ストリップ女子高生トリップ女子高生 (オリジナルフィクション) 9343回

2013/09/18 18:01┃登録者:えっちな名無しさん◆u0tgFW4Y┃作者:名無しの作者
Yの店はすっかり軌道に乗り、
夜な夜な女子高生の女の子達がストリップ台で
初々しい姿を見せつけていた。
Yはこの日も街で女子高生を探していた。

開店から1年近くも経つと、客の好みも分かってくるようになり
Yはそれに見合う女子高生をさがすようになっていた。
『スレていない』という言葉通り、客の人気は清純そうな
タイプの女の子に集中しがちだった。

その典型とも言える女子高生がまさに1人目の朋子だった。
街中を歩いていれば、誰もが朋子を普通の可愛い女子高生の
女の子としか思わないだろう。
Yは客からそのギャップを学んだ。

そしてこの日もYの目に留まる女子高生を見つけると、
いつもの交渉に入っていた。
15人目の女子高生でもある由里子は、Yの要求に困っていた。
由里子『ストリップ・・・・ですか?』
Y『そうだ。知っているのか?』
女子高生にもなれば、誰でもストリップぐらいは知っている。

Yは単的に由里子に採用条件を説明しはじめた。
Y『最初の契約料としてこれだけ出そう。そして日給はこれだ。
君が社会人になるぐらいまでは、遊んで困ることは無い金額だ。』
その金額を見て由里子は唖然とした。
自分が見たことも無いような金額がそこにはあった。

由里子『・・・・本当に・・・・もらえるんですか?・・・・』
Y『もちろんだ。その代わりストリップ台では君の全てを
お客に見せてもらうことになる。これから見学がてらお店に
来てみるか?』
由里子『・・・・そうします・・・・』

Yは由里子を営業時間前の店に入れた。

出典:ストリップ女子高生
リンク:ストリップ女子高生
  投票  (・∀・):2  (・A・):10  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/36539/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用