その夜女性用催淫薬を自ら体験した (恋人との体験談) 24368回

2013/12/31 16:21┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
その日は土曜日の夜ですから、彼氏に西洋料理を食べるように招待されて、食べ終わった後に彼は普段通りで私は彼の家まで遊ぶように招待していた。

10分ぐらい彼氏の家に着いた。その時突然自分の下腹部が1つの熱気を発生したと感じて、この熱気はますます大きくなって、ゆっくり私の全身を覆う ようです。私は自分が全身すべてかっかとしていたことを始めると感じて、呼吸も多少差し迫っています。私は、多分赤い酒の後の力で上がってきましたと思っ ています。以前は酒を飲んだ後にもこの現象もあります。しかし、急速に呼吸した私は間もなくいつもの現象とぜんぜん違うことを感じた。鏡の中の私を見た 時、顔色は真っ赤で、目つきは多少ぼんやりしています。私は酔っ払いましたかと思っていた。多分気持ちがよくなくて、人は酔いやすいですか?…かも知れな い。

私はまた自分の呼吸はすべて熱気ようでしたと感じた、動悸のもとてもすごいです。その上下腹部のあの熱気はすでに燃える火ようにになって、全身 すべてとても熱くなりました。私は急速にセックスを求める欲求が強くようになりました。私の膣壁収縮、穴口に愛液が流れ、瞬間に原始的衝動を生み、顔が赤 くて喉が乾き、完全にコントロールできなくて、彼氏とエッチの時にうめき声上げ、リズムが大きくて早くなり、長い間後に、私達はやっと体が疲れ果てて、太 い息の止めることにあえいで、抱き合って、ゆっくりと夢の世界に入ります。

第2日朝起きた後に、私は心から愛している彼氏のものを整理した時、1つの箱の女性用催淫薬「ヴァージン催淫水」を発見してびっくりした。これはいわゆる媚薬でしょうか。私は夕べ彼氏と食事した時、その酒にこれを入れられたと分かった。

ヴァージン催淫水:http://www.genkione.com/biyaku-009.html

出典:ヴァージン催淫水
リンク:http://www.genkione.com/
  投票  (・∀・):20  (・A・):38  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/37349/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用