強制採尿令状に抵抗した女の末路。 (その他) 23742回

2013/10/15 05:34┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
覚醒剤取締法違反(使用)罪に問われ京都地裁で公判中の女(27)=京都市=が「強制採尿の際、男性警察官に足を広げさせられた」と訴えていることが分かった。弁護人は「違法捜査で証拠能力がない」と無罪を主張している。検察側は事実関係を概ね認めた上で「女性警察官が立ち会っており問題ない」と反論している。

 弁護人によると、女は今年5月13日、自宅で暴れ、家人が通報。京都市内の病院で令状に基づき強制採尿された。その際、女が抵抗して暴れたため、男性警察官数人が手足を押さえつけるなどし、一人だけいた女性警察官がズボンや下着を取った。「足を広げろ」と言われ、足元にも男性警察官がおり「性暴力にも匹敵する恐怖を味わった」と主張している。

 刑事訴訟法は、女性の身体検査では原則、女性警察官か成人女性が立ち会うよう求めているが、男性警察官を排除してはいない。


出典:女性の強制採尿に男性警官が関与
リンク:http://dogmarion.cocolog-nifty.com/seso/2009/09/post-214b.html
  投票  (・∀・):48  (・A・):15  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/36766/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用