ストリップ女子高生 (オリジナルフィクション) 13769回

2013/09/18 18:37┃登録者:えっちな名無しさん◆u0tgFW4Y┃作者:名無しの作者
由里子はYの店の前まで来ると、不安を隠せなかった。
一見ひっそりと冷たい雰囲気すらあるビルと、
冷静なYの態度が妙に協調されているように感じられた。

ゆっくりとビルの地下へとYに付いて行った。
小汚い扉を開くと、受付のような物があり、
その隣の扉を開け、事務所に案内された。
由里子は回りを気にしながらゆっくりと椅子に座った。

Y『営業は5時からだ。もう少しで今日の出演者も来るだろう。
少し時間がある、質問はあるか?』
由里子『あの・・・・やっぱり・・・・服脱ぐんですよね?』
Yは少し口元を緩ませると説明を始めた。

Y『脱がなければストリップの意味が無いだろ。最後は全裸だ。
客に向けてしっかりと脚を開いて座り、君の身体を余すところ無く
見せるんだ。胸も脇も生殖器も肛門も。生殖器や肛門に至っては
しっかり広げて中まで見せてもらうことになる。
言葉通り君の全てを見せることになる。』

Yの説明に由里子は唖然としていた。
しかし、席を立ち上がれないのは、Yが提示した給与があるからだ。
由里子は既に顔を紅くしていたが、その場に静かに座り
出演者が来るのを待っていた。

そして、少しすると制服を着た女子高生がYの店に入ってきた。

出典:ストリップ女子高生
リンク:ストリップ女子高生
  投票  (・∀・):11  (・A・):15  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/36541/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用