アホな車 (修羅場の話) 28182回

2014/08/26 11:57┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
車で帰宅中の出来事。
2車線の国道で、右側の追い越し車線を爽快に走っていた。
時間は23時近く、交通量は少なかった。

すると、背後からDQN車がものすごい勢いで煽ってくる。
バックミラーで確認しても、ナンバーが見えないくらいビタ付け。
道を譲るのも悔しかったので、あえて速度を落とし走っていた。

さすがにカチンときたのか、DQNは左車線に移動し追い抜こうとしてきた。
そこで俺は超加速。
左車線のDQN車の前にはゆっくり走る車が出現し、再度俺の背後へ。

そんな事を何度か繰り返すと、ついにパッシングやクラクションの嵐。
俺はおかまい無しに、今度は左車線でゆっくり走る車と並行して走った。
追い抜く事も出来ず、DQNはイライラMAX。

しばらくすると、ゆっくり走る車が左折した。
DQNはここぞとばかりに加速。もちろん俺も加速。
60km制限のところ、120kmくらいは出てたかな。

しばらくデットヒートしていたが、あるポイントで俺は一気に減速。
そこは毎日の様にスピード検問をやっている場所。
何も知らないDQNは120kmで通過。俺は60km。

次の瞬間、道路脇からサイレンならして飛び出してくるパトカー。
追われるDQN。

しばらく走っていると、前方でパトカーに止められているさっきのDQN車。
乗っていたのは如何にもって感じのDQN二人組。
俺はわざと近くを10km位でゆっくり走り、DQNを指差して大笑いしてやった。
DQNはそれに気がつき、走って追ってこようとしたが、警察に静止されていた。
実に爽快だった。


その翌日、待ち伏せされていたら嫌なので、安全のため電車で通勤した。
仕事を終え帰宅すると、なんだかいつもと違う雰囲気。
恐る恐るリビングに行くと、そこには妻を手マンしている昨日の二人組がいた…。


出典: 
リンク: 
  投票  (・∀・):59  (・A・):66  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/39380/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用