メイドINジャポンpart1 (恋人との体験談) 11452回

2013/03/05 12:00┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
メイドは見違えるような衣装で、主の部屋に顔を出した。
「旦那様、ただいま戻りました」
「これはこれは、どこのお嬢様だ?」
飾り立てられてはいても、主従の一線は越えずに接してくる。
「外見くらい磨かれないと、旦那様が私をお入れになった意味がありませんでしょう?」
花嫁学校といわれるフィニッシングスクールに何故か送り込まれたメイドは応じる。
問答無用で放り込まれているので、主の意図が分からなかった。
「スクールではどうだった?」
主はメイドの姿を眺めながら尋ねる。立ち居振る舞いは使用人のそれではなくなっている。
よく離れていられたものだと思うが、その分後の楽しみが大きいと我慢はしていた。
「はい、皆様からはとても良くしていただきました」
「おいで、よく見せてくれ」
促されて主の前に行き、スクールの教育の賜物である完璧な礼を取って見せた。
しごく満足そうな主だが、メイドにはその理由が分からなかった。
気まぐれ、と言えばそれまでだが、家柄と財力が伴っていないと入学が難しいスクールに何故入れたのか。
そもそも何故そんなスクールにメイド――使用人を入れようと思ったのか。

そんなことを考えていたせいで、反応が遅れた。あっと思った時にはもう、主は立ち上がってメイドを抱きしめていた。
「私に会えなくて寂しかったか?」
「旦那様、何故私をスクールに入れたのですか? スクールのお嬢様方は皆様素晴らしい方々で、私を差別はなさいませんでしたが、
私一人が場違いだったのは間違いありません」
「皆上流階級の令嬢達だから、知己を得られてよかったな。何故お前を入れたかか。使用人たる者、主の心情や動きを知ってこそと
思わないか?」
その言葉にメイドは、自分が女主人付きになるのだろうと予想した。
旦那様の奥方にお仕えするために、その方のお気に召すように言動を察知して立ち回ることを求められている。
そのためにメイド風情をスクールに入れるとは、よほど旦那様は奥方になる方を想っていらっしゃるらしい。
「分かりました。私は奥方様付きになるのですね。ご結婚が決まったのですか? おめでとうございます」
ずきずきとする胸の痛みを押し隠して、メイドは笑みを浮かべる。
どんな時でもあまり感情をむき出しにしてはならない、スクールでの教えが皮肉にも役立ちそうだ。
旦那様が迎えるからには名家の令嬢に違いない。どんな方なのだろう。きっと美しくて教養もある方に違いない。
「ああ、そうだな。とても私好みの人だ」
のらりくらりと結婚を先延ばしにしていた主がやっとその気になったのだ。喜ばしいことだ。
なれば、この状況は何なのだろう。
「では、旦那様。手を離してはいただけないでしょうか。ご結婚が決まった御身としては不謹慎です」
主の手は離れず、むしろ腰から下に移って不埒な動きをしている。
片手はメイドの服のボタンをゆっくりと外している。
「旦那様、おやめください」
「ん? 動くと服が破れる。これの価値は知っているだろう?」
そう言われると抗えなくなる。スクール用にと作られた服は、一着でメイドの給料など飛んでしまうような額だった。
それをいいことに主は前をくつろげ、手を差し入れる。
「だんな、さまっ、いけません」
「そうだな、まだいけないな。もう少し色々やればいけるだろう。嬉しいぞ積極的で」
「違います!」

出典: 
リンク: 
  投票  (・∀・):7  (・A・):9  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/34990/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用