夏休み・泣けるコピペ名作劇場その (エロくない体験談) 8691回

2014/08/11 14:46┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
59 :以下、名無しにかわ りましてVIPがお送りします[]:2008/12/16(火) 20:01:17.03 ID:lXo3W9Sc0
20年前ぐらいの前の話

 当時俺の家はいわゆる片親ってやつで、すげぇー貧乏だった。
 子供3人養うために、かぁちゃんは夜も寝ないで働いてた。
それでもどん底だった・・・

俺は中学卒業してすぐ働きに出た。
 死ぬほど働いた。遊んでる暇なんてなかった。

 1年ぐらいして同級生に久しぶりに会った。
 飯食いに行こうって話になった。
メニューの漢字・・・読めなかった。
 読めたのは、一つだけカタカナで書いてあった「オムライス」だけ。
 同級生は「焼きそばとごはん」って注文した。

 無知な俺は「じゃあ俺はオムライスとごはん」って店員に言った。
 店員、固まってた。
クスクスって笑い声も聞こえてきた。
そしたら同級生
 「さっきのキャンセルね!!俺もオムライスとごはん!!」

・・・
店出た後、同級生が一言
 「うまかったな」って言った。
 「仕事がんばれよ」って言ってくれた。

 泣けてきた
心の底から人に「ありがとう」って思った。
そいつは今でも親友です。






61 :以下、名無しにかわ りましてVIPがお送りします[]:2008/12/16(火) 20:03:46.77 ID:4QQr4hWG0
長女(当時4歳)が幼稚園の行事の参加記念品だかで箱に入ったクレヨンのセットをもらってきた。
ところが、こともあろうにその日の夕方、見事に全部折っちゃった。
 当然うちの嫁は激怒、しかられて長女も大泣き。それで、
 「お前、なんであんなことしたんだよ?」
と聞いてみたら、

 「○○ちゃん(次女、当時2歳)と ヒック
 クレヨン半分こするって ヒック
 約束したんだもん ヒック」

 思わず長女を抱きしめた。

 翌日、どこから持ってきたのか透明な容器に半分に折られたクレヨンが
 きちんと全色分しまってあるのを見て、ちょっと目の潤いが多くなってしまいました。









62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]: 2008/12/16(火) 20:06:05.46 ID:4QQr4hWG0
2年前旅行先での駐屯地祭で例によって変な団体が来て私はやーな気分。
  その集団に向かって一人の女子高生とおぼしき少女が向かっていく。

 少女「あんたら地元の人間か?」
 団体「私達は全国から集まった市民団体で・・・云々」
 少女「で、何しにきたんや?」
 団体「憲法違反である自衛隊賛美につながる・・・云々」
 少女「私は神戸の人間や。はるばる電車のって何しにここまで来たかわかるか?」
 団体「・・・・?」
 少女「地震で埋もれた家族を助けてくれたのはここの部隊の人や。
    寒い中ご飯作ってくれて、風呂も沸かしてくれて
   夜は夜で槍持ってパトロールしてくれたのもここの部隊の人や。
    私は、その人たちにお礼を言いに来たんや。
    あんたらにわかるか?
    消防車が来ても通り過ぎるだけの絶望感が。
    でもここの人らは歩いて来てくれはったんや・・・・」

 最初、怒鳴り散らすように話し始めた少女は次第に涙声に変わっていった。
あまりにも印象的だったのではっきり覚えている。
 団体は撤退。

 彼女が門をくぐった時に守衛さんが彼女に社交辞令の軽い敬礼ではなく直立不動のまま敬礼していた。








57 :以下、名無しにかわ りましてVIPがお送りします[]:2008/12/16(火) 19:51:58.97 ID:4QQr4hWG0
遺書 母を慕いて

 母上お元気ですか
 永い間本当に有難うございました
 我六歳の時より育て下されし母
  継母とは言え世の此の種の女にあるが如き
 不祥事は一度たりとてなく
 慈しみ育て下されし母
  有難い母 尊い母

  俺は幸福だった
 遂に最後迄「お母さん」と呼ばざりし俺
  幾度か思い切って呼ばんとしたが
 何と意志薄弱な俺だったろう
 母上お許し下さい
 さぞ淋しかったでしょう
 今こそ大声で呼ばして頂きます
 お母さん お母さん お母さんと

相花信夫少尉 第七七振武隊 昭和二○年五月四日出撃戦死 一八歳









64 :以下、名無しにかわ りましてVIPがお送りします[]:2008/12/16(火) 20:07:10.97 ID:4QQr4hWG0
アメリカの、とある地方に野球観戦の大好きな、でも、目の見えない少年がいました。 
 少年は大リーグ屈指のスラッガーである選手にあこがれています。少年はその選手へファンレターをつづりました。
 「ぼくは、めがみえません。でも、毎日あなたのホームランをたのしみにしています。
しゅじゅつをすれば見えるようになるのですが、こわくてたまりません。 あなたのようなつよいこころがほしい。ぼくのヒーローへ。」

 少年のことがマスコミの目にとまり、二人の対面が実現することになりました。 カメラのフラッシュの中、ヒーローと少年はこう約束します。
 今度の試合でホームランを放てば、少年は勇気をもって手術に臨む、と。

そして、その試合、ヒーローの最後の打席。2ストライク3ボール。テレビや新聞を見た多くのファンが、スタジアムで固唾をのんで見守り、少年自身も、テレ ビの中継を祈る思いで聞いています。

ピッチャーが投げた最後のボールは・・・、大きな空振りとともに、キャッチャーミットに突き刺さりました。
 全米から大きな溜め息が漏れようとした、その時、スタジアムの実況が、こう伝えました。



 「ホームラン! 月にまで届きそうな、大きな大きなホームランです!」







66 :以下、名無しにかわ りましてVIPがお送りします[]:2008/12/16(火) 20:07:41.56 ID:4QQr4hWG0
オレは小さい頃、家の事情でばあちゃんに預けられていた。
 当初、見知らぬ土地に来て間もなく当然友達もいない。
いつしかオレはノートに、自分が考えたすごろくを書くのに夢中になっていた。
それをばあちゃんに見せては
「ここでモンスターが出るんだよ」
 「ここに止まったら三回休み〜」
ばあちゃんはニコニコしながら、「ほうそうかい、そいつはすごいねぇ」と相づちを打ってくれる。
それが何故かすごく嬉しくて、何冊も何冊も書いていた。
やがてオレにも友達が出き、そんなこともせず友達と遊びまくってたころ
家の事情も解消され、自分の家に戻った。ばあちゃんは別れる時もニコニコしていて、
 「おとうさん、おかあさんと一緒に暮らせるようになってよかったねぇ」と喜んでくれた。

 先日、そのばあちゃんが死んだ。89歳の大往生だった。
 遺品を整理していた母から、「あんたに」と一冊のノートをもらった。
 開いてみると、そこにはばあちゃんが作ったすごろくが書かれてあった。
モンスターの絵らしき物が書かれていたり、何故かぬらりひょんとか
妖怪も混じっていたり。「ばあちゃん、よく作ったな」とちょっと苦笑していた。
 最後のあがりのページを見た。「あがり」と達筆な字で書かれていた、その下に

「義弘(オレ)くんに友達がいっぱいできますように」

 人前で、親の前で号泣したのはあれが初めてでした。
ばあちゃん、死に目に会えなくてごめんよ。そしてありがとう。







67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]: 2008/12/16(火) 20:08:40.48 ID:4QQr4hWG0
主人は3年前に左目を失明した
義眼を入れているので、見た目は言われなければわからない

失明した原因は当時1歳7ヶ月だった息子とじゃれあって遊んでいた時
おもちゃの先端が主人の左目に運悪く刺さってしまったからだ
事故当時、主人より息子の方が泣き叫んでいたように感じる
子供心にただ事ではないことを感じていたんだろう
傷の具合が良くなくなってから主人は、自分の運転中に何かあってはならない、と車の運転をやめた
趣味だったバイクも売った
 ただ、いつの日か後ろに乗せて一緒に出かけるために、と息子の1歳の誕生日に買った
新品の子供用ヘルメットはまだ家にある

4歳を過ぎた息子は今、父親の左目が見えないことも、なぜそうなったかも、まだ知らないはずだ
言ってはならないと主人にきつく言われているし、私自身わざわざ教える必要もないと思っているからだ
 ひょっとしたらもう父親の異変に気づいてるのかも知れない

主人は今日も息子と一緒に公園に出かけ、大はしゃぎしながら帰ってきた
 いずれ父の左目が見えないことも、その理由も知る時が必ずやってくるだろう
 だけど私には泣きじゃくる息子の頭を笑顔で撫でている主人しか想像できない

主人が、父親が、彼で本当によかったと感謝の気持ちでいっぱいだ







69 :以下、名無しにかわ りましてVIPがお送りします[]:2008/12/16(火) 20:09:50.36 ID:4QQr4hWG0
大学進学のため、上京して一人暮らしをしている俺のアパートに
母が来た。 相変わらず口うるさく、イロイロ言うのが、ウザくて
 いる間中、小さい口げんか状態だった。

いよいよ帰る日、駅のホームで見送ることになって・・・

電車のドアが閉まろうとしてる時、「あんたにイロイロ買ってやろうと
 ヘソクリ持ってきたんよ。でも使わんかった。 お母さん、電車に乗ったら
 もうお金使うことないし、これ、持っていきな。」
と、財布をポンと投げてくれた。
 俺が、返答を考えている間にドアが閉まり、ゆっくりと電車が動き始めた。
 笑顔で手を振る母・・・

財布には万札より千円札の方が多い計9万円







70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]: 2008/12/16(火) 20:11:16.09 ID:4QQr4hWG0
さっさとちんちんどっかんしちまいな

93 大人になった名無しさん 2006/11/10(金) 00:22:56
死んだ親父はよく食いに連れてってくれたな
 うまいんだけど、親父は食うのが早くて、
 食い終わるとじっと怒ったよな顔でオレが食べるのを見てた。
 「早く食え」って言ってるみたいでちょっとヤだった。

こないだ初めて子供とラーメン屋に言ったら、やけにおいしかったらしく
 ガツガツ食うわ、あせって水飲むし、ちっこい手で丼つかんでスーフ゜飲んでハァハァいってる
可愛かった
 そしたら「ねぇなんでじっと見てるん?怒ってる?」

オヤジ・・・







75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]: 2008/12/16(火) 20:13:22.97 ID:VrnrInon0
 >>70
泣くって言うかニヤケるwww良い話だ






71 :以下、名無しにかわ りましてVIPがお送りします[]:2008/12/16(火) 20:12:05.29 ID:ZkQfOrTP0
はいはいどっかんどっかん(´;ω;`)






72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]: 2008/12/16(火) 20:12:30.40 ID:4QQr4hWG0
私の知り合いの若い女の子が、お父さんに軽自動車を買ってもらったそうな
 その女の子は嬉しくて嬉しくて ナンバーを88−39にした

 そのナンバーの事は内緒にしといて、納車のときに
「ほら お父さん見てみて パパサンキュー って番号だよ」って打ち明けた
不覚にも親父さんは泣いてしまい、ソレをみて家族は笑っていたが
 あまりにも親父さんが泣いているのにつられて、みんなで泣いてしまい
新車のお披露目が家族愛で溢れたそうな







77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/12/16 (火) 20:13:42.66 ID:4QQr4hWG0
大学が決まり一人暮らしの前日の日
 親父が時計をくれた。
 金ピカの趣味の悪そうな時計だった。
 「金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから」
そういってた。
 二年生のある日、ギャンブルにハマリ家賃が払えなくなった。途方にくれていた時。
ハッと気がつき、親父の時計を質にもって行った。
 紛れもない偽者であることが判明した。
すぐに親父電話した。

 俺「おい!偽者子供につかませんなよ!」
 親父「なっあてになんねーだろ人のゆうことなんざ。困った時にこそ裏切られるんだよ
   最後の頼みの綱になー。がはははは!これが俺の教育だよ。」
 親父「でいくら必要なんだ?金に困ったんだろ?」
 俺「・・・・あきれるわ。十二万貸してください・・・」
 親父「明日振り込むから、何があったかは聞かない。金がない理由は親にいえない事が多いわな!」
 親父「がはははは!女にでもはまったか?このバカ息子が!!ははは!!」

 正直心底むかついたが、親父の声は俺を安心させてくれた。
 今思うと、小さい会社だが経営者らしい教育だったのかなと思う。
そんな親父も去年の夏、ガンで死んだ。往年の面影も消え、ガリガリになった親父が
 また時計をくれた。まだ箱に入った買ったばかりの時計だった。必死で笑顔を作りながらいった。
 親父「金に・・困ったら質にでも・・・入れろや・・!」

オメガのシーマスターだった。くしくもその日は俺の誕生日だった。
 俺「親父の時計はあてになんねーから質には入れないよ。」
 二人で笑った三日後、親父は死んだ・・・・

親父が死んだ今も、金ピカの時計はメッキもはげたがまだ時を刻んでいる。







81 :以下、名無しにかわ りましてVIPがお送りします[]:2008/12/16(火) 20:16:35.24 ID:ZkQfOrTP0
 470 名前:名無したん(;´Д`)ハァハァ[0] 投稿日:03/05/02 16:22 ID:ZoM8ozVf

ほんとに出会えるもんだね・・・びっくり・・・
p://rankn.with2.net/link.cgi?14444

 471 名前:名無したん(;´Д`)ハァハァ[sage] 投稿日:03/05/02 17:22 ID:BZ0dK14G

死んだ俺のじいちゃんやばあちゃんとも出会えますか。
じいちゃんは五年前から寝たきりだった。生きてる頃は正直、気にしたこともない存在。
 寝たきりなだけでやたらと元気だし、死ぬだなんて考えたこともなかった。

それが去年さらっと死んだ。

 棺おけに入ったじいちゃんはベッドに寝たきりだったころと変わらない顔してた。
そのまま火葬場で骨になった。

じいちゃん死んで元気がなくなったのか、
 今年の初めにばあちゃんも死んだ。

 立て続けに死なれて親父たちはへろへろになってた。
 俺が思い出せるのはじいちゃんやばあちゃんのウザったいおせっかい。
 寒いからもっと着ろだとか、俺がひそかに嫌いな料理を美味いから食えだとか。
 実家に帰った時に千円や二千円を小遣いにくれたりとか。
そんな程度しか思い出せない。

じいちゃんもばあちゃんも俺のことを好きだった。
だけど俺はそんなに好きってわけじゃなかった。
でももう一回会えるなら、今度はちゃんと好きだったって言ってやりたい。
 出会えますかこの野郎。
 俺はじいちゃんとばあちゃんに会えるのかって聞いてんだよこの野郎。






85 :1[]:2008/12/16(火) 20:25:02.12 ID:4QQr4hWG0
そのときの部長はすっごく冷たくて、いつもインテリ独特のオーラを張り巡らせてる人だった。
 飲みに誘っても来ることは無いし、忘年会なんかでも一人で淡々と飲むようなタイプで、
 良く怒られていたこともあって俺はすごく苦手だった。

ある日のこと、部長の解雇を伝える社内メールが全員に届いた。
あのむかつく部長が居なくなる!!心の中でガッツポーズしたのは俺だけじゃなかったはずだ。

それから1週間後、部長の最後の出勤日。
 退社のセレモニーが終わるとみんなそそくさと帰って行ったが
部長と俺だけは居残って仕事を片付けていた。
 送別会の開催も自ら断った部長を苦々しく思っていると、珍しく専務から呼び出された。
しぶしぶ専務室に行くと、課長と専務が待ち構えていた。
 俺はそこで始めて課長から「部長解雇の真相」を聞いた。
 原因は俺だった。俺のミスの責任を全て部長がかぶってくれたらしい。
 話を聞いてたまらなくなった俺は急いで部署に戻ったが、部長の姿はすでに無かった。
ふと自分の机の上を見ると、封の開いた買い置きのタバコ。すでに一本無くなってる。
 横に添えられたメモにはこう書いてあった。

 「これぐらいはいただいても良いはずだ」

 俺にとっては無くなったその一本が、思い出の一本です。







87 :以下、名無しにかわ りましてVIPがお送りします[]:2008/12/16(火) 20:26:08.21 ID:lXo3W9Sc0
 216 :素敵な旦那様 :2005/12/10(土) 10:47:43
待ち合わせた彼女を待ってて見かけたのは、大学生風のカップルだった
男が女の子の正面に立って、何かしきりに手を動かしてた。手話だ

彼はやっと手話を覚えたこと、覚えるのは結構大変だったこと
女の子を驚かせようとして、その日まで秘密にしてたことを伝え、
 女の子の方は彼が勉強してることを知らなかったこと、本当に驚いたこと、
 嬉しいと思っていることを伝えて、そのうちもどかしくなったのか彼の手を握って
2度3度、嬉しそうにその場でほんの少し飛び跳ねてみたりしてた

悪趣味な盗み聞きだとは解ってたけど、その時ようやく手話を使いこなせる
様になったばかりの俺には、それは例えば外国の街で突然耳に入ってきた
日本語が気になる様に、申し訳ないけどどうしても気になる光景だった

 たぶん、俺はにやけてたと思う。怪しい奴に見えたかもしれない。
でも、それは微笑ましくて、こっちまで心があったかくなる光景だった

服の裾が引っ張られる感覚に振り返ると、そこに俺の彼女が来ていた
何を見てたのかとか、顔が嬉しそうだとか、もっとはやく私に気づけとか、
 微妙に頬を膨らませて、もの凄い勢いで手話を繰り出す彼女に、
 俺は手話でごめんなさいと伝え、ちょっと昔を思い出してたことを伝えた

 それでも彼女は少し首を傾げ、その”昔”を知りたそうな表情だったけど、
 俺は笑ってごまかした
今目の前にいる女の子を驚かそうと、秘密で手話を勉強してた頃の事だ
……とは、恥ずかしくて言えなかった






88 :1[]:2008/12/16 (火) 20:28:26.05 ID:4QQr4hWG0
御歳84になるおじいちゃんが言いました。
 「僕はね、昔、まあ今もだけど。運動も勉学もロクにできなかった」
 「友達もいないし。顔も悪い。いつもひとりぼっち」
 「だから、死のうと思ったことがある」
 「でも、死んでしまったら僕の葬式代がかかるだろう」
 「役立たずの僕のためにそんな無駄なお金を使ってほしくなかったんだ」
 「そこで僕は考えた。これ以上迷惑をかけないように今は死なないでおこう」
 「生きて生きて、僕が死んで迷惑になる人たち皆死んでから、死のう。と」
 「どこかの海か崖にでも身を投げて・・・ね」
 「でもね、気付いたんだ。僕には両親がいる。兄弟がいる」
 「兄弟はやがて結婚して子供を持った」
 「僕も運良く結婚できて子供をもてた」
 「僕が生きている以上、つながりが消えることはないんだ・・・ってね」
 「そして、僕は僕の大事な妻のため、子供の為に今まで生きてきた」
 「その、僕の大事な子供の子供が、君です」
 「ありがとう、君がいるから僕は生きています」

 病院で自傷による出血多量の手当てのため入院していた、僕に向かって。

それからしばらくして。
おじいちゃんは死にました。
 葬式の会場で
「すまないねえ」
というおじいちゃんの声を、身内の者のほとんどが聞いたそうです。
 僕も、聞きました。







90 :1[]: 2008/12/16(火) 20:29:16.47 ID:4QQr4hWG0
京都市伏見区桂川河川敷で2月1日、無職片桐康晴被告が、
 認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみられる事件の初公判が19日に行われた。
 事件内容は認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母と相談の上で殺害したというもの。
 片桐被告は母を殺害した後、自分も自殺を図ったが発見され一命を取り留めたとの事。
 片桐被告は両親と3人暮らしだったが、95年に父が死亡。その頃から、母に認知症の症状が出始め、一人で介護した。
 母は05年4月ごろから昼夜が逆転。徘徊で警察に保護されるなど症状が進行した。
 片桐被告は休職してデイケアを利用したが介護負担は軽減せず、9月に退職。
 生活保護は、失業給付金などを理由に認められなかった。
 介護と両立する仕事は見つからず、12月に失業保険の給付がストップ。カードローンの借り出しも限度額に達し、デイケア費やアパート代が払えなくなり、
 06年1月31日に心中を決意した。

 「最後の親孝行に」

 片桐被告はこの日、車椅子の母を連れて京都市内を観光し、2月1日早朝、同市伏見区桂川河川敷の遊歩道で
「もう生きられへん。此処で終わりやで。」などと言うと、母は
「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」と答えた。片桐被告が
「すまんな」と謝ると、母は
「こっちに来い」と呼び、片桐被告が母の額にくっつけると、母は
「康晴はわしの子や。わしがやったる」と言った。
この言葉を聞いて、片桐被告は殺害を決意。母の首を絞めて殺し、
 自分も包丁で首を切って自殺を図った。
 冒頭陳述の間、片桐被告は背筋を伸ばして上を向いていた。肩を震わせ、
 眼鏡を外して右腕で涙をぬぐう場面もあった。
 裁判では検察官が片桐被告が献身的な介護の末に失職等を経て追い詰められていく過程を供述。
 殺害時の2人のやりとりや、
 「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」という供述も紹介。
 目を赤くした東尾裁判官が言葉を詰まらせ、刑務官も涙をこらえるようにまばたきするなど、法廷は静まり返った。








96 :1[]:2008/12/16(火) 20:33:31.94 ID:4QQr4hWG0
アルゼンチンのプロゴルファー、ロベルト・デ・ビンセンツォは、
あるトーナメントで優勝し、賞金の小切手を受け取って帰る準備をしていた。
 彼が一人で駐車場に向かっていると、一人の女性が彼に話しかけてきた。

 彼女は彼の勝利をたたえた後、自分の子供は重い病気にかかって死に掛けているが、
お金がないために、医者に見せることもできないのだと彼に伝えた。
それを聞いて哀れに思ったビンセンツォは
「これが子供のために役立てば良いのだけど」
といって、獲得したばかりの賞金の小切手を彼女に握らせた。

 翌週、彼がカントリークラブで食事をしているとテーブルにゴルフ協会の職員がやって来た。
 「先週、駐車場にいたやつらが、
 君がトーナメントで勝った後、そこで若い女性に会っていたといっていたが・・・」
ビンセンツォはうなずいた。「実は」と職員は続けた。
 「彼女は詐欺師なんだ。病気の赤ん坊なんていないんだ。結婚すらしていないんだよ。君はだまされたんだ」
 「すると、死に掛けている赤ん坊なんていないのか?」
 「そのとおりだ」
すると、ビンセンツォは笑いながらこう言った。

 「そうか。そいつは今週で一番の良い知らせだ」







出典:´△紡海、これが私が投稿するH嵬椶任后
リンク: 
  投票  (・∀・):27  (・A・):9  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/39275/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用