A「今からライフルであなたを撃ちます。撃たれても神様の力を借りて治療できるんだから問題ありませんよね?」 (修羅場の話) 27136回

2014/01/20 22:53┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
212: 本当にあった怖い名無し 2013/01/17(木) 14:38:21.51 ID:FcEruzpy0

友人Aは優秀な大学の法学部を卒業し、アメリカで修士課程を終えてから、一流企業に就職した。 
 大学の頃からのガールフレンドのB子とは、結婚を前提に付き合っていた。 

Aが就職して既に6年経ち、本腰を入れて、結婚を考え始めた頃、 
B子が激しい頭痛を訴えるようになり、精密検査を受けた。 

 検査の結果は脳腫瘍だった。 

 腫瘍はまだ小さかったが、B子は精神的に不安定な状態になりつつあった。 

 手術迄の1ヶ月間、AはB子を励まし続けた。 
そのかいがあってか、B子は明るさを取り戻し始めていた。 

 手術の前日、Aは、「弱気になったら病気に負けちゃうぞ、いつもの君らしく、強気でいけよ」と 
B子を励ました。 
 意外にもB子は、「大丈夫、心配ないよ。とっちゃえばいいんだから」と明るく答えた。 




213: 本当にあった怖い名無し 2013/01/17(木) 14:40:08.49 ID:FcEruzpy0

手術は思いの外、早く終わった。 
Aは、B子の両親と一緒に執刀医の話を聞いた。 
 執刀医は、頭を開けて見たところ、腫瘍は見当たらず、改めてMRIを撮ったが、何も異常はなかったと語り、引続き定期検診を受けるようにと言った。 

B子の両親は大喜びだったが、Aは何故か手放しに喜べず、脳外科医の友人Cに相談した。 

Cは、困ったようにAにこう言った。 
 「腫瘍はしばしば、意思を持った物のように、隠れることがある。 
 楽観視はできない。」 
 「もしよければ、俺に任せてくれないか?」 

 数日後、B子の両親を説得し、Cの勤務する病院を訪ねた。 
CはB子の両親に事の次第を説明し、セカンドオピニオンも必要なのでB子を任せて欲しいと頼んだ。 

 自らも医者であるB子の父親は、 
Cの申し入れに感謝し、B子を任せた。 

Cの病院での初めての精密検査は、AとB子の両親を奈落の底に突き落とすような残酷な結果だった。 


214: 本当にあった怖い名無し 2013/01/17(木) 14:42:26.11 ID:FcEruzpy0

腫瘍は、以前と同じ場所にあった。しかし、以前よりも確実に大きくなっていた。 
 腫瘍の成長の度合いは、想像以上に早かった。 

B子には、再発予防のために放射線治療をすると伝え、通院するようにCは言った。 

その頃Aは海外出張が多く、B子の側にいてやれる時間がなかった。 
そんな忙しい最中、Cから連絡があった。 
B子が全く通院していない、連絡をしても、明日行きますと言ったきり、来ない。 
 両親が迎えに行き、病院へ連れて行こうとすると抵抗して、 
 「私は病院へ行ったら死んでしまう。放っておいて」と泣き叫ぶ。 
どうなっているんだとCに聞かれても、Aには見当もつかなかった。 

 仕事は他の人にしばらく任せる事にして、Aは帰国した。 

B子のアパートへ行き、事情を聞いたAは激怒した。それはB子へではなく、ある宗教団体へだった。 

 手術前に急に明るさを取り戻したのは、その宗教団体に入信したからだった。 


215: 本当にあった怖い名無し 2013/01/17(木) 14:43:36.88 ID:FcEruzpy0

始まりは、突然昔の知り合いから連絡があり、アパートの近くの喫茶店で会ったことだった。 
◯光の信者の知り合いはB子の顔を見た途端、 
 「あなた、脳に腫瘍がある。今なら私達が助けてあげられる」 
と言い、その足で◯場と呼ばれている祈る場所へ連れていかれた。 
B子からすれば、病気の事は何も言っていないのに、言い当てられたので、信じたのだろう。 

◯場で、◯場主と言うそこでは一番偉い人物から治療を受けた。 
 治療と言っても、医療用機器などは一切なく、体に触れる事もない。 
ただ手をかざすだけだそうだ。 
 神様の力を借り、その力を手のひらを通して、治療するらしい。 

 治療が済むと頭が軽くなったような気がした。 
その頃には、B子はすっかりその宗教団体を信じてしまっていたそうだ。 

その場で入信し、次の日には結婚費用として蓄えていた預金から 
 かなりの金額を◯光に献金した。 

そして手術の結果、腫瘍がなかった。B子は本当に◯光の力で腫瘍がなくなったと信じたと言っていた。 


216: 本当にあった怖い名無し 2013/01/17(木) 14:45:10.29 ID:FcEruzpy0

AはB子を検査入院という事で、病院へ連れて行った。 
そうでもしない限りまた、◯光がやって来て何をするかわからないと思った。 

 検査の結果は最悪だった。 
B子が◯光にそそのかされ、通院していない間に、腫瘍は更に大きくなっていた。 

 直ぐにでも手術をする事になったので、1日外出許可をとり、Aの付き添いの元、B子は自分の部屋に帰った。 

Aはその頃、オリンピックに参加できる可能性があった射撃の練習に通っていた。 

その日もB子を部屋に残し練習に行き、昼過ぎに昼食を買ってB子の部屋に戻った。 


217: 本当にあった怖い名無し 2013/01/17(木) 14:46:46.24 ID:FcEruzpy0

久しぶりに過ごす2人の時間。 
 結婚式の事や、昔話をしながら、Aはこのまま時間が止まってしまえばいいのに、と思った。 
B子が抱える病気はあまりにも重すぎた。 

あと数時間後には、B子は病院へ戻らなくてはならない。 
 無神論者のAは、初めて神に助けてくれと祈り、同時に初めて神を呪った。 

 突然インターフォンがなった。 
B子はきっとお父さん達よ、とドアを開けた。 

そこには地味な感じの男女が立っていた。 
ひとりは彼女を◯光に引きずり込んだ知り合い。 
もうひとりは、何度か◯場であったことのある信者だった。 


218: 本当にあった怖い名無し 2013/01/17(木) 14:49:34.30 ID:FcEruzpy0

ふたりはさっと玄関に入り扉を閉めた。 
B子の知り合いが話を始めた。 
 「B子さん、ずっと◯場にも来ないし、電話にもでないから皆心配してたのよ。体は大丈夫?」 

B子は、腫瘍が大きくなってしまったので手術をすることに決めた。 
どうかもう私には構わないでと言った。 

 信者の男は、◯場に来ないから、腫瘍が大きくなってしまったんだよ。今からでも遅くない、◯場へ行こうと言った。 

B子が答えに困っているところへAが出てきた。 

Aは奥で会話を聞いていたので、そのふたりがどういう人物かも分かっていたが、あえて紳士的に自分はB子の婚約者であると挨拶をした。 


219: 本当にあった怖い名無し 2013/01/17(木) 14:51:11.66 ID:FcEruzpy0

Aの態度に安心して、ふたりは手術は良くない、◯場に行くようにB子を説得していたと、Aに言った。 
Aは、いくつか質問した。 
 「もしも、風邪をひいたりした場合も◯場へ行けば、治るのですね?」 
 「大怪我をした場合も治せるんですよね?」 
 「例えば、例えばですよ、 
 今ここに強盗が押し入って、あなた方のどちらかをライフルで撃ったとします。 
その場合、◯場へ連れて行く迄に死んでしまう可能性があるとしたら、あなた方は応急処置的な事をできるのですか?」 

 最後の質問に信者男が答えた。 

 「私達レベルでも、神様がお力を貸してくださいます。 
 痛みを止め、止血をして、傷口が膿まないようにして、体内に入った弾を体が自然に押し出すように 
 する事はできます。」 


220: 本当にあった怖い名無し 2013/01/17(木) 14:52:41.06 ID:FcEruzpy0

Aはニッコリとして、 
 「それは素晴らしい。ちょっと待ってくださいすぐ戻ります。」と言って奥へいった。 

 戻ってきたAの手には、ライフルが握られていた。 
 練習に使用したライフルを車の中に置いておくのは危険なので、B子の部屋に持ち込んでいた。 

Aはライフルを構え、男に向けた。 
 「僕は今からあなたの腕を撃ちます。動かないでください。心臓にあたってしまう可能性がありますから。」 
 「僕が撃ったあとに、もうひとりの方が、神様の力を借りて治療を施して僕に見せてください。」 


221: 本当にあった怖い名無し 2013/01/17(木) 15:04:00.35 ID:Om6weKM30

そいでそいで 支援 


222: 本当にあった怖い名無し 2013/01/17(木) 15:04:53.52 ID:FcEruzpy0

ふたりは真っ青な顔をして、その場から動けずにいた。 
ようやく男が口を開いた。 
 「君が今やろうとしている事は犯罪だ。馬鹿な事はやめろ。」 

Aは微笑を浮かべて言った。 
 「僕は犯罪者になっても構いませんよ。自分の大切な人を任せるからには、この目で確かめてからでないと納得いきませんから。 
それにあなた方は先程自信を持って、応急処置ができるとおっしゃったばかりじゃないですか?だから、僕はその素晴らしい力を 
 この目で見たいんです。」 

 男は恐怖に震えながら、 
 「君を犯罪者にしたくないから、 
やめろと言っているんだ。」 
 女は泣き出している。 


223: 本当にあった怖い名無し 2013/01/17(木) 15:05:10.26 ID:qzrtACZk0

私も○光に友達もってかれた紫煙。 


224: 本当にあった怖い名無し 2013/01/17(木) 15:07:06.52 ID:FcEruzpy0

「だから、さっきから言ってるでしょう。僕は犯罪者になっても構わないって。 
それでは、いいですか?撃ちますよ。5、4、3、…」 

 男は怒鳴った。 
 「やめろ!やめてくれ!」 

Aはライフルを構えたまま、ニヤリとして、 
 「どうしたんですか?神様のご加護があるのに。」 
そこで、Aの口調が変わった。 

 「俺はお前たちみたいな奴が1番嫌いなんだよ。 
 不幸な人間とか、病気を抱えた人間の弱さにつけ込んで、金を巻き上げてるだけだろ? 
こいつ(B子)だって、お前らがそそのかさなきゃ、こんなに痛みに苦しむ事もなかったんだよ。 
その責任をどう取るつもりなんだ? 
 万が一こいつに何かあったら、お前ら殺人幇助じゃねえのか?」 

 「撃たれたくなかったら、さっき言ったことは全部嘘でしたって、こいつに謝れ。」 


225: 本当にあった怖い名無し 2013/01/17(木) 15:09:42.65 ID:Om6weKM30

人ごとじゃない支援 


227: 本当にあった怖い名無し 2013/01/17(木) 15:10:55.00 ID:FcEruzpy0

Aは一度深呼吸をしてから数え始めた。 

 「10、9、8、7、6、…」 

 男が意を決したかのように、叫んだ。 

 「わかった。わかったから撃たないでくれ。 
 君の言うように、傷を治したり、ましてや腫瘍をなくす事なんてできないんだ。 
B子さんに連絡をしたのも、偶然ではなくて、B子さんの友達からたまたま話を聞いたからだ。 
 腫瘍が消えたと聞いて、誤診だと思って、◯場通うのを勧めたんだ。 
 許してくれ。」 

 半泣き状態で男は謝った。 
 女も、B子さん、許してと泣いていた。 


228: 本当にあった怖い名無し 2013/01/17(木) 15:12:38.62 ID:FcEruzpy0

Aはライフルを下ろし、 
 「正直に言ってくれてありがとう。これでB子も手術をする事の迷いがなくなったと思います。 
 人間は、追い詰められた時に何をしでかすかわかりませんよ。 
 僕は脅しでは無く、本気で引金を引くつもりでいました。 
B子の迷いを解くためなら、犯罪者になってもいいと思ってましたからね。」 

ふたりはドアを開けて出て行った。 

B子は泣いていた。 
 「A君は馬鹿だよ。いつもバカな事ばっかりして。バカなA君も、優しいA君も、頑固なA君も、みんな好きだよ。 
 側にいてくれてありがとう。」 

その夜AはB子を病院へ送り、手術が上手くいくといいなあと考えながら、帰路についた。 


232: 本当にあった怖い名無し 2013/01/17(木) 15:20:53.90 ID:mrD2EYlD0

>>228まで読んだ段階で 
 リア銃ううううううううううう 
 しねええええええええええええええええええ 

 とか思ってましたごめんなさい 


229: 本当にあった怖い名無し 2013/01/17(木) 15:14:34.04 ID:FcEruzpy0

手術が終わり、執刀医だったCがAだけを呼んで、こう言った。 
 「頭を開けて見た時に、こんなに絶望感を味わった事はなかったよ。腫瘍は進行が速いだけじゃなくて、複雑に脳にへばりついてた。メス入れられるような状態ではなかったんだよ。 
すまない、力になれなくて。」 
と、Aの肩に手をかけた。 
Aには言葉が見つからなかった。 
Cは、 
 「じゃ、俺は彼女のご両親に説明しに行くわ。」 
と、言って去って行った。 

Aは、もし自分があの時出張へ行かずに、側にいてやったら、◯光から彼女を守ってあげられたかもしれない。 
そう考えると、自分への怒りと、無責任な宗教団体への怒りで、体の震えが止まらなかった。 


230: 本当にあった怖い名無し 2013/01/17(木) 15:14:46.46 ID:Om6weKM30

こういうカルト宗教やインチキ健食に縋って治療が遅れる人多いんだよな… 


231: 本当にあった怖い名無し 2013/01/17(木) 15:17:11.59 ID:FcEruzpy0

B子はそのまま闘病生活となった。 
 薬のせいで、何の脈略もなくB子に殴られた事もあった。 
Aに送られてくるB子からの手紙は、日を追うごとに字が乱れ、内容も子供が書いたようになり、支離滅裂になっていった。 

そんなB子を見るのが辛くて、仕事に没頭して、見舞いの回数は減って行った。 
ある日、そんなAを見守っていた母親から、何て誠意のないことをするんだ、B子はお前の何倍も苦しんでいるのに。私は、 
お前をそんな弱い子に育てた覚えはないと泣かれた。 

Aは出来るだけB子の側にいるようにした。 
 段々、眠る時間が増えて行き 
B子は、金木犀の香りで街が満たされた頃、眠るように息を引き取った。 


233: 本当にあった怖い名無し 2013/01/17(木) 15:26:16.75 ID:qzrtACZk0

ライフル、重くてデカいんだよねー 
初めて至近距離で見たら、そりゃビビる。 


234: 本当にあった怖い名無し 2013/01/17(木) 15:26:23.56 ID:FcEruzpy0

最後まで読んで頂きありがとうございました。 
 時間はかかりましたが、Aはなんとか立ち直りました。 
Aは今でも◯光への復讐を考えています。 
なんとか◯山に爆弾落とせないかとか、外国の民兵雇うのは高いかなとか。 
 最近では、やっぱり自分が金持ちになって、自分で軍隊つくるっきゃないなと言っています。 
その場合のターゲットは、 
◯光 総本山 ◯山 
ソウカの本部 
 北朝鮮 
だそうです。 


236: 本当にあった怖い名無し 2013/01/17(木) 15:27:41.74 ID:qzrtACZk0

>>234 
えっ。 
 長文オツでしたけど、復讐は無しですか。 
 追い払っただけでは復讐と言えないのでは… 


241: 本当にあった怖い名無し 2013/01/17(木) 15:52:48.17 ID:FcEruzpy0

>>236 
確かに、そうかもしれませんが、宗教団体をいきなり相手に復讐するには、相手が大きすぎます。 
ふたりの信者に、◯光の教えは嘘だと言わせた事は復讐に値すると思います。 
 後ろに宗教団体がいたとしても、このような事態を招いたのは、ふたりの信者です。 
Aは、本気で撃つつもりだったそうです。 
 撃っていれば、復讐にもっと箔がついたでしょうけれど。 












出典:本当にやった復讐 14
リンク:2ちゃんねる
  投票  (・∀・):95  (・A・):20  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/37470/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用