苦労人 (ジャンル未設定) 12983回

2013/05/05 23:25┃登録者:しもへいちゃん┃作者:名無しの作者
【NHKマイルC】苦労報われた柴田大、GI勝ちに「夢のようです」

「夢のようです。実感がわかなくて、嬉しいけどよくわからなくて…。夢中で追っていたので、レースはよく覚えていません」

 苦労人がついに栄冠を手にした。NHKマイルCをマイネルホウオウで制し、初めて平地のGI競走を勝った柴田大知騎手(35)=美浦・フリー=は、大観衆を前にしたインタビューでも涙を隠さなかった。

 「できれば前につけたかったが、行けなかったので馬のリズムで行った。(最後の直線は)負けたくない一心で…。馬のほうが冷静だったかもしれない」

 デビュー18年目で福永祐一騎手や和田竜二騎手らと同期。「競馬学校花の12期生」と呼ばれる世代にあって、柴田も弟の未崎元騎手(現調教助手)とともに「双子ジョッキー」として注目を集め、その期待にたがわず2年目には重賞レースを制するなど活躍した。しかし2年目の1997年までは年間30近く挙げていた勝ち鞍が、3年目以降は激減。2005年にはそれまで騎乗していなかった障害レースにも乗り始めたが、06、07年は平地競走も含め1勝も挙げることができなかった。

 その後、岡田繁幸氏の知遇を得て、「マイネル」や「コスモ」の冠名を持つ馬に多く騎乗するようになる。11年に中山グランドジャンプをマイネルネオスで制し障害GI初制覇。12年には自己最高の38勝を挙げるなど、それまでの苦労が報われつつある。

 この勝利がJRA通算200勝目。奇しくも前日に200勝を達成した川須栄彦騎手が、かなり早いペースとはいえ4年目であることを考えても、それまでの柴田の臥薪嘗胆のほどがわかる。

 「勝てなかった年が何年かあって、200勝なんて夢の中のことだった」

 感極まって途切れ途切れのインタビュー。柴田が言葉に詰まるたび、彼の雌伏の時を知るファンからは暖かい声援が飛ぶ。

 「皆さんに感謝して、これからも一頭一頭一生懸命乗っていく」と、最後はファンや関係者に力強い口調で誓った。

出典:夢は努力して諦めなければ
リンク:きっと叶う
  投票  (・∀・):39  (・A・):13  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/35598/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用