両親が離婚して弟と二人暮らし (エロくない体験談) 12615回

2013/09/23 21:13┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:おさかなくわえた名無しさん
父が浮気し、さらに両親が離婚した 

父が飲んだくれのDV親父で…ならともかく、私と二つ下の弟が小さい頃は 
季節ごとに色んな所へ連れて行ってくれた 
遊園地やファミレスにはあまり言った事が無かったけれど、 
どんな事でも家族がいたから楽しかった 
母も変な人ではなく、ちょっと気は強いけど優しい母だった 

ある日、夜にどこかの部屋からガシャーン!という大きな音がして目が覚めた 
その頃私は中学生で、弟は小学生だったので二人で共有していた子供部屋に寝ていた 
「何だろう、一階の方からだ」「泥棒違うんか」と二人で部屋にあったバットなどの 
何かしら武器になりそうな物を抱えて恐る恐る音のした方へ行くと、 
台所の電気がついていて、両親の怒鳴り声が聞こえた 

「何なのよ!馬鹿にして!!」という母の高い声が更に高くなった甲高い声 
「馬鹿になんかしてないだろ!!」という普段声を荒げる事のない父の怒鳴り声 
これは普段のささやかな言い合いレベルの喧嘩ではない、とすぐに私達は気づいた 

二人で息を潜めながら聞き耳を立てていると、 
どうやら父が他の女性とどこか出かけて正に先ほど帰って来たらしかった 
その時の時刻は日付を越えた午前2時10分 今でも覚えている 
そんな時間に、しかも異性と出かけて帰ってくるなんてどう考えてもおかしい 
まさか、と思った 弟も目を丸くして私を見ていた 

これ以上両親の怒鳴り声を聞くのが怖くなって、私達はひっそりと部屋へ戻って泣いた 
「母さんと父さん『リコン』するのかなあ」と弟がうつむいて泣いていた 
「分からん、分からんけどどっちについていくかとか、考えた方がいいかも…」と 
私は泣きながらもなるべく冷静なふりをした 

全く眠る事が出来ずに朝を迎え、私達は「夕べのは聞かなかった事にしよう」と密かに約束して居間へ向かった 

そこには、いつも通りの両親がいた 
「ああ、おはよう」と言うワイシャツにネクタイを締めたいつもの父と、 
「あんた達ちょっと遅いんじゃないの?」と言う普段着の母がいた 
ただ、明らかに二人とも疲れた顔をしていたし、 
何より両親はお互いはもちろん、私達とも目を合わせようとしなかった 
その光景に、「そういえば、二人とも嘘つくのが下手だったっけな」と他人事のように私は思っていた 

何かが違う事くらい小学生でも分かったんだろう 
堰を切ったように弟が泣き出して、私も両親を見ていられなくて泣いた 
そこで夕べのやりとりを見てしまった事を告げ、部屋へ走って閉じこもった 
両親は呆然としていたようだったけど、 
私達を追うわけでも無く、すぐに後ろから夕べのような怒鳴り合いが聞こえるようになった 
その間に二人でバリケード代わりに本棚をドアの前へ動かして、抱き合って泣いた 
本棚を見ても泣けた 父や母が買ってくれた漫画や小説がぎっしり入っていたから 

「やっぱり夢じゃなかったんだ!!」と叫んだ弟と、 
「夢であって欲しかったよなあ…」と力なく言う私 

結局、両親は離婚したが、私達はどちらの方へ行くのも嫌がった 
妻子がありながら他の女性と関係を持ち、その写真を肌身離さず持っている父、 
あんな事があったのに子供に黙って取り繕うとした母が信じられなかった 
何より、子供が泣いているのに追いかけもせずに「おまえのせいだ」と怒鳴り合う両親が嫌だった 

「二人はそれでいいかもしれんけど、私達はそんなの絶対許せない!」と二人に叫び、 
「あんた達と血が繋がっている人間の所にも行きたくない」とはっきり言って 
私達は施設に預けられる事になった 
非行に走ったりグレたりなんかしなかったし、二人とも「良い子」だったけど、 
とにかく嘘を嫌い、じっと相手の目を見て話を聞く子だったね、と職員の人に言われたのを覚えている 

今、私は成人し、どこにでもいる会社員として働きながら弟の学費を払っている 
生活は弟と二人暮らし 
両親が何をしているのか知らないし、知りたくもない 
ただ、私達は二人とも結婚しないつもりだと言う事は教えてやりたいと思っている 


長くなってしまってごめんなさい。 

両親が離婚して、今日で10年経つのでここに書き込みました。 
多分スレ的にはそう大したものでもないんでしょうが、 
私達姉弟にとっては人生最大の衝撃だったので… 

父の浮気相手も、一度だけ見た事があったんですが 
それは本筋に関係ないので割愛しました 

長々と失礼しました。 


>親の離婚10年記念をなぜ2ちゃんに晒そうと思ったのか ?

当時の友人も施設に入った辺りで疎遠になり、 
正直高校に行っても友達が出来なかったのもあって 
こういう話を出来る相手がいなかったもので… 

とりあえず、誰かに見てもらえたら、と思って書き込んでしまいました。 
これですっきり出来るかな、とも 
弟が先にねらーだったので、ここを勧めてくれたというのもあります 

不快な思いをされていたらすみませんでした 


>あー昼真っから目から水が   共感し捲くり 
>その晩の姉弟を抱きしめてあげたいよ 
>結婚は必ずしもしなくてもよいのは当たり前 
>それでも完璧にそれを排除した人生を送ってほしくない 
>共感できる者からの願いです 
>でも下種にもなってるので父の浮気相手もkwsk 

ありがとうございます 
もう結婚なんかしたからああいうことになるんだ、と 
自分の中で思ってしまっているんでしょうね 
他人に対して友人としての好意はあっても愛情がわいてこないんです 
芸能人を見ても美醜こそ分かりますが、それ以上はあまり… 
もちろん、アニメや漫画でも同じですので二次元に走ったと言う事ではないですw 
弟は完全にオタクになってしまい、二次元しか信じられないようですが… 

浮気相手については、 
携帯の電池を入れる場所のふたの裏に父と見知らぬ女性がピースサインをしているプリクラが 
貼ってあるのを見つけてしまったので見た事がある、というだけです 
直に会ったわけではありません 


>中学生になるまで育てた子供を、離婚が原因で施設へ、って展開がとても衝撃なんだけど。 
>虐待するような変な親ならまだしも家族で出かけたり楽しく暮らしてきたんでしょう? 

本来ならどちらかが親権を取って育てるべきなんでしょうが、 
とにかく私達子供側が嫌がったんです 
絶対に父や母と暮らすのは嫌だ!!と話し合いの場でも叫びました 
どちらかと血が繋がった人の所へ行ってもまた嘘をつかれたら嫌だ!!と 
親戚の所へ行くのも嫌がりました 
それまでは本当に仲の良い、どこにでもいる家族のようだったので 
なおさらそれを壊すような真似をした両親が信じられなかったんだと思います 


>それで施設に入れるのか 
>周りの大人は手続に苦労しただろうなあ 

両親の顔を見ただけで弟は泣いて暴れるような状態になるし、 
私も暴れこそしないけど冷たい目をして二人を睨んでるしで 
周りも「どちらか選べ」とは言えなかったのでは…と今は思っています 

誰が手続きしてくれたのか、辺りは憔悴しきってたのもあって分かりません 
ただ、そういう係?の人が、市役所の一室で 
「○月○日、何時頃に家へ迎えに来るからそれまでに荷物をまとめて置いてね」と 
言った事は覚えています 
あと、「お姉ちゃん、弟も大事だけど、あなたも大事なのよ」と言ってくれた事も 
(相当荒んだ目をしていたようです) 

「姉ちゃん、僕服とか持って行きたくない…」(両親が買ってくれた物だから)とぐずる弟に 
「着る物無かったらどうやって暮らすの」と言い聞かせた事も覚えています 


>あんなことがあったのになんもなかったように取り繕って ってあるけどさ 
>取り繕ったんじゃなくて言えなかったんじゃない?自分の子供に夫が不倫してたなんて 
>昨晩に大げんかして頭の中ぐっちゃぐっちゃに混乱してたんだと思う 
>それで子供に喧嘩見たと言われ、閉じこもっちゃって、どうすりゃいいかわからずやり場のない怒りを父にぶつけた・・・ 
>怒り心頭に発してて子供の事考える余裕なかったとか考えられないかな? 
>そこまで母嫌っちゃうとただでさえ被害者なのにかわいそうに思えてくる 

今となってはそうだったのか違ったのかは分かりません 

後出しになってしまいますが、 
本棚が置かれているので開かないドアの前で 
「あんた達さえ我慢してくれれば…」というような台詞を母が言いました 
あまり思い出したくないのですが、 
あなた達さえ我慢してくれれば私は耐えられる、だから家族に戻りましょうと言う感じの 
言葉だったと覚えています 
(子供さえ気づかなければ離婚する気はなかったようでした) 
あんな大きな音を立てて怒鳴り合っている上、 
あんなに疲弊した表情では時間の問題だったとは思いますが… 

さらに弟が父を見ても母を見てもパニックを起こすようになってしまい、 
親戚が両親のどちらかの血縁だと知るやパニックを起こすようになり、 
結局私といる時だけは普段の調子に戻っていたので 
どちらにも置いておけないという事になったのかもしれません 
今更ですが、何の関係もない祖母や叔父・叔母には申し訳なかったですね… 
当時は両親と少しでも繋がりがあればみんな嘘つきだ!と噛みついていましたので… 

出典:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 96度目
リンク:http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1371080526/
  投票  (・∀・):22  (・A・):10  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/36593/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用