夏休みコピペ名作劇場 その (その他) 13929回

2014/07/22 15:12┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
749 :名無しさん@ピンキー:2010/08/03(火) 10:12:33 ID:lpglhgOd
中学の時、同じクラスにかなりの美人がいた。菜穂子という名前だった。 
あくまでイメージだが、似てると思う↓こんな感じ。 
http://farm5.static.flickr.com/4095/4828387072_dac7bf45a4_o.jpg

勉強もできて生徒会もやっていたので、クラスの男子だけでなく学校中からモテまくっていたと思う。 
ま、一言で言えば、学校中の男子が憧れる身近なアイドルって感じかな。 
で、こんな子がいったい誰に落ちるのか、誰と付き合うのかと皆、興味を持っていたのだが 
結局、中学時代は誰とも付き合っていなかった。告った奴は何人かいたが皆撃沈したようだ。 

高校になってから、妙な噂を耳にした。俺と仲が良かった奴、どちらかというとパシリ的な扱いだった耕一 
と付き合っているというのだ。しかも、ほぼ同棲状態だという。 
嘘だろ?と思った。なんで?あの菜穂子があんな奴と。 
真相を確かめるべく仲間と一緒に耕一を呼び出した。 

久しぶりに耕一と会ったのだけど、オドオドした雰囲気は全く変わってなくて 
これは菜穂子と付き合ってるという噂は嘘だなと思った。 
だけど、一応確認してみた。すると、驚いたことに、本当に菜穂子と付き合ってるというのだ。 
しかも、付き合って半年になり、毎日放課後菜穂子が耕一の家に通って半同棲の様な関係だそうだ。 
どうしても信じられなかったのか、俺と一緒に耕一と会った庄司という奴が、 
「嘘つくんじゃねえよ!」と怒り出した。 
そしたら、耕一、あっさりと「それじゃあ菜穂子にここへ来てもらうよ」と菜穂子を呼び行って 
すぐに、菜穂子を連れて戻ってきた。 

久しぶりに菜穂子を見て、一瞬、ぽか〜んとしてしまった。 
中学の頃よりも、さらに美貌が増して、かなりの美人になっていた。 
いつも遠くで見ているだけで、特に菜穂子と親しい間柄では無かったので、 
間近で「耕ちゃんがお世話になってます」なんて笑顔で挨拶をされると、 
緊張しまくって何がなんだか分からない状態になってた。 
菜穂子に物凄く憧れを抱いていた庄司なんて、緊張で顔汗びっしょりになって、シャワー浴びたみたいになってた 
ミスドで5分くらいお茶しただけで、すぐに菜穂子は帰ってしまったけど、充実した気持ちになったのを覚えている。 
耕一との馴れ初めは、うちの中学から、2人の高校へ行ったのが、菜穂子と耕一の2人だけだったので 
2人で一緒に居る時間も多く、自然に付き合うようになったとのことだ。 

750 :名無しさん@ピンキー:2010/08/03(火) 10:13:38 ID:lpglhgOd
耕一と会ったその日から、私の仲間は、 
菜穂子という憧れの美少女と付き合っている耕一に一目置くようになって 
休みの日などに耕一を誘って一緒に遊ぶようになった。 

ある時、耕一が自分にべったりの菜穂子が鬱陶しくなってると言いだした。 
学校でも、家に帰ってきても、いつも耕一と会いたがり、完全依存していてウザイというのだ。 
なんて羨ましいことを!と皆で耕一を詰ったのだが、 
庄司だけは、真顔で「それなら菜穂子ちゃんを俺にくれ」と言い出した。 
それを聞いて、皆、何を言ってるんだ、こいつはw悪い冗談言うなという感じだったのだけど。 
真剣に「頼む」と頭を下げ、「1回だけ裸を見せてもらうだけでも良い」と言い出すと 
流石に、その場の全員が凍ったようになってしまった。 
ただ、なぜか耕一は「それ絶対無理だよ〜」と笑いながら言う感じで、あまり嫌がっていない様子だった。 

そんな耕一を見て俺も冗談っぽく 
「あの小島菜穂子の裸を見せてもらえるなら胸だけでも、俺ら一生、耕一の下僕になるよ」と言ってみた。 
庄司ともう一人その場にいた村松も「一生、耕一さんと呼ばせてもらうよ。麻雀の負け分も当然チャラでいいよ」と言いだした。 
麻雀の負けと言っても、数千円の話で、そんな額で彼女の裸を見せる馬鹿はいない。 
ただ、耕一は「菜穂子がOKするわけないよ〜」と、自分自身はOKなのか?という感じに見えた。 
中学時代から頼まれると断われない性格ではあったが。ただ、今回は場合が場合なので。。。 
そこで俺は「耕一的にはOKなの?」と聞いてみた。耕一は「俺はそんなこと菜穂子に頼めないけど、菜穂子がOKならいいよ」と答えた。 
馬鹿かこいつは、と心の中で思った。中学時代、パシリのような扱いだったから、俺らが下手に出て、持ちあげられるのが嬉しいのかな? 
などと考えていると、村松が「じゃあ、小島さんがOKするかもしれない手がないか皆で考えてみようぜ」と言い出した。 



皆で色々考えて意見を出し合った。当然、良いアイディアなんてなかったのだけど、ただ考えるだけで楽しかったのを覚えてる。 
菜穂子も麻雀に参加させて、負けさせて、麻雀の負け分をチャラにする代わりに脱いでもらうのはどうか? 
という馬鹿なアイディアも出たが、絶対に無理と軽く却下された。自分達の目の前で脱がすのは、どう考えても無理だから、 
耕一の前で脱いでるのをコッソリ覗き見るのはどうか?というアイディアも出たが、それ犯罪だし、菜穂子の意志を無視してる、 
菜穂子ちゃんに悪いってことで却下された。 
結局、また最初の意見の”耕一の麻雀の負け分をチャラにする代わりに脱いでもらう”に戻ってきてしまって。。。 
耕一が呆れて「負け額3千円のために、お前らの前で脱いでくれって頼んで、菜穂子が”はい分かりました”と脱ぐわけないよw」と言った。 
それを聞いて、誰からか忘れたが、麻雀の負け額を50万ってことにすればいいんじゃね?というアイデアが出た。 
俺が「それも、無理があるだろw」と言うと、庄司も俺に強く賛同し「50万?ありえん、菜穂子ちゃんなら500万だって安いよ」とか 
訳の分からないことを言い出し、俺の”無理”と全く意味が違うことに気づいておらず、 
まるで何かが憑いてるかのような庄司の物凄い勢いに皆が飲まれ、結局、耕一が麻雀で500万負けたことにすることになった。 
俺が「そんなアホらしいこと、誰が菜穂子に言うの?、耕一言えるの?w」と聞くと、当然「無理だよ」という返事が返ってきたのだけど、 
庄司が自分で菜穂子に言うと言ったので、皆、「仕方ないか」「駄目もと」ということでと、その作戦でいくことになった。 



751 :名無しさん@ピンキー:2010/08/03(火) 10:17:20 ID:lpglhgOd
菜穂子との交渉の日は、緊張したというか、庄司と一緒にその場にいるのが死ぬほど恥ずかしかった。 
庄司が少し噛みながら話を切り出した「耕一が、俺達にマージャンで500万負けたんだけど 
親も金持ってなくて払えなくて困ってる、彼女の菜穂子ちゃんがなんとか出来ない?」と。 

この交渉の前に、闇雲に”負け額を肩代わりしてくれ”というのは、あまりにも変だと村松から意見が出て、 
耕一に頼んで、高校を卒業したら菜穂子と結婚したいというようなことを言っておくように指示しておいた。 

その成果かどうかは分からないけど、菜穂子は、非現実的な内容を馬鹿にするでもなく、 
自然に、隣に座る耕一に事実を確認した。そして、 
菜穂子は「私だって500万なんて持ってないよ、どうしたらいいの?」と言った。 
全員が静かに庄司の次の言葉を待った。言うのか?自分達の前で脱ぐように言うのか?と 
待っていると、庄司は慌てた感じで「菜穂子ちゃんと一緒に遊びたい」と言い出した。皆、え?って感じになり、 
菜穂子も若干呆気にとられ、「遊ぶって?」と聞き返した。庄司は、何がなんだか分からなくなったのか・・・ 
「部屋で、映画を見たり、ゲームしたり・・」などと言い出した。 

堪らなくなって、俺は「少しはHなこともさせてもらう」と思わず言っってしまった。 
菜穂子は俺を少し睨みながら、「少しって?」と聞き返してきた。 
その眼光にびびったわけではないけど、俺もかなり慌てて 
「少し触ったりとか・・」などと弱弱しく言ったのを覚えてる。とても「裸になれ」などと言える雰囲気ではなかった。 
どのくらいか、少しの間、沈黙が流れ、変な汗をかいていたら 
菜穂子が 
「私が貴方達に少し触らせれば、500万円もの大金を本当に無かったことにしてくれるの?」と言った。 
意外にも菜穂子がOKしそうな雰囲気に見えたので、皆、驚いて、全員で「うん、無かったことにする」と言った。 

耕一も俺らを援護しようとしたのか、菜穂子を安心させようとしたのか、分からないが 
「俺もその時、一緒にいるから安心していいよ」と菜穂子に言った。 
耕一のこの台詞を聞くと菜穂子の顔色が変わり、 
鋭い声で「それは絶対に嫌、耕ちゃんが絶対に居ない場所でなら、少しだけなら触らせてもいい」と言った。 
そして、俺らに「本当に500万無かったことにしてくるんでしょ」と念を押した。 
皆が一斉に頷いたことは言うまでもない。 


そして、ついに待ちに待った、その日がやってきた。 
場所は、何処にするのか散々話した結果、耕一の家ということになった。 
菜穂子のことを配慮して慣れた安全な場所で、ということだった。 
当然、当初の約束どおり耕一は家から追い出され、 
耕一の家には、菜穂子と、俺、庄司、村松の4人だけになった。 
俺は、かなり緊張していたが、何か話さなければいけないと思って、耕一と何処でデートしてるの?など 
話題を振って必死に会話をしようとした。 
話をしているうちに、庄司が愚かにも「なぜ、あんな奴と付き合ったの?」と失礼な質問をした。 
それに対して菜穂子は、特に怒った様子も見せずに「大好きだから」と返事をし、そして、その言葉に続けて 
まるで俺らに耕一の悪口は二度と言わないで!と伝えるかのように、 
「耕ちゃんは、私の命だから」とはっきりと言い切った。 
俺は、その言い様と台詞にかなり衝撃を受けた。 
庄司や村松も度肝を抜かれたのかしばらく黙ってしまった。 

752 :名無しさん@ピンキー:2010/08/03(火) 10:19:04 ID:lpglhgOd
”少し触って良い”といっても、イマイチ何処まで許されるか分からなかったので、 
まずは無難なところと思い、菜穂子の髪に触れてみた。触りながら「いいんだよね?」と言うと、「うん」という返事が返ってきたので、 
喜んで髪を触り捲くった。この俺が、そんな感じだというのに村松はというと、菜穂子の手を握っていた。 
しかも、菜穂子はそれを普通に許している様だった、だから俺もすぐに空いてる方の手を触った、すべすべしていて冷たくて気持ちが良かった。 
手を触っていると、ムラムラしてきて、菜穂子を抱きしめてみたくなったので、思い切って抱きしめようとしてみた。 
しかし、残念なことに、まともに体に触れる前に「ヤメテ」と嫌がられ抵抗された。 
少し傷つきはしたが、そんなことは、すぐに忘れる出来事が目の前で起こった。 
なんと!村松が菜穂子の胸に、あの憧れの上品な膨らみに片手を伸ばし触っているではないか! 
ただ、これには菜穂子「それはイヤっ」とかなりキツク嫌がったので村松は慌てて手を引っ込めた。 
俺はこの時、ほんの少しでも菜穂子の胸に触れた村松が羨ましかった。 

753 :名無しさん@ピンキー:2010/08/03(火) 10:19:25 ID:lpglhgOd
”少し触って良い”のレベルって、この程度なのか〜などと考えていると、 
庄司が「足は触ってもいいよね?」と菜穂子に聞いているのが耳に入ってきた。 
しかし、菜穂子が返事をするよりも早く、まるで庄司の質問を邪魔するかのように、村松が菜穂子に話しかけた。 
「高校を卒業したら耕一と結婚するの?」と。菜穂子は嬉しそうに「うん」と返事をした。 
村松は「結婚の約束でもないと、さすがに500万ものお金を肩代わりしないよね」「耕一も小島さんのこと愛してるって、いつも言ってるよ」と言った。 
菜穂子はすぐに「そうなんだぁ」と嬉しそうに返事をした。 
それから少し間が空いて、 
村松は「だけどさ、耕一は結婚する女が、自分のせいで俺達に体を触らせるのって嫌じゃないのかな?」と酷いことを言いだした。 
菜穂子は、それを聞いて少し驚いた様子だったが特に返答せずに黙っていた。 
村松は更に「”少しだけ触らせる”だけでも俺は絶対に嫌だな。俺だったら今まで通りの関係には戻れない気がするよ」と続けた。 
それを聞いて俺も「たしかに、そうかも。自分のミスで彼女が友達に体を触らせるって耐えられないかも」と言ってしまった。 
これは俺の本心だった。 
菜穂子の表情を見ると悲しそうな表情だったが、相変わらず無言だった。 
村松は構わず話を続けた 
「小島さんが望むなら、今日、何もしなかったことにするよ。いざとなって緊張しちまって、普通に映画見ただけだって耕一に報告するよ」。 
「耕一も安心すると思うけど」「どう?」と。 
菜穂子はそれを聞いてすぐに「それ本当?そうしてもらいたい、お願い、そうして」と言った。 
村松は「うん。そうしようよ、その代わりと言ってはなんだけど、小島さんが思ってたよりも、もう少し色々触っても良いよね?」 
と言いながら、片手を伸ばし菜穂子の胸にタッチした。 
ちょうど菜穂子の右手を村松が持ち、左手を俺が触っていたので、菜穂子は両手が塞がっている状態だったのだが、菜穂子は「えっ?それはダメっ」と言って村松を拒否しようとした。 
俺が触っていた菜穂子の左手に力が入って、手で胸をガードしようとするのが分かった。 
しかし、繋いでいる手が離れる前に、すぐに村松が 
「いいのかな?小島さんが俺らにベタベタ触らせたこと、耕一、頭では許していても、心の奥底では、相当嫌だと思うよ」 
「本当に、ただ映画を見てただけってことにするからさ」「耕一も安心すると思うし」 
「だから良いよね?」「ね?」と畳み掛ける様に、念を押すように言うと、 
菜穂子の腕の力が弱まった。その変化に村松も気づいたのだと思う。 
村松は「OKってことでいいんだよね」と言いながら、明らかに、それと分かる手つきで指を動かし、胸をモミモミと揉み始めた。 
俺はそれを見て、マジかよ!と思い。「俺も俺も、、」と、もう片方の胸を遠慮がちに触ってみた。 
そして菜穂子が抵抗する素振りを見せないのを確認してから、俺も少し無遠慮に揉んでみた。 
正直、堪らなかった。生まれて初めて女の胸を揉んだ。それが、あの小島菜穂子の胸なのだから、夢のような話だった。 
実際には、その時はブラジャーの感触程度しか分からなかったのだが、 
中学時代ずっと憧れていた菜穂子の胸を自由に触ってると思うと、異常な興奮状態になった。 
すぐに庄司も「ずるぃい」と言って触ろうとしてきたので、話し合って、1人づつ順番に菜穂子の後ろに回って、後ろから抱きしめるように 
両胸を揉むことにした。 
俺は、まず、菜穂子を目で堪能することにした。 
1番手の村松に胸を揉ませながら、可愛いい顔を赤らめている菜穂子の姿を正面からじっくり観賞した。 
そして、自分の番になると思う存分、菜穂子を揉み捲くった。胸だけでなく脇腹の辺りや首筋なども自由に撫で回した。 
恥ずかしい話だが、これだけで俺はパンツの中に射精してしまった。 
754 :名無しさん@ピンキー:2010/08/03(火) 10:20:20 ID:lpglhgOd
おっぱいタイムの3番手は庄司だった。庄司は俺と交代して菜穂子の背後に密着するようにくっ付いた。 
そして「菜穂子ちゃん、ごめんね」と言って 
菜穂子の胸を下から上に持ち上げる様に力強く揉み込んだ。 
痛かったのか、菜穂子から「あっ」という声が漏れ、苦痛に耐えるように目を固く閉じて美しい顔が歪められた。 
菜穂子の声を聞いて庄司は「あ、ごめんね」と言ったが、特に揉むのを止めるわけでもなく自由に胸を揉みしだいていた。 
庄司は菜穂子の体をまさぐりながら「まじで堪んないよ」と、最初は思わずもらしてしまった感じだったが 
その後は「菜穂子ちゃん、堪らないよ」とか「ずっと好きだったんだよ」など言いながら 
菜穂子の体を触りまくり、途中、首筋やほっぺたに口づけをしたりしながら、好き放題やってた。 

友人の俺が贔屓目に見ても、かなり不細工で頭も良くない庄司が、 
滅多に居ないような美少女の菜穂子を自由に弄んでいる姿を見ると何とも言えない思いが込み上げてきた。 
俺は、少し菜穂子から目を背けようと隣の村松を見てみた。すると、なんと! 
村松、食い入るように菜穂子の姿を見ながら、自分の股間を擦っているではないか!俺は、驚いて、声を漏らしてしまったため、 
村松と目が合ってしまった。村松は、冷静な感じで「実際、堪らないよ、庄司じゃないけど、俺もこれしか言葉が出てこないよ」 
と言いながら立ち上がった。 
そして、村松は、まっすぐ菜穂子の正面に行き、菜穂子の顔を持ち上げるように上にあげて、突然、キスをした。 
俺も驚いたが、庄司も驚いたようで「お前!何してんの!」と言ったが、村松は、菜穂子の唇を放さなかった。 
菜穂子は、庄司に胸を揉まれていたので、ある意味、羽交い絞めされているような状態だったからか分からないが 
村松を拒絶しなかった。村松が、まだ庄司の時間なのに菜穂子にキスをしていたので俺も菜穂子の傍へ行った。 
キスしている村松を羨ましいとも思ったが、、俺はキスよりも、とにかく菜穂子の胸を拝んでみたいと思っていたので、 
菜穂子の着ているニットの一番上のボタンに手を掛け外そうとした。しかし、一つだけ外したところで、菜穂子が村松を突き放し 
「ちょっと待ってよ!」と叫んで暴れだした。俺は、まずい!と思って、慌てて菜穂子の服から手を離した。 
調子に乗った俺に菜穂子が切れた、まずい、どうしようと俺はビビッてしまい、背中に変な汗が流れて生きた心地がしなかったが、 
村松は、むかつくくらい冷静だった。 


755 :名無しさん@ピンキー:2010/08/03(火) 10:20:42 ID:lpglhgOd
村松は若干強い口調で「分かった、じゃあ、もう耕一に戻って来て貰おう。 
庄司、耕一に連絡してくれ。小島さんのおっぱいたっぷり揉ませてもらって、俺ら全員満足したから、もう戻って来ていいよと伝えてくれ」 
と言った。それを聞いて、 
菜穂子は慌てた様子で「それは、やめて!」と叫んで、「一緒に映画を見ただけってことにして」とすがるように言った。 
村松は、菜穂子を見ながら 
「俺ら全員に胸を揉ませて、俺にはキスまでさせてくれたからね。さすがに耕一に悪いよね。」 
「俺だって、耕一が可哀想だから言いたくないけど、小島さんが約束を破るなら、仕方がない。」と言った。 
俺は、約束って??そんなのしたっけ?と疑問に思ったが何も言わなかった。 
菜穂子も”約束”という言葉には全く触れずに、 
「部屋で普通に映画を見ただけだって耕ちゃんに言ってくれないと困る」「映画を見てただけってことにして!」 
と言っただけだった。 
村松は「了解、ただ映画を見てただけね」と言いながら菜穂子のニットのボタンに手を掛けた。 
菜穂子の背後にくっ付いていた庄司も「絶対に言わないから大丈夫だよ」と猫なで声?というか、優しい感じに言ってから、 
菜穂子の両手首を掴んで頭の上に上げさせた。 
菜穂子は、少し身をよじって抵抗する素振りを見せたが、 
村松が「絶対に映画を見てただけって言うよ、約束する」「小島さんが言う通りにすれば、今日のこと耕一にばれることは一生ないよ」 
と言った。そして二つ目のボタンが外され、三つ目のボタンも外され、白いブラの上の方が少し見えた。 
そして、4つ目のボタンにも手を掛けて、村松は「今日は、映画を見てただけだから。大丈夫だよ」と優しく言ってから 
ボタンを外した。 
すぐにニットのボタンは全て外され、村松がニットの前を大きく広げると、菜穂子のブラジャー姿が露になった。 
肌が抜けるように白く、俺は、思わず「おおおぉ」と声を漏らしてしまった。 
菜穂子は、ほぼ無抵抗でニットのボタンを全て外されたが、 
村松が背中に手を回すと、「嫌っ」と体を少し捻る感じに抵抗した。 
それでも、簡単にブラのホックは外され、菜穂子は「嫌、ちょっと待って!」と言葉では抵抗したが、 
「映画を見てただけってことにしようよ」と念を押すように言われると、それ以上文句は言わなくなり、 
両腕は庄司によって頭の上で押さえられているので、たいした抵抗はできず、 
村松は、ほぼ無抵抗な菜穂子の顔を見ながら、「じゃあ、行くよ」と言って、ホックの外れたブラジャーを上方に思い切り捲くりあげた。 
プルンっという感じに乳房が若干震えた感じに見えて、 
ちょうど菜穂子の細い小指の先っぽ程の大きさの、きれいなピンク色をした乳首が俺らの目の前に現れた。 
ついに!とうとう!夢にまで見た瞬間が訪れたのだ!!あの菜穂子が、、、、 
生徒会副会長、選挙の結果は抜群で過去最高の得票数との噂だった中学時代ダントツ1番の人気女子、小島菜穂子が 
俺の目の前で胸を丸出しにした瞬間だった。 
16歳になったばかりの細みの体に違和感のない小振りな乳房、乳輪も乳首も小さく可愛らしかったが、 
3人の男の前で胸を晒して、顔を耳まで真っ赤にさせて俯いている菜穂子は、とても可愛らしく、美しかった。 
この後は、本当に至福の時間だった。何度と無く頭の中で想像していた妄想が、現実となった。 
(つづく) 
756 :名無しさん@ピンキー:2010/08/04(水) 02:22:44 ID:L1nkAtXs
グッジョブ! 
つづき全裸で待ってる。 
757 :名無しさん@ピンキー:2010/08/04(水) 09:51:15 ID:xgZQU4Si
これは素晴らしいGJ 
758 :名無しさん@ピンキー:2010/08/07(土) 22:16:36 ID:9YoaCHlj
最初からここに投下してればよかったんだよ 
つづき気になってたんで完結までよろしく 
759 :名無しさん@ピンキー:2010/08/12(木) 07:25:44 ID:kKp3Ypxg
age 
760 :名無しさん@ピンキー:2010/08/16(月) 20:32:15 ID:+ewi8D+y
お盆の季節になるといつも思い出すことがある。 

会社の総務部に小林美和さんというメチャクチャ綺麗な先輩がいた。 
"道で擦れ違うと男が振り返って見るような美女"という表現があるが 
実際に、美和さんと擦れ違うと知らない男が振り返って見ることが時々あった。 
何を隠そう俺が今の会社に入社したのも新卒採用のセミナーで、 
会社説明をする小林美和さんの聡明な美しさに一目惚れしたからだ。 

入社するとすぐに新入社員研修などで総務部である美和さんとは、顔を合わせる機会が度々あった。 
しかし、引っ込み思案である俺は、どうしても話しかけることができず、ただ姿をじっと眺めているだけだった。 
7月始め研修も終わりかけたある日、書類を提出するため総務部を訪れると 
美和さんが、身をかがめて書棚の低い場所を整理していた。 
俺が「すみません」と声を掛けると、美和さんはそのまま振り返った。 
なんと!美和さんは少し胸の開いたシャツを着ていたため、白のブラと、胸の谷間が丸見えだった。 
俺はあまりのラッキーに緊張しまくって、よく見ることができずに、汗びっしょりになりながら書類を置いて 
逃げるように去ってしまった。それでも、その日から俺の夜の楽しみがとても充実したものになった。 

研修が終わり配属されると多くの者は営業や技術などに配属されるのだが、 
俺は本社の管理本部(人事・経理・総務など)の配属となった。 
残念ながら総務部ではなかったが、歓迎会など社内の行事は管理本部全体で行われるため、 
憧れの美和さんとお近づきになる機会も度々あった。なんだかんだで1年も過ぎると顔見知り程度にはなれていた。 

2年経って俺が3年目社員の時、社員旅行で車を出すことになった。そして、幸運なことに美和さんが俺の車に割り振られた。 
同じ県内に住んでいたため、近くの駅で拾えるというのが理由だった。 
なぜ、こんな時期に?と誰もが思うと思うが、その年の旅行日程は移動日となる初日だけ、お盆の最終日と重なっていた。 

761 :名無しさん@ピンキー:2010/08/16(月) 20:33:09 ID:+ewi8D+y
車のメンバーは、美和さん、同期の健太、俺、そして広告会社から転職してきた少しチャラ系の貞森という男の4人だった。 
当社は女性が少ないわけではないが、たまたま俺の車に乗る女性は美和さん1人だけだった。 
美和さんを乗せるのは大変嬉しかったが、同乗予定の貞森という男は 
女を何人食ったとか、そういうことを自慢するような奴で正直、あまり好きな奴ではなかった。 
あいつと美和さんが親しくなる可能性があるのも、なんとなく面白くなかった。 

旅行の二日前になって、貞森から会って話したいことがあると言われ、俺は、仕事が終わった後、近くのスタバへ行った。 
俺がスタバへ行くと既に健太が来ていた。どうやら、貞森は俺と健太の二人に話があるようだ。 
貞森は15分遅れて来ると遅刻については何の弁解も無く、突然、俺らに変な粉末状の薬を見せて「これを使おうと思う」と言い出した。 
俺は、最後まで聞かなくても貞森の意図にピン!と来て 
 「ちょっ、おまっ眠らせる気か? それマズイだろ!やめておけ!」と思わず怒鳴ってしまった。 
健太も「それ、犯罪だよ!馬鹿か!」と貞森を非難した。 
貞森は少し慌てた様子で 
「誤解するな!そんなんじゃないよ!」 
「犯った後で、どうやって言い訳するんだ!そんな馬鹿なことするわけないだろ!」と逆切れして、 
意味深な感じで「それにな、意識のない女を抱いて、何が面白いんだ?」 
「うまく行けば、小林美和が自分から、あのスレンダーなボッディを開いてくれるぜ」と言って、勝手に説明をし始めた。 
なぜか「ボディ」じゃなくって「ボッディ」と「ボ」に力を入れた不自然な発音だったことが印象深い。 

旅行の当日は良く晴れていて、とても暑かった。待ち合わせ場所の駅に行くと既に全員が揃っていた。 
美和さんは見慣れないラフな格好で、スカートが短めな白いワンピースを着て、下にジーンズをはいていた。 
なんという名前の着こなしか分からないけど、、 
せっかくのワンピースなのに、Gパンを穿いてしまっては、綺麗な足が見えない><  
それでも、細身のジーンズでスラリと伸びる足や、ノースリーブのワンピから剥き出しの腕は、とても眩しく俺の鼓動を早めさせた。 


762 :名無しさん@ピンキー:2010/08/16(月) 20:34:10 ID:+ewi8D+y
予想通り、道は大変混雑していて高速に乗ると更に混雑度合いは増し、ほとんど動かない状態だった。 
凄い渋滞だからトイレなどへ行っておこうということになり、途中ドライブインへ寄って少し休憩した。 
ドライブインを出て、暫く乗っていると美和さんがソワソワしだして、なんだか落ち着きが無い感じになってきた。 
そんな美和さんの様子に皆も気づいていたとは思うが全員黙っていた。それから少し経って、 
美和さんが、突然、意を決したかのように「もう一度ドライブインに寄って欲しいのだけど、まだ掛かるのかな?」と言い出した。 
俺は予定通りの台詞「けっこう掛かりそうです」と答えた。 
そう、これが貞森の悪魔のような計画の序章だった。貞森が会議室で見せた粉末は下剤だったのだ。 
そして、貞森は先ほど立ち寄ったドライブインで、こっそり美和さんの珈琲に、あの粉末を入れたのだ。 
真似する人が居るとマズイので詳しい場所は書かないが、貞森は綿密に調査していた。 
その場所の近辺から、あの下剤の便意に耐えられるような時間で、ドライブインやトイレへ行くことは到底無理だということを。。。 

そのまま少し乗っていると、美和さんは完全に我を失ってしまった。 
俺は、油汗をかきながら苦しんでいる美和さんを見て、可哀想だと思った。 
しかし、会社で颯爽としている清楚な美和さんの姿が思い出され、、、 
あの美和さんが・・!本当にそんなことが起こり得るのか・・!と非現実的なことを期待してしまっている自分もいた。 
そして、、、すぐにその時は、訪れた。 
美和さんは眉間に皺を寄せて、震えながら「お願い止めて!」と言って、突然、外に出ようとした。 
車を止めるも何も、止まっているのと同じような渋滞。そうは言っても高速で突然、車から降りるのは危ない。 
俺は冷静を装って「危ないですよ」とロックをかけた。美和さんは「ちょっとお願い!」と叫んだが 
貞森が「降りてどうするのですか?」と言い、周りを見渡す仕草をしてから「渋滞だから、きっと大勢の人が見ますよ」と言った。 
美和さんは周りを見る余裕もない感じで、自分の腕を爪の跡が付くくらい強く抓るように掴んで、 
足踏みをしながら、消え入りそうな声で「もらしちゃいそうなの」と言った。 
俺はわが耳を疑った。とても美和さんの上品な唇から発せられるような言葉ではなかった。しかし、 
もしかすると本当に・・!まさか本当に、そんなことが起こるのか!と心躍る気持ちが湧き上がってきた。 

美和さんは、今度は大きな声で「どうしたらいいの!本当にダメ!もう本当にダメなの!」と言うと、泣き出してしまった。 
そして、後部座席で美和さんの隣に座っている貞森が「うわっ!」と声を上げた。 
俺は運転中だったが、その瞬間を見逃すまいと後ろへ振り返って、はっきりと見た。 
凄まじい光景が飛び込んできた。 
美和さんは座席から腰を浮かして、プルプル震えていた。そして、子供の様に泣きじゃくって「ごめんね、本当にごめんね」と言っていた。 
Gパンからは黄色っぽい液体が漏れ出し、足元は茶黄色の水溜りが出来て、特有の、あの異臭が社内に充満していた。。。 

最高レベルの女性、いつも楚々として、どこか気品のようなものを感じさせる、あの美和さんが俺の目の前で・・・・! 
美和さんは、俺らが長く感じられるくらい、ずっと出し続けていた。美和さんも早く終わって欲しいと切実に願っていたに違いない。 
泣きながら目を固く閉じて、決して俺らと視線を合わせようとせずに、ひたすら出し続けた。 
途中、普段の美和さんからは到底想像もできないような下品な音が尻穴から漏れ出る度に、美和さんは「ぃや〜ぁ」と悲しげな声をあげた。 
その間、俺らは全く言葉を発せず、ずっと憧れていた職場の先輩が究極の恥辱に震える姿をじっくりと目に焼き付けていた。 

それが、やっと終わったのを見計らってから、貞森は 
「とりあえず、どっかのホテルへ入りましょうか?」と言った。こんな状況なのに、普通の日常のような言い方に、俺も少し驚いたが、 
美和さんは、もっと驚いたのか、貞森の方を恥ずかしそうに見てから、弱弱しく「ありがとう、お願い」と言った。 



763 :名無しさん@ピンキー:2010/08/16(月) 20:36:01 ID:+ewi8D+y
なるべく早い方が良いだろうということで、貞森が知っているという、近くのラブホテルへ行くことにした。 
ホテルに着くと用意していた毛布を美和さんに巻きつけてからフロントへ向かった。貞森が下見をしていただけのことはあり、 
無事に4人で部屋に入ることができた。 
部屋に着くと、少しでも早く汚物にまみれた服を脱ぎたかったのか、美和さんは慌てて服を脱ぎ出した。 
俺らの見ている前で、ワンピ、ジーンズと脱いでいった。俺は美和さんがワンピを脱いだ瞬間、すぐにその白い肌に釘付けになった。 
そりゃそうだろう。今までは、胸元からブラが少し見えたり、座っている時にスカートが上がって、太ももが少し見えただけでも 
興奮して、その日の夜は1人で激しく盛り上がっていたのだから。 
それが、今は、目の前でブラもパンツも丸出しになっているのだ。 
ブラジャーもパンツも白だったが、パンツは残念だけど、見るのが忍びなく、凝視することは出来なかった。 
美和さんは、パンツに手を掛けたところで我に返り、「お願い、こっちを見ないで!」と言った。俺らは一応、後ろを向いたが、、 
そこは貞森が選んだラブホテル、風呂場の中も丸見えだった。 
美和さんがパンツを脱ぎ、シャワーの音が聞こえてから、俺らは当然の様に振り返り、透明ガラスで丸見えの風呂場を見た。 
美和さんは風呂場の中から「こっちを見ないで!」と叫んだが、俺らは聞こえない振りをして、多少気兼ねしながらも、しっかりと見ていた。 
感動的だった、ずっと憧れていた職場の先輩が可愛らしい真っ白いお尻と、アンダーヘアを丸出しにして顔を赤らめていた。 
残念だったのは、上はブラをしたままだったため、胸を拝ませてもらえなかったことだ。 
それでも、俺らは、美和さんの体をたっぷり鑑賞させてもらった。 

美和さんが恥ずかしそうにバスタオルを巻いて浴室から出てくると、すぐに貞森は勝負に出た。 
貞森は「俺らに何か言うことはないのですか?」と詰問する形で美和さんに問いかけた。 
美和さんは泣きそうになりながら、ただ「ごめんなさい」と弱弱しく答えただけだった。 
貞森は「服とかはどうしますか?、あれはもう着れないでしょう。誰が買ってくるのですか?」と言い、 
そして俺を見ながら「車もあんなになってしまって・・」と言った。 
美和さんは、泣きべそをかきながら、再度「ごめんなさい」と言った。 
貞森は、少し間を空けてから 
「本当に悪いと思っているのでしたら、そのバスタオルとブラジャーを取って、素っ裸になって俺らに詫びて下さい」と言った。 
俺は期待半分恐れ半分で「おおおぉ!ついに言っちゃったよ」と心の中で思った。 
美和さんは、貞森の言葉に驚いた様子で「え?それ、どういうこと?」と言った。まあ、当然の反応だと思う。 
貞森は「そのままでは、ここから出れないでしょ。服や下着は俺らが買ってきます。」 
「そして、今日のことは俺らの記憶から完全に消します。もちろん誰にも言いません。」 
「その交換条件として、裸になって少しサービスして下さい、、と言ってるんです。子供じゃないのですから分かりますよね?」と言った。 
美和さんは、その言葉に衝撃を受けた様子で「そ、そんなことできるわけ無いでしょ!」と言った。それを聞いて 
貞森は、「全て無かったことにしましょうよ」と諭すように言ってから、 
はっきりとした声で「小林さんがウ・ン・コを漏らしたこと、会社のみんなには絶対に言いませんから!」と言った。 
美和さんは「ウンコを漏らした」というフレーズのところで耳を塞いで、「ヤメテ」と弱弱しく言った。 
貞森は、「忘れましょう、お互いに。小林さんも忘れた方が良いです。体調が悪かったんでしょ?」と優しく言ってから 
「今日1日の出来事は、先程のことも、これからのことも何も無かった。そういうことにしましょうよ」と言いながら 
美和さんに近づいていった。そして、巻かれているバスタオルに手を掛けて、「良いですよね?」と聞いた。 
美和さんは無言だったが固く閉められていた腋を少し緩めたように見えた。貞森はそれを見逃さずに、すぐにバスタオルを奪い取ってしまった。 


764 :名無しさん@ピンキー:2010/08/16(月) 20:36:40 ID:+ewi8D+y
美和さんの慎ましいヘアと綺麗なお尻が再び俺らの前に晒された。先程と違うのは今度は間近で見ることが出来るということだ。 
下半身を晒して恥ずかしさで屈みそうになっている美和さんに、貞森は「ブラは、自分でお願いします」と言った。 
美和さんは「え?」という表情をしたが、すぐに背中に手を回してブラのホックに手を掛けた。 
しかし、なかなか外さなかった。痺れを切らせたのか、 
貞森は「今更、恥ずかしがって、どうするんですか?」 
「俺達の前で、ウ・ン・コを漏らしたんですよ?これ以上の恥ずかしいことがあるのですか?」と酷いことを言った。 
美和さんは、貞森の酷い言い様に泣き出しそうになりながら「ヤメテよ・・言わないで」と弱弱しく言った。 
貞森は「今日だけですよ、明日から小林さんの前で俺らの口からウンコと言う言葉が発せられることはありません。」 
「脅しているわけではないですよ。汚れた服を着るつもりですか?、車の掃除はどうします?」 
「俺達に迷惑を掛けたとは思わないのですか?」と諭す様に言った。それを聞くと 
美和さんは、首を少し左右に振って「悪かったと思ってます。本当に思ってます」となぜか敬語で返答した。 
貞森は、俺の方を見ながら「誠意が伝わらないよな?」と言った。俺は、え?俺?と思って何か言おうとしたが 
俺が言葉を発する前に、美和さんが深刻な表情で「本当に申し訳ないことをしたと思っています」と言ったので何も言わなかった。 

美和さんの神妙な謝罪を聞いて、 
貞森は「分かりました。では、誠意を見せて下さい。すぐに、そのブラジャーを取って、両腕を頭の後ろで組んで下さい」と言った。 
美和さんは無言だったが、再び両手を背中に回して、今度はあっさりと俺らの目の前でブラジャーを取り去った。 

素晴らしかった!本当に感動的だった!ついに、長い間、憧れていた職場の先輩が目の前で素っ裸になった。 
美和さんは、ブラを取ると、こんなの全然恥ずかしくない!という作ったような表情で、両手を頭の後ろに持って行き、 
小ぶりな可愛らしいバストをどうぞ見てくださいと言わんばかりに丸出しにさせた。 
俺は食い入るように美和さんを見つめた。「うおぉ!これが美和さんの裸か」と感慨深く思いながら、 
俺らと視線を合わせないように横を向いた美しい顔、 
むき出しになってる腋の下からバスト、わき腹の辺りやお臍、スラリと伸びた美しい脚、そして股間の陰り・・全身をゆっくりと眺めた。 

貞森は美和さんの傍へ行き、頭の後ろで組まれた美和さんの手を自分の片手で抑えてから、 
全身を上から下まで舐めるように見回した。美和さんは見られている途中、あまりの恥ずかしさに「いやっ」と苦しそうな声を漏らした。 
存分に裸体を見てから、貞森は「予想はしていましたが、胸が残念!ですね」と言った。 
あまりの言葉に美和さんの顔に一瞬、朱がさした。しかし、貞森が「この体では駄目ですね」 
「小林さん、残念ですが、俺達に誠意は伝わらないです」と言ったのを聞くと 
美和さんは、顔色が変わって「それは、どういうことなの!」と慌てて詰問した。 
俺と健太は、まじかよ、貞森、何言ってるんだよと若干ビビりながら、成り行きを見守っていた。 
貞森は 
「ですから、小林さんの体を好きにさせてもらっても、俺ら別に面白くないから、俺らが被った迷惑には釣り合わない!と言ってるんです」 
「糞まみれの貴女をここまで連れてきて・・」「旅行も、丸1日パアです」。「こいつなんて、車が糞まみれですよ」。 
「ご自分で、釣り合うと本気で思ってるのですか?」と言った。 
そして最後に〆るように「総務の清水さんに事情を話して、車の掃除や、小林さんの洋服など、今後のことをお願いしましょう」と言った。 
清水さんというのは、美和さんと同期で同じ総務の人なのだが、2人の仲は悪く、 
時々清水さんが美和さんに嫌がらせをしていることは有名だった。 
美和さんは、それを聞くと慌てて「ちょっと、待って!」「そんなことをされたら、もう生きてはいけない」と言った。 
貞森は、マジで酷い奴で「死ぬのは勝手ですが、死んでからも伝説を残しますよ。社員旅行でウンコ漏らした総務の人が居たってね。 
それで良いのですか?、遺書に何を書いてもウンコを漏らして自殺した人ってことになりますよ。親類や友人はどう思いますかね?」と、 
とんでもないことを言った。 
美和さんは、既に泣いてた。そして「どうしろっていうの?」「お願い、許してよ」と言った。 

765 :名無しさん@ピンキー:2010/08/16(月) 20:38:22 ID:+ewi8D+y
貞森は、俺の方を向いて「どうする?お前が一番の被害者だ」と聞いてきた。俺が言葉に詰まっていると、目配せしてきた。 
そして「やっぱ、駄目だよな」と言った。 
美和さんは俺を見ながら「お願い。許して。○○君、許して」と言ってきた。 
美和さんは泣き顔までも美しく、潤んだ瞳で見つめられながら懇願されて、俺は堪らなかった。そんな美和さんに見とれて呆然としていると 
貞森が「今まで世話になってきたし、許してあげてもいいんじゃないかな?」と先程と間逆のことを言い出した。 
さらに、貞森は美和さんの方を向いて、かなり唐突に「小林さん、今まで何人の男と関係してますか?」と不躾な質問をした。 
俺は驚いて、「お前、何を聞いてるんだ!」と思わず言ってしまった。 
美和さんも驚いて「え?」と言ったきり言葉が見つからない様子だった。その様子を見て、 
貞森は「今までに何人の男とやったか?と聞いてるんです。場合によっては、"許します"と言ってるんですけど、、答えたくなければいいです。」と言った。美和さんは、少し躊躇いがちに「2人」と答えた。 
その返答に貞森は「え?まじっすか?(喜)こんな美人なのに(喜)」と、 
おいおい、喜んでるのが、ばれちゃうぞ、といった感じに、思わず言ってしまった。 
美和さんは、そんな貞森の様子にも気づかなかったのか、神妙な面持ちで「嘘じゃないよ」と答えた。 

貞森は神妙な顔つきに戻って、 
「分かりました。こんな問答をしていても仕方がないです。とりあえず清水さんに電話を掛けるのは止めます。」 
「その代わり、小林さんが誠意を見せてくれるってことで良いですよね?」と言った。 
美和さんは、その問いに黙って頷いた。この瞬間、俺は心の中で「おおおぉ!」とガッツポーズをした。貞森や健太も同じだったと思う。 

美和さんは、先程、俺らに見られながらのシャワーだったので、綺麗にきちんと洗えているか気になっていたのか、 
「シャワーをもう一度、浴びさせて」と言った。美和さんの気が変わっても嫌だったので、俺らはあっさりシャワーを認めた。 
今度は、美和さんも「見ないで」とは言わなかったので、美和さんが俺らの目を気にして恥ずかしそうに、股間や尻を洗っているのを 
3人で会話をしながら、じっくりと鑑賞した。 
健太「まさか本当に、あの美和さんのオールヌードが見れるとは思わなかったよ」 
  「貞森、凄いな」 
俺 「この後、誠意を見せてもらえるんだよね?」 
貞森「誠意?違うな。体を隅々まで見せてもらうのよ」 
  「風呂から出てきたら、まずは、そこで広げさせるよ」 
健太「まじで?それ、すげえな」 
貞森「あんな美人を言いなりにできるなんて、もう一生ないぞ、きっと」 
  「じっくり楽しまないとな、ただ抱くだけじゃ詰まらんだろ。」 
健太「そうだな。俺、入社してからずっと好きだったんだよ」 
  「遠慮なく楽しませてもらうよ」 
俺 「俺なんて入社前からだけどね」 
貞森「何度、誘っても飲みにも行ってくれなかったからな」 
  「あんなイイ女が今まで2人だってよ。信じられないよな」 
俺 「本当だと思うよ。あの様子は」 
健太「うん。俺もそう思うな」 
貞森「そんなの分かってるよ。使い込まれ過ぎてると楽しさも半減だろ。たった2人だぜ、最高だよ。」 
俺 「あまり変なことするなよ。普通で充分だよ、俺は」 
健太「俺は、もっと見てみたいかも、あの小林美和の恥ずかしい姿」 
  「凄かったよな、車」 
貞森「女がウンコ漏らすところなんて見たことなかっただろ?しかも、あんな美人が。」 
俺 「あるわけないだろ。少し可哀想だったよ」 
健太「そうだね。ブリブリやってる時は、ちょっと可哀想だったかも」 
  「凄いよな、あの小林美和がウンコ漏らしちゃったんだもんな。会社で言っても誰も信じないだろな」 
貞森「ああいう真面目な美女を辱めるのは、やっぱ堪らんな」 

なんて話していると、美和さんがバスタオルを体に巻いて浴室から出てきた。 

766 :名無しさん@ピンキー:2010/08/19(木) 00:35:11 ID:dZijTNES
つ、続きは? 
767 :名無しさん@ピンキー:2010/08/19(木) 04:01:25 ID:GFaR2vM4
http://moemoe.mydns.jp/view.php/21823
768 :名無しさん@ピンキー:2010/08/22(日) 08:09:25 ID:xmVSYxoq
中・高の学生時代、俺は本当に腐った奴だった。 
今の俺は、ただ償いたい。過去の過ちを懺悔し数々の罪を償いたいと思っている。 

面白くも無い毎日だった。たしか中学1年から2年に上がる間の春休みだったと思う。 
俺は当てもなくただ歩いていた。高野、庄司を連れて、ただ歩いていた。 
偶然、小学校時代の同級生 翔太とばったり会った。俺の顔を見ると翔太は嫌な顔をした。 
当然といえば当然か、俺達は翔太を散々虐めたのだから。 
俺は翔太のその顔を見ると無性に腹が立って、虐めてやろうと思った。 
ちょうど、近くにスーパーがあるので、そこで万引きさせようとした。 
スーパーまで翔太を連れてくると、翔太が万引きしたくないとゴネやがった。 
高野が蹴りを入れたり庄司が殴ったりして、やらせようとした。 
すると、突然「君達!何をやってるの!」と厳しい声が聞こえた。 
声の方を振り返ると、女が立っていた。 
目が合うと、再度、俺に「やめなさい!」と叱り付けやがった。 
俺は無言で、その女を観察した。かなりの美人だった。 
汚ならしいスーパーの名前が入ったエプロンを付けているのに、なぜだか上品な美しさを感じた。 
年齢は、20歳は超えていそうだが若々しく感じた。俺達は、とりあえず丁寧に謝罪してその場を逃れた。 

庄司「今のお姉さん、めちゃくちゃ美人じゃなかった?」 
  「怒られてるのに見とれちゃったよ」 
高野「あんな人と、やってみてえな〜」 
  「やっぱ、年上がいいよ」 
庄司「う〜ん、俺はやっぱり菜穂子ちゃんが一番だな」 
高野「小島菜穂子か・・たしかに最高だけど、あれは絶対無理だろ」 
庄司「あの定森も告って振られたらしいからね、俺達の菜穂子ちゃんは簡単には落ちないのだ」 
  「俺、菜穂子ちゃんだったら犯罪者になってもいいかも」 
高野「アホ!、村松ぅ、庄司が変なこと言ってるぞ、何とか言ってくれ〜」 
俺 「ああ、そうだな」 
高野「村松、どうしたの?」 
俺 「いや、さっきの女ムカつくな〜と思って。偉そうに文句言いやがって。」 
庄司「村松、見とれてるように見えたけどw」 
俺 「否定はしないよ。あ〜ちくしょ、あの生意気な女、素っ裸にして好きなようにしてみてえな」 

今日は面倒なテニスの日だ。テニスやってれば大学で女にモテルっていうから仕方なく始めたが、全く上達しない。 
1人じゃ、つまらなすぎるから、庄司や高野にもやらせているが、相変わらず、つまらない。 
コーチの清水は、女にばかり贔屓してウザイ奴だし、最悪だ。 

俺は放課後、何の期待もせずに嫌々テニスへ出かけた。しかし、その日は、いつもとは違った。 
有り得ないものを見たのだ。なんと!あの時のスーパーの女がいるではないか! 
しかも、可愛らしいテニスウェアを着ていた。俺はミニスカートからのぞく細い脚に目が行ってしまった。 
同級生の脚とは全く違った大人の脚だった。俺は、先日拝めなかった脚のラインを見て、股間が勃起するのが分かった。 
だが、なぜここに?しかも、なぜテニスウェア? 
俺はすぐに大人を捕まえて、「あの人は、どなたですか?」と聞いてみた。 
すると期待していた以上の答えが返ってきた、来週から俺らのコーチになるというのだ。 
今日は、テニスの腕を見せるために試合をしたそうだ。なるほど、それでウェアだったのか。 
普段はコーチでもジャージのはずだから。この日から、俺はテニスの日が待ち遠しくなった。 

769 :名無しさん@ピンキー:2010/08/22(日) 08:10:48 ID:xmVSYxoq
覚えていなければいいな、と思っていたが、コーチは俺らのことを覚えていたようだ。 
教室が終わった後で「もう、あんなことしちゃ駄目だからね!」と言われた。 
俺は素直になることにした。 
「はい。もう二度としません」「あの日は父親と喧嘩して、いつもの俺ではなかったのです。だからといって許されることではないですが・・」と色々言い訳しようとしたが、俺の言葉を遮って、コーチは 
「二度とやらなければいいのよ。村松君、だっけ? 君、良い子だったんだね」 
「最初、ここで君達を見た時、どうしようと思っちゃった」 
俺は会話に合わせるように「こんな悪餓鬼が居たら、たいへ〜んって思いましたか?」 
「そうそう。いや嘘嘘。ごめんね。村松君、よろしくね!」 
その日から、俺の頭の中はコーチで一杯になった。 
授業中も遊んでいる時も、俺の頭の中のコーチは、あの美しい顔に微笑を浮かべながら、テニスウェアを脱いだ。 
俺は気が狂いそうだった。 

ところが、また信じられないことが起こった。 
街で偶然、コーチに会ったのだ。しかも、同じクラスの健太と一緒だった。 
俺は、なぜ、この人が健太と!しかも、かなり親しそうだ。 
俺は殺意を押し殺して、健太に「二人は知り合いなの?」と聞いてみた。 
健太は黙っていたが、コーチが「私の息子よ」と言った。 
衝撃の告白だった!俺は、おったまげて、何をしゃべったか分からなかった。とにかく何かを話して自宅へ帰った。 

俺は自宅で、まじまじと自分の母親を見てみた。うちの母親も美人だとよく言われる。それでもレベルが違った。 
なんなんだ!いったい!健太はコーチと暮らしているのか。今も、あの美しい人と一緒にいるのか。 
普通ならば、この事実で、自分の思いを諦めるのかもしれない。だが、俺は小学校の時、教師から悪魔と言われた男だ。 
悪魔のような知恵を持つ、前代未聞の悪餓鬼。 
この時、俺の頭はフル稼働していた。健太をうまく使えば、コーチともっと親しくなれるかもしれない。 
いや、うまくやれば夢が現実となるかもしれない!あのコーチが俺の目の前で、テニスウエアを脱ぐ、そしてその先も。。 

この日から、世の中が面白いものに感じられた。俺は、一つの目標のために、労力は惜しまないと誓った。 

健太と親しくなるのは、非常に簡単だった。健太を虐めから一度助けて遊びに誘ったら、すぐに仲良くなれた。 
俺はあえて、他の奴らとは距離を置いて、健太とだけ一緒にいるようにした。 
俺の1番の友は健太だと思わせること、また、健太と他の奴が親しくならないこと この二つのためだ。 
健太は、ウザイくらい俺の傍にいるようになった。毎日毎日、健太とつまらない会話をしたが、目的のことを思うとそれも苦痛ではなかった。 

俺と健太の仲は、健太の家で、度々夕食を食べるようにまでになった。 
食事中、何度か「コーチ」と呼びかけると、コーチは困ったように 
「家でコーチというのは変だよ」「苗字も健太と同じで変だから、ゆずりって呼んで」と言った。 
コーチの名前は「ゆずり」というのだ、もちろん知ってたよ。家では、俺も「ゆずり、ゆずり」と叫びながら、股間を・・ 
俺はコーチをゆずりさんと呼ぶようになった。俺がゆずりさんと呼ぶから、教室の他の奴らも、ゆずりさんと呼ぶようになった。 

健太やゆずりさんと付き合いながら、なんとなく月日が経っていった。 
ある日、俺は写生コンクールに出品する絵を、健太の家で描いていた。 
そんなの狭い健太の家よりも、広い自宅で描くほうが、良いのだが、、 
その日は、ゆずりさんが早く終わる日だったので、会いたいと思ったのだ。 

770 :名無しさん@ピンキー:2010/08/22(日) 08:12:38 ID:xmVSYxoq
健太と話をしながら絵を描いていると、ゆずりさんが帰ってきた。 
安っぽいブラウスを着ていたが、相変わらず美しかった。 
ゆずりさんは、この時間に家に帰ってくる時は、いつも隣の部屋で、服を着替える。 
俺はそのことを知っていたから、今日は絵があるにも関わらず、健太の家にお邪魔したのだ。 
案の定、ゆずりさんは「村松君、いらっしゃい。ちょっと待っててね」と言って、隣の部屋へ行った。 
いつもの様に、服を脱ぐ音が聞こえた、俺はこの音を聞くのが大好きだった。 
ゆずりさんが、服を着替えて出てきた。そして「ちょっと待ってね」と言ってジュースを持ってきた。 
決して狙ったわけではない。しかし、ゆずりさんは俺が横に伸ばしていた足を踏んでしまった。 
驚いたのか「きゃっ」と飛びのくようになった。そしてジュースの入ったコップは、俺の絵の上に落ちた。 

俺の頭脳はすぐに計算した、ゆずりさんの粗相を利用することはできないか。 
ただ、この絵は、拭けば問題なさそうだ。俺は、ゆずりさんが反応する前に、すぐに絵を持って、思い切り破った。 
ボロボロに破って、ゴミ箱に捨ててから、「酷いよ。これ県の絵画展に出展する絵だったのに。」 
そう言ってから、荷物をまとめて家へ帰った。家に帰ってから、俺はノートを出して、必死に考えた。どう行動すれば良いか。 
どうすれば、ゆずりさんが、俺のために何でもしたくなるほど、罪の意識を持つか。ひたすら考えた。色々考えていると 
自宅にゆずりさんから電話があった。親に出たくないと伝えてもらった。 

俺は、翌日から健太を完全にシカトした。そしてクラスメイトに、「健太の母親に絵を破かれた」 
「せっかく皆に選んでもらった絵なのに、ごめんな」と言った。 
高野たちに指示したわけではなかったが、俺の意図を察したクラスの奴等は、勝手に健太を虐めだした。 
健太は、高野たちに俺の前に連れて来られて、土下座しろと言われた。健太は床に頭を擦りつけて、 
「ごめんね、本当にごめんね」と何度も謝った。高野達に言わされてるのではなく、本心で言ってるようだった。 

健太は、家に帰る途中で俺を待っていた。そして、また謝った。俺は 
「お前に謝ってもらっても仕方がない」と言ってから、強調するように、 
「お前は悪くないだろ、お前は全く悪くない、それでも俺は、お前とは一生付き合わない」と言った。 

俺は、テニス教室もしばらく休むことにした。夜になると、またゆずりさんから電話があった。 
俺は、親に絵のことを言ってあった。ただ、親には、ゆずりさんが破ったというのは不自然だったので 
健太に破られたと言ったおいた。そんなこともあり、親は俺には電話を取り次がずに 
「我家では皆で展覧会を楽しみにしていたのに、本当に残念ですよ」 
「あの子も、元気がなくなってしまって、、、もう謝罪は結構ですから、電話をするのは止めてください」と言ってた。 

それから数日経ったある日、俺の帰宅途中の通学路で、ゆずりさんが立っていた。息子と同じことするんだなと思ったが 
無視して通り過ぎようとした。もちろん、これは演技。 
ゆずりさんは、「お願いだから、少しだけ話をさせて」と言った。だいぶ憔悴している感じだった。 
俺は、そろそろ大丈夫かな?などと考えながら「なんですか?」と冷たく言ってみた。 
ゆずりさんは「本当にごめんなさい、本当に悪かったと思ってます。どうか謝らせて」と半泣きで言った。 
俺は「どんなに謝ってもらっても、もうどうにもなりません。俺は、貴女と、、健太を一生許しません!」と言った。 
ゆずりさんは「私のことは恨んでもらってもいいけど、健太のことは、どうか許して」 
「あの子は、村松君のことが本当に好きなの。なんとか許してあげて」と言った。 
俺は「無理ですね。破かれた絵は、元には戻りません」と答えた。 
ゆずりさんは「どうしたら、償えるの? あんなに仲が良かったのに、ずっと、こんな状態なのは、悲しすぎるよ」 
「ねえ、どうしたらいいの!」と言った。 
俺は勝負に出ることにした「だったら、絵を描かせて下さい。破れて粉々になった絵は元には戻りません、でも絵はまた書くことができます」 
「ゆずりさんが、絵を描かせてくれるなら、俺は、許します。」と言った。 
ゆずりさんは、嬉しそうに「本当に許してくれるの? 絵のモデルになればいいのね?なるよ。それで償えるなら。どんな絵なの?」と言った。 
771 :名無しさん@ピンキー:2010/08/22(日) 08:13:53 ID:xmVSYxoq
俺は「母親の絵が描きたいのです。でも自分の母親では恥ずかしいですから、お願いしています」 
ゆずりさんは「母親の絵か〜、いいよ、私も一応母親だし」 
俺は「本当ですか、母さんに、裸でモデルになってとは、恥ずかしくて言えなかったのです。ありがとうございます。」と言った。 
ゆずりさんは驚いて「え?裸でモデルって?」と質問した。 
俺は「はい、裸の母を描きたいのです。お願いできますよね?  
   まさか恥ずかしくないですよね? 俺も健太と同じ年ですし、変に意識しないですよね?」と言った。 
ゆずりさんは「そりゃ、変に意識したりはしないけど・・・」と 
俺は「ですよね。いつが都合が良いですか? 健太も早く俺と仲直りしたそうだったけど。俺も早く健太と遊びたいな」と言った。 

俺は、ゆずりさんのシフトが大抵、木曜日が休みだと知っていた。だから、「木曜日にしませんか?」 
「昼間なら親も居ませんから、うちを使えます」と言った。 
俺は心の中で「さあどうします?昼間に息子の友人の家で、素っ裸になれますか?」と思った。 
ゆずりさんは悩んでいる様だった。でも、もう後には引けない筈だ。 
ゆずりさんは、「本当に許してくれるんだよね?以前のように健太と仲良くしてくれるんだよね?」と言った。 
俺は「はい、新しい絵が描きあがれば、あの絵のことは完全になかったことにします。」と答えた。 
「ご両親は木曜日、本当に居ないんだよね?」「はい」 
「分かった。じゃあ、木曜日に、村松君の家へ行くよ」と答えた。 
この瞬間、俺は嬉しさで天にも昇る気持ちだった。とうとう、ゆずりさんの裸が見れる。 
夢と同じように自分から脱いでくれるのだ。 
俺は気が変わっては困るので「健太もかなり落ち込んでましたから、健太にも伝えて下さい」と言った。 
ゆずりさんは、困ったように「健太にはモデルのことはちょっと言いにくいかな」と言った。 
俺は「モデルのことじゃなくて、ゆずりさんが、きちんと俺に謝って、俺がゆずりさんを許したことを健太に伝えた方が良いのでは?と言ってるんです。」 
ゆずりさんは、少し顔を赤らめて 
「そうよね。健太喜ぶよ。私と口も聞いてくれないし、ご飯も食べなくて、本当に困ってたの」 
「良かった。村松君が許してくれて。本当にありがとう。」と言った。 


待ちにまった木曜日がやってきた。 
前日から、両親は泊まりで主張に出ていた。俺は自分で学校へ電話した、両親が居ないことを伝えて、熱があることにして、さぼった。 

時間よりも少し早めに、ゆずりさんがやってきた。 
なんだか、普段よりもお洒落をしているように感じられた。 
水色のワンピースにカーディガンを羽織っていたのだけど、かなり似合っていて、爽やかでとても美しかった。 
俺は、心の中で「あと数分もすれば、あのワンピース脱いじゃうんだよな」と思って、興奮してしまった。 

最初は、ゆずりさんに、ストリップさせようと思っていたのだけど、今回はそれはヤメテおくことにした。 
最初はハードルを低くした方が良いと思ったからだ。 
俺は、母のバスローブを用意しておいた。その方が脱ぎやすいと思ったからだ。 
俺はゆずりさんをバスルームに案内して、「ここで用意してください、このバスローブを着て、居間に来て下さい。」と言った。 
ゆずりさんは緊張しているようで、ただ頷いただけだった。 

少し待つと、バスローブ姿でゆずりさんがやってきた。 
これだけで、俺は、興奮してしまった。いよいよだと思った。 
俺は鉛筆を持って、「では、そこで脱いじゃって下さい」と言った。 
なるべく緊張しないで言ったつもりだったが喉に唾液が絡んだような変な声になってしまった。 

ゆずりさんは、特に躊躇わずに、バスローブを脱いだ。 

スーパーで叱られた時から、半年が過ぎていた。 
あの時の生意気なお姉さんが、ついに、俺の前で真っ裸になった!! 
感動的だった。やっとここまできた。でも、こんなので満足はしない。 


772 :名無しさん@ピンキー:2010/08/22(日) 08:15:54 ID:xmVSYxoq
俺は自分のスケベな思いを悟られないように、あまりよく裸を見ないようにしていた。 
俺は、「まだ、どんなポーズが良いかイメージが出来てないのです」 
「申し訳ないですけど、すこし、色々ポーズを取ってもらいます」 
「まずは、目を閉じて髪を掻きあげてもらえますか?」と言った 
ゆずりさんは、特に反論はせずに、言われた通りにした。 

俺は、目を閉じさせたので、気づかれないと思い、遠慮なく、ゆずりさんの全裸をじっくりと鑑賞した。 
773 :名無しさん@ピンキー:2010/09/06(月) 02:50:16 ID:Q7E5POsR
age 
774 :名無しさん@ピンキー:2010/09/18(土) 02:31:05 ID:rNb2C5Vu
菜穂子の続きはどこ行った? 
775 :名無しさん@ピンキー:2010/09/24(金) 11:50:03 ID:O6HSiYLT
投下来てたのか 
776 :名無しさん@ピンキー:2010/09/24(金) 14:21:03 ID:tdktPN02



作品が寸止めで終わって泣く泣く状態ですよッッッッ!!!! 





出典: 
リンク: 
  投票  (・∀・):18  (・A・):9  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/39153/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用