調子に乗ったパシリ君をこらしめる (複数での体験談) 31329回

2014/01/26 03:53┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
今年の夏

俺がスロットで負け、イライラしながら歩いていると、前から歩いて来た男に

「貴ちゃん!久し振り!」

いきなり名前を呼ばれたが、こんな男(あごひげでサングラス 
まるでEXILE)知らない

「何だよ〜俺だよ!利弘だよ!」

サングラスを外すと 
中学生の頃、悪友の英治とパシリにしていた利弘だった

(確かこいつ、高校は地元で一番の進学校に進み、東京の大学へ行っているはず)


「今、大学夏休みでさー! 
彼女と、実家に遊びに来たんだよ〜!」

隣をみると、かなり良い女が...


こいつは昔、俺の事を貴之君と呼んでいた、それを貴ちゃんとは...

それから、利弘と別れ歩いていると、だんだん怒りが沸いてきた

そして、悪友の英治に電話で 
今あった事を話した

「マジかー!良し、少し懲らしめてやりますか」

そして、英治の仕事が終わるのを待ち、一緒に利弘の家に向かった

「貴ちゃんから来てること、聞いてさー!一緒に飲みに行こうと思って!」

「えっ!今日はちょっと...」

「行こーぜ!行くよな!!」

「ウ〜ン うん」

「アッ!かわいい彼女さんも 
一緒にどうぞ!」

「えっ あっ! ハイ!」


そして、4人で居酒屋へ

「アッハッハッー 本当にEXILEみたいだな〜!」

「俺も最初、声掛けられた時 
誰だよ、このEXILEは~?って思ったよ! 
しかも、タ・カ・チ・ャ・ンって!」

「アッハッハッー じゃあ俺も、英ちゃんって呼ばれるかなー!」

利弘は、下を向き黙っていた

一方、空気の読めない彼女さんは

「トシ君は中学生の時、どんな感じだったんですか? 
かなり、”やんちゃ”したって 
言ってたけど」

「ハァー?トシ君が”やんちゃ” 
ギャハッハッーァ」

それでも、下を向き何も言わない利弘

それから、利弘以外の3人で 
盛り上がり、飲み続けた

「由衣ちゃん(彼女)本当 
かわいいね〜!」

「おっぱいデカいね!何カップ?ウワッ!柔らけー!」

「脚、長いね〜!触っていい〜?オッ!スベスベ〜!」

しばらく、由衣ちゃんを 
俺と英ちゃんで挟んで座り、ちょっかいを出していると 
突然、利弘は立ち上がり

「いい加減にしろよ! 
由衣、もう帰ろう!」

「ハァ?いい加減にしてくださいだろ〜!いつから、お前は 
そんなに偉くなったんだ?」

「じゃあ、EXILE踊れよ! 
そうしたら帰っていいぞ!」

「えっ!ムリだよ〜!」

「やれよ!早く!」

すると利弘は、EXILEが大勢で 
縦に並び、頭を回すやつを 
一人で膝に手を当てやりだした

「ギャハァハァハァー!」

つづき
http://story.hkwr.com/mtsm.cgi?mode=novel_view&id=moetayo&nvno=22&cpno=1&pgno=1&tategaki=#.UuQIKtKAYrg

出典:あれあれあれ
リンク:http://hkwr.com/bbs
  投票  (・∀・):18  (・A・):59  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/37514/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用