ロビン・ウィリアムズの8つの知られざる事実! (エロくない体験談) 6757回

2014/08/14 16:28┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
アラジンのジーニー役といえばこの人! 先日亡くなったハリウッド俳優「ロビン・ウィリアムズ」の8つの知られざる事実!


あまりに突然のできごとに、世界中にショックと哀しみが広がっているハリウッド俳優、ロビン・ウィリアムズの死。

ヒット映画への多数の出演、アカデミー助演男優賞を始めとする数々の賞の受賞……彼の残した偉大な功績についてはテレビやネットのニュースで皆さんも目にすることでしょう。そこでここでは、ロビン・ウィリアムズの素顔が垣間見えるような魅力的な事実8つをご紹介したいと思います。

1、高校時代、クラスで「もっとも成功しなそうな人」に選ばれたことがある

ロビンはカリフォルニア州のレッドウッド高校出身ですが、高校時代、クラスメイトから「もっとも成功しなそうな人」という不名誉な称号を与えられたことが。けれど、そう思われていた彼がいつの間にか世界に名を知られる存在に……彼の成功はいかにもアメリカらしいサクセス・ストーリーといえるかもしれません。

2、『アラジン』のジーニーのセリフのほとんどはアドリブ

ロビンの代表作のひとつである『アラジン』のジーニー役。次から次へと繰り出されるマシンガントーク、あふれ出るユーモア、陽気でハイテンションなキャラクター……ひと目見たら、誰もがジーニーのファンになってしまいますよね! けれど、実はジーニーのセリフのほとんどはロビンのアドリブによるもの。つまり、ロビンでなければあのジーニーは生まれていなかったわけで、まさに元スタンダップコメディアンである彼の面目躍如といったところ!

3、子ども時代は太っていて、いじめられっ子だった

子どものころにいじめられていた過去を明かしているロビン。裕福ながら大家族のなかで育ち、太っていて友達もおらず、孤独な子ども時代を過ごしたといいます。けれどそこから、自分の声を駆使することで人を楽しませたり笑わせたりできることを知っていったのでしょう。そしてそれがその後の将来にもつながっていき……人は何かひとつでも好きなことや熱中できることを持っていると強くなれますね。

4、熱心なサイクリストでもあった

ロビンは、ツール・ド・フランスで7連覇を遂げたアメリカの元自転車プロロードレース選手、ランス・アームストロングにトレーニングを受けるほどの熱心なサイクリストでもありました。ランスは今回の訃報に際し、自身のTwitterで「いつまでも大親友として心にとどめるよ。君が大好きだ、そしてひどく寂しい」と記しています。

5、監督のスティーブン・スピルバーグとのエピソード

『シンドラーのリスト』の内容があまりに陰うつで、撮影しながらすっかり気が滅入ってしまったスティーブン・スピルバーグ監督。彼は連日ロビンに電話をかけジョークを言ってもらい、撮影を乗り切ったといいます。スピルバーグだけでなく、私たちの中にもロビンのトークや演技に勇気づけられたり救われたりした人たちがどれほどいたことか! それと考えると本当に多くの人から愛された俳優であったことに気づきます。

6、長年苦しんだアルコール依存とドラッグ中毒

私生活では1970年代から80年代初めにかけて薬物乱用、アルコール依存症となり、その後20年は避けることができたものの、2006年と今年の2度、リハビリセンターに入院していたロビン。もし彼の死に何らかの影響をおよぼしているのであれば、とても残念なことです。

7、2009年には心臓の手術を受けている

2009年には大動脈弁置換という心臓の手術を受けたロビン。3時間半にもおよぶ大手術でしたが、終わった数時間後にはすでにスタッフにジョークを言って笑わせていたとか。彼のサービス精神や他者への気遣いがわかるエピソードです。

8、1997年の「WEEKLY誌が選ぶ今年もっともおかしな男性」で1位になったことがある

1997年にはWEEKLY誌の「今年もっともおかしな男性」において、“サウンドバイト世代のおもしろアドリブ俳優”としてナンバーワンの座に選ばれたことも。1997年といえば『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』が公開され、ロビンがアカデミー助演男優賞を受賞した年。それまでの『フック』『アラジン』『ミセス・ダウト』『ジュマンジ』を経て、もっとも円熟味を増していた時期だったといえるかもしれません。

出演作はもとより、こうした私生活を垣間見てもますますその人柄に惹かれざるをえないロビン・ウィリアムズ。私(記者)個人的には『ミセス・ダウト』の子ども思いの温かくてちょっとクレイジーなおばあちゃん(パパ?)が本当に大好きだった! 

皆さんの好きなロビン・ウィリアムズの映画は何ですか? 冥福を祈るとともに、彼を偲びながらもう一度出演作をじっくり鑑賞したいですね。

参照元:ELITE DAILY
画像:Instagram
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch


出典:ご冥福を
リンク:お祈りします。ピーターパン面白かったなあ・・・フックだっけ。
  投票  (・∀・):13  (・A・):5  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/39295/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用