ストリップ女子高生 (オリジナルフィクション) 7980回

2013/09/18 17:32┃登録者:えっちな名無しさん◆u0tgFW4Y┃作者:名無しの作者
初日から見事なまでの盛況を見せたYの店は、
瞬く間に知る人ぞ知る店になった。
女子高生の朋子が見せるストリップは
客の視線を完全に奪い、その興奮の度合いは
Yが今までに見たことのないものだった。

朋子には少し厳しいが、Yは店が軌道に乗るまでは
毎日のように朋子には出勤をしてもらっていた。
少しずつ朋子も場慣れはしていくが、Yは絶妙なタイミングで
更に辱める行為を朋子に要求した。

こうして、朋子のストリップはいつも初々しさを醸し出し、
客の心を掴んで放さなかった。
そして、Yは客から女子高生に興奮するツボを懸命に聞き出し、
それを朋子のストリップに反映していった。

ストリップは裸が基本の世界であったが、
Yの考える女子高生を採用したストリップは違っていた。
制服やその初々しさという、持った素材を最大限に生かす
魅せ方を心がけていた。

現役の女子高生のストリップが見れるのだから
その料金もそれなりのものだった。
Yは通常やり過ぎともいえる領域の料金を設定したが、
それでも毎日のように通い詰める客も何人かいた。

おかげで開店から3ヶ月が過ぎる頃には、Yも想像を超える程の
客が集まり、収益も相当のものだった。
これを機に、Yは朋子に続くストリッパーを探すことを決めた。
この頃になると、常連のほとんどは朋子のファンとも言えるようになり、
朋子はYの店では看板ともいえる存在になっていた。

その後、Yは一気に10人の女子高生を採用した。

出典:ストリップ女子高生
リンク:ストリップ女子高生
  投票  (・∀・):3  (・A・):11  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/36538/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用