彼の薬指のリングが指に触れると、強烈な背徳感が私を襲い・・・ (浮気・不倫の体験談) 10980回

2014/09/09 20:14┃登録者:Dみちなが◆toz7nPdA┃作者:名無しの作者
 私は久しぶりに再会した同級生と、バスタオルを巻いたままの姿でベッドに腰掛けています。これからする事は許されることのない不貞行為です。いつもは忘れているはずの薬指のリングが、今日はやけに存在を主張しているように感じます。
 彼は照明を暗く落とすと「見たいんだ、ミユキちゃんの裸」そう言って立ち上がります。私も彼を見つめたまま立ち上がると、バスタオルを床に落とし、彼に素肌をさらします。胸だって垂れ始めてるし、お腹もちょっとたるんでいます。それは彼だって同じ。やっぱり年相応に体は崩れています。でも股間のアレだけは若い子のように上を向いています。私は一瞬見ただけで目をそらしましたが、大きさや形はしっかりと脳裏に焼きついています。彼は指を絡めると、私を抱きしめます。彼の薬指のリングが指に触れると、強烈な背徳感が私を襲います。私はそこから逃れるかのように、夢中で彼と唇を合わせました・・・

出典:原稿用紙1枚分の官能小説
リンク:http://gopcmax.blog.fc2.com/
  投票  (・∀・):8  (・A・):5  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/39547/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用