私たちの間には会話が無い (オリジナルフィクション) 6540回

2014/02/19 05:21┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
私たちの間には会話が無い 
同じ場所、同じ時間を共有しているというのにお互い声を掛けることも無い 
2人の間をいつも沈黙が支配していた 

私はふと考える 
2人がこんな風になったのは、いつからだろう… 



彼と付き合いだして、もう3年 
 元々は私の一目惚れだった 
彼の姿を目で追うだけの日々がしばらく続いたあと、勇気を振り絞って私が告白したのだ 
人生で初めての告白 
それが彼だった 

 その時、私は必死だった 
何とか自分の思いを伝えようと懸命だった 
告白した時の彼の戸惑った表情を思い返す 

 しかし 
今の私には、その時の必死さはもう無い… 
そんなものは、もう必要ないのだ… 

そんな事をぼんやり考えていると、ふいに彼が私の方を振り向いた 
 そして、沈黙… 




黙って笑顔を向ける彼に私は手話で答える 
今となっては、この沈黙が心地良い 
言葉など無くても、気持ちは通じるのだから 


出典:私たちの間には会話が無い 
リンク:私たちの間には会話が無い 
  投票  (・∀・):9  (・A・):16  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/37970/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用