愛は四年で終わる (その他) 21763回

2013/03/20 00:20┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
結婚すれば平均して四年間は幸せです。
しかし逆にいえば、その至福は四年の命です。
多くの社会で、結婚して二年たつと離婚する人が増え始め、四年目にピークを迎えます。
四年目の浮気を乗り越えると、離婚率は減ります。

なぜ愛は四年で終わるのか。

四年たったらパートナーを変えた方が、子孫を多く残すのに有利だからです。
モンテーニュは「本人がどう言おうと、われわれは自分のために結婚するのではない。
むしろ子孫のために結婚するのだ」と言っていますが、結婚だけではありません。
結婚も離婚も浮気もすべて、優れた子孫を多く残すためなのです。

アメリカで最も著名な人類学者の一人、ヘレン・フィッシャーの学説を紹介します。
私たちの祖先は、どのような婚姻生活を送っていたのでしょうか。
今日の伝統的な社会を調査すると、子供が乳離れするのに必要な期間は、ほぼ四年です。
この数字が離婚のピークと一致するのは、偶然ではないでしょう。

今日のように核家族化が進んでおらず、複数の家族が集団で生活していた原始時代には、
乳離れした子の世話は周囲にまかせ、配偶者を変えて新しい関係を結ぶことができたと考えられます。
両親が異なれば子供の体質も変わりますから、伝染病が流行しても全滅は防げるかもしれません。

環境がころころ変わる厳しい自然界では、似たような子ばかり産むのは危険です。
日本では平成五年の冷夏で記録的な米不足が生じ、「平成の米騒動」といわれましたが、
人気のある品種ばかり作っていると、環境が激変したときに、ことごとく不作になります。
「新型インフルエンザ」など未知のウイルスが人類を脅かしていますが、
新しい伝染病に対抗して子孫を残すには、可能な限り多様な子供を残すべきでしょう。

子孫を増やすことだけ考えれば、子が離乳したらパートナーを変えるのが最適です。
この賢い戦略を、私たちの祖先は進化の過程で身につけたのではないでしょうか。

男女ともに離婚にふみきる数が多いのは、二十代の生殖能力が盛んな時です。
年齢的に「まだやり直せる」ので、別の人との再婚に期待をかけるのです。
特に女性の側が経済的に豊かで、夫に頼らず生活できると、よけい離婚率が高まります。

逆に子供が多くなるほど、また夫婦の年齢が上がるほど、
新しい生活を築いて子を産む負担が大きくなるので、離婚の動機も弱まるのです。
若く経済力のある女性と結ばれるのは、統計学的には最もリスクの高い結婚です。

出典: 
リンク: 
  投票  (・∀・):20  (・A・):15  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/35232/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用