ミツケタァ (エロくない体験談) 13590回

2013/09/29 02:50┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
455: おさかなくわえた名無しさん 2010/03/13 08:19:41 ID:IYv8olF8
ちょっと昔、あるド田舎にに学校帰りのJKがおりました 
彼女はバアちゃんから、小遣いやるから頼んでいたある物を受け取ってきて欲しい、と言われました 
今月厳しかった彼女は、喜び勇んで着替もせずにお使いに向かいました 
向かった先である物を受け取り、友人がいたので話し込んでしまいました 
ふと気がつくともうかなり暗くなっています 
と、彼女は携帯をどこかで落としていることに気がつきました 
家を出たときには確かにあった、ホントに暗くなったら探せない、一晩野ざらしとか壊れるかも… 
あせって来た道を駆け戻ります 
ところが走りながらある物が入った袋を乱暴に扱ったため、やぶれてしまいました 
仕方が無いのでそのある物を一つづつ、両手に握りしめて戻ることにしました


456: おさかなくわえた名無しさん 2010/03/13 08:20:22 ID:IYv8olF8
ところで彼女の住む集落には、最近「変質者」がでるという噂がありました
うろたえながら家に戻る彼女の周囲は、本格的に闇に包まれてきていました
と、彼女は人影に気がつきました
なにやら少し時期外れのロングコートを着ているようです
彼女はギョッとし、同時に「噂」を思い出しました
件の人影は彼女に気がつくと振り向きコートに手をかけます
そのとき、すぐそばの街灯が点灯されました
光に浮かび上がったのはコートを大きく開き、ナニかを誇示するかのような中年オヤジ
しかし彼女の注意はそこにはありませんでした
彼女の注意はかの人物の少し後方にあった彼女の携帯に向けられていました
おかれた今の状況を一瞬忘れ、彼女は微笑みながら思わずつぶやきます「みつけたぁ」

457: おさかなくわえた名無しさん 2010/03/13 08:20:55 ID:IYv8olF8
件の人物からから見れば街灯に浮かび上がったのは、制服姿で髪を振り乱し荒い息のJK
視線を件の人物が誇示したいナニかに向けながら、薄笑いをうかべ、「ミツケタァ」
そしてその両手には明らかに鋭利な輝きを放つ、各々一振りの草刈鎌
恐怖以外の何者でも無い光景と言えましょう
件の人物は悲鳴を上げ逃げようとしますが、暗い農道に足を取られ転倒、恐怖もあり気を失ってしまいました

458: おさかなくわえた名無しさん 2010/03/13 08:21:35 ID:IYv8olF8
その後、彼女は見つけた携帯で駐在さんを呼び、「変質者」は見事お縄に
しかし彼女は家族・駐在さんを含む大人から怒られてしまいました
バアチャンにも怒られましたが、なんだかお小遣いを多めにくれました

めでたしめでたし




ゴミ出ししてたら近所でなんかでたと言う噂を聞いたので、ふと思い出した若気の至り?

出典:    胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい
リンク:kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1266536740/
  投票  (・∀・):56  (・A・):11  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/36643/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用