セフレだったJKとの思い出 (その他) 21803回

2014/05/29 18:46┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
女子高生とよく会えるエロカワコミニティで優菜というJKと知り合いました。
最初は趣味の話から仲良くなり、2週間くらいした頃、お茶をすることになり顔合わせて少しお互いの事をしゃべってその場は別れました。
背が小さくて細くて可愛い子でした。

その後、一度会ったこともあり、エッチな話も徐々に出来るようになりました。
優菜は17歳で、エッチの経験は二人でバックが好きだということまで教えてくれました。
仲良くなって約二ヶ月、優菜が家に泊まりに来たいと言い出したので、いろいろ期待しながら迎えにいき、夕食をご馳走。

その後、別々にシャワーを浴びて、一つしかないベットに二人で入りました。
すぐに優菜にキスをして徐々にパジャマを脱がしていきました。
さすが17歳、お肌は張りがあって気持ちいアソコも無臭で味もなくあまりにも興奮しすぎて体中を約30分ぐらい舐めまわしてしまいました。

そしていよいよ女子高生のアソコにしょうにゅうです。
痛がる女性を無理矢理するのは趣味じゃないので、しばらく優菜が慣れまで、動きを止めてましたが、締りのいいアソコはそれだけで逝ってしまいそうです。

落ち着いてきたので、入口付近でピストンを始めましたが、指すら満足に入らない優菜のアソコでは、ちょっと奥に入っただけで、行き止まりになってしまいます。

厳しい優菜の締め付けに耐えながら、張りのあるおっぱいや、ピンク色のカワイイ乳首を楽しんでいましたが、優菜の感じるツボを思いだし、体を入れ替える事にしました。

優菜をうつ伏せにして、バックから挿入です。
下付きの優菜は、やっぱりバックの方が感じるらしく、喘ぎ声がさっきまでとは違い、大きな呻くような声で「あぁぁっ」とか「はぁぅ」と突き上げるたびに感じまくっています。

さらにピストンしながら、優菜の胸を揉むと、感じすぎたのか、声が出なくなり、代わりに激しい息づかいだけが聞こえるようになりました。

バックからなので表情はわかりませんが、歯を食いしばってる感じです。

狭い名器がさらに締まったので、五分ももたず限界に達してしまったので、ピストンのスピードを上げ、やっとの事で優菜に「逝きそう」と伝えましたが、優菜はもはや意識が朦朧としていて、反応がありません。

反応を待ってたら中に大量の精液を発射しそうだったので、「優菜、逝くよ、いい?」と一応最後に聞いて、自分のタイミングで優菜の中から竿を抜き、引き締まったお尻にドクドクと大量発射しました。

自分が発射してハァハァいってると、優菜は崩れおちてしまい、動けないみたいなので、ティシュで優菜のお尻にある大量の精液を拭き取ってあげて、自分も横になったら、二人ともそのまま寝てしまいました。

次の朝、何事もなかったように二人とも起床し、約束してたドライブ&映画を見に行きました。

映画は泣ける洋画だったんですが、優菜を家の近くまで送って行く時にまたムラムラしてしまい、運転しながら優菜を抱き寄せてキスしたり、胸を揉んだりしていました。

口では「ヤダ〜」とか言ってましたが 期待した目でこちらを見ていました。

遅くなってしまったので、この日はこれで終わりにして、優菜を家の近くで降ろして帰りました。

優菜の素晴らしい躰と下手くそな極小男のお陰で、最高のエッチが出来ました。

その後何度か会いましたが、お互いに連絡しなくなってしまい自然消滅しましたがイイ思い出です。

出典:エロカワコミニティの女子高生
リンク:エロカワコミニティ
  投票  (・∀・):7  (・A・):7  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/38868/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用