おじさんの独り言 (その他) 18059回

2013/09/09 22:55┃登録者:40男┃作者:名無しの作者
萌えコピ閲覧歴10年以上、皆さんの投稿を
楽しんでおります。  私は全くもってフツーのおじさん…いや、収入でいえば底辺のおじさんです。 こんな私ですが妻と3人の子供に恵まれ、貧しいながら楽しい日々を過ごしております。 実は私、結婚願望も無く、子供も好きでは…いや、どちらかというと子供嫌いでした。 そんな私も今から10年前、妻と結婚しました。 結婚生活にはさほど期待していなかったのですが、仕事が終わって家に帰った時に『おかえり』と言ってくれる人がいる、夕飯もただサンマを焼いただけでも自分でやるのではなく、妻が焼いて出してくれる、それだけで美味く感じました。  あぁ、結婚っていいものだなって思いましたよ。 結婚して3年後、長男が産まれました。産まれるまでは全く実感が湧かず、妻のお腹が膨らんでいくのを見ても不思議に思うだけでした。  いよいよ長男が産まれる日、義理の母から電話があり、病院へ。 私が着くと既に産まれており、保育器の中でか細い泣き声をあげていました。 私は彼を見た瞬間にやられてしまいました。 か・可愛い… 自他共に認める子供嫌いの私がもうメロメロです。もう天使でした。  彼には妻と一生懸命に考えた名を付け、家族3人幸せに暮らしていました。 長男を幼稚園に送って行くのは私の役目。 若い保育士さんを毎朝見るのも楽しく、親になるのも悪くないなと思いました。 その後、次男、三男と家族が増え、妻とは『最初は2人で始まった家族だったけど、5人に増えるなんて思ってなかったね』などと言いながら過ごしております。 まぁ、幸せな事ばかりではないですけれど。 妻は気が強く(彼女は『女はみんな気が強いんだよ!!』と言いますが)半年に1度は大喧嘩します。 喧嘩というより私が一方的にやられるだけですが。 
私は萌えコピを見ていて非日常のお話でニヤニヤしてましたが、ふと気づいたのです。 実は私の日常の中にも『萌え』があったのだと。 妻と出会った時。 妻と結婚した時。 甘くはなかったですが(笑)新婚生活の頃。 長男が産まれた時。 次男、三男が産まれた時。 喧嘩もするけれど、仲直りした時。 そして私の両親も妻の両親も、今の私たちのように子供を何より大切に育てて来たであろう事を。その子供が私であり、妻であることを。 
他の皆さんの萌えた話と比べると小さい小さい『萌え』かもしれませんが、私にはかけがえのない『萌え』る日常なのです。                                          

出典:おじさんの独り言
リンク:おじさんオリジナル
  投票  (・∀・):138  (・A・):131  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/36458/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用