「飛び地の村」に待望のコンビニ開店! 住民らレジに列「楽しい」 (その他) 22412回

2013/07/03 22:47┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 全国唯一の飛び地の村、和歌山県北山村に3日、村営のコンビニエンスストアがオープンした。信号機も横断歩道もない“秘境の村”には、これまで弁当や総菜を扱う店はなく、生鮮食品は注文購入しなければならないなど、買い物の不便さが村民の悩みのタネだった。待望のコンビニ開店に村民たちが続々来店。レジには行列もできた。

【フォト】待望のコンビニが開店、さっそく買い物に訪れる村民たち

 設置されたコンビニは、製パン大手の「山崎製パン」(東京)と提携。村営の温泉宿泊施設「おくとろ温泉やまのやど」内の土産物の売店を売り場面積82平方メートルのコンビニに改修してつくられた。

  3日は、開店に合わせて温泉入浴料半額といった特典があるオープニングイベントを実施。開店とともに店内はにぎわいを見せた。

  自宅から歩いて来店し、パンや洗剤などを購入した福岡雪子さん(78)は「何でもそろってびっくり。商品を見るだけでも楽しい」。夫の車で来たという久保岡秀子さん(76)は「いつも車で1時間かけて三重県熊野市まで買い物に行っている。ちょっとした買い物はここでできる」とうれしそうだった。

  北山村は奈良、三重県に囲まれた山間部にあり、「信号機と横断歩道、コンビニがない」(村職員)という“秘境”が魅力。人口は481人(6月30日現在)で、離島を除き本州では最も人口が少ない村とされる。

  いかだ下りなどの観光資源があり、キャンプ客や釣り客を含めると年間で約5万人の観光客が訪れるが、村の課題は村民が買い物する場所が少ないことだった。村内には日用品などを扱う店が4軒あるが、弁当や総菜などは販売しておらず、生鮮食品の買い物は週2、3回村に来る移動販売車で購入。しかも事前注文が必要だった。都会では当たり前の「ちょっとコンビニ」というわけにはいかないのだ。

  これまで最寄りコンビニは、車で30分離れた三重県熊野市内にあったが、村民たちが買い物にいく場合は、村営バスで約1時間かかる同市中心部か、車で約1時間の和歌山県新宮市に赴くことが多かったという。また、これまでは北山村に訪れた観光客が“買い物難民”になることもあり、「朝早く村に着いたがどこでも食べ物が買えなかった」といった苦情も寄せられていた。何とか対策を取ろうと、村は昨年5月から山崎製パンと協議。今回、村営のコンビニとしてオープンにこぎつけた。

  店名は「ヤマザキショップじゃばら屋」。夏季の営業時間は午前7時〜午後8時で、地元名産の柑橘(かんきつ)類「ジャバラ」関連商品なども取り扱っているという。

出典:「飛び地の村」に待望のコンビニ開店!
リンク:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130703-00000135-san-soci
  投票  (・∀・):63  (・A・):16  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/36057/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用