それでも働きたい (泣ける体験談) 11734回

2014/03/31 17:30┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
社長も社員も難病で寝たきり ネット使い親指で働く

朝日新聞デジタル - 2014年03月31日 12:14

写真パソコンを操作する宗本智之さん=大阪府東大阪市の宗本さん宅

 難病で寝たきりの社長が、難病で寝たきりの男性を雇った。初めて雇われ、男性は思った。「自分にも働ける力が残っている」。わずかに動く両手の親指を使い、週3時間、インターネット上で働いている。


 愛知県東海市のウェブサイト・名刺制作「仙拓(せんたく)」社長の佐藤仙務(ひさむ)さん(22)と、雇われた大阪府東大阪市の宗本(むねもと)智之さん(35)は、昨年5月にフェイスブックで知り合った。


 自称「寝たきり社長」の佐藤さんは、筋肉が衰える「脊髄(せきずい)性筋萎縮症」を抱えながら、2011年に同じ病気の幼なじみと起業。両手の親指を使い、パソコンで経理と顧客対応をこなす。比較的障害の軽い幼なじみが名刺などのデザインを担当。全国から受注し、今期の売り上げは設立当初の4倍の300万円だ。


 宗本さんは、筋肉が萎縮する「筋ジストロフィー」と3歳で診断され、小学校3年生で車いすの生活になった。近畿大理工学部へ進んで数学を専攻。病気が進んで寝たきりになった後も自宅で教授の指導を受け、07年に博士号を取った。


 今は人工呼吸器をつける。動くのは両手の親指だけだが、特別な装置を使ってパソコンを操り、絵を描いたり、新聞に俳句を投稿したりしている。


 宗本さんの経歴や、似た境遇ながら仕事がないことを、佐藤さんはフェイスブックで知った。昨夏、メッセージを送ってみた。「一緒に働いてみませんか」


 返信があった。「なんなりと指示してみて下さい。PC(パソコン)だけでできることなら、不可能なことはないと思います」。そして、「いつも介助してくれる母に、自分で稼いだお金で美味(おい)しいケーキを買ってあげたいですね」。


 今年の元日に契約を結んだ。時給は780円。勤務は週3日、1日1時間。宗本さんから「僕はいつ死んでしまうか分からない身」と申し出があり、契約は3カ月更新にした。



出典:五体満足なニートの皆さん、
リンク:これを読んで思うところはありませんか?
  投票  (・∀・):51  (・A・):35  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/38273/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用