お前たちの住む世界、俺たちの住む世界。 (泣ける体験談) 7617回

2014/02/01 23:09┃登録者:誠司と金┃作者:名無しの作者
835 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2006/07/12(水) 02:56:30 ID:5PIy33vD
終電間際の山手線で。バイトの先輩(男)後輩(女)らしき二人の会話。
休みの日なにしてたとかいう話の後
女「えー、(男)さん彼女とかいないんですか?」
男「いないいない。全然いない。
 (女)さんみたいな感じのいい子いたら紹介してよー」
女「あはは、私とかどうですか」
男「え?(女)さん彼氏いないの?うっそだー。」
女「ほんとですよー」
男「…」
女「…」
男「すみません。前から可愛いなと思ってました。付き合ってください」
女「…」(嬉しそう)
ここで女の降りる駅に到着。
女「メールしますv」
男、携帯を開けたり閉じたり。

ここで私は降りちゃったけど多分OK貰えたと思う。
先輩もっとしっかりしてくれと思った。

出典:2ちゃんねる
リンク:2ちゃんねる
  投票  (・∀・):42  (・A・):19  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/37613/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用