恥ずかしがりの嫁と俺の親友のマッサージ2 (寝取られ体験談) 24894回

2014/09/01 00:36┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
美人だけど恥ずかしがりで、そのくせ少しむっつりな嫁景子と、あの日以来、今までにもましてセックスをするようになっていた。

ちょっとしたイタズラ心で、友人の浩介が遊びに来るたびに、嫁にわざと胸チラとかをさせていた。だんだんとエスカレートして、前回あんな事になってしまった。
浩介に挿入されてしまったわけではないが、ある意味で挿入したところを見るよりもショックな出来事だった。

今、ベッドの上ではセーラー服を着た嫁が、後ろ手に縛られて目隠しをされたまま俺のペニスをくわえている。口の周りをよだれでベタベタにして、必死でくわえる嫁のアソコには、バイブが突き刺さっていて、俺が抜き差ししている。

「ほら、浩介のこんな風に入れて欲しいんだろ?」
俺は本来こういうキャラではないのだけど、浩介との一件以来、こういう感じで嫁を責めるようになっていた。そして、嫁もすっかりとMな感じが定着してきた感じがある。
『んんっーっ! んーっ!』
俺のをくわえたまま、嫁が激しくうめく。浩介のことを言いながらバイブで責めると、嫁は本当に興奮しすぎてしまうようで、悲鳴でもあげているような感じなる。

そして抜き差しするバイブには、白い本気汁が所々についている。グチョッ! グチョッ! と、大きな音を立てて出入りするそんなバイブを見ていると、俺も興奮が限界になってくる。

30歳目前の嫁が、恥ずかしがりながらセーラー服を着て、バイブ責めをされている光景。強烈に痛い夫婦だと思うが、俺も嫁もこんなプレイにのめり込んでいる。



「次に浩介来たら、こうやって入れさせるからな!」
俺は、そんな事を言いながらバイブをさらに奥まで押し込む。
『んんんっっっーーーーっっ!!!』
俺のペニスをくわえながら、四つん這いに近い格好でフェラしていた嫁が、体を痙攣させながらアソコから潮を吹いた。
初めて見る嫁の潮吹きに、一瞬驚いたが、嬉しさがこみ上げてきた。
嫁は、俺のペニスから口を離すと、
『ダメぇっ! イヤアァァ……止めてっ! あぁ、恥ずかしいよぉ……あぁ、ダメぇ……』
泣きそうな顔で俺を見ながら、そんな風に恥ずかしがる嫁。

ベッドとセーラー服のスカートをビチャビチャにしながら、逃げようとする嫁。それを押さえつけて、さらにバイブを抜き差しする。
「ほら、浩介のチンポ、気持ちいだろ!? 潮吹くくらい気持ち良いだろ!」
興奮でわけがわからない状態で叫ぶ俺。

『ダメぇっ! 気持ち良いっ! 浩介のおチンポ、気持ち良いよぉっ! あっくん、ゴメンなさいっ! またイカされちゃったよぉっ!! うぅああっっ!!』
そんなはしたない言葉で叫ぶ嫁。もう、俺も限界だった。嫁を上向きに寝かせると、ゴムを着けて挿入した。

『あっくん! 気持ち良いっ! やっぱりあっくんのが良いっ! あっくんの方が気持ち良いよぉ……あ、あっ! んっ! ンあっ! は、ひぃっ♡ ヒッ♡』
そう言うと、嫁が俺に抱きついてくる。セーラー服姿の嫁を抱きしめながら、必死で腰を振る俺。頭の中には、”またイカされちゃった”という、嫁の言葉が渦巻いている。

前回、まさかの方法で嫁はイカされた。目の前で、他の男の舌によってイカされる嫁を見た俺は、人生で一番の興奮を味わった。

そして最近では、浩介にハメられている嫁を、強く想像するよになっていた。そして、嫁のそんな姿を想像すると、俺は情けないほどあっけなくイッてしまう。

「景子、イクっ! イクよっ!」
『ま、まだダメっ! もっとぉっ! あ、あっん♡ あん♡ イクぅ……あぁんっ♡』
嫁は、俺にまだイクなと言いながらも、とろけてイキまくっている。浩介とのことがある前も、嫁とのセックスは充実していたと思う。感じてくれてもいたし、コスプレや大人のオモチャを使ったりもしていた。でも、こんなに感じてはいなかった。羞恥心が邪魔をしていた感じだ。

それが、浩介とのことで一皮剥けたように、景子は感じまくるようになった。黙っていると、強すぎる目力のせいでちょっと怖い感じもする景子だが、今はその目もトロンととろけた感じになっている。

「もう、ダメだ、イッちゃうよ……」
俺は、情けない声で嫁に言う。
『ダメぇ、イッちゃったら、浩介くんにイカせてもらうからw』
景子が、小悪魔の顔で俺に言う。
俺は、その言葉に嫉妬で泣きそうになる。でも、それ以上に興奮が波のように打ち寄せてきた。

『あ! ふふw あっくんの、すっごく固くなったw 興奮してるの?』
「ち、違うっ! そんな事はないっ!」
図星過ぎてドキッとしながらも、必死で否定する。
『うそばっかりw だって、鉄みたいになってるもんw そんなに見たいの? 私が浩介くんとエッチするところw』
「うぅ……見たく、ない……」
『うそうそw いいよ……あっくんが見たいなら……私、浩介くんとエッチする……』
正常位で繋がったまま、言いようがないくらいエロい目で、しかも挑発的に俺を見る嫁。もう限界だった。

さっきから、動きは止まっているのに、俺は射精してしまった……。
『イッちゃったw 言葉でイクなんて、あっくんはエリートだねw 変態の中のエリートだw』
俺は、からかうような嫁の言葉を聞きながら、勢いよく何度も精液をゴムの中に放っていた。

うめきながら出し終え、嫁に抱きつくように倒れ込むと、嫁が嬉しそうな顔でキスをしてくれた。
『ゴメンね、変な事言っちゃって。でも、浩介くんのこと言うと、あっくん私に必死になってくれて嬉しいなぁ……すっごく、愛されてるって思えるよ♡』
「あぁ、愛してる……」
『私も、愛してる♡』
そう言って、抱き合いながらイチャイチャした。嫁とは、もう9年以上一緒にいる。そして、今が一番ラブラブだと思う。セックスも、最近どんどん良くなっていくのを感じる。

この時間が、ずっと続けばいいと思いながらも、つい聞いてしまった。
「ねぇ、浩介とって、本気なの?」
『なにが?w ちゃんと言ってくれないと、何のことだかわかりませんw』
小悪魔モード継続中のようだ。

「それは……その……浩介と、セックスするの?」
『するの? なの? して下さいじゃないの?w』
このセリフを言ったときの嫁の目は、何とも言えない艶っぽいような、とろけたような、不思議な感じだった。
「……浩介と、セックスして下さい……」
俺は屈辱を感じながらも、自分に正直に言った。
『いいよw あっくんが、一番喜ぶようにするねw』
満面の笑顔で言う嫁。俺の性癖が、最近急に目覚めたように、嫁の中でも大きな変化があったようだ。

俺はイッたばかりなのに、嫁の挑発的な言葉に、すぐにフル勃起して、また嫁に襲いかかった。
『ふふw 昔に戻ったみたいw 嬉しいなぁ♡』
俺に荒々しく抱きしめられながら、嬉しそうに笑う嫁。嫁は、浩介の事を言うと、俺がムキになって昔みたいに何度も嫁のことを抱こうとするのが嬉しいようだ。嫁が浩介とのセックスを望むようなことを言うのは、それが目的なのかも知れない。

やっぱり10年近く一緒にいると、俺は意識していなくても、嫁への態度は昔と比べて多少変わっているのかも知れない。情熱や愛情は変わらないつもりでも、気づかぬうちに手を抜いてしまっているところがあったのかも知れない。

浩介との一件以来、嫁への想いが強くなった気がするのは確かだ。


俺と、昔みたいにラブラブになるために、浩介に抱かれようとする嫁。歪んでいるかもしれないが、健気だと思う。
でも、こんな希望的観測みたいな事を言っているけど、実は嫁はそんなことは考えていなくて、ただ浩介とのセックスを楽しみにしているだけだったらどうしよう……そんな不安もある。

でも、そういうケースを想像すると、おかしなくらいに興奮する俺がいるのも間違いない。

結局、そのままゴムを着けて2回戦が始まった。さっきは、俺が言葉責めをする立場だったが、今は逆転している。最近は、大体こんな感じで、2回戦目で攻守が入れ替わることが多い。

『あっくん、私が浩介くんので感じちゃったら、怒っちゃう? 声とか、我慢できないかもw』
俺に正常位で突かれながら、余裕の顔で言う嫁。
「お、怒らない……感じてくれた方がいい……」
『ふふw あっくん、カチカチだよw 変態w』
嫁は、小悪魔のように笑いながら腰を動かし始めた。正常位の下側で、なまめかしく腰を振る嫁。本当にエロい女に変わってしまったと思う。
でも、嫁の今までわずかに不満だった部分が解消されて、嬉しいと思う気持ちの方が強い。

俺は、夢中で嫁にキスをした。そして、浩介に負けるか! と思いながら、バカみたいに腰を振った。
『あっ♡ それ、凄いぃっ! あっ! あんっ♡ ンンあっ! あっくん、固いよぉっ! 気持ち良いっ! 浩介くんに乳首でイカせてもらったときくらい気持ち良いよぉっ!』
嫁が、とろけた顔でそんな事を言う。こんな時にも、挑発的な言葉を忘れない嫁。良い女王様になるのでは? と思ってしまう。

「景子! ダメ、だ……ゴメン、もうイキそう……」
『ふふw 知ってるw だって、爆発しそうなくらいカチカチだもんw いいよ、イッてw 私は浩介くんにイカせてもらうからぁ♡』
嫁のその発言と、そのとろけたような小悪魔なような表情にやられて、もうイッてしまった……。
『あ、ふぅ……あぁっ♡ あっくん、愛してるっ! ギュッとしてぇ!』
嫁が、不安そうな顔で言ってきた。小悪魔と、気弱な乙女がクルクル入れ替わる。両方とも嫁の本性なのだと思う。

そんな風に、浩介をダシにセックスを充実させている俺達は、ちょっとおかしいのかも知れないが、幸せそのものだと思っている。


そして、今日久しぶりに浩介が遊びに来る。結構頻繁に遊びに来ている浩介だが、たまたまあの一件後、出張でいなかった。なので、今日嫁は、あの日以来初めて浩介に会うことになる。
散々セックスの時に話題にしていたので、久しぶりという感じもあまりないのだけど、嫁は見てわかるくらい緊張している。
「どうしたの? なんか緊張してるみたいだけどw」
俺が、からかうようにそう声をかけると、
『べ、別にぃ〜。楽しみなだけだよ! 浩介くん、早く来ないかなぁ!』
なんてことを言う。正直、可愛くて抱きしめたくなるのだが、この後もしかしたら浩介に抱かれるかも知れないと思うと、いてもたってもいられないような気持ちにもなる。

でも、そんな風に思っているのは隠して、
「今日は、下着なしでおもてなししてね。もちろん、あのスカートでw」
『うぅ……本当に? あのスカート穿くの?』
「だって、そのために買ったんじゃんw」
『そうだけど……わかったよ……』
ちょっと戸惑いながら答える嫁。そして、着替えにリビングを出る。
しばらくして、恥ずかしそうに戻ってきた嫁は、ざっくりと胸元が開いたシャツに、マイクロミニスカートをはいていた。スカートは、股下ゼロセンチの、ワカメちゃんみたいな感じで、普通に歩くだけで、へアがチラチラと見えている。
スカートの裾を、必死で引っ張り降ろしながら、頬を赤くしている嫁。その上、シャツにはクッキリと乳首が浮いている。


遊びに行った先で、奧さんがこんな格好をしていたら、正気を疑うレベルだと思う。
「スゲぇ、可愛いよ……」
俺は、息を飲みながらそう言った。
『ほ、本当に? すっごく恥ずかしいよ……だって、見えてるでしょ?』
「丸見えだよw でも、それ選んだの、景子じゃんw」
『だ、だって、あっくんが……』
抗議しようとして途中で止める景子。インターフォンが鳴ったからだ。

「ほら、お出迎えしないとw」
『えぇ〜? あっくんが行ってよぉ!』
「どうせ見られるんだからw ほらほら、待たせちゃ悪いだろw」
『うぅ……わかりました……』
渋々と玄関に向かう嫁。俺もその後ろからついて行く。

そしてドアを開けると、浩介ではなく、郵便配達の人がいた……。
「お届け物でーす!」
と言いながら、驚いた顔になる配達員。
『あっ! えっ? ご、ご苦労様です!』
動揺して、キョドりまくる嫁。俺はサッと物陰に隠れて、その様子をこっそりと見学し始めた。
動揺して、ご苦労様ですとか言いながら、必死でスカートの裾を引っ張り降ろす嫁。配達員の人は、嫁から視線をそらすように壁の方を見ながら、荷物を手渡そうとする。
それを、慌てて受け取ろうとして床に落とす嫁。
『あっ! ゴメンなさい!』
慌ててしゃがんでそれを拾う嫁。配達員の人の前で、和式便所でするみたいにしゃがんだ。
配達員の人は、荷物を目で追ったのだと思うが、すぐに嫁の股間に視線が動き、目を見開いて凝視した。

多分、配達員の人には、スカートの中が丸見えになっていると思う。下着を穿いていない秘部が、丸見えになっているはずだ。


嫁は、テンパってそんな事にも気がつかずに、しゃがんだまま荷物を手に取り、
『サ、サインですよね?』
等と声をかける。
「あ、あぁ、はいっ! コ、ココにサインを……」
配達員の人は、よく見るとかなり若い。動揺して動きが変に早くなっていて、ボールペンを嫁に渡そうとして、ピュッ! と、ボールペンを飛ばしてしまった。
嫁の横に落ちて、転がって行くボールペン。慌てて嫁は向きを変えて、四つん這いみたいな格好になり、ボールペンをキャッチする。

配達員の人は、目が飛び出そうなくらい見開かれている。配達員の前で、後ろ向きで四つん這いになる嫁。お尻や秘部が丸見えになっているはずだ。実際に、嫁の短すぎるスカートは、急な動きに対応できずに、ずり上がってまくれている。

そして、ボールペンを手にした瞬間、自分の格好に気がついたのか、慌てて立ち上がり、配達員の方に向き直る嫁。俺の方からは、まくれ上がったスカートと、丸見えのお尻がまぶしかった。

嫁は、スカートを直すと、
『ゴ、ゴメンなさい、コ、ココですか?』
と、配達員に聞く。
「そ、そこです。すいません。あ、ありがとうございます。すいません、すいません」
と、必要以上に謝りながら、配達員は家を出た。

『あっくん、恥ずかしいぃよぉっ! 見られちゃったかなぁ?』
と、耳まで真っ赤にしながら、俺に駆け寄ってきた。

「丸見えだったしねw 超見てたよw たぶん、今日のおかずにするんじゃない?」
と、からかうように言うと、
『バカッ!』
と、むくれて言った。

それにしても、想定外の露出プレイだった。ドジッ子というか、マンガみたいな失敗だったw

俺は、うつむいて顔を真っ赤にしている嫁の、スカートの中に手を突っ込んでみた。
『あっ! ダ、ダメぇっ!』
と、大慌ての嫁。指がアソコに触れると、ビックリするくらい濡れていて、したたっている感じだった。

「あれれ? 見られて興奮してんの? 景子も変態だねぇw」
『だ、だってっ! あ、あっ! ダメぇ、指、抜いてぇっ! だ、めえぇ……』
濡れすぎなアソコは、あっさりと俺の指を飲み込んで、キュゥッと締め付けてくる。
「乳首も、アソコも見られて、興奮しちゃったんだねw 肉のハンコ、突いてもらいたかったんじゃないの?」
オヤジ臭いことを言う俺。でも、嫁は恐ろしいほど反応した。
『イヤァぁっ! そんなの、あぁっ!! ダ、メッ! イ、イッちゃうッ! イクっ! ぅうぅうぁっ!!』
と、体をビクビクッとさせて果てた。こんなにあっけなくイクなんて、よほど興奮状態だったんだなと思った。

「ほんと、エロい女になったねw 今日も、浩介としてるところ、ずっと見ててあげるからねw」
『イヤァ……ダメ、あぁ、あっくん……』
泣きそうな顔で、ささやくように言う嫁。もう、今日浩介とセックスをするのは確定事項のようになっている。


すると、またインターフォンが鳴った。慌てて指を抜く俺。すると、イキなりドアが開いた。今度こそ、浩介だった。
「おぉっ! ビックリした! お出迎え?」
ゴツい体を揺らしながら、浩介が入ってくる。

動揺する俺と嫁。浩介は、笑顔で話しかけてくる。
「景子ちゃん、なんか凄い格好だねw それに、エロい顔してるけどw」
『そんな事ないよぉ! じゃあ、ご飯用意するね!』
動揺からか、ぎこちなくキッチンに向かう嫁。その後ろ姿は、マイクロミニからお尻が微妙にチラチラ見えててエロ過ぎた。

「お尻、見えちゃってるんですけどw」
浩介が、嬉しそうに言う。
「わざわざ、お前のために買ったんだぜw」
「マジで?w なんか、今日は良い事ありそうだなw」
満面の笑みで言う浩介。
「お前次第だよw 好きにして良いからなw」
「了解w」
こんな会話をしながら、俺は震えるほどの興奮に包まれていた。

そして食事が始まる。
大きな体に見合って、旺盛な食欲を見せる浩介。嫁は、クッキリと浮き出た乳首を隠そうともせずに、浩介にビールを注いだり、おかわりをよそったりする。
『ほんと、いっぱい食べるねw 作りがいがあるよ!』
嫁が、妙に嬉しそうに言う。確かに、俺はちょっと食が細いかもしれない。
「だって、ほんと美味しいし、いくらでも入るよ!」
浩介も、楽しそうに答える。

食事のことや、出張のことなどを話す浩介。まったくセクシャルな感じのない食事タイムだ。

そんな楽しい食事の時間なのに、嫁の格好だけが浮いている。ブラジルの売春婦みたいな格好の嫁が、浩介の話を楽しそうに聞いている。

「出張岐阜だったんだろ? ソープ行ったの? 金津園だっけ?」
俺が下ネタにしようと、そんな事を聞く。
「え? あぁ、行ってないよ。近かったけど、ほら、今日のこと考えてさw」
『な、なに言ってんの! バッカじゃないの!』
動揺して、顔を真っ赤にしながら言う嫁。

「なに言ってんのw そんな格好して、説得力ないんだけどw」
俺が、からかうように言う。
『……』
嫁は、顔を真っ赤にして何も言えずにいる。

急に空気が変わった気がした。さっきまでは、楽しい食事の時間だった。ホームドラマ的な空気だった。
それが今は、妙に張り詰めた感じだ。俺は、喉がカラカラになるのを感じる。

動いたのは浩介だった。緊張して顔を真っ赤にしている嫁の後ろに立つと、イキなり後ろから嫁の両胸を掴んだ。
『あっ! ン……』
ビックリしながらも、無抵抗の嫁。
「あれ? この前あんなにほぐしたのに、またこってるねw マッサージする?」
『……うん……マッサージ、する……』
嫁は俺の顔を見ながら、遠慮がちにそう言った。

俺を見つめたまま、浩介に胸を揉まれている嫁。この時点で、俺はもうおかしなくらい興奮していた。

浩介は、服の上から胸を揉みしだいていく。持ち上げて手を離したり、回すように揉んだり、嫁の胸の感触を楽しんでいる感じだ。
でもこの前とは違って、乳首には一切手を触れようとしない。と言うか、徹底的に乳首を避けている感じだ。

『あ、ン……あっ! あ、あぁ……』
俺を見つめたまま、吐息を漏らし始める嫁。でも、次第に不満そうな顔になってくる。浩介は、徹底的に乳首を避けながら、
「イヤァ、こってるねぇw これは気合い入れてマッサージしないとねw」
などと言う。
『ん、んっ! あ、ぅ……ん、んあ』
胸を揉まれて、吐息は漏らすが、あえぐほどにはならない。嫁は、不満そうな、それでいて泣きそうな顔になってきた。

『イ、イジワル……しないで……』
ボソッと言う嫁。視線を俺からそらした。
「なにが? ちゃんと言わないとわからないよw」
浩介が、イジワルそのものの口調で言う。

『……触って下さい……ち、乳首も、触って下さいぃ……』
興奮のためか、羞恥のためか、震える声で言う嫁。
「もっと、おねだりするみたいに言ってくれないとw」
まだいじめるつもりらしい。

だが、俺には最高のシチュエーションだった。目の前で、嫁が他の男に乳首への愛撫をおねだりする姿。普通は、一生見ることのない場面だ。嫁のとろけた顔……おねだりする甘えた口調……全て俺だけのものだったはずだ。

『わ、私のぉ、興奮して……う、うぅ……カチカチになった、あぁ、乳首を……マッサージして下さいぃ……ま、また、乳首でイカせて下さいぃっ!』
嫁が、泣きそうな顔でそう言った。そして言い終わると、また俺を見た。とろけた目で、少し不安げに俺を見つめる嫁。

だが、すぐに浩介の乳首への愛撫が始まった。後ろから両方の乳首を指でつまむと、撫でるように、弾くように、シャツの上から縦横無尽に責めていく。

『うぅあっ!! あっ! あぁんっ!! ンあっ! ヒィあぁ♡』
嫁は俺を見つめたまま、可愛いあえぎ声を上げ始めた。配達員のことや、さっき俺に指でイカされたことなども影響していると思うが、いきなり強く感じ始めている。

「うはw これは強烈にこってるねぇw」
浩介は楽しそうに言いながら、乳首を責め続ける。

食卓の上には、まだ料理が並んでいる。食事の途中で始まったこのマッサージに、俺は言葉も出ないくらい興奮してしまっている。
日常が、一気に非日常に切り替わり、まるで夢の中にいるような感じだ。

『んンッ! んっ! あ、あんっ! あぁあ、ウゥあぁ♡ ダメぇ、そんなに、あぁっ! つまんじゃダメぇ……ヒィ♡ あっくん、ご、ごめんなさいぃ! 声、出ちゃうぅ……あ、あっ! ヒィア♡』
嫁は泣きそうな顔で俺を見つめたまま、どんどん高まっていく。

「おかしいなぁ、揉んでも揉んでも固くなるw ほぐれないなぁw」
浩介が、からかうように言う。
『ダメぇ……だ、めぇ、うぅあっ! あんっ♡ くぅアッ♡ イ、イッちゃうぅぅ……あっくん、ゴメンなさいぃぃ……イクっ! イクぅっ!!』
嫁は泣きそうな顔のまま俺を見つめ、体を震わせた。

夫に見られながら、他人の指でイク嫁……。
嫁が他人の指でイカされるのを、ただ見ている夫……。

まともな人には、理解されないと思う。でも、実際にこれを経験してしまったら、もう戻れないと思う。
それくらいこのシチュエーションは、麻薬的だと思う。


「あ〜あw ただのマッサージなのに、感じちゃったんだw イッちゃったんだw 景子ちゃんはドエロだねw」
『ひ、あ……そ、そんな事、ないぃ……』
とろけた顔で、怪しいろれつで反論する嫁。説得力はゼロ以下だ。


「ねぇ、俺のもこっちゃったみたいだから、マッサージしてよ!」
場違いに、ひどく明るい調子で言う浩介。椅子に座った嫁の真横で、股間をさする。
ちょうど嫁の目の位置あたりに、浩介の股間がある。

浩介の股間は、ズボンが膨らんでいて、思いきり勃起しているのがわかる。
嫁が、不安そうな顔で俺を見つめる。俺は喉がカラカラになりながらも、こくんと頷いた。

嫁は俺から視線を外すと、すぐ横の浩介の股間をズボンの上からさすり始めた。この時の衝撃は、生涯忘れないと思う。歳を取り、天に召される寸前に、人生を振り替えるときに必ず思い出すと思う。

それくらいの圧倒的な衝撃だった。

自分の愛する嫁が、他の男の股間を触り始める光景。それを見て、痛いほど勃起する俺。

「ね? こってるでしょ?」
『う、うん……固くなってるね……』
戸惑いながらもそう答える嫁。

「じゃあ、直接ほぐしてくれる?」
浩介が少し緊張気味に言う。さすがに、これ以上のことに進むのは、浩介でも緊張するらしい。

嫁は、振り返って俺を見る。ズボンの上からとはいえ、他の男の股間をさすりながら、俺を見つめる嫁。もう、身もだえしそうだ。

俺は、興奮と恐れをいただきなら、こくんと頷いた。
嫁は、まるで俺がそうするのがわかっていたように、すぐに浩介のベルトに手をかけた。そして、ぎこちなくだが、浩介のズボンを脱がしていく。

膝までズボンが脱げると、盛り上がった下着が姿を見せる。浩介は、ブーメランパンツというのだろうか? 小島よしおがはいている海パンよりも、さらに小さな下着をはいていた。


そして、小さすぎる下着からは、ペニスがはみ出ていた。大きくなったペニスは、ヘソに届くくらい勃起していて、先が少し濡れていた。
他人の勃起したペニスは初めて見るが、やたらと大きく感じる。

『ちょっw はみ出てるしw』
緊張しながら脱がしていた嫁が、そのはみ出したペニスを見て吹き出した。そのちょっと間抜けな姿に、一気に緊張がほぐれたようだ。


「どう? 景子ちゃんのために買ってみたw」
『嬉しくないw でも、凄いね……はみ出るんだ……』
「まぁ、パンツが小さいからねw」
『いや……そういうことじゃないと思うけど……』

「ほら、早くほぐしてよw」
浩介がニヤけながら言う。
『う、うん……』
嫁がおずおずと言う。そして、はみ出たペニスに手を伸ばす。

嫁は、はみ出たペニスから目が離せないような感じだ。そして、とうとうそれを握ってしまった。
嫁の可愛い指が、浩介のペニスに絡みつく。

『やっぱり……大きいよ……だって、指回らないよ?』
ビックリしたような感じで嫁が言う。

ここで、やっと俺も気がついた。
アイツ、デカくね? ネテロ会長みたいにつぶやく俺。
指が回らないくらいの大きなペニス。女の小さな手だとしても、指が回らないなんて、あり得るのだろうか?

でも、あり得ないもなにも、現実、嫁の指は回りきっていない……。

「そう? 今日は調子いいのかもw」
と、とぼけたことを言う浩介。

『えっ!? 調子で大きさ違うの?』
驚く嫁。

出典:恥ずかしがりの嫁と俺の親友のマッサージ2
リンク:http://netoraretaiken.com/blog-category-63.html
  投票  (・∀・):6  (・A・):20  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/39412/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用