」 
姉「ち、ちがう! 私はそんなもの……」 
弟「いーのいーのwほらw我慢汁垂れてるwww」 
弟「触ってごらんww」グイッ 
姉「あ……」ピトッ 
ネバ… 
弟「やらしーwwこれ今から姉ちゃんの腋に塗りたくるからねwww」 
弟「今日は姉ちゃんの腋、俺の匂いになっちゃうけど許してねwwww」グイッ 
姉「ひ……ッ!」ビクッ 
弟「姉ちゃんの腋にぺニス密着ぅwwww」ビタッ 
姉「や、やだ……離れてよ」ビクッ 
弟「任せてww出したら離れるからwww」 
弟「はあぁぁw人肌の温もりがいいわあwwww」ゴスゴスゴスゴス 
姉「う……動かないで……、んっ」 
弟「じゃあ腋閉じてねwwほらwwwしっかり挟んでwww」ゴスゴスゴスゴス 
姉「う……」ガクガク 
弟「姉ちゃん見えてるー?wちんぽが腋犯してるよww」 
弟「姉ちゃんの腋はもうちんぽ奴隷だねwww姉ちゃん自身はいつちんぽ奴隷になるかなww」 
姉「な、ならない……」グスッ 
弟「うはwww姉ちゃん感じる?wwもう腋が我慢汁でベトベトだよwww」ゴスゴスゴスゴス 
弟「しかも姉ちゃんの腋汗で蒸れてきたねwもうグチャグチャwwwある意味オナホwww」 
弟「姉ちゃんの腋はオナホだねww腋オナホwwwwん?wオナホ腋?wどっちでもいいかww」ゴスゴスゴスゴス 
姉「ふ……ぅッ、うぅ……」グスッ 
弟「姉ちゃんww泣くなってww情けないと思って泣いてる?www」 
弟「誰にもこんなとこ犯されたことないもんねwwそりゃ泣きたくもなるよねwww」ゴスゴスゴスゴス 
弟「でもいいんだよwwどうせ姉ちゃんの腋でコキてえと思ってんの俺くらいだからww」 
弟「だから落ち込むなってwwwwww」ゴスゴスゴスゴス 
姉「……ッ、う……ふぅ……ッ」グスッ 
弟「姉ちゃんwwそろそろイクからwww」ゴスゴス 
弟「ちんぽ体温計挟むみたいにしてしっかり腋閉じててwwwww」ゴスゴスゴスゴス 
姉「ふ……ッ、う……ッ」ギュッ 
弟「うはwww来た来た来た来たwww」ゴスゴスゴスゴス 
弟「姉ちゃんwww腋に出すよww腋に尿道押し付けてw全部腋にぶつけるからwww」ゴスゴス 
弟「あwあwあああああww出る出るww腋まんこに精子出るwwww」ゴスゴスゴスゴス 
ビビュッ! 
ビュクッ!ビュルッビュクッ! 
ビュルルルルルルル!ビルルルルル!ビピュッ! 
ドピュッ!ビュルッ!ビプッ…ブピ…ッ 
グポ…ッドプ… 
弟「ふーwふーwやっべえww精子出まくりww」ビクッビクッ 
弟「姉ちゃん偉いねwちゃんと精子腋で受け止めたねwwww」 
姉「…………ッ」ビクッ 
弟「ふぅ……wちんぽ抜くよーwwうはw糸引いてる引いてるwwグっチャグチャww」 
ヌポ… 
弟「あはww姉ちゃん腋開いてーww」 
姉「……ッ」グイッ 
弟「うっわwwネバネバwwwしてくっせえwww」 
弟「精子と腋の匂いでくっせえしwwww」 
弟「しかも湯気立ってるーww姉ちゃんの腋がもしまんこだったらwwこれ確実に孕んでるww」 
姉「……ふ、うぅ……」グスッ 
弟「なんかあれだねww腋に虫の繭作られたみたいwww」 
弟「ほらwもっかい腋閉じてさww精子刷り込んでww」 
姉「……ぅ……ッ」ゴシゴシ 
弟「wwwww」 
弟「これで姉ちゃんの腋は俺のもんだねwww」 
弟「姉ちゃんが自分の腋の匂い嗅ぐ度に思い出しちゃうねww自分の腋を精子漬けにされたことwwww」 
弟「これからまたノースリーブ着る日あるかなwwないかなwwwあったらそれでも思い出すねwwww」 
弟「ノースリーブ、もう着ないなら頂戴ねwww」 
姉「……、……ッ!」フイッ 
ダッ 
ガチャッ 
ザー… 
弟「洗っwwてるwwwww」 
─夜・姉部屋─ 
コンコン 
ガチャッ 
弟「こんばんは姉ちゃんwww」 
姉「! 弟……」ビクッ 
弟「あれw姉ちゃんまだ風呂入ってねぇのww腋洗わなくていいのwww」 
姉「さ……! さっき、洗った……」 
姉「それより出てって……勉強、してるから……」 
弟「えーwwつれねえのな姉ちゃんwww」 
弟「可愛い弟の寝る前の精処理くらい手伝ってくれたっていいじゃんwwww」 
姉「精、処理……ダメ! 今日は勉強しなきゃ……」 
弟「そんないい大学じゃねえんだからさw真面目になるなよww」 
弟「そんなことより弟とのスキンシップの方が、姉ちゃんにとって勉強になるよww」 
弟「世間知らずの姉ちゃんにねwww」グイッ 
姉「や……、やだ……っ」グイッ 
ドサッ 
弟「……ベッドインーwwww」 
弟「姉ちゃんって何着てもやらしく着こなすよなーww」 
弟「男寄ってこない?wでも姉ちゃんが奥手っつーかビビりだからダメだねそういうのはww」 
弟「ほらw黒いストッキングも誘ってるとしかwww」スススッ 
姉「ち、ちが……んっ!」ビクッ 
弟「ほらww足の裏ww股間当たってるwwww」グリグリ 
姉「な……なにして……!」 
弟「セルフ電気アンマwwwでも感じちゃう俺www」グリグリ 
弟「これは我慢できねえwww」 
ズル… 
ボロンッ 
弟「ほらwこうしてww姉ちゃんの足の裏気持ちいいwww」グリグリ 
姉「や、やめなさい……! なにして……ひっ!」 
弟「右足も使おwww姉ちゃんの両足でちんぽサンドwwほらほら」ゴシゴシ 
姉「ば、ばか……! 汚いからやめて……」 
弟「あははw俺のちんぽの匂い、姉ちゃんの足に擦り付けてあげっからww」ゴシゴシ 
姉「な……!」ビクッ 
弟「足コキは足コキでもセルフ足コキwww斬新wwww」ゴシゴシゴシゴシ 
姉「やめてよ……!」 
弟「やめないねw出したらやめるけどwww」 
弟「あーw姉ちゃんの身体はどこをとってもエロいねwwww」 
弟「脚だけで勃起しちまうんだからwwwwこの淫乱w」ゴシゴシゴシゴシ 
姉「淫乱じゃ、ない……!」 
弟「あっそwまあ別にいいけどww」 
弟「ほらw姉ちゃんの足で亀頭擦ったらやばいよwイクよww姉ちゃんの足に出しちゃうよww」ゴシゴシゴシゴシ 
姉「弟……!」ビクッ 
弟「う……は、あwwwあwwwおぉww出るww出るwww」 
ビュクンッ! 
ドピュンッ!ビュクッ!ビプッ! 
ビュプルルルル!ビピュッ!ドビュルビュルルルル! 
ビュクッ!ビクッ! 
ビプッ…ドプ…グポ…ッ 
弟「おwwほぉwww出たねまたwwww」ビクッビクッ 
弟「足の裏グチャグチャwww黒に白って合うねwww」 
姉「濡れてる……」ビクッ 
弟「分かる?w俺の精子wwほらwwまだ塗りたくるよwwwほらwほらww」グッチャグッチャ 
姉「も、もういい! だから、早く離して……!」 
弟「やだwwザーメンでベトベトになるまで離さないwww」グッチャグッチャ 
姉「……う、……うぅ……」グスッ 
弟「ふひひwwww」グポッグポッ 
弟「ああもうこんなんでいいやwww」 
弟「ふうww出した出したwwじゃあ寝るわwww」 
弟「姉ちゃんさんきゅーwwww」 
ガチャッ 
バタンッ 
姉「…………」ベチャッ 
姉「……ふ、う……ッ」グスッ 
─翌日・リビング─ 
姉「……」カチャカチャ 
弟「あーつまんね。テレビ糞番組しかやらねえし」 
弟「……あw姉ちゃんw皿洗いなんていいからお喋りしようよwww」 
姉「……う、ごめんね、今は……出来ないよ」カチャカチャ 
弟「はぁ?wなんで?ww」ガタンッ 
弟「今日妹遊びに行っていないんだからさwwもっと派手なことできるよwwww」グイッ 
姉「ひ……っ、だ、だめ……」 
弟「ねーえちゃんwwww」 
弟「ほらww」グイッ 
ギュッ 
姉「あ……っ!」カチャッ 
ヒュッ 
パリンッ 
弟「あはww胸揉んだだけで動揺すんなよwww」モミモミ 
姉「やめ……、んっ!」ビクッ 
弟「やっぱでけーww揉みごたえあるわあwwww」ギュッギュッ 
弟「ほらww服の下からはどうなのよwww」グイッ 
姉「や……ッ!」ビクッ 
弟「あはwブラだwwwww」ギュッギュッ 
姉「ほんとに冗談抜きで……んッ」ビクッ 
弟「なになにー?wwほら、手がブラの下に入るよwwwおらっw」グイッ 
ギュッ! 
姉「痛っ!」ビクッ 
弟「あはwごっめーんwでも優しくする仕方が分かんないからさあww」 
弟「ほら俺童貞だからwwww」ギュッギュッ 
姉「……ッ! ……んッ!」ビクッビクッ 
弟「だから姉ちゃぁんww教えてくれよ……セックスのし・か・た」 
姉「ひ……ッ!」ビクッ 
グイッ 
バンッ 
姉「痛……ッ」 
弟「姉ちゃんwこれが正常位ねww」 
弟「おら。ズボンなんていらねえから脱げw」グイッ 
姉「やだ! やめて……!」 
ズリ 
…バッ 
弟「あは。ご開帳ーwwwまた面白味の無いパンツだねwwww」 
姉「だ、ダメだよ……それだけは、絶対に……」 
弟「いいじゃんwwセックスの仕方を教えて貰うだけだからwww」 
弟「姉ちゃん使った保健の性教育wwこれは人気出るわww」 
弟「ま、俺だけのマンツーマンだけどねwww」 
姉「弟……これはダメだよ! ほんとにダメだよ!」 
弟「はww心配すんなってwただの『セックスの仕方』をやるだけだからwww」 
弟「ね?wだから慌てないでwww」 
ズルッ 
ボロンッ 
弟「下着越しの姉ちゃんのまんこwww」 
弟「見て見てww俺のちんぽw下着越しのまんこを前にしてピクピクしてるよww可愛いねww」ピクピク 
姉「い……いや……!」ビクッ 
弟「大丈夫wwただの疑似セックスだからwww心配すんなwww」グイッ 
ズズズ… 
姉「あ……あ……ッ」 
ズズズ… 
弟「あはwwwwwww」 
弟「ちんぽが沈んでくwwパンツを挟んでまんこに沈んでくwwwww」 
弟「どう姉ちゃんwwパンツごとちんぽを挿れられた気分はwwww」 
弟「つっても亀頭しか入ってねえけどwww」 
姉「…………やだ」グスッ 
姉「…………やだよぉ……早く出してよぉ……」 
弟「どうせ姉ちゃんも初めてなんだろwww大丈夫wwこれはノーカウントだからwww」 
弟「姉ちゃんはまだ処女だよww良かったねwww」 
ズボボッ 
姉「ひ……ッ、あ……ッ!」ビクッビクッ 
弟「やっぱ全然入いんねえわww精々亀頭しかw」 
弟「パンツ越しだもんねww仕方ないwwwじゃ、始めるよw」カクカク 
姉「う、動かないで! だめ……ひんっ!」ビクッ 
弟「姉ちゃんww感じてるwww」カクカクカクカク 
姉「あ……やだ……ッ」 
弟「あはww我慢汁出てきたwww」カクカク 
弟「姉ちゃんも濡れてきたんじゃないwwwパンツ滲んできたよwwwww」カクカク 
姉「うぅ……も……やめて……」グスッ 
弟「出したらやめるからwwもう少し待っててねwwww」カクカクカクカク 
姉「あッ、ぐ……ぁッ」ガクガク 
弟「ふひwwまんこwwwまんこwwww」カクカクカクカク 
弟「姉ちゃんwwちんこ糸引いてきたwwまんこグチョグチョになってきたよwwwww」 
姉「う……ぁう……ッ」グスッ 
弟「うはw止まんねえwww腰止まんねえwwwwちんぽビクついてるwww」ガクガク 
弟「姉ちゃん見える?wwグチョグチョちんぽがひたすらまんこに突っ込んでんのwww」 
姉「……ッ、ッハァ! 弟ッぃ……ぁッ」ビクッ 
弟「まさか……姉ちゃんwwまさかイクとかじゃないよねwwww」ガクガクガクガク 
姉「だ、め……ッ、止まって……ッ!」ビクッ 
弟「嘘だろwwホントには入ってないのにwwww淫乱wwww」ガクガク 
姉「ぁっ! っ……お願い……もうッ、限界……ッ」ビクッ 
弟「あはwwイってみてwww見せて見せてwww」ガクガク 
弟「ほらwwほらwww」ガクガク 
姉「お願い……う、ぃや……あ……ぎッ」ビクッ 
姉「あ……ッ! ぁあッ、がっ、ふ……ぅッ」ビクンッビクンッ! 
弟「イったwwwwパンツ越しでイきやがったwwww」 
姉「……ぅ……く、ふぅ……ッ! ……ぅ……うぅ」ビクッビクッ 
姉「ふぅ……ッ、ふ……、ぅ……うぅ……ッ」グスッ 
弟「姉ちゃんwww見てwwパンツがグチョグチョになったwwww」 
弟「すっげえww床に水溜まり出来ちゃったww」 
弟「じゃあお返しに俺もwwパンツ越しにまんこ射精するわwwwww」ガクガクガクガク 
姉「!? だ、だめ……! それはダメだよ……!」ビクッ 
弟「なんで?wwwちんこに出されたんだからまんこに出してあげるだけじゃんwww」ガクガクガクガク 
姉「でもそれじゃ……!」 
弟「姉ちゃんww大丈夫だからwww」ガクガクガクガク 
姉「出来ちゃうかも……!」 
弟「そんな簡単に出来ねえよwwwwww」ガクガクガクガク 
弟「ねーえちゃんwww」ガクガクガクガク 
姉「やだよぉ……っ、私やだよ……っ」 
弟「あww出るわこれwwwグチョグチョパンツに出しちゃうわwwww」ガクガクガクガク 
姉「ふぅ……ッ! んぅ……ッ!」 
ビュクッ! 
ビピュッ!ビルルルルル!ビルルルルル! 
弟「お……お……wwwおおww出るww出るwww」ビクッビクッ 
姉「んんーッ! やだぁッ! やだよぉ! 許して……ひぃッ!」 
ビュルルルル!ビュクッ!ビルルルルル! 
ビピュッ!ドピュッ!ビプッ 
ビクッ!ビプッビュル…ビプッ 
ドポ…ヌプ… 
弟「ああ……w出た……ww」ビクンッビクンッ 
弟「姉ちゃんのまんこにパンツ越しに出した……www」ビクッビクッ 
姉「ふ……っ、うぅ……やだよぉ……」グスッ 
弟「姉ちゃん……w見てよ……ww」ヌプ… 
弟「パンツ……まんこん中ww白いザーメンがドロドロ出てきたよwwww」 
弟「パンツどうなってんだこれ……」グポッ 
姉「うぐぅ……ッ」ビクッ 
弟「うわ……wきったねえwwwもうただの布切れだわこれwwwww」 
弟「これじゃザーメン防げないわwwww」 
姉「もう……十分でしょ……」ビクッビクッ 
弟「は?wもうちょい観察したいんだけどwww」 
姉「お姉ちゃん……お皿洗いしなくちゃ……ダメだから……」スッ 
弟「姉ちゃんwwwwちゃんと下履けよwww垂れるぞww」 
弟「このザーメンパンツで栓しとくか?wwww」グポッ 
姉「ひ……ッ う……ううん、大丈夫……」ザー 
弟「wwwwwwwww」 
─翌日─ 
弟「あれwそう言えば姉ちゃんは?ww」 
妹「風邪ひいたって、昨日から寝てる」 
弟「あそw」 
弟(まさか昨日のあれで……?w) 
弟(しかしこれはいい展開www) 
─夜・姉部屋─ 
ガチャッ 
弟「姉ちゃんwww」 
姉「! な、何の用……?」ガバッ 
弟「いやw風邪ひいてるって聞いたからwwwお見舞いに来た訳よwwww」 
弟「風邪ひいたの俺のせいかもしんないしwwww」ガバッ 
姉「いや……っ、なにして……」ビクッ 
弟「姉ちゃんの布団ーwwwいい匂いするわあwwww」 
弟「でも姉ちゃんはどんな匂いすんのかなwww嗅いでいい?www」グイッ 
姉「やだ……ッ、ふ……ぅッ」ビクッビクッ 
弟「あはw姉ちゃん汗ばんでんねww少し匂うぞwwww」 
姉「やめてよ……」ビクッ 
弟「姉ちゃんはパジャマもいやらしく着こなすねwww」グイッ 
姉「き、今日は風邪ひいてるんだから……また今度に……」ビクッ 
弟「大丈夫だからw運動して身体あっためた方が風邪に効くよww」 
プツップツ…ッ 
弟「姉ちゃんwwいい感じにはだけてるよwww」 
弟「熱計ろっかwwほらw」ベタッ 
姉「ひ、んっ……だめ、だって……」ビクッ 
弟「姉ちゃんww俺らセックスした仲じゃんw」 
弟「まあ疑似だけどねww」 
姉「……ッ!」 
弟「男の人とセックスする時思い出すねww自分は弟とヤった様な女なんだってwwww」 
弟「そんな姉ちゃんに男の人と付き合えるかなwww出来るかなww出来るかなwwww」 
姉「もう……やめてよ……!」 
姉「私なんにも悪くないのにっ! なんでこんなことされなきゃダメなの……」 
姉「弟ももう一人前なんだから……そういうのは一人で処理できるでしょ……?」グスッ 
弟「…………姉ちゃん」 
姉「…………」 
弟「無理www」 
弟「前も言ったでしょwwもう姉ちゃんじゃないと抜けないのwwwww」グイッ 
姉「! や……っ、ッ!」 
コンコン 
妹「お姉ちゃん?入るよ?」 
姉「!」 
弟「……ちっ」 
ガバッ 
姉「こ、こらどこに……っ!」 
ガチャッ 
妹「お姉ちゃん?」 
姉「! い、妹……ど、どうしたの?」 
妹「ん。このあいだ本借りてたから返しに」 
妹「……っていうのは建前で、ほんとはお姉ちゃんの様子見に。あは」 
姉「そ、そうなんだ。ははは」ビクッ 
弟(ちっ。めんどくせえ。……まぁいいやwイタズラすっかwww) 
弟(姉ちゃんの股が目の前とかwww) 
弟(まんこなぞりますwwww) 
スススッ 
姉「ひぅッ!」ビクッ 
妹「え……お姉ちゃん?」 
姉「あ、あはは……。大丈夫……」 
妹「部屋寒いんじゃない?布団しっかり被った方が……」グイッ 
姉「大丈夫! 大丈夫だから……」 
妹「……? あ、そ……」 
妹「熱は?計ってあげる」サッ 
姉「え……」 
妹「ほら……」スッ 
姉「ふ……っ」ビクッ 
妹「……うん。まだ熱あるね」 
弟(ふひww姉ちゃんwいつまで我慢できるw) 
スススッ 
姉「く……ッ、ふぅっ!」ビクッ 
妹「!」ビクッ 
妹「お姉……ちゃん?」 
姉「……ッ、だ、大丈夫……寒気がして……ふぅッ!」 
妹「だ、大丈夫じゃないよ。ほら……しっかり肩まで布団かけ……」スッ 
姉「! ダメ!」バッ 
妹「……えっ」 
姉「あ……ち、ちがうの……」 
妹「お姉ちゃん……どうしたの……?」 
姉「なんでもないの……ただ、……ひッ!」ビクッ 
妹「お姉ちゃん……?」 
姉「妹……今日はもう……ッ」ビクッ 
妹「う、うん……分かった」 
姉「ごめんね……ごめんね……ふぅッ」ビクッ 
妹「それじゃお姉ちゃん……気を付けてね……」 
姉「うん……くッぅ……っ」ビクッ 
ガチャッ 
バタンッ 
姉「はぁ……ッ、はぁ……ッ」 
弟「姉ちゃんww」ガバッ 
姉「……ッ!」キッ 
弟「こっえwwこえぇww」 
弟「ごめんねwwごめんねwwwだってwww」 
弟「言えば楽なのにw健気だねwwww」 
姉「はぁ……ッ、気が済んだら……もう部屋に戻って……」 
弟「戻んない」 
弟「戻らねえよ。なあw」 
弟「ほらw姉ちゃんまた汗かいてるよww」 
ズル 
ボロンッ 
弟「拭ってあげる」 
姉「……ッ!」ビクッ 
弟「姉ちゃんの大好きちんぽーwwこんにちわwwあ、こんばんわかwww」ブラブラ 
姉「し、しまいなさい……」 
弟「姉ちゃんw汗かいたまま寝たら冷えちゃうよww」 
弟「だから拭ってあげるwww」グイッ 
姉「やだ……! 近づけないで……ッ」ビクッ 
弟「汗で張り付いた前髪が艶やかだねw今拭ってあげるからねwww」ベチャッ 
姉「ひ……ッ!」ビクッ 
弟「あはww姉ちゃんのおでこにちんぽwwちんぽ当たってるwwwww」ビタッビタッ 
姉「やだ……っ離れて……!」 
弟「ふひww姉ちゃんの顔にビンタwwwやりたかったんだこれwww」ビタッビタッ 
姉「ッ、ん……ッ」ビクッ 
弟「ちんぽビンタwwちんぽビンタwww」ビタッビタッ 
姉「やめ、てよぉ……ッ」グスッ 
弟「今日は姉ちゃんの顔面犯してあげるからねww」ビタッビタッ 
弟「姉ちゃんの顔面、ちんぽ漬けにしてちんぽの匂いにしてあげるからねwwww」ビタッビタッ 
姉「ふ……ぅッ、いたい、よ……ッ」ウルウル 
弟「姉ちゃんwwwその顔そそるよww勃起止まんないよwww」 
姉「……ぅッ、……ッ」グスッ 
弟「姉ちゃんは顔もエロいねwwだから顔でちんぽコくねwww」 
姉「……ッ、え……」 
弟「ふひww顔コキwww姉ちゃんの顔面にちんぽ擦り付けてるよww分かる?www」ゴシゴシ 
姉「いや……ッ! やめ……ッ!」ビクッ 
弟「ほらww我慢汁と姉ちゃんの汗でヌルヌルwww」ゴシゴシゴシゴシ 
弟「ほーらwまるでちんぽは車のワイパーwwwきっめえwwww」ゴシゴシゴシゴシ 
姉「い……、や、だ……ッ」ビクッビクッ 
弟「あはwwwそろそろイクよwww姉ちゃんの顔面に出すよwwww」ゴシゴシゴシゴシ 
弟「姉ちゃんの顔にザーメンぶっかけるよwwwwあwあw出るww出るwww」 
ドクッ! 
ビピュッ!ブピュルルルル!ドピュッ! 
グピッ!ビュプルッ!ブピュッ! 
ビルルッ!ビルルッ!ブピッビピュッ 
ドプ…ッビプ…ッビク…ッビク…ッ 
姉「ぅ……」ヌタッ 
弟「おほぉ……wおぉ……w出たw出たよ姉ちゃんwww」ビクッビクッ 
弟「そういや姉ちゃんwwお肌気にしてたよねww」ビプッ 
弟「良かったね姉ちゃんww顔面ザーメンパックだよwww保湿だよww」 
弟「顔面にまんべんなく塗りたくってあげるからねwww感謝してねwwwww」ベチャッベチャッ 
姉「……ぅ……、うぅ……ッ」グスッ 
弟「お姉ちゃんwwいつでもパックしたかったら言ってねwwwううww」ブルッ 
弟「いつでもお姉ちゃんの為にザーメン出すからwwww嬉しいねwwwww」 
姉「……、ひぅ……ッ」グスッ 
─翌日─ 
妹「お兄ちゃん」 
弟「は?w何?ww」 
妹「お兄ちゃん、お姉ちゃんになんかしたでしょ」 
弟「なんでよww何を根拠に?wwww」 
妹「お姉ちゃん泣いてた」 
弟「は?w」 
妹「昨日だってお姉ちゃんの様子見に行ったら、お姉ちゃんおかしかった」 
妹「お兄ちゃん、お姉ちゃんになんかしたでしょ」 
弟(うはwww勘が鋭いwwww) 
弟「なんもしてねえよ」 
妹「嘘だ」 
弟「じゃあ姉ちゃんに聞いてみろよwwそんなに自身あるならよwww」 
妹「……! 聞いてくるっ!」 
ガチャッ 
バタンッ 
弟「馬鹿がww」 
弟(ぜってー姉ちゃんは言わねえよwww) 
─姉部屋─ 
ガチャッ 
妹「お姉ちゃん!」 
姉「い、妹……! だめだよ、いきなり入ってくるのは……」 
妹「お姉ちゃん、お兄ちゃんになんかされてない?」 
姉「……!」 
妹「最近夜になったらお姉ちゃんの扉の開く音聞こえる。あれはお兄ちゃんがお姉ちゃんの部屋に入ってるんでしょ」 
姉「ち、違うよ……! ……あ、ち、違うのはそうじゃなくて……」 
妹「なに?」 
姉「その……弟が勉強教えてって。だから……」 
妹「ほんとに?」 
姉「え?」 
妹「ほんとなんだね、それ」 
姉「う、うん……そうだよ……」 
 * 
ガチャ… 
妹「……」 
弟「どうだったww」 
妹「なんもしてない、って」 
弟「だろww嘘なんかついてねえしww大体血の繋がった家族に何するってんだよwww」 
妹「……」 
妹「毎日夜、勉強教えてもらってるんだってね」 
弟「は?wあ、ああーそうだよwwまあ俺が教えてあげてるっつうかwww」 
弟(また姉ちゃんは余計なことをwww) 
妹「ふーん……」 
─深夜・姉部屋─ 
ガチャッ 
バタンッ 
弟「姉ちゃん……w」 
姉「!」ビクッ 
姉「お、弟……っ、今日は……なに……?」 
弟「妹に勉強教えてるって?ww」 
姉「……!?」ビクッ 
弟「違うよなぁw俺が勉強教えてあげてるんじゃんww性教育っていうねwwww」グイッ 
姉「ひッ」ドサッ 
弟「駄目だなー姉ちゃんw嘘はダメだよwwwww」 
弟「だから今日はおしおきなwwwww」 
弟「可愛いパジャマはお仕置きに邪魔だねwww」プツップツッ 
姉「い、いや……」 
バッ 
弟「あは。おっきいおっぱいw何度見ても飽きないねww」 
ズルッ 
ボロンッ 
弟「見て見てwwこれだけでもうちんぽフル勃起www」 
弟「ふひw姉ちゃん舐ーめてwwwww」グイッ 
姉「ふ……ぅッ!」ビクッ 
弟「口開けてw」グイッ 
姉「ふぐ……ッ、んむッ、ぐむ……ッ!」 
弟「あはw入った。今日はお仕置きだから厳しいよwww」 
弟「ちんぽ喉でしごいてもらうからwwww」ズボボッズボボッ 
姉「! んむ! ごぼ……ッ! おご……ッ!」ガクガク 
弟「ふひwwカリ首喉に引っかかってるよwww姉ちゃん涙目にならないでwww」ズコズコズコズコ 
姉「ぉごッ、えぼッ! おえッ、えお!」ガクガク 
弟「ほらwwほらほらほらwwww」ズボズボズボズボ 
弟「いいよ泣いてwほらwwこのまま出してあげよっかww」 
弟「このまま出して胃に直接射精してあげよっかwwwww」 
弟「そんで俺の精子を胃で味わえwww胃でひとつに混ざり合えwwwwww」ズボズボズボズボ 
姉「……おごッ! ぼえッ! えうぅ……ッ!」グスッ 
ガチャ… 
弟「……!」 
姉「!」 
バタン… 
妹「……なにしてるの……」 
姉「……ぇぐっ、うぅ……、ぐ、ぉえ……ッ、ゲホッ」グスッ 
弟「……」ズル… 
妹「……なにしてるの」 
妹「お姉ちゃんになにしてるの!」 
弟「はあ……」ヌタ… 
姉「……ッ、……」 
妹「勉強してるんじゃなかったの……? ねえ……!」 
姉「…………」グスッ 
弟「……姉ちゃん」 
姉「……ふッ」ビクッ 
妹「酷い……ッ! なんでお姉ちゃんにこういうこと……」 
姉「……言わないで」 
妹「……え?」 
姉「お母さんとお父さんに……言わないで……」グスッ 
弟「ぐふw」 
姉「言わないで……っ」 
妹「なんで……」 
妹「こんな酷いことされてるんだよ!? なんで言っちゃダメなの……!?」 
姉「もう……」 
姉「……もういいんだ……」グスッ 
妹「……いいって何が!? お兄ちゃんにオモチャにされてるんだよ……それが……」 
妹「それが……いいの……?」 
姉「……」コク 
弟「……w」 
妹「分かんない……分かんないよ……」 
妹「毎日お兄ちゃんの良いようにされて……お姉ちゃん泣いてたよね……!?」 
妹「……それでも……?」 
姉「……」コク 
妹「お母さんにもお父さんにも言っちゃダメなの……」 
姉「……」コク 
妹「じゃあ私は……」 
姉「……黙ってて」 
妹「ずっと……?」 
姉「……うん、ずっと」 
弟「こういう訳だからwお前が出る幕じゃねえのwww」 
妹「……私……お兄ちゃんを軽蔑するから……っ!」 
弟「してろwwもう姉ちゃんはもう俺のもんだからwww」 
弟「あwお前見てなwww今から姉ちゃん女になるからwwww」 
妹「どういうこと……」 
弟「あはwww黙って見てろwww」グイッ 
姉「ひぅ……ッ!」ビクッ 
弟「姉ちゃんww下なんか邪魔だから脱いじゃいなよwww」グイッ 
姉「……ぅ……ッ」バッ 
パサッ 
姉「く……うぅ……」グスッ 
弟「あはwwwほらw妹ww見える?ww姉ちゃんのまんこwwww」 
妹「やだ……っ」ビクッ 
弟「ここに今からちんこ入るからwww良かったねwwリアルな性教育だよwww」 
妹「最低……!」 
弟「言ってろww」 
弟「ほら妹wwさっきまで姉ちゃんの口ん中に入ってたちんぽだよwww」 
弟「ベトベトだろww姉ちゃんはやらしいからwwちんぽにむしゃぶりつくのwwww」 
妹「嘘……っ」 
姉「ちが……んッ!」ビクッ 
弟「姉ちゃんは黙って股開いてればいいのwww」 
弟「開いてちんぽ受け入れる準備して、必死にまんこ濡らしてればいいのwwww」 
姉「……ぅ、うぅ……」グスッ 
妹「……ッ」 
弟「妹ww今まで姉ちゃんがされたこと教えてあげよっかwwww」 
妹「……ッ!」 
姉「! やだっ! やめて弟!」 
弟「手コキだろwwフェラだろwwあと足コキww乳首にぶっかけたし、腋でもコいたしwwww精子もご飯と一緒に食べるしwwww」 
弟「しかも妹ww聞いてよwww姉ちゃんなwww」 
弟「チンカスも食べるんだぞwwwチンカス分かるかwwwwちんこのカスwwくっせえカスだよwwww」 
弟「そんでそれを口ん中で精子と混ぜて飲むんだぞwwwwもう人間以下だねwwwww」 
妹「……嘘」 
姉「やだ……ッ、やめてよぉ……!」 
弟「分かった?wwだから姉ちゃん黙っててほしいのwww」 
弟「だってもう姉ちゃんww後戻り出来ないからwwwww」 
妹「……ッ」 
姉「言わないでよ……ッ、言わないで……ッ」グスッ 
妹「そんな……」 
弟「そんでこれから姉ちゃんはねww」 
弟「初めて女らしい扱いされるからwww良かったねw姉ちゃんwww」 
姉「……ぅッ、ふぅ……!」フルフル 
弟「ほらw分かったらまんこに挿れるよww」 
弟「姉ちゃんも処女失くして、俺も童貞捨てるのwww妹見てろwww」 
妹「う……ッ」 
ズプ… 
グポ…ッ 
弟「お……あ……w」ズボボ… 
姉「……ぅ、ふぅ、ふぅ……ッ」ビクッ 
弟「あ……、は……wwwやっべえ……wwwwやっべえw姉ちゃんのまんこww姉ちゃんのまんこwww」ドチャッドチャッ! 
姉「うぅ……ッ! 止まって……ッ! 止まって……ッ」ビクッビクッ 
妹「ひ……ッ!」 
弟「姉ちゃんのまんこww姉ちゃんのまんこwww」ドチャッドチャッ! 
弟「感じる!?wちんぽ入る度に金玉ノックしてるよwww」 
弟「金玉の中で精子が早く出たいってさwwwギュルギュル精子作られてるよwww」 
弟「おほwwうぶふwwww」ドチャッドチャッ! 
妹「……ッ!」ビクッ 
姉「うぅ……ッ、ふぅ……ッ!」ビクンッビクンッ 
弟「ああww膣肉が絡むwwちんぽに吸い付くwww」ドチャッドチャッ! 
弟「柔けえwww姉ちゃんww姉ちゃんのまんこがちんぽをくわえ込んでるよwwww」 
弟「そんで亀頭が子宮口にキスしてるwww姉ちゃんの子宮口は感じる?wwwちんぽ感じる?wwww」ドチャッドチャッ! 
姉「……ふぅッ! うぅッ! はぁッ、んぁ……ッ!」ビクンッビクンッ 
妹「……やだ……ッ」 
弟「はあww姉ちゃんwwwもう出そうwwww」ドチャッドチャッ! 
弟「もう金玉限界www我慢出来ないwwww」 
姉「はぁッ、んん……ッ! うぅッ、あ、ぐ……!」 
弟「姉ちゃんのまんこをザーメン漬けにするからwwwまんこをザーメンで満たしてあげるからwwwww」ドチャッドチャッ! 
妹「も、もういい! もういいから! だからやめてよ……」 
弟「任せろww出したらやめるからwwww」ドチャッドチャッ 
妹「……へ」 
姉「うぐッ、うぅッ、あぁっ! はぁっ! はぁッ! ハァッ!」ビクンッビクンッ! 
弟「あwww出るww出るww姉ちゃん孕ませるwww精子出るよあああああwwwwww」 

ビュクッ 

出典:2ちゃんねる
リンク:http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1299546697
  投票  (・∀・):8  (・A・):19  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/34975/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用