暇すぎるから今までの恋愛語る (恋人との体験談) 17900回

2013/05/19 00:36┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
1:名も無き被検体774号+:2013/05/11(土) 01:28:42.40ID:NxA2h/PiO
現在スペック
20歳女
フリーター
160cm50kg

当時を思い出しながらだから曖昧な所は補正しながら書く。

小学校2年生の時だ。

当時、おままごとするより外で走り回る方が好きだった男勝りな私は近くの公園に行って生傷を作って毎日母親に叱られながら遊んでいた。

ある日クラスメートの男と喧嘩をした。
本当にくだらない、ただぶつかっただけとかそんな些細な理由だったと思う。
その頃は男女の隔てなんて無かったから取っ組み合いの喧嘩になって引っかいたり殴ったり蹴ったりしてお互い傷を作ってた。

それでも力は男に勝てる程無かったし運動神経なんて皆無だったから避ける事なんて出来なかった。
そんな中、相手が思いっきり私の腹に一発蹴りをかました。
当たりどころが悪かったのか、私はその場に崩れた。
うずくまって声にならない泣き声をあげながら腹をかかえて、それでも追い討ちをかけるように暴力が飛んでくるからとにかく腹だけを守るようにして丸くなった。
だんだんエスカレートしてきてうずくまってる私を相手が無理やり仰向けにした。
そのまま大きく足を上げたんだ。
その先は考えなくてもわかった、腹が踏まれると。
必死に違う所にさせようと転がろうとしても動けない。
ああ、終わったなーなんて考えたらクラスのムードメーカーかつリーダー的な存在の裕樹が止めに入った。

「まぁまぁまぁ、そんくらいにしようぜ」

不服そうな顔をしながらもすごすご席に戻る喧嘩相手。
うずくまってる私を支えるようにして裕樹は起き上がらせた。

「大丈夫か?ってお前ぶっさいくになってるぞ!」

笑いながら声をかける裕樹、これぞ王子様かと思った。
それがきっかけで裕樹の家に行ったり遊ぶ機会が増えたように思う。

それから小学校を卒業するまでずっと片思いしてた。
男女構わず人気だったから告白なんて出来なかったし、見てるだけで初恋は終わった。
裕樹は中学受験をして知らない学校に行った。
きっともっとカッコ良くなってバレンタインは凄い事になってるんだろうなーとか思ったり。

以上、一つ目終わり。
下からだんだん上がっていくよー
image1

15:名も無き被検体774号+:2013/05/11(土) 02:00:50.04ID:NxA2h/PiO
中学生の頃。

学年の女の子から無視とかちょっとした暴力とか屋上に閉じ込められたりして反撃にでれず、軽ーいイジメにあっていた私は根暗で容姿もボロボロなバカ女に成り下がっていた。
友達なんていないし、給食の時担任から決められた5、6人のグループになって机をくっつけて食べなくちゃいけなかったんだけど
私だけ30cmくらい机離されてもそもそ食べるのが普通だった。
精神的に辛かったし、何よりも担任に話しても対処してくれなくて毎日泣きながらペットのハムスターに愚痴を聞いて貰ってた。

死にたい死にたい言いながら毎朝母親に叩き起こされて憂鬱になりながら学校に行き、内容がわかりもしない授業を受けて孤独な休み時間を過ごして。
生きる意味なんて無いなーってずっと思ってた。

気弱な私に対してだんだんイジメもエスカレートしていった。
女の子だけじゃなく男も加わるようになった。
体操服とかノートが男子トイレにあって見つけ出した所に変態気持ち悪い呼ばわりされたり
集団に押さえつけられてごにょごにょされそうになったりとか。
死にたかった。

そんな中、またもリーダー的存在の幸司が現れた。

でも裕樹とは違って止めに入るなんて事は無かった。
ただごにょごにょされそうな時、そいつが一言

「気持ち悪いから触らない方が良いんじゃね」

なんて言った。
同意して離れた男達にひとまず安心して一人きりになった所でまた泣いた。
誰かに見つかってまた変なことされるのは嫌だったから声を殺してずっと泣いた。

翌朝、気持ち悪いっていうのが広まったらしくとりあえず無視だけになった。
まだ暴力が無くなっただけマシだとは思ったけどやっぱり思春期だったから楽しそうにお喋りしてるクラスメートが羨ましかったし加わりたかった。

で、そこらへんから幸司のことを意識し始めたんだと思う。

よく見るとカッコイイし頭良いしスポーツも出来るし。
コミュ力もあった幸司に惹かれた。
それでも相手にされるなんて有り得なかったからチラ見して満足してた。
勉強頑張ってるなーとかポケモンの話盛り上がってるなーとか。
今までの中学生活に色が出たんだ。

ちょっとした楽しみが出てきた中、ある事件が起きた。

付き合った付き合ってない誰が誰を好きだーとかそんな話が出回るようになった頃、一人のクラスメートの女がいきなり私に話しかけたんだ

「ねぇねぇ、セックスしまくってるんでしょー?」

ポカーンと。
孤立してるのにどうやって?とか軽く冷静になってた。
そこから気持ち悪い、性病女、クズやら色んな罵声が浴びせられた。
全部嫌になった。

幸司のスペックの高さに惚れました。
告白出来ないまま卒業しました。
image2

26:名も無き被検体774号+:2013/05/11(土) 02:27:02.07ID:NxA2h/PiO
高校1年生の夏くらいだったと思う。

コミュ力が無くてクラスに馴染めず、学校に行くのが嫌になった私は晴れて不登校児になった。
携帯を持つようになってからは家族にバレないように朝は普通に出て学校に電話して仮病使って毎日休んでた。
早々とそんなことになったせいで留年する可能性が高いと担任に言われたので、もうイジメが辛い理由をつけて担任に言ったらやっぱり取り合ってくれなかった。
また絶望して引きこもりになった。

そこで引きこもりの暇つぶしと言ったら言わずもがなネットだ。
当時SNSが流行ってたので早速登録してオタク仲間を作った。
腐女子というのもありたくさん友達が出来た。ネットの中だけど。
そこでとあるオフ会コミュニティーに入った。
簡単に打ち解けて仲間になることが出来たし、同じような境遇の人が沢山いるからこれだったらきっと仲良くなれる、と思ってオフ会に参加することにした。

オフ会までは毎日楽しくて仕方なかった。

オタク話に華を咲かせているといつの間にかオフ会当日になった。
幹事はKou。副幹事は私。参加者は20人に及ぶ結構大きめのオフ会になった。
最初はグダグダになりつつも楽しいオフ会になったと思う。
そのままオフ会メンバーとプライベートで遊びつつ煙草やらお酒やら始めるようになって立派なDQNになった。
夜遊びしながら居酒屋で騒いでいると、オフ会メンバーの中でも姉御的存在の新太に呼ばれた。

気持ちよく酔っ払っていたので何々ー?なんてニヤニヤしながら話を聞こうとすると、神妙な面持ちで新太はいた。
流石におかしいなって思って新太が口を開くのを待っていると

「Kouのことどう思う?」

意味がよくわからず?を頭に浮かべているとloveの意味でどうなのか、ということだった。
ホストみたいなチャラチャラした格好のKou。
久しぶりに楽しく話せる男相手。
色々重なったせいなのか私は好きになっていた。

新太が神妙→どんな気持ちか聞く→新太はKouのことが好き?
なんでゲスパーしちゃって泣きそうになった。
頼れるし可愛いし気遣いが出来る新太に勝てるはずが無い。
また失恋なのかと思うと泣きそうになった。

新太はそんな私のゲスパーを見抜いて違うメンバーが好きだから気にしないでって言った。
嬉しくて泣いた。
バカ正直にKouのこと好きだ付き合いたいって話すと新太は応援してくれると言ってくれた。
心強い味方が出来た。

そのまま何ヶ月かして私は想いを伝える事にした。
私は都内、Kouは県外に住んでるしバイトもそんなにしてなかったのでわざわざ紙に何を言うかまとめて電話で告白した。

Kouは最初っから私のことを気にかけていたらしくOKを貰った。
嬉しすぎて泣いたらずっと幸せにするからな!なんて言われて余計号泣した。

翌日に事件は起きた。

人生で一番大事ってくらい大好きなアニメタイムの時だった。
Kouから着信があり、アニメを邪魔されてもやもやしつつも電話にでると驚愕した。

「俺、新太と2人で勉強してもいい?」

何言ってんだこいつ
最初に思った。
そのまま話を聞くと、新太は年上で頭が良いしテストが近いから教えて貰いたいとのこと。
しきりに「2人で」という言葉を強調した。
ムカつきながらもそういうのが普通なのかと思って別に良いんじゃない、なんて素っ気なくするとKouは笑い始めた。

「なに?」
「嫉妬した?嫉妬した?」

やる夫の顔が頭に思い浮かんだ。
そして凄くムカついた。

そのまま罵声浴びせるとKouもムカついたのか返してきた。
お互い頭に血が上って大ゲンカ。
そのまま別れました。

たった2日の初彼氏のお話。
今思うとなんで付き合ったのか謎
image3

55:名も無き被検体774号+:2013/05/11(土) 03:33:08.70ID:NxA2h/PiO
恋愛依存症になった17歳の2月。
彼氏がいない、つまらない、暇って理由で男漁りを始めた。

引っかかったのが同い年の彼男。
彼男は虚言癖があるのに話を盛って面白くするという芸当を持ち合わせてなく、つまらない奴だったけどとりあえず恋人がいるという肩書きが欲しくて付き合う事にした。

ある日、彼男の家で遊ぶ事になった。
実家だったけど彼には母親はいなく、叔母さんと父親と暮らしてるそうだ。
そのままお泊まりしようって事になって私はとりあえず彼夫のペットのマルチーズと遊んでた。
ちょっとごめん、そう言うと彼男はトイレに引きこもった。

一時間、二時間経っても出てこない。
日が暮れて月が登り、日付が変わる頃玄関が開く音がした。

「彼男ー?帰ってるのかー?」

彼男の父親だった。
一軒家の二階に彼男の部屋があり、詳しくは聞こえないけど彼男父と彼男叔母は話し込んでるようだ。
なんだか雲行きが怪しいぞーなんて呑気に思ってると彼男父が怒鳴りだした。

「彼男!何やってるんだ!出て来い!」

なんかヤバくないか?いやでも彼男に任せれば…いやいやいや、なんて思考を巡らせてると彼男叔母が申し訳なさそうに部屋に入ってきた。
ごめんねぇ…ちょっとリビングまで来てくれる…?
流石に叔母さんに言われたら仕方ない、と一緒にリビングに行くと顔に痣を作った彼男、正面にいかにも893ですねわかりますと思ってしまうような彼男父が腕組みをしながら座っていた。

そこから2時間くらいの説教。
女性をこんな時間まで帰らせずに何をやってるんだ、とか親御さんは大丈夫なのか、とか
思いやりがある良いお父様じゃないかと軽く考えたけど彼男の痣を見ると消え去った。
所々に彼男が口を挟むとうるさい!と机を殴って怖かったのを覚えている。

そのまま私は彼男の部屋で、彼男はリビングのソファで、叔母さんと彼男父は自室で寝る事になった。

翌朝彼男父が仕事に行く音に目が覚めた私は彼男を起こし、早々に帰った。
そしてそのまま一生サヨウナラ。
付き合ってから一週間くらいの出来事でした。

あとは彼男がオフ会メンバーの人と付き合ってたとか私が友達とラブホ行ったら彼男が激怒して殺しに行くとか言い始めたとか
つまんない出来事が起きたくらいで手繋いだりとかは一切しなかった。
image4

63:名も無き被検体774号+:2013/05/11(土) 04:02:11.39ID:NxA2h/PiO
番外編姉ちゃんとの日常会話

妹「今日がっつりメイクした!」
姉「濃すぎでしょ…」
妹「…えっ」
姉「なんかチーク塗りすぎた人の目バージョンみたい」
妹 「」ゴシゴシヌリヌリ
妹「どう?」
姉「おーいいじゃん。ていうか補正早すぎwww」
妹「流石天才だろ?」
姉「うーん…」

姉「今日はリボンつけようと思う」
妹「かわいーなそのリボン」
姉「つけてみた」
妹「…なんかちがくね?」
姉「違う?」
妹「ネクタイにしてみよう」
姉「はい」
妹「えっ」
姉「えっ」
妹「…結べないの?」
姉「…結べないよ!」
妹「仕方ないなぁww」
妹「…はい、おk」
姉「……なんかちがう気がする」
妹「違うなぁ…」
姉「やっぱりリボンにしよう」

妹「ちくしょーおっぱいでけーな!」
※姉ちゃんFカップ、私Dカップ

姉「おめーも十分でかいから」
妹「ねーよwwwねーよちくしょおおお」もみもみ
姉「胸じゃなくて肩揉んでよ」
妹「はぁい…」もみもみ…

69:名も無き被検体774号+:2013/05/11(土) 04:12:49.76ID:NxA2h/PiO
彼男がつまらなくて読書に励む中、あはんうふんな描写が出てきた。
うひょーうとか思いつつふと自分がまだラブホ経験したことが無い事に気付き、誰かと行こうと決心。
全くラブホ知識が無かったので女同士で行けるということを知らず、とりあえず男友達で付き合ってくれそうな人を電話帳から探す。
そこで目を付けたのがオフメン男B。
男Bは女Bと付き合ってるものの大学生だし経験者でもあるし、お金もある。
早速男Bに連絡をした。

「もしもし男B?」
「んー」
「寝起きで申し訳ないんだけど明日ラブホ行かない?」
「……はぁぁ?」
「セックスしたいとかじゃなくてラブホに行きたいの。興味本位。一切体には触らないし触らせない」
「…あー…夜からなら空いてる」
「了解」

て感じで某ラブホ街近くを待ち合わせにして軽く飲んでからいざラブホへGO。
初めてのラブホにテンション上がりすぎてゴムとかいじりまくった。
そして私はキス以上の経験が一切無かったため電マとかディルドが載ってるカタログみたいなやつで興奮しまくった。
性的な意味じゃなく。

で、カタログとか浴室とかを写メってオフメン女Cにここはどこでしょー?とかって送ったのね。
そしたら電話がかかってきてポロッと言っちゃったんだ
「男Bと来た」って。
我ながらバカすぎて言葉が出ない。
セックスセックスwwwとか言ったら電話が切れた。
頭が働かなくて意味がわからないままそのままベッドに潜り込んだ。

でも相手はやりたい盛りの大学生なんですよねー。
そのままガバーって来ました。
そして中学時代のトラウマが蘇った私、全力拒否&逃走www
荷物持って駅までダッシュしたつもりが迷子になった。
もう勘弁してくれよ…とか泣きそうになりつつ携帯でナビウォーク使った。便利だよナビウォーク。

で、相手から謝罪メールが来てこっちも謝ってちょっと距離置いた。

で、翌日女Cがちゃんとご報告してくれたらしくオフメンから罵倒罵声の嵐メール。
そこで彼男が激怒して男Bに「連れと殺しに行くからな、お前の住所わかってんだからな」と脅しメール。
急いで男Bと口裏合わせて誤解わ解こうとしたけど失敗に終わり、そのままオフメンとは縁が切れた。

90:名も無き被検体774号+:2013/05/11(土) 05:19:48.29ID:NxA2h/PiO
17歳、まだじめっとした暑さが残りつつある秋の事。

オフメンとも関わりが無くなってまたぼっちになり、1からやり直すのも面倒だしまた人間関係でゴタゴタするのが嫌だった私はニートをしていた。
バイトも寝坊が多すぎてクビになり、外に出る用事もない。
家では母親と恋人がイチャイチャしてるし居場所と言ったら布団に潜ってただ暗闇を見つめている事しか出来なかった。
まともな物も口にせず、動かないおかげか飢えも無い。
ただただ水を飲んで布団に潜る、そんな日が2ヶ月続いた。
次第に体は弱っていき立つだけで膝が笑う、コンビニに行こうとするとめまいと立ちくらみが酷く、たった50mすら歩くのもままならない状態だった。

この頃両親は離婚していて私は母親についた。
母親は元々離婚したら恋人と住むつもりだったようで、1Kアパートに3人で暮らすことになっていた。
母親は恋人にゾッコンで恋人は私を性的な意味で以下略という最悪な三角関係が出来上がっていた。

そんな中、姉ちゃんが我が家に来た。
勿論母親は恋人loveなので一応歓迎しますよオーラを出しつつも最優先は恋人。
そして私を見るとなんとも言えない表情を見せた。

とりあえずもう日が暮れていたので晩御飯、ということになったが何分私は食欲が無い。
しかし姉ちゃんに変な事を思われたくなかったので無理やり詰め込んで水で胃におさめた。
結局そんな簡単に胃は受け入れてくれず、気持ち悪くなった私はバレないように便器にさようならをした。

母親と姉ちゃんは談笑しているので久しぶりに会うし2人でつもる話もあるだろうと適当な理由を言って近くの公園でボケーッとした。

30分か1時間か雲を眺めるのに飽きた頃時代に戻りそのまま就寝。
姉ちゃんの寝相が悪すぎて布団から落とされた。

翌日、姉ちゃんはバイトがあるとのことで帰る事になった。
駅まで送れとの命令が姉ちゃんから送られたので渋々準備をしてゆっくり歩いた。

「妹、ニートしてるんだって?ちょっとは働きなよ」

心苦しくなる言葉だった。
自分なりにお金が無いって焦ってたし、家賃、光熱費その他雑費を割り勘していたのでそれも母親に滞納している。
姉ちゃんが来る前にバイトの面接を15個くらい受けたが落ちていた。

スーツ着て髪もまとめているのに受からない。
話はスムーズに出来ているはずなのに落とされる。
どうしようもなかった。
それからも駅に着くまでに遠回しな罵声をくらって泣きそうになった。
頑張るとは言ったもののどう頑張れば良いのかもわからなくなっていた。

仕方なくまた某ウェブサイトの求人を見ると1つ目に留まるものがあった。
マッサージ施術の求人である。
前から姉ちゃんには肩もみの奴隷をさせられていて嫌々ながらやっていたものの、鍛えられたのか友人にも評判は良かった。
これだったらいけるんじゃないか、ダメだったらもう体を売るしかないと決心して面接を取り付けた。

ここでまた問題が出た。
面接地が渋谷だという。
109が、ハチ公がとか色々聞いたことがあるものの一度も行ったことが無かった私にはハードルが高い。
ましてや人混みである。
もう死ぬしか無いのか、いやでもこれにかけるしか無い。
色んな葛藤をしていざ面接当日。
バックレたい気持ちが大きくなりすぎて電車の中で泣きながらも渋谷に到着した。
なんだここは。人が多すぎる。本当にここでいいのか。帰りたい。帰らせて。ダメだ、負けるな。
ぐちゃぐちゃ考えながら面接地を探した。

事前に面接地の写真をグーグル先生に聞いといたおかげかすんなり見付けられた。
面接までは1時間も余裕がある。
面接地の前でずっとたたずんでいた。

次第にまた恐怖が沸いてきた。
どうしようもなく帰りたくなり、何故か姉ちゃんに電話した。
幸いにもすぐに出てくれた。

「もしもし?」
「おーどうしたん」
「面接地まで来たよ」
「おぉ、凄いじゃん」
「落ちたらどうしよ」←ここらへんで涙目になる
「大丈夫だ、落ち着け」
「もうダメだ落ちるごめんなさい」
「何言ってんの、まだ面接してないでしょうが」
「ごめんなさい」
「大丈夫だって。ちゃんと面接できたらオムライス奢ってあげるから」
「ほんと?」
「うん」

とあるファミレスのオムライスが大好物の私はすぐに釣られた。
我ながら単純だ。

そこから何故か施術者→イベントガール→派遣に路線変更されて面接に受かった。
この時の面接担当者さんは今でも尊敬してる。
短時間で全部見抜いて、私に一番合う場所を作ってくれた。

一週間もしないうちにいざ初業務。
またネガティブと逃げたい病が発生しつつもなんとかこなす。

そこで出会ったのが責任者であるK男さん。

K男さんはキャリアがあるせいか指示も教え方も全部完璧にこなした。
週一で休みがあるかないかくらいシフトを入れたせいなのか毎日K男さんと一緒にいて次第に惹かれていった。
ただ第一印象暇は最悪だった。
だるそう、目が死んでる、何よりも遠目で私を見ながらコソコソ同僚らしき人に話しかけていたので悪口か、とまたどんよりしたりもした。

半年くらい毎日のように顔を合わせてるとさすがに仲良くなった。
業務中なのに携帯をいじるのはあんまりよろしくないとは思いつつもちらほら見せてくる動画がツボになってずっと笑えた。
K男さんと一緒にいると自然に笑えたのである。

また脱線しちゃうけどこの仕事につくまで愛想笑いすらままならなくて、無表情のつもりでも顔の作りのせいか仏頂面しか出来なかったから本当に心の底から笑ったのはかなり久しぶりだった。

そしてK男さんと一緒に業務をしていたある日のこと。

初業務で陰口らしきものを話していた同僚女さんがK男さんと話しているのを目撃した。
その時苦しくなって、泣きたくもなった。
私以外と話しているのが気にくわない。
嫉妬が芽生えた瞬間だった。

そこでやっと好きなんだと自覚。
ただ、今まで付き合ったと言ってもまともな恋愛をしてこなかったからどうすればいいのかわからない。
ましてや仕事で関わる人と、K男さんとはギクシャクした仲になりたくない。
ずっと一緒にいられるならこのままが良い。
そう思ったら告白なんて出来なかった。

そんな想いをもやもやさせつつも確実にK男さんとの距離は縮まっていった。

しばらく経ったある日、私がごねまくって男先輩、私、K男さんの3人でK男さん宅で飲む事になった。
内心は男先輩クソッタレとか思ってたけどK男さんと男先輩は仲が良かったので、男先輩が来るなら…と渋々承諾してくれた。
ルンルンでお酒を選ぶ私。
つまみをカゴに突っ込む先輩。
荷物持ちのK男さん。
端から見たら変なメンバーだったと思われる。

いざK男さん宅に到着するとさっそく乾杯し、談笑を楽しみながら時間はすぎていった。

男先輩は翌日仕事なので早々に帰宅。
そして私は男女の隔てというものが小学生のままでいたので何も考えずに言ってしまった。

「K男さん明日休みですよね。泊まって良いですか?」

K男さんポカーン。
私は理由がわからずポカーン。

しどろもどろになりつつもK男さんは承諾してくれた。

お互いシャワーを浴びて就寝。
何もなかった。

その日を境に私はK男さん宅によく行くようになり、スキンシップも多くなった。
毎日楽しくて仕事も捗るし良い事ばっかりだ。
姉ちゃんに会った時も明るくなったと言われるようになり、ネガティブも逃げたい病も無くなった。
ずっと楽しい毎日が続くと思ってた。

K男さん宅に入り浸るようになってからはK男さん自ら合い鍵を渡してくれた。
凄く凄く嬉しかった。

とは言え、K男さんはベテランだから月に3、4日あるか無いか。
酷い時は1ヶ月半ずっと働きっぱなしである。
私は私でまだ新人だからK男さんがやる業務とは別のものに入るしかないし、何よりもタイミングが悪いのか受付嬢をやった時にクライアントさんからえらく気に入られてK男さんとは会う時間が減っていった。

それでも私が翌日休みの時はK男さん宅に行って食事以外の家事とかやり、K男さんが帰ってきたら肩もみという名のいちゃつきをしてた。
冗談ぽく抱き付いたりもした。

本音を言うとそのままK男さんから告白して欲しかったし、そのまま夜這いにならないかなーなんてずっと思ってた。
なんでここまでしてるのに、って当時はずっと悩んで露出多くしたり風呂上がりにバスタオル一枚で出たり色々仕掛けたのにバカ何やってんだって笑うだけで何もしてこなかった。
魅力無いのかよって沈んだ。

それでも好きなものは好きだからってK男さんが好きなもの買っといたりサプライズみたいなのもした。
K男さんはめちゃくちゃしぶとかった。
お礼を言うだけで一切何もしてこなかった。

そんな挑戦状を叩き付ける日が続く中、K男さんが私に手を伸ばしてきた。
何もしてないけどやっとK男さんが発情してくれた!と喜んだのも束の間、崖から突き落とされる。

「鍵返せ。もう泊まりに来るな」

多分泣きそうな顔をしていたと思う。
それでも泣かずにえーなんでよーwwなんて震える声で言いながら鍵を返した。
怒りよりも悲しさで何も言えずにいる私。
その日、K男さんは口を開く事は無かった。

それからと言うものの、K男さんは私をニックネームで呼んでいたのに苗字+さん付けに変わり、一緒の業務に入っても前のように笑いをかけてくれる事が一切無くなった。
たくさん考えたけど理由はわからないまま日にちだけが過ぎていく。

メールを送ろうとしたり電話もかけようとしたけど、冷たい声であしらわれるのが嫌だった。
つくづく自分自身しか考えられない脳みそだ。
そんな自分は苦笑いしつつも思考はだんだんと落ちていく。
またネガティブで卑屈な根暗の私に戻った。

それから1年が経った。
うじうじしていてもまたニートに戻って堕落人間になるのだけは嫌だったので仕事を最優先にして動くようになった。
業務も一通りこなせるようになり、K男さんのことを考える暇も無いくらい忙しくなった。
厳密には無理やり仕事を入れて貰ったんだけど。
そこから自分のスキルアップをし、後輩が出来ていく中私は一つの目標が出来た。
責任者になりたい。
失敗はするけど人より完璧に業務をこなせる自信はあるし、クライアントさんともそれなりに良い関係が築けるようにもなった。
2、3年長くやってる先輩よりも数だってこなしてるし何よりも今までの業務を全部メモしてある。
任された仕事は120%でこなして120%で終わらせる事だって出来る。
そんな自信もあるし、実際販売員になると会社での最高記録を毎回のように叩き出した。

実績も実力もそれなりにあるんだし、クライアントさんからも良い評価を貰っている。
ここいらで周りを見ても先輩より出来ているはずだから、責任者にさせてください。
上司に言うと、思いも寄らぬ言葉が返ってきた。

「でもまだ若いからねぇ…」

ここにきて年齢という壁。
どうあがいても砕けられない大きな壁だ。
それを聞くと一気にやる気が無くなってしまった。
今までの努力はなんだったのか。
結局報われないんじゃないか。
意味が無かった。
じゃあもういいや。

悔しさよりも喪失感の方が大きくなってしまい、全てを諦めてしまった。
そうすると苦情は出る、お客様から100%の満足を貰えない。
どうでもよくなった私は上司の言葉も進撃に受け止める事も無くなり、ただお金を貰うために動くだけのクズに成り下がった。

今までの数値も格段に下がっていくので上司は呆れ顔。
そんな日が続き、とうとうクビになった。
もうやめてくれるかな、今まで優しくしてくれた上司は嫌そうな表情をしながらけだるそうに言った。
なんでかわからないけど涙が出てきた。
どうでもよくなったはずなのに、なんでだろう。
今でも理由はわからないけど色々悔しかったのかなぁとは考えたりする。
一応お礼だけ言ってから会社を去った。

遊ぶ事より仕事を選んでいたおかげで幸いにも2ヶ月は何もしなくてもいいくらいの貯金はある。
久しぶりにオフ会に出て騒いだ。
前のメンバーが全くいない、その日限りの付き合いで終わるようなオフ会。
仕事のおかげでコミュ力が鍛えられたせいか、輪の中心になっていた。
飲んで吐いてまた飲んで、そのままカラオケ言って騒いで飲んで。

遊びなんて一切してなくて、やっとはしゃげたというのにも関わらずちっとも楽しくなかった。
なんでこんな事してるんだろう、なんてバカらしくなった。

途中でオフ会を切り上げていつもは電車に乗って帰る所を酔い醒ましに歩いて帰った。
ずっと仕事に生きてきた私は希望も無くなって、遊ぶのすらもつまらないとしか感じなくなってしまい、また無表情の日が続いた。

遊ぶ事は無くなったものの自宅にいるのが嫌だった私は毎日外食をするようになり、だんだんと貯金は減っていった。
仕事のことは母親に言っておらず、また金金と言われるのが嫌だったので一人暮らしを始めることにした。
とりあえず家は即座に決めてあとは働くのみ。
何をしようかな、なんて考えながら繁華街をぶらぶらしていたらふと水商売の求人貼り紙が目にとまった。
体は売らないけどただ相手を持ち上げるだけでお金が貰える商売。
これくらいなら出来るんじゃないか、とそのまま面接を取り付けてそのまま許可を貰いバイトを始めた。

久しぶりの接客が楽しくて楽しくて仕方なかった。
やっぱり人と関わるのが好きなんだなぁと実感してちまちま働いた。
洋服も可愛らしいものを着て、化粧も研究して女の子っぽくなる努力を初めてした。
そんな日を過ごしてるうちに19歳最後の月がやってきた。

あっけない10代だったなぁなんて思いながら友人とゲームをする。
スト4でまだ初心者だった私はフルボッコにされながら友人と笑いあっていた。
ダラダラとスナック菓子を食べながら談笑をしていると一通のメールが届いた。
宛名はメールアドレス。
メルマガ?登録してない人?出会い系?でも@から先が携帯会社。
なんでだろうか、そのアドレスには見覚えがある。
必死に記憶の引き出しを漁りながらメールを開いた。

「久しぶり。家に来ないか?」

K男さんだった。

久しぶりすぎていきなりすぎて、意味がわからなかった。
何言ってんのこの人。
自分から突き放したくせに。
また私を利用したいのか。
もやもやしつつも心の底では喜んでしまっていたせいかOKの文字を送信してしまった。

適当な理由をつけて友人とは別れ、一旦自宅に戻り準備をしてK男さん宅へ向かう。
電車の中でK男さんと笑い合った日、スキンシップを試みて失敗した日、色んな事を思い出した。
結局自分は傷付いて何も行動出来なかったけど。
そんな事を思っているうちにK男さん宅の最寄り駅についた。

「何か買っていくものありますか?」

昔いつもしていたメールを送ってから主婦か私は、なんて苦笑しつつもコンビニへ向かい、適当に飲み物と間食を買う。
そして懐かしく思いながらもゆっくりとK男さん宅に歩いていく。
ゆっくりと歩いてたつもりがやっぱり足取りが軽くなっていたのか、予定よりも早くK男さん宅についた。

ピンポーン。

ガチャ。

「よう」

「お久しぶりです」

多少恨んでいた部分がありながらも思ったよりも軽く挨拶が出来た。
部屋へ入るとその人独特の香りが鼻を掠め、以前のように散らかったリビングが目に入る。
何も変わってないK男さんの家だった。

「ビール飲むか?」

「今何時だと思ってるんですか」

多少暗くなってきたとは言え、辺りはまだ陽に照らされている。
確かにな、とちょっと笑ったあと一つの静寂が訪れた。
なんとなく気まずくなってしまい話題、話題、と頭を回転させる。
K男さんも同じ考えだったのかテレビをつけた。

対して興味も無いドキュメンタリーが放送されている中、2人でとりあえずテレビに目線を送る。
何分か経って番組内容が変わると、K男さんが口を開いた。

「そういえばさ」

「はい」

「お前今何してんの?結構前に仕事やめたんだろ」

噂というのは回るのが早いらしい。
たった一人、私がやめただけで一週間後には周知されていたそうだ。
私ははぐらかそうとしたものの、まぁまたいなくなるだろうと思いながら全てを話した。

やる気が無くなってダメ人間になったこと、豪遊してもつまらなかったこと、今は水商売もやっていること。
全部言うと吹っ切れてしまい、K男さんに好意があったことも伝えた。

最初は驚いていたものの、K男さんも当時は私のことが好きだったようだ。
これには私も驚いた。
そして昔を思い出して泣いてしまった。

「じゃあなんでいきなり冷たくなったんですか」

半ば怒鳴るようにして嗚咽を殺しながら言うと、K男さんはタオルを私に渡しながら言った。

「俺は俺で色々考えてたんだよ」

聞くと、やはり年齢の壁が大きかったそうだ。
当時の私は17歳でK男さんは30歳。
一回り以上も違うし、法律上夜遊びも出来ないような子供。
信頼出来る父のような存在の友人に相談をすると、あと1年は少なからず待たないとダメなんじゃないかと言われた。
それに納得はしたけど私のスキンシップが多くて抑えるのもやっと。
しかも最近露出も激しくなり、いつか襲いそうで怖くなった。
だから離れた。

K男さんはK男さんで私と同じように今の関係が崩れるのが嫌だったらしい。

それに対して私は納得はしたものの、怒りが収まらなかったので何発か平手打ちをかましておいた。
その手を押さえて引っ張り、私は体制を崩してK男さんの腕の中におさまった。

「今更だけど付き合うか」

嬉しかった。
努力が報われた。やっとずっと一緒にいられる。
なんて思ったものの、私は断った。
たかが1年離れていただけなので多少気持ちは薄れていたが、また一緒にいればすぐ好きになる。
前と同じく楽しい日が続くなら是非とも一緒に過ごしたかったが無理だった。
理由は私のトラウマ。

恋人と付き合い、やることと言えばセックス。
私はこれまで何度かセックスを試みたものの、どうしても恐怖と嫌悪感が拭えない。
怖い。助けて。触らないで。痛い。やだ。やだ。やだ。
ずっとずっとそう思い、拒絶をしてしまう。
そして酷い時には喘息が出て暫くは男性と話せない、触れない、すれ違うだけでも吐き気を催すという最悪なパターンになってしまうのだ。

どうしてもこのトラウマは消えてくれず、飛びっきり重い足枷となっていた。

K男さんからの申し出をお断りをする時、私はいつものように笑って返した。

「何言ってるんですか〜。もう気持ちなんて無いでしょ、あはは」

私が無理やりにでも軽く返したせいかK男さんもそうだよな、と笑いながら流した。
その日は今まで一緒にいなかった分を取り戻すようにお互い笑って子供のようなくだらない会話を楽しんだ。
電車の都合で早めに帰宅し、自宅に着くとカバンを放り投げて布団に突っ伏す。
どうしてもセックスが嫌だと思ってしまう自分に苛立ちと嫌悪感が募った。

そのトラウマは将来への不安にも繋がっている。
家業を継ぐということは無いものの、世間一般としてはそれなりの年齢になると結構をして主婦になり、愛しい旦那との子を生んで幸せな家庭を築き上げ、
慌ただしい育児をしつつ子供が巣立っていくのを見守る。
嬉しかったり寂しくなりつつも子供が結婚をし、また旦那との生活が始まる。
そして老後になり孫を見届けてゆったりとした生活をしながらそのまま墓に入って。
そんな事をするのが普通の人生と言われている。
そこから道を少しでも外すと邪険に扱われたり他人から一歩置かれたり。
比較的自分のやりたいことをやる私は言わずもがな邪険に扱われる。

今となってはもうどうでもいいんだけど当時心強い味方という人がいなくて精神的にはキツかった。

トラウマを抱えていてもその場面に出くわすまでは気付かないもので、確信したのはオフ会に出るようになった頃だった。
元々人間関係を築く事をしてこなかったというのもあり、最初にオフ会メンバーから肩を叩かれたり軽いハグに肩が跳ねる事があったので最初はまだ慣れてないからなんだなーと勘違いをしていた。
それから何ヶ月経ってもずっとおさまる気配が無く、だんだんと疑問に思う事が増えていった。

決定打はオフメンの一人に後ろから背中を引っ張られて抱き付かれてた時だった。
大きな叫び声と共に涙が止まらなくなった。
ちょうどオフ会の待ち合わせをしていたので数名オフメンが集まっており、通り過ぎる街中の人からも注目を浴びる。
軽々しくスキンシップをしたつもりの男Cもなにがなんだかわからない様子だった。

とりあえずオフメンの中でも親しい女Cに喫茶店に連れられる。
背中をさすって貰い、震える体をなんとか落ち着かせた。
初めは理由がわからなかったものの、女Cと話しているうちにだんだんと謎が解けていった。

そこでトラウマというものに気付き、ある程度分かった所で一旦帰宅。
女Cにはお礼、抱きついてきた男Cには謝罪メールを送り、トラウマに関してどう対処するか思考を巡らせた。

どうやって無くすのかを考えても、荒療治だけど誰かに付き合って貰い慣れるまで抱きしめて貰うというものしか思いつかなかった。
思い立ったらすぐ行動、と親しい男Dに相談を持ちかけると快く受けて貰えた。
男Dは社会人なので会う日が限られてしまうけど、逆にゆっくりと解消出来るんじゃないかと考えると心が高鳴った。

結論から言うとトラウマは余計悪化した。
最初は飲食店で手をつなぐ、ボディータッチをする等少しずつ触れる、相手からも触られるようになったものだんだんと場所が2人きりになれるような所になり、
人前で抱き付くのは流石に…という言葉を信じた私はカラオケの個室で会う事になった。

そのままじゃあ、と軽く照れながらもお願いすると男Dは肩を寄せて抱きしめてきた。
しかしながらやっぱり嫌悪感が多くなる。
ごめん一旦離れて、と言い体の密着が無くなった所でキスされた。
訳が分からず、でも体は反射的に男Dを拒絶した。
呼吸が荒くなり自然と涙が溢れ、体が震えてくる。

そんな様子に焦った男Dは私に腕を伸ばした所で宙に浮かせ、迷ったようにさまよいながらも引っ込めた。
好きだった。ごめん。
そう言うとお札を2枚机に置いて出て行った。

男Dはお互い気まずくなりそのまま疎遠になった。
異性といるだけで危ない目にあう、と体が覚えてしまい、派遣なんてやっていられなくなった。
結局無くすなんて事が出来ないまま数日間引きこもった。

派遣は内容として接客が多くなってしまうのでこのままだと普通に働く事も出来ない。
でも働かないと生活が出来ない。
自暴自棄になってもう無理やりにでも慣れるしかないな、と思いシフトを入れた。
仕事にならなかったらもういっそ死んでしまえばいい。
生きれないんだったら仕方ないんだから。
そんなことを思って出勤した。

その日の仕事内容は販売だった。
他の販売員さんやクライアントさんは運良く女性だった。
挨拶をしてから開店準備に取りかかり、いざ業務開始。
それなりに人で賑わう中、私の所へ一人のお客様がやってきた。
男性だ。
一瞬顔が強張りながらもお客様の元へ行き、商品の説明をする。
メリットとデメリットを伝えながらもお客様は商品をレジまで運んでいった。

そこからは忙しくなり、他の販売員さんと協力しながら業務をこなす。
閉店後にはヘトヘトだった。

足を引きずりながらも帰宅して業務内容と所感をノートにまとめ、倒れ込むようにして布団に横たわる。
そしてトラウマについて考えた。

仕事をしている時は多少の苦手意識はあったものの問題無く男性と喋ることが出来た。
軽い世間話も挟みつつも一定の距離感があると大丈夫なようだ。
仕事中は問題無いとして、生きる事自体には全く障害は無い。
それだったらプライベートで関わらなければ良い話だ。
どっちにしろ恋人作っても一生関わるなんて無いし、そんな事に一喜一憂したって時間の無駄だ。
そう結論づけて一旦思考を止めさせた。

そのまま時間は過ぎていき、だんだんと同僚、上司とは打ち解けて仲良くなっていった。
スキンシップさえ無ければ多少の隔てはあるものの円滑な人間関係を築く事は出来たので、自然とトラウマからも思考が逸れていった。

そして時は経ち、17歳の秋。
K男さんに出会った。

その頃にはもうトラウマなんてものは消え失せたのか、お互いにスキンシップしても問題無く接せられるようになった。
ただ恋愛はする事はなく、友達以上恋人未満の親しい間柄はいても夜を一緒に過ごす恋人なんて人はいなかった。

クリスマスとかイベント事がある時も、仕事仲間とか趣味友とリア充爆発しろー!なんて言いながら笑っていたので寂しいなんて事は無かった。
それだけで充分楽しかったし恋人がいたってなんら変わりもないだろう。
過ごす相手が変わるだけだ。
そんなつまらない思考になっていたけど、だんだんとK男さんに惹かれていってしまい自分の考えがよくわからなくなっていた。
そのまま仲良くなる、別れに悲しむ、再会をしたが、やっぱりスキンシップ以上のことを望む事はなかった。

一般的な恋人は体を交わせるのにそれが出来ない女なんて価値が無い。
それだったら付き合わない方が、K男さんには似合う人がたくさんいるんだから。

お断りしてから数日後、再度K男さんと会う事になった。
若干の気まずさはあるものの再会した時みたいに軽く言葉をかわせるだろうと呑気に考えながらK男さん宅へと向かう。
いつも通りコンビニで食べ物と飲み物を適当に買ってからK男さん宅に到着し、ダラダラしていると神妙な面持ちでK男さんが口を開いた。

「お前さぁ、今って水商売しかやってないんだよな」

「はい」

「昼って何してんの?」

「特には…ゲーセン行ったり漫画読んだりですかね」

一瞬の間ができ、K男さんは少し考える素振りをした後ニヤッと笑った。
悪巧み考えてるのかと若干眉間に皺を寄せながらも次の言葉を待った。

「もう一回派遣やるつもりは無い?」

「えっ…」

困惑しつつも話を聞くと、K男さんは現在人材派遣の正社員でお店に行って運営を行う側ではなく、お店に人を送る側をやっているとのこと。
そこの業務は私がいた派遣会社と内容はほぼ同じだし、私がいれば新人スタッフの教育も出来る時間が出来て捗るとのこと。

「でも私、前の会社でやる気が無いって理由でクビになったんですよ?苦情もあったし…」

「クライアントがいる時はやる気がある演技しとけば良い」

そういえばK男は確かにいつもそうやってた気がする。
クライアントがいない時に動画見ちゃうような人だったしな…

そして求人は出しているものの、壊滅的に人不足。
派遣会社なのに派遣出来る人がいないんじゃ仕事が回らない。
頼む、と頭を下げられてしまい乗り気ではないもののOKした。
そしてお昼はK男さんの会社でバイト、夜は水商売をするという若干ハードな毎日が始まった。

派遣の仕事は前の会社で色んな業務をしていたせいか、問題無く取り組める。
色んな重荷が無くなったせいか、前よりも簡単にこなす事が出来た。
そしてK男さんとまた毎日のように会えるし、また人生に彩りが宿った。

K男さん宅に泊まる事も何回かあり、仕事という共通点が出来た所でより一層深い関係になった。
そんな中、何回かまた付き合う付き合わないという話が出たけども結局付き合わず、だけどお互いまた冗談っぽく話ていたのでなんら問題無く仲の良い友人、という立場の関係が続いていった。
そして友達であり上司であるK男さんは確実に私の心を近付けていった。

そして運命とも言える日がやってきた。

K男さん宅でダラダラとしていると、何やらK男さんは難しい顔をしてパソコンと向き合っていた。
仕事大変そうだなーなんて考えながらもスト3を楽しんでいるとため息をついて私の隣に座り、悲痛な叫び声を上げるテレビに視線を送るK男さん。

何やら思い詰めているようだったので一旦ゲームを中断してK男さんと向き合った。
どうしたんですか、と言葉をかけると生返事がきて黙り込む。
静まった部屋でK男さんは決心したように言葉を紡いだ。

「付き合おう」

冗談で返せるような空気ではない。
私はとうとうこの日が来たか、と頭の中でどこか冷静になりつつもなんて返せば良いのか思考を巡らせた。

もしここで拒絶したら仕事がやりにくくなってしまう。
かといって受け入れたとしても体の関係は持てないし、上手く行く事なんて無い。
どうしたらいいものか、と俯いていた。
どっちにしろ私は断るつもりでいる。
K男さんだってもう子供じゃないんだから仕事に私情を持ち込むなんてことはしないだろう。
今の関係が崩れたってなんら問題は無い。
ちょっとつまんなくなるなったってまた趣味友たちと笑い合えば良い話だし。
そして私は顔を上げ、まっすぐK男さんを見た。

「ごめんなさい。出来ません。」

K男さんの表情が強張った。
そのまま拳を握りしめ、少々たじろぐ。
まさか暴力なんてないよな、流石に体力仕事やってるけど一回り体が大きいK男さんに勝てる自信なんて無いぞ…
そんな心配も杞憂に終わり、K男さんは一つため息を零してからまたパソコンと向き合った。
私もまたテレビに視線を送り、ゲーム再開。
無言のまま日が暮れた。

それからと言うものの、仕事中に多少話す事はあってもさり気なく避けられるようになった。
結局こうなるんだなーなんて失笑しながらも業務をこなし、クライアントさんと挨拶してまた次の現場に行く。
そんな日が続いた。

その頃、五月病みたいな感じで無気力な状態になって私は仕事を休みがちになった。
それでも人手不足だからという理由で頼まれると断れず、嫌々ながらも重い足取りでお店に向かう。
各お店ごとにK男さんの会社から現場責任者も派遣されるのでしょっちゅう仕事に入る私はその責任者であるG男さんと仲良くなった。

G男さんは営業をやっていた事もあり、凄く饒舌で尊敬していた。
K男さんとも仲が良く、休憩を一緒にしたりしょっちゅう飲みに行ったりすることもあった。

いつもより表情が無い事を察したG男さんは仕事終わりに飲みに誘ってくれた。
お酒が好きな私はそれを元にモチベーションを上げて業務に取りかかり、それなりの実績を残して終了。
さてじゃあどこに行きましょうか、と辺りを見回していると何やら見知った顔が近付いてくる。
愛用バックから眼鏡を取り出してよく見るとK男さんだった。

なんでいるんだよ…なんて一気にテンションががた落ちし、じゃあ行きますかと足を進める。
2人が談笑してるのを後ろでボケーッと見ながら某居酒屋に到着。
多少賑わってはいるものの、平日というのもあってかちらほらと席が空いていた。

まぁ飲んだら楽しんだもの勝ちだろうと並々と注がれたビールを半分まで飲み、つまみを口に放り投げながらおとなしくしていた。
酔いが回ってきて正常な思考が出来なくなってくる。
あぁもう色々考えんのやめよう面倒だし。
そう思ってからは2人の談笑に突っ込みを入れたりくだらない話に爆笑しながらお酒を煽った。

3人でいい感じに酔っ払うと、ぽつりとG男さんがカラオケに行きたいなぁとぼやいた。
それに乗っかってじゃあ行きましょうか、なんて言ったらよほど嬉しかったのかG男さんは鼻歌をしながら足取りを軽くした。
いざカラオケに到着し、席に座ると3人共年代層が違うせいか皆でジェネレーションギャップを感じながらも各自楽しんだ。
G男さんの振り付けに笑い、K男さんのかなり上手い歌声で余計に楽しくなった。
私が歌う曲はマイナーなせいかあんまり盛り上がらなくてちょっとだけ落ち込んだ。
これぞジェネレーションギャップ。

終電が近くなり、方向的にG男さんとはその場で別れ、K男さんと途中まで一緒に帰る事になった。
お互い酔っ払っていたのもあり話は弾み、楽しみながらも乗り換え駅に到着。
そのままお疲れ様でした、と別れようとするとK男さんはまぁまぁ、と行ってK男さん宅へと向かう電車に乗り込んだ。
もう一件はしごしようなんて言われもう吐きますよーなんて笑いながらもそのままついていく私。

K男さん宅の最寄り駅に着くと、お互いもう疲れ果ててしまっていたのでそのままK男さん宅で寝る事にした。
途中で水を飲みながらもまだ体は火照っており、深夜の風がちょうど良かった。

フラフラしながらもK男さん宅に到着して私はソファ、K男さんは布団に倒れ込む。
楽しかった余韻を噛み締めつつうとうとしているとふいにK男さんが起き上がった。

「そういやさ」

「はい」

「なんで付き合えないの?」

酔っ払って頭が回らず、まぁいっかーなんて呟きながら理由を話した。

ちょっとした事があって恋人らしい事が出来ない。
色々悩むのが嫌だ。
1人でいても楽しいから恋人なんていらない。

「あと、もしK男さんと付き合ってもまた離れられたら嫌ですしねー」

なんて笑いながら言うと、そうか、とだけ吐き出すようにK男さんは言いそのまま眠りについた。

翌朝。
ズキズキする頭と気持ち悪さに目覚めてしまい、空っぽの胃から何かが出ないかとトイレに閉じこもる。
一通りすっきりさせてから出ると、K男さんも起きていた。

のろのろと化粧をして帰る準備を整える。
そこから修羅場になった。

昨晩、K男さんはそこまで酔っ払っておらず私が断った理由について色々と考えたようだ。
寝起きが悪く、二日酔いになっている朝からなんでこんな事話さないといけないんだと若干イラつきつつもなんで恋人にならないのか、再度説明をした。

途中でそれでも食い下がらなかったので私はつい感情的になってしまった。

セックスもキスもしたくない。もう傷付くのはたくさんだ。トラウマが酷くなったらそれこそもう死ぬしかない。せっかくここまで普通に近付いたのに、また努力が水の泡になるのはごめんだ。
そもそも最初に拒絶したのはK男さんなんだからそのまま離れれば良かった話じゃないか。
こうやってまた会うようになったのも結局仕事でこき使いたかっただけなんでしょ?
まだ私を利用をしたいの?私はK男さんのそういう所が嫌いだ。
どっちにしろまた利用価値無くなったらどっかいくんでしょ。
それとも体?もう何年もやってないんだっけ。若い女がこんな所にいたらそりゃたまっちゃうよねー
そんなに利用したいなら子供でも引き取って奴隷にしたらいいんじゃないの。
K男さんなんて大っ嫌い。もう関わらないから。

泣きながら怒鳴った。
半分本当で半分嘘の気持ち。
言ってから後悔したものの、呼吸を荒くしながら荷物をまとめるとK男さんは罰が悪そうな顔をしてそのまま何も言わなかった。

仕事は入らず、水商売だけやっていた私は完全に昼夜逆転した日を送っていた。
K男さんの会社に入る前の生活に戻っただけだったので、ちらほら娯楽を楽しみつつお客様とお喋りして、お金を貰う。
そんな日々を送っている中、一つの着信が入った。

G男さんだった。
最近顔を合わせて無かったので飲みのお誘いかなーなんて思い、寝ぼけた声で携帯を耳に当てる。

「K男がいなくなった。心当たり無い?」

頭が真っ白になった。
何も言えずにいると、G男さんはそのまま続けた。

聞くと、誰よりも早く会社に来てるK男さんなのにいない。
とっくに出勤時間は過ぎて仕事用とプライベート用の携帯に連絡したものの、一切連絡が取れずにいる。
家にも行ったけどいなかった。

パニックになって何も言えずにいるとG男さんは冗談まじりに言った。

「もしかしたら死んでたりしてなぁ、ははっ」

一気に頭に血が上ってしまい冗談でもやめてください、と怒鳴ってしまった。
謝罪を受けると冷静になってきて私も謝り、ひとまず私からも連絡を取ってみるということで電話を切る。
電話帳からK男さんを見つけ出して通話ボタンを押すが、聞き慣れたアナウンスが流れるだけで繋がる事は無かった。

K男さんが行く場所。仲が良い友人。
思い浮かぶ限りに連絡をしたものの、K男さんの行方を知ってる人は一切いなかった。

G男に自分も連絡をとれなかった事を告げて色々と考える。
どこに行ったんだろうか。まさか本当に命を…
なんて考えてしまい、泣きそうになった。
悩んでる事も聞かなかったし、辛かった事も聞いたことがない。
私はK男さんを何も知らない。

それから20歳の誕生日がきた。
派遣と水商売をやりつつ、ダラけた日々を送っている。
K男さんとは連絡が取れなかったが、一方的に送れていたメールがエラーで返ってきたのでメアド変更をしてどっかで生きてると思う。
探す術が無くなったからもう出来る事は無い。

そして現在に至ります。

K男さんのことはちょくちょく思い出したりもするし、仕事の場所によってはK男さんの最寄り駅に近かったりして家まで行こうとか考えたりもする。
まだ好きなのかもしれないし、ただの情かもしれない。
それでも私の中ではもう終わった事として区切りをつけはじめてる。 

出典:【画像うpあり】暇すぎるから今までの恋愛語る
リンク:http://novelhiroba.com/?p=7162
  投票  (・∀・):20  (・A・):27  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/35707/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用