リキさん (男同士の体験談) 1146回

2014/09/04 20:44┃登録者:痛(。・_・。)風◆pvNbTqv.┃作者:名無しの作者
小生がまだ女の色も知らなかった学生の頃の事を話そう。 
文武両道を地で行く優等生筆頭、精悍なマスクと鍛えぬかれた体躯を誇った小生は、全女学生の憧れの的であった。 
赤ら顔の乙女から恋文を渡される事日に十度(何処で小生の事を知ったのか分からないが、他校はおろか他県からも熱い恋文を頂いた)はザラで、 
恋道に迷った乙女から、“処女を是非貰って欲しい”と懇願された事も日常茶飯事であった。 
しかし、色道よりも硬派道、漢道を驀進していた小生は、“女色に溺れるは硬派が捨たる。”と、乙女達の要求を無下に断っていたのだ。 
(そんな態度が乙女達を更に狂わせてしまったのは誤算だったが(笑)) 

ある日、そんな小生の人生を大きく変えた事件が起こった。 
小生の母校と対立している不良グループのボスが決闘を挑んだのだ。 
相手は小生と優るとも劣らぬ体躯と喧嘩根性の持ち主だが、卑劣にも小生の舎弟を人質に取り、小生に対して決闘を要求した。 
「廃工場で決着をつけよう。決闘に来なければ舎弟の命は無い」 
奴等の漢道に反する卑劣極まりない挑戦状が小生の怒りの導火線に火をつけ、決闘場へと足を運ばせた。 

(中略) 

「ああッ!いいッ!リキさンの鉄マラ、最高ッス!」 
小生は初めて味わった身を千切る程の快感に、思わず声をあげた。 
「硬派野郎気取りが男女郎丸出しじゃねぇか。そろそろトコロテン花火を吹き上げ晒せや」 
「いいッ!ア、アーッ!」 
小生はリキさんのストロークに絶えきれず、漆黒の夜空に白い大輪の花火を打ち上げた。 

それ以来、小生はリキさんの男女郎として日々を過ごしている。 
こうして筆を取り、思い出に馳せていると自然と菊が疼き、マラは膨張する。 
リキさん… 
今宵も可愛がって下さい… 





出典: 
リンク: 
  投票  (・∀・):2  (・A・):11  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/39449/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用